上のイラスト:Copyright(C) 2006 Ken Aoki. All Rights Reserved.
Twitterアカウント:@oosaki1959(どんどんフォローしてください) Facebook:大崎裕史(お会いしたことのない方はフィード購読で)
日本経済新聞出版社より自著「日本ラーメン秘史」好評発売中!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-25 10:02:14

「Japanese Soba Noodles 蔦」店主監修「冷し醤油ラーメン」発売中!

テーマ:ラーメン
ミシュランでラーメン店世界初の星を取った「Japanese Soba Noodles 蔦」(巣鴨)店主・大西祐貴さん監修の「冷し醤油ラーメン」が発売されたと聞いて早速買ってきた。

「サークルKサンクス」での販売。税込み498円。500円を超える商品も増えてきている中、あの「蔦」の監修でワンコイン以内に抑えたのは相当の努力があったことがうかがえる。

外観。なかなかカッコいい。


横から。高さもある。


封を切って蓋を開けてみる。
トッピングは味玉1/2、白髪ネギ、青ネギ、チャーシュー細切り、メンマ。


トッピングの皿を外すとスープと麺が出てくる。


まずは麺にスープをかける。この時点でかなりトリュフの香りがする。
正直、「蔦」の特徴でもあるトリュフをどう使うのか?
どこまで使えるのか?というのが一番気になる点であった。
想像以上であった。メニュー名は「冷やし醤油ラーメン」だが「冷やしトリュフ香る醤油ラーメン」とかにした方が良かったのではないか?とさえ思えるほど芳醇で香ばしい。
そしてまずはスープをかけて麺と混ぜる。
その後、トッピングしてこのようになる。


麺は全粒粉入りの細麺。スープは本醸造醤油に丸鶏プラス魚介。
そして、何といってもトリュフをココまで効かせた店主のこだわりが感じられる。
ここまでやるにはその分、どこかを削ったのかもしれないのだがまったくそれが気にならない。
つまり、完成された商品といえる。
私も商品監修をしたことがあるが、予算内でうまくおさめるためにはあちらを立てるとこちらが立たず。ではこうしてみたらどうだろう?ありゃ、こうなっちゃった。という試行錯誤の繰り返しである。この価格でこのクオリティだと店主もかなり満足できたのではないだろうか。もちろん、十分すぎるほどにおいしい。最近のコンビニチルド麺のレベルも上がってきているが、さすが大西店主。さすがミシュラン店監修。他の追随を許さない仕上がりだ。

九州を除く全国の「サークルKサンクス」で4週間ほど発売されるらしい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
OOSAKIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-23 11:52:55

ラーメン二郎 会津若松駅前店

テーマ:ラーメン

2014年9月にオープンした39番目のラーメン二郎。しかも我が故郷、会津だから当時は驚いた。いずれ帰郷したときに、と思っていたら親不孝なものでなかなか帰郷せず、1年半経ってやっとである。

会津若松駅のある磐越西線は本数が少ないので開店する11時にできるだけ近い時間に到着する電車を逆算。無事に11時5分に到着。店外に数人の並びがあったが、開店して食券を買っている段階らしく、みんなが席に着いた時には私を含む二人が店内の待ち席へ。
小ラーメン650円としょうが50円の食券を購入。コールは野菜。

久しぶりの初訪二郎。札幌以来かな。
ちょっと緊張した。でも移動中の電車でいろいろ読んできたからだいたい感じが掴めた。

やや平打ちの太麺は柔らかめだが個人的にはこれくらいがいい。
野菜を増やすのでからめにするかどうか迷ったが、ネットでからめは必要ないと書いてあったのでそのままにしてみた。でも味濃いめ好きは野菜増しの時には、からめでもいいかも。でも、決して物足りなくはなかった。

チャーシューはウデ肉ではなく分厚いバラ巻き。箸で切れるほど柔らかくておいしい。
スープはやや乳化。かなりあっさりで食べ終えても疲れた感がない。これなら昼にあと二杯はイケる。(笑)

私のホーム、目黒二郎よりもこちらの方が量は多いように思えたが破壊力(何を破壊する?)はメグジの方が十分ある。メグジではたまに夜抜きでもいいくらいになることがある。こちらは、体調が良かったのか、実際あと2軒のラーメン店を廻ることができた。

店名通りに駅前なので他県からも電車で行きやすい。(磐越西線は本数少な目で時間かかるけど)
歳を取って二郎を食べる回数は減ったけど、やっぱり二郎は好きだなあ~!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
OOSAKIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-21 12:24:10

ねいろ屋@荻窪

テーマ:ラーメン


荻窪の協会通りにある名店。最近ではかき氷も人気になり、カキゴーラー(かき氷を食べ歩く人)にも知られるようになった。ラーメン好きは「ラーメン、かき氷、ラーメン」と食べ、カキゴーラーは「かき氷、ラーメン、かき氷」という順番で食べるとか(笑)。(平日昼はかき氷を提供してないので注意。かき氷のシェアは可能だがラーメンのシェアは不可)
同じ協会通りだが、1年ほど前に少し移転した。移転してからは初めてで、広く明るくなった。
前回は「しお」の太麺でかなりおいしかった。その時もそして今回も「しお」の店のイメージだったが、メニューが「しょうゆ」優先だったので今回は特製しょうゆ1000円を太麺で。ここの太麺は好きなので、またしても太麺に。
チャーシューはやや厚みのある柔らか豚チャーシューと鶏が2枚。特製はこの鶏2枚と味玉が増えて、メンマが増量。どの具もおいしい。麺は思い描いていたよりも太くはなかったが、それでもおいしい。太麺を清湯で合わせるには十分な旨味がないとつらいわけだが、ここはまったく麺に負けてない。これで無化調とか、なかなかのものである。
そしてそしてこの店のもう一つのポイント。クラムボンのライブ会場限定発売の新しいアルバムをここでも買うことができるのだ。私はライブ会場で1枚買っているが、他の人用で今回3枚購入。
ラーメン好き、かき氷好き、クラムボン好きの人にオススメのお店。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
OOSAKIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-18 13:51:15

