ジオターゲティング
1 | 2 次ページ >> ▼ /
2010年08月31日(火) 18時20分17秒

小泊で泊まり

テーマ:ブログ
地区の教師会(牧師会)の研修会が小泊で行われまして、行って来ました。

木造も連日33度なんて気温をたたき出す中、小泊なら少しはマシだろうと思ったのですが、甘かった…。

もともと寒いところですからエアコンが無い中、泊まることになってしまって、昨夜は肌もべたつく猛烈な湿度の高い熱帯夜を小泊で過ごすことになってしまいました。

まあ、それでも研修の内容はとても面白く、参加した甲斐があったと言うもの。

それにしても、夕食、朝食にまでイカそうめんが盛られていました。さすがは小泊!とも思いましたが、帰りに昼食を食べに寄った「ポントマリ」という道の駅で、「刺身も食べ飽きたしラーメンでも」と思って注文しましたが、ラーメンにも、連れが頼んだカレーにもイカが入っていた次第。

でも、美味しかったので結果オーライ。

身も心も充実した研修会でした。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年08月28日(土) 18時11分59秒

仙台での顛末

テーマ:ブログ
一昨日帰省先の仙台から帰ってきました。

いやあ暑かった暑かった。今年は日本全国皆暑いようでした。

24日に行けなかった祖母のところには翌日行ってきました。

ある教会の牧師室-祖母

曾孫二人を抱いてご満悦の祖母。息子もご機嫌です。

2時間ほど会って帰ってきましたが、やっぱり子供っていいんでしょうね、ご近所さんも声を掛けてくれたり、アイスクリームやお菓子まで頂いて、息子は大喜び。

帰り、お昼を食べようとサービスエリアのレストランへ。

息子の分にお子様定食を頼んで、自分の分は板そばを頼んだのですが、私のそばが来た途端、

「そば食べる」

とお子様定食とそばの交換を私に要求。

ある教会の牧師室-お昼

結局、息子が残したお子様定食とそばを食べることになってしまいました。

まあ、そんなこんながありながらも仙台を楽しんだ数日間。

青森にないものを買い出し、しばらく会っていない人にご挨拶に伺い、あれよあれよと過ぎ去りました。

さて、来週は運動会が待っています。

いろいろあるけどがんばりましょう。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010年08月24日(火) 17時50分58秒

久しぶりの帰省

テーマ:ブログ
久しぶりの帰省をしています。

日曜日の夜に仙台の実家に到着。

我が家の場合、実家がさほど離れていないので、夜は息子は私と、娘は妻とそれぞれの実家に泊まります。

今回の帰省は96歳になる私の祖母に娘を会わせること。

で、今日福島の祖母のところに向かったのですが、高速道路の途中で事故があり、下道に降りたのですがそこも大渋滞…。

子供達も限界でしたので、戻って来ざるを得ませんでした。

反対方向に向かうのと同時に、高速道路の通行止めも解除になったようで、あっという間に渋滞が解消…。

うまくいかない時はうまくいかない時はもので…まあ、そう言うもんですね(^^;

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年08月21日(土) 18時13分16秒

死人テスト2

テーマ:ブログ
死人テストに嵌ってしまったようで、何から何まで死人テストに当てはめている今日この頃ですが、牧師として考えさせられることが結構多いことに気が付かされました。

例えば、「平和にしましょう」という事柄を死人テストに当てはめて見るとビックリしてしまいます。

「平和にする」は「死人テスト」でチェックすると行動ではなくなってしまうのです。そりゃあそうです。全員死人なら、戦争どころか何のいさかいもなくなります。

「盗むな」とか「人を殺すな」と言うのも行動ではなくなります。ホラー映画だったらいざ知らず、死人が人を殺すわけがありません。

逆に言えば、盗んだり、人を殺したり、平和に過ごせないと言うことは、「生きる」ということそのものなんだと言うこと…。

そうこう考えているうちに聖書の有名な逸話に辿り着きました。

イエスが旅に出ようとされると、ある人が走り寄って、ひざまずいて尋ねた。「善い先生、永遠の命を受け継ぐには、何をすればよいでしょうか。」イエスは言われた。「なぜ、わたしを『善い』と言うのか。神おひとりのほかに、善い者はだれもいない。『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証するな、奪い取るな、父母を敬え』という掟をあなたは知っているはずだ。すると彼は、「先生、そういうことはみな、子供の時から守ってきました」と言った。「先生、そういうことはみな、子供の時から守ってきました」
イエスは彼を見つめ、慈しんで言われた。「あなたに欠けているものが一つある。行って持っている物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に富を積むことになる。それから、わたしに従いなさい。」その人はこの言葉に気を落とし、悲しみながら立ち去った。たくさんの財産を持っていたからである。(マルコによる福音書10章17~22節)



