akazukinのブログ

「日本史のいわゆる「非常時」における「抵抗の精神」とは真理追求の精神、科学的精神に他ならない」野々村一雄(満鉄調査部員)


テーマ:

このブログのアドレス名。


ootadsoragonsato


の「ootadoragon」は、太田龍のことである。

「sato」は佐藤耕治さんのことである。


私は佐藤耕治さんを知らない。


北海道の歯科医師で講演会に参加するため車椅子で上京されたおり、一度お姿を遠くから拝見しただけである。


その後まもなくお亡くなりになられたが、その直前には、自分の構想で建設しようとした新しい縄文回帰の里に北孝明(きたこうめい)神宮を建立された。


しかし、その場所は人手に渡って神宮はどうなったのかわからない。



孝明天皇をお祀りする神社は愛知県知多半島武豊の玉鉾神社である。


玉鉾神社は、伊勢神宮、熱田神宮椿大神社の間に位置し三角形をなし日本をお守りするという意図で知多半島に決められたとうかがった。


参考当ブログ:「天皇破壊史」に登場した玉鉾神社(2009-09-01 16:04:04)

http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-10333289545.html



それを北海道からお力添えするということで、北孝明神宮を建立されたのだ。



このブログを立ち上げるとき支援してくださったのは、石井一昌氏。


石井氏は佐藤耕治さんの右翼仲間で、神社建立の際立ち会わられた。


佐藤耕治さんが先に亡くなり、太田龍との交流もそんなつながりで復活し、晩年太田龍に頼まれてこのブログの後ろ盾になってくださった。


「ootadsoragonsato」を前面にだし、ご自分は後ろに控えていた。


その石井さんも今年9月16日に永眠され、「ootadsoragonsato」もここで一区切りをつける潮時が来たと思う。




振り返れば、このブログも始めた当初どのようなものになるのか、なにをすべくか想像できなかった。


太田龍がしてきたこと考えてきたことを自分なりに検証してゆくしかなかった。


デーヴィッド・アイクに関しては日本のはずっこけたが太田龍はもう支援なしでだいじょうぶだと言っていた。


スプリングマイヤーも刑務所から無事に生きて出所できた。


コールマン博士はインターネットで活動を続け、取り上げる人も増えた。


ヘンリー・メイコウ氏は独自の切り口で第二のレンズ・コム的存在になるところ、ジェフ・レンズと衝突した。


ラミロ・レイナガは、「宗教とスピリット」の最終章がなかなか決まらないでいるうち、ボリビア大統領のエボ批判を本にして出版しようとしたため、ブラックリストに載せられ、ボリビア国内で彼の本を印刷する業者がいなくなったといっている。 それに反して父親のファウスト・レイナガがもり立てられている。 インディヘニスモ(indigenismo 先住民族復権運動)にとって革命的なスローガンを掲げたラミロの父親の存在はエボ大統領にとっても外せられない。


マイケル・ルパートの精神のよりどころとしていたのが、トム・ブラウンのサバイバルスクールでの実践であり、トム・ブラウンが北米インディアン、リパン・アパッチ族のグランドファーザーから訓練を施されたことを知ったのは大きな成果だった。



石井一昌氏は昭和天皇を批判する右翼である。


右翼が天皇を批判するとはどういうことだろう。


彼に言わせれば、今の天皇は日本の象徴でもなんでもない。 特に昭和天皇が悪い…とこうくる。


昭和天皇が一番悪いというのは、太田龍も言っている。


では、天皇を批判しない右翼とは何者なのか……ということである。


権力構造をつくりそのトップを批判できないよう擁護する体制の片棒担ぎ、でしかない。


左翼は対抗する相手がいることで存在の意味を見出し、象徴を持てない体質から単独で存在しつづけることもおぼつかない。


天皇制は権力構造管理社会の象徴として目の前に存在している。

日本民族の象徴ではないのである。


実体のない象徴を拝まされている、わけである。


もしくは、実体とかけ離れたものを象徴とされている。



では、今の天皇制をどのように見るかというなら、イルミナティ権力構造下に従わせるべき日本を象徴する存在で連中も扱い方に気を使っていることだろう。


そうしないと、自分たちで作った国際ルールを破壊し自分で墓穴を掘りかねない。


だから、私たちの代わりに身を犠牲にされて象徴の役を担っていただいている…。


控えめにみて、こうなるのではないか。


それはそれで置いといて、


今後するべきことは、


生命力ある実体を取り戻そうと思っている。◆


※訂正更新 2013年4月1日 akazukin

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

akazukinさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。