ジオターゲティング
1 | 2 次ページ >> ▼ /
2011年05月31日(火) 22時40分29秒

出張

テーマ:ブログ
昨日、今日と東京に行ってきました。

キリスト教保育連盟の総会があって出てきたのですが、一泊付きの宿泊パックで行くのが一番安いということで、今回は久しぶりに秋葉原に行って見ました。

学生時代から行き慣れた街でしたが、ここ数年は忙しくて行けなかったのです。

それにしても、津軽とは建物の規模が大きいし人が多いなあ。

人も多い。電車を待つのもホンの数分。

久しぶりの秋葉原は、だいぶ雰囲気が変わっていましたね。なんせ、メイドさんがたくさん。(^^;

なんか、あのメイドさんの存在にはついていけません…歳かなあ…。

そうそう、震災関連品がたくさん売っていました。放射線量計とか簡易扇風機とか、懐中電灯、手動充電器…。

さて、目的は、息子にお土産を買うこと。それから、津軽では手に入らなないものを探すこと。「さすが秋葉原!」っていう品物がたくさんありました。こういうのを探すのはとても楽しいものです。

帰りには、献血センターに寄って献血もしてきましたが、その献血センターもビックリでした。オタクの聖地秋葉原だけに、アニメ風のデザインとコンピューターがいたるところに取り入れられていました。

とにかく、ちょっとストレス解消になった次第。

明日したからまた頑張りましょう。


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年05月29日(日) 06時25分49秒

キャラ弁の使い方?

テーマ:ブログ
キャラ弁の話で、ご近所さんが、こんな話をしてくれました。

昔、反抗期真っ最中の中学生の息子の弁当をわざとキャラ弁にしてやったとか(^^;

息子さん、帰って一言。「…もう勘弁して…」

うん、判る判る、

「弁当は、開けたら最期、閉められない」

開けた時の顔が見えるようです。

ただ、黙々と作るだけでは楽しくない…どんな顔をして食べることになるのか…。

こんな楽しみ方もあるって事でしょう(^^;


「弁当を、開けたその子は、どんな顔」



ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年05月28日(土) 18時42分56秒

キャラ弁

テーマ:ブログ
昨日は保育所のピクニック。

もう園児達はそわそわ。

何がって、お弁当にそわそわです。

給食が当たり前の園児達。今日はお弁当を持っての登園ですから、それはもう、大事そうに弁当が入ったかばんを抱きしめて登園してきます。

一度かばん掛けにかけても、また戻っていって、かばんをなでて帰ってくる…そんな子達がたくさんいました。


…で、息子のお弁当は?

ある教会の牧師室-P1000198.jpg


朝6時から妻は頑張りました。大変だったようですが…

息子も喜んでたし、よかったんじゃないかな?

ついでに私の弁当もおんなじモノでした。(^^;

この年になって、キャラ弁を食べることになるとは思っても見ませんでしたが、子供たちと一緒に楽しく美味しく食べました。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年05月22日(日) 20時08分03秒

エレクトーンの解体2 エレクトーンの中に職人の世界をみた

テーマ:ブログ
このエレクトーンは上位モデルで、オプションのカセットプレーヤーが取り付けられているタイプです。確か、このオプションも相当高価だった記憶があります。

ある教会の牧師室-エレクトーン7


オプションですから、外すのも簡単なはず。反対側から覗いてみると、取り付け作業口があります。

ある教会の牧師室


ねじを外すと簡単に撮ることが出来ました。出てきたのはまんまカセットプレーヤー。

ある教会の牧師室


さて、シャッターを取り外してみてよく観察してみると、鍵盤を固定しているところがこんな感じになっていることに気が付きました。

ある教会の牧師室


はは~、これは、ここで回転するに違いない。

ってことは、車のボンネットのように鍵盤が上がるって事だ。

ある教会の牧師室


鍵盤の土台の部分にあったねじを外すと、予想どおり。


下段の鍵盤もこの通り。

ある教会の牧師室


鍵盤の裏は、こんな感じ。

ある教会の牧師室


抵抗だのコンデンサーだの色んなものが半田付けされています。

ある教会の牧師室


鍵盤隣の制御盤(?)もひっくり返りました。


ものすごい配線の量。

ある教会の牧師室


しかも、たこ糸で纏められています。この時代の電気製品はこういうリード線が多用されていて、生物の神経系を彷彿とさせますね。

ある教会の牧師室


バチバチとカッターで切っていきます。鍵盤が外れると、その後ろには音源の基盤が並んでいる中枢部が出てきました。それにしても、これだけの配線を間違えずに繋いでいくって大変だったろうなと心底感心しました。