若者が旨を張って答えた守っている事柄は「父母を敬え」以外は、死人テストをパスしない掟であることが判ります。つまり、彼は何もしなければ良いわけです。いや、「父母を粗末に扱わない」という消極的な理解が見て取られれば、「父母を敬え」という行為さえも死人テストにはパスしない掟であるのかもしれません。

「イエスは彼を見つめ、愛しんで言われた」と書いてありますが、そういうことをイエスは知っておられたのかもしれません。「あなたに欠けているもの」とは、主体的に行動することに他ならなかったのではないでしょうか。だからこそ、イエスは敢えて厳しい言葉を投げかけたのでしょう。「全財産を施せ」と…。

実は私たちが実績に思っていることの半分以上はこの死人テストをパスしないのかもしれません。

盗まないこと、殺さないこと、うそをつかないこと、姦淫しないこと、奪い取らないこと。…どれも、死人であれば確実に出来ることです。

しかし、私たちは生きています。

生きているからこそ、盗んだり、殺したり、うそをついたりせざるを得なくなるわけです。

だとすれば、生きている限り、私たちはそういうことをしかねないものだということを理解した上で、それを行わない手立てを考えなければなりません。それが出来なければ、『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証するな、奪い取るな、父母を敬え』は単なる死人が出来ることになってしまいます。

私たちは生きています。

生きている私たちがすることは?

なるほど。


その全ての行動原理には、「愛」があるんだ!って気が付きましたよ。

じゃあ、愛とは何?「その時々、出会う相手をきちんと思いやること!!」


これこそ、生きている私たちが為すことの出来る最大であり、最も基本的なことだったのだと改めて気付かされました。

追伸
ネットで調べてみたら、おんなじ様な騒ぎが文科省肝煎りの「心のノート」でも取りざたされているようで…。時代は変わっても、人間の本質は変わらないのかもしれませんね。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年08月18日(水) 12時14分28秒

死人テスト

テーマ:保育
「死人に口なし」なんて言葉がありますが、

死人テスト…初めて聞いて、そして、へ~って思いました。

なにやら、物騒な名前だと思われるかもしれませんが、先日仕入れてきた概念です。


「自然と人間を行動分析学で科学する」(http://simamune.cocolog-nifty.com/nature_human_and_science/2006/06/lindsley_3fba.html)
によれば、

「死人テスト」とは「死人にもできることは行動ではない」という簡易なルールで、たとえば「静かにする」とか「廊下を走らない」などを標的行動(指導目標)としてしまう過ちを減らそうとする試み。


と紹介されていました。

死人は廊下を走りませんし、静かにしています。でも、指示を受ける方は生きています。生きているからいろいろ考えます。

「廊下を走らない」という指示をよく考えてみれば、受け止めるほうにすれば「廊下を歩く」、「スキップならいい?」、「後ろ向きに歩く」、「そもそも廊下を歩かない」など、「走らないのなら何をやっても構わない」など、「静かにする」という指示の場合「ひそひそ声ならいい?」という指示に結びついてしまいます。

そもそも、「廊下を走らない」という指示を一番確実にこなすのは死人だと言うことになります。

つまり、禁止型の指示をこなすのは、死人だけだと言うことになりますね。

死人テストとは、自分が出そうとする指示に、「それは死人でも出来る指示ではないか」と問うということ、そして、もし、そうだとすればその指示は具体性を欠いた指示であることを示します。

私たちの世界には「おしゃべりしない」、「じっとしていなさい」、「返事をしない」などなど、禁止型の指示が氾濫しています。


逆に言うと、私たちが手を焼く子供たちの行動は、全てこの「死人テスト」をクリアしているってことになります。それは、つまりそういうことをしてしまう彼らには、してしまう原因があると言うことです。また、そういう「死人テスト」をクリアしない否定形の支持をこなせる子供たちには、それをできる理由が別に存在していると言うことができるわけですね。

