ジオターゲティング
1 | 2 次ページ >> ▼ /
2011年02月23日(水) 13時13分04秒

春を待つ車達 その2

テーマ:ブログ
つがる市も最近にはない雪の量だったそうで、未だに雪置き場と化した空き地には巨大な雪山ができています。それでも、2月に入ってからのポカポカ陽気でだいぶ溶けてきました。

その雪山の中に、何か埋もれています。

ある教会の牧師室

で、気が付いたのが、この車。ナンバーは付いているから、夏は乗っているのでしょう。そう言えば、去年もここで埋もれていたっけ…。

ある教会の牧師室

別の角度から。

ある教会の牧師室

この車がここから出るには、まだ一ヶ月近くかかるでしょうか。

春が待ち遠しいと、言っているような気がします。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年02月21日(月) 13時44分08秒

大歓迎

テーマ:ブログ
面白いのを見つけました。


ある教会の牧師室-2011022017230000.jpg



青森教会の隣のガソリンスタンドにあった看板。

大歓迎って…。

どう歓迎するんだろう?

(^^ゞ


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年02月20日(日) 07時01分50秒

幼保一体化って…

テーマ:政治
噂だけが一人歩きしているよう保一体化。昔は、幼保一元化と言われていました。ちなみに幼保一元化は自民党政権時代の呼び方。現在は政権が変わって幼保一体化と言われています。結局中身は延長線上なんですが…。

さて、じゃあ一体どうなるの?と言うことなのですが、噂はいろいろと入ってくるものの、保育所の所長である私にも、未だにその辺の確定した情報は入ってきていません。

ちなみに、現在論議されている幼保一体化は、幼稚園の要素と保育所の要素を合体させる事を目的としています。

どういうことかと言うと、幼稚園は幼児のための学習施設(幼児向けの塾と考えていただければわかりやすいと思います。)で、保育所のほうは主に育児に保護者が困っている幼児(これを保育に欠ける幼児といいます)を保育する福祉施設(幼児向けのデイケアといったらわかりやすいでしょうか?)ですので、法的には性質がまったく異なります。

そもそも、幼保を一体化する行政側の理由ですが、

1)待機児童対策…保育所は定員オーバーである一方、幼稚園は定員割れの園が多いので、幼稚園に保育所の要素を持たせ、待機児童問題を解消したいという狙い。

2)幼児教育問題…小学校の学級崩壊などに対処するため、全ての幼児に集団学習を慣れさせたいという狙い。つまり、保育所でも時間割を決めて授業が出来るようにするプレスクール的な要素を持たせたいということ。

3)文科省と厚労省の二重政策に見なされてるため、一本化したい…この部分が一番重要で補助金の見直しと財源の縮減を狙う。

ただ、上記の3つをクリアする施策を考えると、見えてくる難問は多岐に亘ります。職員の資格云々についても、現行の幼稚園、保育所の勤務体系が根本的に異なることを考えると一本化させるのは難しいのではないかと思っています。つまり、全職員が同じ扱いでシフトに入るような体制を作れば、延長保育などに対応するため「授業」の部分がおろそかになるでしょうし、かといって、授業主体で行おうとすれば保育が薄くなってしまう恐れもあります。双方充実させるためには、相当な人件費が必要となるでしょう。

現行の認定こども園の場合は二施設同居の形ですから、幼稚園教諭と保育士とが勤務体系が異なる制度を持っている場合もあります。オーバーラップしている部分だけを見れば同じじゃないかとなりますが、大げさに言えば、「学校の先生と小児科の看護師は同じじゃないか」という暴論として捉えることができます。ですから、本来的には別々の職能を求められているわけですが、その辺りが抜け落ちて「ほとんど一緒だし学校でちょっと努力すれば両方資格が取れるから」というだけで、職員の勤務体系を判断する事は危険でしょう。

優秀な保育士が優秀な幼稚園教諭とは限りませんし、その反対も言う事ができるのです。総合病院における医師と看護師と薬剤師という関係に置き換えて考えれば、何も無理に資格を一緒にするべきではないとさえ思えます。結局は、国がどのような施設を形成していくのかというデザインがまったく見えてこない事が問題なのです。このままでは、待機児童解消やプレスクール概念を名目に、障害児などの本来保育所を必要としていた子供たちが置き去りにされかねない危惧すら覚えます。


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年02月14日(月) 14時12分30秒

天才児?

テーマ:教育
「天才児、二十歳を過ぎたら普通の人」という読み人知らずの狂歌があります。

子供の天才的な部分っていうのは何をみつけるのは簡単です。

それは人間の発達を通して、全ての分野が均等に発達しない事に起因します。

私の経験ではありますが、私は小学校の頃は足が遅くて有名でした。それが中学一年生のときにいきなり50メートルを6.2秒で走り切り、学年一位となったのですから同級生全部が驚きましたが、何より自分が一番驚きました。

だからと言ってその後、足の速さで何かをなしたかと言えば、部活はブラスバンド、結局、運動会や体育祭で活躍したくらいなものです。

天才児とは、その発達の過程で他の多くの人々よりも飛び抜けた部分でしかありません。そのほとんどは20歳ぐらいになれば、「他人よりちょっと出来る」程度になってしまわざるを得ないのです。


天才というのは、その本人が面白いと感じる心に由来します。故に、子供達の才能は、その面白さを伝える事の出来る教師によって呼び覚まされたりするのです。大好きな先生との出会いは、その学びを楽しみに変え、また、その楽しみが才能の開花に繋がって行きます。

だから教育とはもっと大きな可能性の上に立って展開されるべきです。



ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年02月12日(土) 20時26分56秒

9条の会

テーマ:ブログ
明日2月13日、五所川原のショッピングセンターエルムの2階会議室に於いて、9条の会主催の講演会で、講師として講演します。

テーマは「建国記念の日と信仰の自由」です。

午後2時からです。

入場無料ですので、興味のある方はご参加ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年02月10日(木) 22時20分24秒

はらぺこあおむし

テーマ:ブログ
以前、息子を可愛がってくださった方の形見となってしまいました。

ある教会の牧師室-P1000090.jpg


判ります?

