ジオターゲティング
2009年08月25日(火) 08時15分17秒

木造教会の夏

テーマ:ブログ
8月8日、ねぶたの終わりと共に夏期特別伝道師を迎えています。夏期特別伝道師とは将来牧師になりたいと志している学生を一ヶ月ほど教会が受け入れる制度で、それ故、一ヶ月の間我が家に下宿しています。

8日に青森空港で待ち合わせ、声をかけると開口一番「涼しいですね」と嬉しそう。彼は神奈川出身の同志社大学の院生。彼が住んでいる京都は盆地特有の蒸し暑さが夏の特徴ですからそうも言いたくなるでしょう。「天国です」と言っていました。

でも、慣れとは恐ろしいもの。しっかり「暑い」言っていましたが…。

それからは早2週間…。青森では昨日から学校が始まりました。(短い分は冬休みになります。)その夏休みの終わりと共に、一昨日辺りから木造は秋風が吹き始めました。朝は10℃近辺まで下がるようになりました。さすがに寒かったようで、掛け布団を貸したら昨日は「ヌクヌクとしてよく寝れました」と…。

「京都に戻ったらまた暑いぞ」

「ヤバいです(^_^;)」と彼。

教会の仕事にはほぼすべてに同席させます。説教、家庭集会、訪問など…。「男前だっきゃ」「送り人」に似てるっきゃ」と教会も婦人会を中心に興奮ぎみ。

彼の離任は9月7日です。30日と6日の説教の執筆に追われながら、園児とも遊んでくれて濃い毎日を送ってくれているようです。園児が私たちのいる二階の部屋に向かって声を揃えて「◯◯先生に出ておいで~」と呼ぶほどです。保護者の皆さんにも覚えていただいたようで、「園長、5日の運動会の反省会ににつれて来いへ、飲むべし」とありがたい一言までいただきました。

田舎の小さな教会とパッとしない牧師です、何もできませんが現実を見てもらおうと思っての夏期特別伝道師の受け入れでしたが、教会にとっても保育所にとってもとても刺激的な夏となっています。


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年08月22日(土) 14時46分06秒

伝承?

テーマ:保育
7月末に年長児のお泊り保育を行いました。

年長児たちは大分前からお泊り保育を楽しみにしていたようで、先生達から聞いたり、卒園児の兄姉に聞いたりして情報を集めていました。

お化け大会ではどんなお化けが出るのかまで取材していたのには驚きました。

そして、面白い事に、彼らがまるで見てきたように取材した事を生き生きと語っていました。

今年もお泊り保育で年長児たちはいろんな体験をしました。

そして、彼らが語る体験を今度は年中児たちが熱心に聴いています。今から来年を楽しみにしている様です。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年08月14日(金) 16時11分35秒

ポツダム宣言受諾

テーマ:埋もれた歴史
1945年8月14日、大日本帝国はとても大きな決定をします。それが、ポツダム宣言の受諾を御前会議で決定した日です。

そのポツダム宣言の受諾は、しかしすんなりは行きませんでした。


8月6日に広島市、3日後の9日には長崎市への原子爆弾投下が米国によって行われ、同日日ソ中立条約を結んでいたソ連の対日参戦により満州国への侵攻が始ったことにより、衝撃を受けた日本の戦争指導者たちは8月9日の御前会議で「国体の護持」を条件に受諾を決定し、8月10日に連合国に打電したという経緯があります。

しかしながら、物事はそんなにすんなり行きませんでした。天皇の命令で改めて御前会議を開き、宣言受諾が決定されて詔勅が発せられたのがこの14日。それを受け、加瀬俊一在スイス公使を通じて、ポツダム宣言受諾に関する詔書を発布した旨、また受諾に伴い各種の用意がある旨が連合国に伝えられた日でもあります。

1945年8月14日よりの一夜、日本では、様々なことが起こります。その最も大きな事件が、宮城事件といわれるもので、戦争継続のためのクーデーターが実施され皇居やNHKが占拠されます。

そんないろんなことがありながら、日本の敗戦は確定されていきました。

戦争をはじめるのは簡単なことですが、戦争を終わらせるのは難しいことなのです。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年08月08日(土) 16時58分36秒

さらば

テーマ:ブログ
二日から昨日まで、出張に行ってきました。これは、教会のほうの出張で、高校生向けのキャンプの企画運営が私の仕事…。あまりにも荷物が多いことと、現地ではいろいろと車が必要になるのと、それから今年は高速道路料金が1000円になるのとで、軽井沢まで車で行ってきました。


3日から軽井沢の山荘に泊り込み、高校生10人とスタッフが6名、それに私と合計17名が3泊4日の濃い体験をしてまいりました。そして再び、車で700キロ。さすがに体力的にしんどいですね。途中、知人の家に泊まらせてもらい、昨日の夜遅くに帰ってきました。まだ眠いです。

このキャンプに来る参加者たちは、「三泊四日って長くないです?」などと言っていますが、最終日には、「短すぎる!!来年は一ヶ月ぐらいにしてください!!」などと言うようになります。

冗談でしょOo。。( ̄¬ ̄*)そんなことしたら、スタッフが倒れます。

まあ、それほどに充実感を味わったのでしょうね。

「皆さんが家に帰るまでが、キャンプです」…ベタなノリの挨拶を一番最後にしましたが、帰宅した参加者からそれぞれ、無事に付いた旨、知らせが来ました。その中に、こんなのがありました。

「家に着くまでがキャンプですよ~!
   の言葉に従うと、
 あたしのキャンプは、
 あと、十数歩で終わっちゃうみたいです。」

本当に、この三泊四日が愛おしい体験だと思っているのでしょうね。

私のほうこそありがとう。今年もこんな素敵なキャンプの主事をできて、幸せでした。他のスタッフに支えていただきながらヨタヨタと主事をこなしていました。

皆さんに祝福が豊かにありますように。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年08月02日(日) 07時10分30秒

お泊り保育

テーマ:保育所
木造保育所では、一昨日、昨日と、お泊り保育でした。年長児が保育所に一泊するわけです。バスに乗って動物園に見学に行き、野外公園でたくさん遊び、みんなで野菜を切ってカレーを作るお手伝いをし、夜には「お化け大会」をし、翌朝は早起きして体操して…。

最後には、がんばったご褒美に賞状を一人ひとりに渡します。

「料理がんばったで賞」とか「バスで盛り上がったで賞」とか「お化け大会で泣いたで賞」とかなんともへんてこな賞状ですが、それぞれの子供たちの特徴を捉えて、賞にしていきます。ですから、子供たちを寝かしつけたあと、職員が集まり、どの子にどんな賞を与えようかという話し合いになります。これが、1時間以上も話し合うわけです。でも、そこには保育士の暖かい目線が込められています。

「さあ、園長先生から賞状を頂きます」

賞と名前を読み上げていきます。賞の内容を聞いただけで、

「あ、○○ちゃんでね?」「んだ、○○ちゃんだよ」って声が上がってみたり、「自分だ」とパッと顔が明るくなったり…。

子供たちの思いと職員の思いが一緒になる瞬間かもしれません。


迎えに来られた保護者の方々も、いつもとわが子を見る目が違っています。彼らが「ちょっぴり大人になった」そのことを十分わかっておられる様子です。

たかが一泊、されど一泊…。

ちっちゃな大冒険がひとつ、彼らの思い出に加えられました。


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。