米風亭@札幌

テーマ:ラーメン
札幌には何十回も来ているので多少の宿題店はあるものの、話題店でまったく聞いたことがないような店は少なくなってきた。しかし先日、スナックに行き「米風亭」という店の話題になった。食べたことがないし、聞いた記憶もない。なのにその場にいた地元の女性3人がみんな知っていて「すすきのじゃ有名よ」と言うじゃありませんか。しかもその店は「油そば専門店」だという。あぁ、油そば専門店じゃ情報を聞いてもスルーしているかもな~。でも「すすきのじゃ有名よ」という言葉に反応して、ちょうど小腹も空いたことだし、行ってみることにした。
なんだかバーとかパブのような雰囲気。どちらか言えば飲み屋だ。なのに昼から営業しているというのも不思議。メニューを見るとトップに油そばが来ている。アルコールは豊富。つまみもそこそこある。しかし麺メニューは油そば(750円)だけだ。そして見てみると多くの人が油そばを頼んでいる。しかも油そばだけの人も少なくないようだ。
都内の油そばブームが札幌まで来ていたのか。その割には「すすきのじゃ有名よ」というくらいに浸透しているのが不思議だ。店の人にいつ頃からやっているのか聞いてみた。その答えには正直驚いた。
「30年くらい前ですかね」
東京のブームよりも先取りしていたのか?確認は取れてないが、オーナーが亜細亜大学出身という噂も。それなら油そばにはまったのもうなずける。
しかし、ここの油そばは「珍々亭」風ではなく、細麺少し縮れの西山製麺製でタレが麺に丁寧にまぜられている。具は細切りチャーシュー、うずらの卵、海苔、メンマ、葱。タレは濃いめの味付けになっており、もちろんそのままでもおいしいのだが、つまみとしても十分な仕上がり。
地元の人によると、ここ以外の油そばはあまり流行ってないとか。油そばと言えばココらしい。そんなに歴史もあって、「札幌の油そばならココ」と言われる店に来てなかったとは。
ここは、何故か有名人や芸能人が結構来る店としても知られているらしい。大泉洋はもちろん大物ミュージシャンも来ているとか。
近くのビル10階にも同名店があり、そちらは夜だけ営業。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
OOSAKIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-17 11:56:10

SOBAHOUSE金色不如帰@幡ヶ谷

テーマ:ラーメン


今年の3月頃に味をリニューアルした「金色不如帰」。そろそろ行っておくタイミングかな、と時間を作ってみました。
11時38分着で外待ち13番目。30分くらいで着席。
醤油そば850円。50円上がりました。

 そして登場!うわぁ~もう見た目からしてオーラが漂っています。個人的に、出てきた瞬間にそのラーメンの「うまさ」とか「ちゃんと作った度」がわかります。盛り付けに現れます。

 そしてこの醤油そば、見るからに美味さMAX。盛り付けも完璧。ちゃんと作った度、100点満点。そんな感じです。
今回の醤油そばはより洋風に変化。以前の塩そばに近づいた感じがあります。自家製タルトゥファータ、セップ茸の自家製オイルとフレーク、九条ネギ。。。

フレンチ・イタリアンを食べてる私でも戸惑うカタカナ群。でも、そんな蘊蓄に惑わされてはいけない。スープを飲んでみる。おぉぉぉぉ~~~~。うまいようまい。普通のラーメンはレンゲで二杯くらい飲んで口を潤し、それから麺を啜る。しかし、レンゲで何杯飲んでしまっただろうか。うますぎる。完全にスープが「料理」になっている。でも、これはラーメンなんだ。と自分に言い聞かせ、麺を手繰る。馴染んでいる。全粒粉入りの中細ストレートがスープと一体化しているようだ。具の一つ一つも完璧。

そして迷わずに塩そば850円も。リニュアル前、私は塩推しだった。そして今回、醤油そばがその塩に近づいた、というか同じ方向で追い越したように思えた。ところが、その塩そばも追い越されてたまるか、というようにさらに進化を遂げていた。セップ茸のデュクセルやフレッシュハーブの使い方及びその効果が素晴らしい。いやはや驚きだ。ラーメンって、磨けばこんなにおいしくなるものなのか。まだまだ進化して行くに違いない!

余裕があったらどこかでもう一杯、なんて考えていたのにそんな余裕はない。お腹の余裕はあるが気持ちの余裕が無い。今日はラーメンを食べなくていい。いや、食べない方がいい。そんな気分にさせられた至高の二杯。もちろんW完(ダブカン:二杯ともスープまで飲み干しました)。

ミシュランで星を取った「蔦」が「Japanese Soba Noodles」なら、こちらは「洋風そば」といえよう。どちらも世界に誇れるラーメンだと言える。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
OOSAKIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み