例えば、音源ユニットが故障した場合、多分、技術者がテスターなどを使って故障部位を特定したり半田ゴテを駆使して交換したりしていたんだろうと思いますが、ユニット毎のコネクター接続ばかりで成り立っているパソコンの中身とは隔世の感があります。

ある教会の牧師室


音源ユニット一つとっても、手作業で半田付けされていることがわかります。人工衛星などでは今でも半田付けは人の手で行われているそうです。振動などの過酷な状況にあっても一流の職人の半田付けは高い信頼性を保ち続けるのだそうです。

ある教会の牧師室


こうしてみるとエレクトーンは楽器と言うよりも電化製品であるということが出来ます。しかも、この内容を見る限り、下手な組み立てをすれば、すぐに壊れたり発火したりしてしまうような内容です。つまり、とても高い信頼性をこの時代、この作業で打ち立てていたことがわかります。

分解してみて思うのは、技術立国とは、職人立国であったと言うこと。それは、体で覚えていく文化を大事にしていた時代であったと言うことでしょう。

今、技術立国という時に、何かアイディアとか発明とかそういうことばかりが注目されますが、それは職人技によって裏打ちされていることを忘れては成り立たないということなのでしょう。

子供の頃にやった電気工作、模型工作、手芸、いろんなものが技術立国の礎になっていたことは間違いありません。

テレビゲームのコントローラーやパソコンのキーボード、既存のおもちゃなどでは養えない感覚というものがあるし、それこそ、本当は必要であるのだという風に思わされました。

続く。


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2011年05月21日(土) 17時05分05秒

エレクトーンの解体1 壊れたエレクトーンの中に何を見た?

テーマ:保育所
保育所の倉庫の片隅に眠っている大物を発見しました。それがこのエレクトーン。

ある教会の牧師室-エレクトーン1


聞けば、だいぶ前に寄付されたものらしいですが、スイッチを入れても鳴らないとか。みると20年以上前のもの。修理するにも値段が掛かるし、処分するにも数万円かかるらしいということ(そもそも津軽で引き取ってくれる業社があまりない)で、倉庫の肥やしになっていたようです。電気屋さんに話を付け、解体分別すれば、部品は廃品として引き取って貰えることになりました。

解体となれば、私の仕事、ということでゴールデンウィーク中に解体することにしました。

解体の基本は修理工が開けるであろう場所を探すこと。

まずは、背面パネルを外してみます。

ある教会の牧師室-エレクトーン2


予想はしていましたが、スカスカ。前面のスピカーパネルを外してみれば、ほれこの通り。風通しの良いこと。

ある教会の牧師室-エレクトーン5


ただ、ここは修理のアクセスにはあまり関係がないことわかります。

要は中枢へ直接たどり着くこと。

中枢はこれかと天板に注目。よく見るとこの天板、蝶番でくっついている。

ある教会の牧師室-エレクトーン3

ねじを外したら、ドアみたいに開いた。

ある教会の牧師室-エレクトーン4


中にある黒いのは引き出して鍵盤を覆うシャッター。このシャッターを外せばいいわけだ。

$ある教会の牧師室


シャッターのストッパーを外し、引き出してみるとこんな感じ。


$ある教会の牧師室


お~!!基盤がたくさん並んでる。ここまでは単純に、修理などのメンテナンス用の分解手順だろう。簡単にここまではたどり着けました。

それにしてももの凄いほこりと、で、ケーブルの量…。

これ、配線って言葉がふさわしい。ソケットじゃなく、それぞれ半田付けで直付けされています。修理するにもテスター等を駆使しての作業になったんだろうな。職人の世界ですね。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年05月19日(木) 18時03分13秒

250円で何をしよう?

テーマ:ブログ
最近、家で夕食を食べることがめっきり少なくなりました。

今日は保育所の父母の会の会議。…つまり、今日も家では食べられないということです。

保育所の隣のスーパーマーケットに行ってみたら、お弁当が半額で売っていました。

ある教会の牧師室-125円


正値は…


250円。


ってことは、125円でこの弁当が私のものに!!


買った!!