タイトルの上にいるやつです。

絵本のあおむしを、作ってくれたのです。

ある教会の牧師室-P1000091.jpg


絵本の穴も潜れます。

ある教会の牧師室-P000092.jpg


今は娘のお気に入りです。


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年02月09日(水) 17時41分53秒

つぶやき

テーマ:ブログ
今日は悪いニュースが飛び込んでくる。


昨日は良いニュースばっかり入ってきたのにね。

今日はそんな日。


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年02月06日(日) 08時25分31秒

動機付け

テーマ:ブログ

 私たちは文明の力によって何でも出来ると思っています。だからこそ、出来ないことに向かって「克服しよう」とがんばることが出来るわけで、また、そのことによって私たちはやる気を得るわけです。

 「無理無理、そんな事で来っこないよ」と言われるから、俄然やる気が出てくる訳で、そこからそのことが実現する過程では困難な課題が沢山沢山押し寄せてきたとしても、それこそが動機付けになり、更に問題を乗り越えたいという欲求が強くなる人たちの事を私たちはよく知っています。

 ところで、最近、教師の質が低下しているという問題がクローズアップされて久しいですが、教員免許を持ち2年の間非常勤教諭として務め、今は保育所の所長として幼児教育に関わっていて思うのは「先生」として関わる動機付けが薄くなっているということ。「どうして教師になりたいと思ったのですか?」と問えば、帰ってくる答えは、「子供が好きだから」と言う答え。そしてそれは先生のみならず、多くの職種の人々にも当てはまることに気が付いたのです。でも、こんな動機付けは的外れであることはちょっと考えれば判ります。

 そうこたえられない業種のことを考えればすぐに判ります。例えば医師や看護士。「あなたはどうしてその仕事になりたいと思ったのですか?」と問われて「患者が好きだから」と答えるのでは、なんか変ですよね。消防士なら火事が好きだから、警察官なら事件が好きだからというのと同じことになってしまう。そう言えば、火事が好きな消防団員が放火したとか、検察や警察が事件や証拠をねつ造したとか言う話も聞こえてきます。また、「政治が好きだ」って政治家が多くなれば庶民は苦しみます。

 こういうことを考えて見ると、私たちが働くことの動機付けは、私たちの感謝の思いから出発しなければならないことがわかってきます。本来、政治家は国民の幸せというのを願い、警察は事件がなくなることを願い、医師や看護士は患者が一人でも少なくなるのを願わなければ、世の中はとんでもないことになります。同様に教育に関わるものも、「子供の幸せを願うから」という動機付けでなければとんでもないことになるのは自明のことです。「好きな事をしてお金が入る」っていう動機付けではどんな仕事であれ、お金ではない喜びの部分がなければ、その質は極端に下がっていくのです。

 現代社会で最もむずかしいのは感謝というお金では売買できないものをどう認知するかと言うことでしょう。現代社会では尊敬するということが希薄になってきています。尊敬するとは「感謝の思いを裏付けにその人のようになりたいと本気で願うこと」。そしてそれが、「その人のように感謝されたい」という動機付けとなるのです。そんな人々でこの世が満たされれば、一体どんな素敵な世界になるのでしょう。

 年末年始から「伊達直人」が活躍しました。これは、感謝や尊敬は自分に利益が直接結びつかなくたって出来るものであることの証明でもあるのです。


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2011年02月05日(土) 14時25分40秒

春を待つ車たち

テーマ:ブログ
真冬、津軽では、車高の低い車、後輪駆動などの車は、運転するのがしんどくなります。そもそも、冬の雪道を運転するのがいやな人もいるでしょう。そんな事もあってか、あちこちに雪に埋もれた車を見つけます。

ある教会の牧師室-P1000086.jpg


この車もそんな一台。

ワイパーを立てているところを見ると、まだ、乗られている車であることが判りますが、車の周囲はすべて雪。

春が待ち遠しいと言っているような気がします。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年02月02日(水) 12時07分51秒

大きくなりました

テーマ:ブログ
昨日から娘が保育所に行き始めました。

ということで、昨日からは父親の私と、兄貴である息子、娘の3人で出勤です。

昨日、初登所でしたが、一歳上のお兄ちゃんお姉ちゃんが早速見に来て、周りに輪になって様子を見ていました。

ある教会の牧師室-P1000078.jpg


娘も相当成長しました。重さは約8キロ。一週間前には9歩が限界だったのですが、結構歩くようにもなってきました。読んでほしい絵本を持ってきたり、意思表示もするようになってきました。

何故か吹雪や寒い日が好き。昨日などは、吹雪の中車まで抱いて歩くと大喜び。

そんな最近の娘です。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。