ジオターゲティング
2014年12月15日(月) 16時34分58秒

現か夢か…選挙というファンタジーを越えて

テーマ:憲法の事
空前の低投票率となった今回の総選挙。六割を切り、52.66%という投票率は戦後最低記録を更新したそうです。

何で投票率がこんなに下がるのかと言えば、色々理由があるようです。下記の三点が、頻繁に耳にしたものでした。

1. 天気が良かったから
2. 年末で忙しかったから
3. テレビで自民圧勝って言ってるから行かなくてもいいやと思う自民支持者が多かったから

中国の香港で学生達による大規模な民主化闘争があったと話題になりました。一票の価値はそれほどに大きいと言う事を指していると受け止められた一方で、日本での投票率が52.66%というのは、どういう事なのでしょう。

ある人は悲観的にとらえ、ある人は肯定的に捉えます。

投票率を調べてみれば、「独裁国家では形式的な選挙で自らの政権を正当化するために、国民を動員した上で強制的に自政権に投票させて高い投票率となる事例がしばしば見られる。かつて北朝鮮が100%に近い投票率であることがギネスブックに載ったことがある。」(投票率:ウィキペディアフリー百科事典)「「国家元首に関する法律」(Gesetz über das Staatsoberhaupt des Deutschen Reichs) が制定された。これはヒンデンブルクが死んだ後に大統領の職を首相と統合し、権限を「指導者兼首相であるアドルフ・ヒトラー」個人に委譲するというものであった。翌日ヒンデンブルクは死去し、法律が発効してヒトラーは国家元首の権限を手に入れた。以後、ドイツ国の最高指導者となったヒトラーの地位を日本では「総統」と称する。8月19日にはこの措置の正統性を問う民族投票が行われ、投票率95.7%のうち89.9%が賛成票を投じた。」(ナチ党の権力掌握:ウィキペディアフリー百科事典)とありました。つまり、投票率が余りにも高いというのも考え物という訳です。

選挙制度は出来たその時から、それに対する駆け引きが始まるのも事実です。中選挙区制から小選挙区制への移行にしてもそうであったでしょう。多数派にとってみれば、大きい意見が反映されなければいけないと思うでしょうし、少数派にとってみれば、自分たちの意見こそ大切だと思う訳で、その一方で、でも、多数決という大原則に立って考えてみれば、選挙そのものは多数派に有利になっていく結果を求められるのも事実です。

贈収賄、金品の提供など不正が後を絶たない理由もその中では、確実なところです。

ゲリマンダーという言葉があります。

ウィキペディアフリー百科事典によれば、

1812年、アメリカ合衆国マサチューセッツ州の当時の知事エルブリッジ・ゲリーが、自分の所属する政党に有利なように選挙区を区割りした結果、幾つかの選挙区の形が奇妙なものとなった。そのうちのひとつがサラマンダーの形をしていたことから、ゲリーとサラマンダーを合わせた造語・ゲリマンダーが生まれた(絵参照:サラマンダーになぞらえられているエリアが一つの選挙区を構成する)。ゲリマンダー(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC)

ゲリマンダー


これだって、選挙制度の申し子ですね。

こう考えてみれば、選挙の結果も単なるファンタジーであることが解りますし、「世の中を変えたい」が「政治家になる」ことと同義でないことも判ります。

つまり、誤解を恐れずに言うのであれば、選挙の結果は、多数派を勇気づけ、少数派を絶望させるファンタジーでしかあり得ません。逆の事例だって私たちは目にしています。どんなに一生懸命デモをしても、選挙結果で「NO」を突き付けても、政権はのらりくらりとそれを遣り過ごしていく姿を私たちは見ています。

選挙に行くだけでは不十分なんです。更に言えば、世の中を変えることは、憲法12条の「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。」によってのみ成り立つ事が判ります。

この中の「国民」には政治家の一人一人も数えられなければいけないことは当然ですね。

政治家が選挙に腐心することは、「憲法が国民に保障する自由及び権利」の「濫用」です。政治家の皆さんには、「常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負」う国民の代表者であって下さることを望みます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年12月10日(水) 18時04分15秒

雪山建設始まる

テーマ:千葉家新報
千葉家新報 12月10日版

先日、大雪に見舞われたつがる市の木造保育所では、恒例となった雪山の建設が始められ、8日起工式が行われた。

雪山

起工式では、まず、yukimi(5歳:推定)さんが子供用のスコップで雪を積み上げ、工事期間中の安全と雪山の早期完成を祈願した。お父さんと娘が通う木造保育所では、毎年、園庭に雪山を建設し園児のソリ滑りなどに利用しているが、この度の大雪で建設開始を一週間近く前倒しして、8日の起工式となった。

起工式に参加したyukimiさんは「早くソリ滑りをしたいので、頑張ってやったけどダメだった」と涙混じりにその感動を語っていた。

雪山は「ご近所前の雪などもかき集めながら、除雪機を使って積み上げられ、今後の降雪量にもよるが早ければクリスマス明けにもミニスキー場としてオープンする予定」建設担当のお父さんは計画の概要を明らかにしたが、本日からの寒気の緩みや明日の雨の影響を受けることが危惧されている。