でも、ちょっと足りないや。

後は、これも半額セールで50円になったお握りで…。


225円で、満腹満腹。

家で食べられなかった無念も少しは晴れたかな。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年05月18日(水) 10時20分57秒

帰ってきました

テーマ:東北関東大震災
大船渡から昨日帰ってきました。

日曜日、礼拝の説教を担当しました。礼拝には、酪農学園大学のボランティアさんが6名参加されました。

午後は色んな訪問者の応対をしました。

月曜日は、被災者支援物資の配布。用意した品物は、1時間半ほどですべてなくなってしまいました。

16時までいて帰ってきました。渋滞を回避するため、浸水地域を抜けたのですが、少なく形はしたものの、まだ瓦礫の山があり、地下道などは、まだ海水がたまっている状態。でも、その中で営業を再開する
復旧したお店などが少しありました。盛岡に抜け、東北道で帰宅しましたが、帰宅は22時30分頃になりました。



さてはて、何をどう言えばいいのか…。

見てきたことを総て書いていいものかすら悩みます。

色んな事を見て、考えて…。

2ヶ月以上を経て、被災地は確実に格差が大きくなっていることを感じます。


でも、やることを着実にやるしかないことだけは確か…。

頑張ります。


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年05月15日(日) 06時03分47秒

大船渡にて

テーマ:ブログ
昨日から、日本基督教団大船渡教会の説教応援に来ています。この教会は被災者支援物資の配布の拠点として活動を続けています。今回は、リンゴ7箱、その他、生活必需品を盛岡の教区センターから預かり、昨日の夕方到着しました。

大船渡教会の牧師は村谷牧師。この4月からの着任でしたが、災害発生を受けて、3月末から着任されました。

被災地での牧師は多忙です。教会に訪問してくるお見舞いの対応、支援物資の受け入れ、配布、ボランティアの受け入れ、そして被災した教会員を支えることも大切な任務です。気が付いてみれば、自分の引っ越しなんてそっちのけで休み無しで2ヶ月あまりを過ごしてしまっているという状態。今回、私が来ることになったのは奥羽教区の求めによるもので、緊急に実施したいということで2週間前に依頼を受けたものです。

到着早々、村谷牧師は仕事に追われています。彼が移動する車中でこの三日間の引き継ぎをすることになりました。

大船渡中学校の避難所に用事があると言うことで、その間は付いていくことを遠慮して、外で待っていました。まだ、150人ほどの被災者が避難していると後から聞きました。

ある教会の牧師室-大船渡全景


大船渡中学校の前から見た大船渡市街地の全景です。津波の被害が痛々しく残っています。



次に行った教会近くのリアスホール。ここでも、150名ほどの方が避難しているそうす。

入り口で待っていると、掲示板に目が行きました。

ある教会の牧師室-警察


そう言えば、被災した方々にとっては、支援に派遣された人たちやボランティアの人たちとの別れというのも辛いのだと聞いたことがあります。

でも、支援で訪れた人たちにとっても、被災地が愛おしいところになっていくのでしょう。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年05月14日(土) 06時09分34秒

大船渡へ

テーマ:東北関東大震災
今日から二泊三日で大船渡教会に滞在します。

教区の要請に基づく、現地の牧師の休養に伴う措置で、礼拝の説教の担当と留守番が主な仕事になります。

木造教会は石垣雅子先生によって説教が行われます。

是非、木造教会にご出席下さい。



ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年05月13日(金) 21時02分59秒

じゃんぼ

テーマ:方言
今日、なじみの喫茶店に行ったら入った途端

「お?園長、ジャンボかったじゃ」「ブリ上げたな」


飛行機は買ってないし、鰤なんか釣ってないって…。

む、これは挑戦に違いない。

時々受ける津軽弁攻撃。

こういう時は、見た目で自分が変わったところを言っているに違いない。

最近変わったことは…。

そうそう、一昨日床屋に行ったっけ。


ってことは、「ジャンボ買った」ではなく、「じゃんぼ刈った」…「髪切ったな」という意味か?ってことは、じゃんぼ=髪?。

では、ぶり上げたなは、褒め言葉か?


解説。

じゃんぼの語源は、ザンギリボゥズ(散切り坊主)が訛って出来た言葉だそうで、

じゃんぼ刈った=床屋行った

ブリは男振りという意味で「男振りを上げた」つまり、かっこうよくなったと褒めてくれたのだそうです。


津軽生活も4年目。地元の人もいろいろ教えてくれます。



ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。