禁止型の指示を観察してみれば世の中には、たくさんそんなものがありますね。

例えば交差点の「止まれ」の標識。止まるだけなら死人でも出来ます。

本当は「この線で止まって左右を確認して、安全が確認されたら進みなさい」という暗黙の指示がそこには存在していることを知ることが出来ないと、止まったまま動けなくなってしまいます。

屁理屈に聞こえるかもしれませんが、現実的に苦労している人たちが居ます。

その代表格が子供たちです。

子供たちの頭の中は「×」と「○」しかありません。つまり、やって「良いこと」と「悪いこと」と言うことになります。

しかし、教える時には、「○」の方が手順が多く手間もかかるため、○を教えようともせず、「それやめて」、「それもだめ」と言った感じで「×」の連発になってしまいます。それらは死人でも出来ること。すると、生きている子供たちは何が「○」なのか、やって良い事なのか判らないので更に考え付く限りのことをするようになります。

そうならないコツは、ちょっと手間のかかることですが、話しかけながら一緒にやったり、手順を事前に示してあげること。

すると、彼らの頭の中でも整理がつき、自然に「×」が判ってくるようになります。そうなればしめたもの。子供たちはいろいろと考えながら、物事を覚えて行きます。たくさん褒めてあげてください。

活き活きと生きているのが子供たちの本来の姿であったはずです。

しかし、私たちが理想とする子供の姿が死人と等しいのであれば、それは彼らにとっても大人たちにとっても困ったことだと言うことができます。


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年08月17日(火) 16時27分34秒

尊敬されてる?

テーマ:子供たち
トイレトレーニングが遅れた息子でしたが、4歳の誕生日まであと少しのところで、トイレを覚えました。

やっぱり、成功した時は大げさに褒めるのがよいってことで、

「やった~!!上手~!!すごいすごい」とみんなで拍手して喜びました。


さて、それから3ヶ月ほどたった今…。


私の排泄の時にトイレに入り込んで、その様子をじっと見ています。



そして、終わると…



彼は拍手をして


「お父さん、すごいすごい!!じょうず~!!」




妻に話したら、妻もされたとか…




尊敬されてるんだよな…多分…




でも、こんな体験を通して、大人に成るって褒められることが減っていくことだと気付かされました。

逆に言うと褒められなくても出来るようになることが大人に成るということ。


子供の頃にたくさん褒めらることは、褒められなくても出来る大人に成るための財産だと言うことです。

息子にすれば、褒められて嬉しかったから褒めてくれるんだろうな。

素直に喜ぶとしましょう。


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2010年08月16日(月) 12時35分50秒

残暑お見舞い申し上げます

テーマ:ブログ
今年の夏は暑いですね。

先日、北見で37度を越えたとか…。北に行くほど暑いって…。

ロシアでは、旱魃(かんばつ)で穀物が例年の60パーセント程しか収穫できないそうです。何でもかんでも温暖化と結びつけるってのもどうかと思いますが、今年の夏はかなり異常かも…。

今年の津軽の夏の変なところは湿度がものすごく高いこと。今朝、家の湿度計を見たら86パーセントと出ていました。こうなると、体の調子もおかしくなります。

今年はエコポイントも終了と言うことで、つがる市界隈でもエアコンが飛ぶように売れているんだとか…。

夏が暑いと、冬は厳しいそうで、今からそれも心配かも。

とにもかくにも、皆さんも体調管理には気をつけてくださいね。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010年08月13日(金) 11時08分57秒

なまはげ

テーマ:ブログ
男鹿で行われた研修二日目、なまはげの体験ツアーがプログラムにありました。

まずは、男鹿真山伝承館から。ここでは、なまはげ体験ができると言うことでしたが、私はビデオカメラなどを持って行っていなかったので、youtubeからの引用です。



隣は、なまはげ伝承そこでの一コマ。

ある教会の牧師室-2010081311080000.jpg


中の人はある幼稚園の園長と主任です。(^^;



