akazukinのブログ

「日本史のいわゆる「非常時」における「抵抗の精神」とは真理追求の精神、科学的精神に他ならない」野々村一雄(満鉄調査部員)


テーマ:


新版300人委員会〔上〕

ジョン・コールマン博士著、太田龍監訳、

成甲書房、2008


以下抜粋。


この「選ばれた人々」は自らを「オリンピアズ」と誇らしげに呼ぶ。 彼らは自分たちを本当に伝説のオリンポスの神々と同じ力と偉大さを持っていると思っているのだ。 彼らは自分たちが信仰する悪魔ルシファーと同様、自分たちが主(しゅ)より偉大であると考えている。 そして「悪の全能の力」により、次のことを遂行する使命を与えられていると信じている。(108頁)


とあって、以下に23項目上げている。
その八番目。


(八)科学の発達は、三〇〇人委員会が必要と見なすものを除いて一切抑制する。 とくにターゲットとされるのは核エネルギーの平和利用だ。 なかでも忌み嫌われるのは核融合実験であり、三〇〇人委員会とその片棒を担ぐメディアによって攻撃されている。 核融合技術の開発は天然資源の限界説を打ち砕くからだ。 核融合は正しく利用すれば、無限かつ未開発の資源を、普通の物質からでも生み出すことができる。 実は核融合の応用は無限にあり、人類に与える利益は計り知れないのだが、残念ながらまだ人々の理解は得られていない。 なかには、新たな石油資源を創造することもできるとする科学者もいる。
(111頁)


抜粋ここまで。



akazukinのブログ

これが旧版、KKベストセラーズ刊(1999年)だと


これが「三〇〇人委員会(オリンピアズ)」が企てる悪魔の地球支配綱領二一カ条(旧版、48頁)


というサブタイトルがつけられ、やはり第八番目に同じ内容で書かれている。



ことばというものは、認識がないとやり過ごすことが多い。

地震のことでも、プレート論しか頭にないと、地震爆発論といわれてもどういう状態か想像つかない。

石田氏のビデオで丁寧に説明してくれたおかげで想像できた。


参考当ブログ:

どうして地震が起きるのか

http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11184601235.html


だから、コールマン博士が「核融合」といったとき、普通の核技術との違いがわからなかった。


いま私は、コールマン博士の言う「核融合」は、「常温核融合」のことだと思う。




akazukinのブログ

たまたま、月刊雑誌「ムー」をみた。

2011年9月号No370、である。


確認したいことがあって、この号を図書館で借りてきた。


目的の記事は、想像通りわけのわからないものであったが、目次にあった


放射能を無害化する「常温核融合」

というタイトルが気になった。


以下抜粋。


「金属の中で核反応が起きる、いわば金属内核反応と呼ぶべき現象なんです」


と水野氏。


「呼び名は常温核融合なんですが、熱核反応とは別の物です。 パラジウムや白金を触媒にして電気分解すると、燃料電池や金属腐食では、そのような従来の化学反応では説明できないことが起きるんですが、今回の実験でその説明ができると考えています。 温度や圧力が高いと加速度的に反応が起きるので、核融合と呼べなくはないですが……」


(中略)


常温核融合なら金属をほかの金属へ変換することが可能になる、というのが能登谷玲子さんの特許である。 しかもそのまま放射能除去装置として使えると明言している。


「放射性廃棄物の非放射物化の対象」として、「原子炉から排出される核廃棄物」や医療などの放射性廃棄物を「無害化する」。 やり方は簡単。 無害化したい廃棄物を素材として電極を作り、核融合反応を起こせば、「半減期の短い物質や非放射性に核変換させることができる」。

常温核融合が起きると電極の金属組成が変化することは水野氏も確認ずみだ。


(中略)


核融合発電に常温核融合を使えるかどうかは難しい。 水野氏も認めているが、常温核融合で安定した発熱を起こすことは非常に難しいからだ(だから初期の追実験がことごとく失敗したのだ)。

投入したエネルギーを超える出力エネルギーを得られなければ、ただの発熱反応である。


(中略)


常温核融合の不運は、もし実用化すれば何千億円の核融合炉がパーになるうえに、元素変換という魔術以外の何物でもない現象が伴うことだ。 これを即座に信じろという方に無理がある。 さらにそこに陰謀論が加わり、原子力資本が常温核融合の実用化を妨害していると囁かれる。 こうなってしまうと、もはや日本の学界が承認することはないだろう(とはいえアメリカでは、2007年に海軍が常温核融合への研究助成を開始した。略)

(『ムー』、30~31頁)



イルミナティ陰謀論は上述したようにコールマン博士が言っている。


「原子力資本が常温核融合の実用化を妨害している」、というのは、水野氏は発電は難しいと言っているのに、先読みしているということは、できるということか。 


これを読んでいて、昨年とりあげた彦坂忠義博士のことを思い出した。


「日本・原爆開発の真実」・彦坂忠義博士 (2011-09-07)
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11010909596.html


さらに、マクロビオティックをやっている人はご存じのことだが、創始者桜沢如一がルイ・ケルブランの「生体による原子転換」を紹介して、ユダヤ式栄養学(カロリー重視)の間違いを論破していた。


いうなれば、自然界、我々の体はこともなげに原子転換をやってのけているのだ。


残念ながら、私は科学(化学)がよくわからない。


しかし、わかっている人で、間違いを犯すとしたら、それは人類の展望を見誤っているか、エゴイストか、偽善者だ。■


akazukinのブログ



以下、参考サイト。

よくまとめられているサイトです。

残念ながら私には専門すぎてよくわかりません。


21世紀物理学の新しい公理の提案


常温核融合は本当だった!
http://www5b.biglobe.ne.jp/~sugi_m/page001.htm


の中で、


その13< TBSテレビで放映された常温核融合

CBSドキュメント 常温核融合の可能性(放送日時:7月2日(木) 1:38~2:33 放送局:TBSテレビ)

私は、司会者のピーター・バラカンというキャラクターが好きだ。

エージェントだろうがなんだろうかかまわない。

何かを隠してるんじゃないかというとき、平静を装って日本語の語気が強まるのがいい。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

akazukinさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。