「どうせもう少しすれば、毎日雪が降る訳ですから、すぐにでも完成すると思います。」とお父さんは力強く語っていた。

尚、雪山は建設当初から園児にはオープンされており、早速、園庭には送迎時に嬉しそうに利用している園児達の歓声が響いていた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年12月10日(水) 17時40分05秒

2014年衆議院選挙に寄せて

テーマ:ブログ
選挙って言っても、地方では悩むほど候補者もいない。

各党の主張もかみ合う訳でもない。

「選挙に無関心なことが問題」と言われるけど、

必ず投票に行って、無効・白票以外を無理矢理投票するのは正に苦行。

支持しなくても責任を問われ、
拒否しても選択を迫られ、
悪夢しか見えない中で希望を問われる。

国政を変えることは誰でも望んでいるのに変わらない。

選挙をどれだけ行っても政治はよくならないと言うのはもはや確信。

だけど、みんな、その日本に生きている。

こんな日本に謙遜さを、
こんな日本に祝福を、
こんな日本に導きを、
こんな日本に憐れみを、
祈り続けよう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年12月08日(月) 09時55分23秒

「見えないから」

テーマ:説教
 
「わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。」
(新約聖書第二コリント04:18)

昨日は大雪でした。知人が遊びに来たので、新青森まで送りましたが、雪の余り降らない地域の知人でしたので、ちょっとした吹雪に捲かれた時は驚いていたようです。真冬に体験する数メートル前が見えなくなるほどの吹雪になったらどう運転するのか聞かれ、冗談交じりに過去の名言を思い出しました。スターウォーズではヨーダが「やってみるではない、やるかやらないかだ。(Try not. Do or do not.)」ですし、ブルース・リーなら「考えるな、感じるんだ。」、 ウィリアム・シェイクスピアは「(恋は)目で見ず、心で見る(のだわ。)」、金子みすゞなら「見えぬものでもあるんだよ」ですが、見えないものはやっぱり見えない。そうなれば、最後には、「死ぬときはみんな一緒だ!!」(三国志:桃園の誓い)と言うことになってしまう訳で…閑話休題。

そんな事を考えてみたら工藤かずや原作、浦沢直樹作画のマンガ『パイナップルARMY』の中ではキースという人物が「フロリダに雪が降った。オンボロな俺の家も何もかもアンデルセンの「雪の女王」の宮殿みたいに真っ白になってしまった。その時、親父とお袋は雪を見て仰天し、それから互いに顔を見合わせて子供のように笑ったんだ。だから俺は雪が大好きだ。」と語ります。その一方で、彼を失った妻は夫を失った悲しみを抱きつつ、「私は雪が大嫌い。全てを覆い隠してしまうから」と呟くシーンを思い出しました。
  「見えないけどある」これは誰にとっても真実でしょう。しかし、その一方で、それは「見えないからよい」場合と「見えないから悪い」場合との間を私たちは行ったり来たりしながら生きているのではないでしょうか。誰にだって知られたくない過去がある一方で、誰も知らないから傷つくと言うこともあるでしょう。誰もがそのような痛みの中で生きているのです。

果たして、見えないものを見ようとすることも、見ないようにすることも当然痛みを伴う訳です。冗談話をしながら知人を送る峠道で一台の車が吹きだまりに突っ込んで動けなくなっていました。車を止め、声を掛けてみれば中では年配の女性が4人で、パニックになっておられました。スピードも出してななかったのでしょう、幸いにしてちょっと押してやれば脱出できました。標準語で話しかけたこともあったからか、別れ際、「上(東京)の人が助けるのに地(地元)の人は何にもしてけねえ」と愚痴をこぼされたので「わ(私)木造だね」と津軽弁で答えたら喜んで居られました。助けるにしても、ちょっとやそっとでは助けられない訳です。私の場合は、男性二人が同乗していて、四駆車で、更に引っ張るロープを持っていたことなどもあり、何とかなる思えたので、声を掛けることが出来ただけです。そうでなければ、「無理、自分は出来ない」と通り過ぎたでしょう。

考えて見れば、見えているけど、見えない振りをすることだって出来ますし、見えないんだからないのだと思い込むことだって出来るのです。勇気だって希望だって見えません。だからこそ、それを覆い尽くすのは、「愛」以外にはありません。 同乗者は車を降りて、一緒にその車を押してくれました。そして「いやあ、いい体験をした。こんなのが日常茶飯事なんだ」と驚き、笑ってくれました。

今日もまた、私たちには見えないけれどいろんな事が起こり、積み上げられていくのでしょう。恐れも痛みも愛も希望も勇気も見えません。同じ見えないものならば、痛みや恐れを積み上げるのではなく、愛や希望や勇気を積み上げていきたいものだと思わされます。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。