なんか、見ていて気になったのは、なまはげがアトラクション化してしまっている事。特に体験の方はウケを狙っているようなやり取りもあり、興醒めしてしまった部分もあり。


夕食には<「なまはげ郷神楽」の演奏がありましたが、こちらの方が数段良かった。




ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年08月12日(木) 10時18分37秒

男鹿半島

テーマ:ブログ
月曜日から昨日まで男鹿半島で二泊三日の研修会がありました。

GAOで有名な男鹿水族館の近所のホテルでした。

木造から男鹿までは、どういう手段で言っても最低4時間は掛かります。盛岡に出るのよりも時間が掛かります。日本海側には縦貫する高速道路が無いからって言うのが主な理由です。

ルートは二つ、ちょっと大回りして東北自動車道で碇ヶ関まで出て、それから大館→能代→男鹿と抜けていく道、もう一つは日本海岸沿いの一般道をひたすら走る道の二通り。距離は高速を使ったほうが十数キロ長くいのですが、結局、一般道とは言いながら、信号はほとんど無いので最高速度60kmの自動車道と考えることも出来ます。

で、実際に、行きは高速、帰りは一般道で走ってみました。

結果はほぼ一緒。燃費の良いのと景色が良い分、一般道を走ったほうがお徳かと…。



さてはて、男鹿半島では、形態の圏外エリアも多く、泊まったホテルはドコモ以外は圏外でした。ということで、私も圏外の人間に…。

事前には言っていましたが、やっぱり追っかけで、電話やメールが入るわけでして、エリアに入れば着暦とメールがどっさり…。


逆に言えば、その間は羽を伸ばすことが出来た次第。


それにしても、途中見る男鹿の美しさは虜になってしまいそう。

港や磯にはゴミ一つなく、海水はそこが見えるほど透明で魚が泳ぐのも見えているほど。

役得だったなあと、感謝。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010年08月07日(土) 11時19分00秒

サマーキャンプ

テーマ:ブログ
昨日まで二泊三日の日程で秋田で行われた中高生のサマーキャンプに行ってきました。

それにしても暑い!!

ここはどこ?と聞きたくなるほど暑かった。

参加者9名にスタッフが10名。


余りに暑いので、活動は秋田県立博物館の見学の予定になっていました。



……

しかし、博物館の隣にフィールドアスレチックがあると聞いた彼らは…

このくそ暑い日中に、フィールドアスレチックをしたい!!の一点張り(--;

恐れ入ります。


「じゃあ、暑いから、博物館を見学してからちょっとだけね」ということになりました。

私も同行しました。

行ってみると、ごっつい男性たちが隊列を組んで走っています。っていうか、彼らしか姿が見えません。

すれ違いざま、聞いてみると

「ラグビー部です!」





網のぼり、丸太すべり、一本橋、ターザンロープ…。汗ぐっしょりでした。


終わって帰ってくれば、「あのロープジャングルジムに登りたい!!」

全く、元気なものです。


でも、やっぱり、スタッフの方は一番の若手が一人へたばってしまいました。

翌朝6時から熱が38.3度。

聞けば、前日は風邪の上に寝不足、更にはエアコンの壊れた車に乗って移動していたそうです。

ははぁ、熱中症じゃない?

コンビニに行ってオンザロック用の氷を一袋とアイソトニック飲料を2リットル買ってきました。

オンザロック用の氷はそのまま水枕として使います。

アイソトニック飲料を飲ませ始めたら1時間で2リットルを飲み干しました。500mlぐらい飲んだあたりから汗が出て、寒気を関節が痛み始めたと訴えます。


近所の総合病院に朝一番に連れて行きますと、

「ああ、汗のかきすぎで塩分が不足しているんでしょう。点滴をしましょう。風邪の方もひどいようですから抗生物質も入れておきます。」


結局、3時間後迎えにいきますと、彼はケロッとして座っていました。

生理食塩水を合計500ml点滴してもらったとのこと。

「気をつけて水を飲んでいたんですけどね」と彼が言うと、

「水だけ飲んだってダメですよ。適度に塩分も補給しないと」と言われて帰ってきました。

本来、通常の食事だけで、塩分は足りるそうですが、大量の汗をかくと電解質が失われて不調をきたします。彼の場合は若かったのも手伝って回復も早かったですが、下手をすると命の危険もあるのが熱中症。


皆さんも熱中症…特に汗のかきすぎにはくれぐれも気を付けて下さい。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。