横浜静脈瘤クリニック 保険日帰りレーザー治療のブログ

テレビ紹介多数、横浜駅直結の保険適応レーザー手術を得意とする下肢静脈瘤専門クリニックです。院長西川大陸

次回の
静脈瘤無料説明会は



当院では定期的に、下肢静脈瘤説明会を開催しています

参加をご希望の方は一度ご連絡ください

0120-612-900









「最新の下肢静脈瘤レーザー治療を」との声に応えるべく、


横浜静脈瘤クリニックを設立いたしました


どうぞお気軽にご相談ください








テーマ:

こんにちは
横浜静脈瘤クリニック 院長の 西川大陸です

 

本日は、下肢静脈瘤のメカニズムを説明させていただきます。

 

 

ご覧のように、
太ももから膝下にかけて、ボコボコと血管が浮き出ているのがわかると思います。



これが下肢静脈瘤かしじょうみゃくりゅう』という病気です。

足にある静脈に血液がとどこおって、血管が膨らんでしまう病気で、女性の方により多く見られます。




それでは、
『下肢静脈瘤のしくみ』を説明します。


まず体には、
心臓から足(体中)へ血液を運ぶ血管 動脈 
足先から心臓へ血液を戻す(下から上へ)血管 静脈 があります



静脈には、

血液の流れ(下から上へ)をスムーズに行うために(一旦上がった血液が下がらないように)、
血管の中に 弁 (逆流防止弁)がついており、血液の逆流(下に向かう)を防いでいます。



しかし、この 弁 が何らかの原因で壊れてしまった場合、
血液は正常に流れることができず、逆流をしてしまいます。




逆流により血液は心臓へ戻ることができず、
どんどんどんどん足に貯まっていき、
徐々に血管が太くなって、コブのように盛り上がっていきます。


それが静脈のコブ(瘤)
つまり静脈瘤です。





下肢静脈瘤は、
良性の病気(命に直結する病気ではない)ですので

治療せずに放置している方も多くいらっしゃいますが、

放っておくと
皮膚炎皮膚潰瘍などのように重症化するケースもあり、

 

早期発見・早期治療がとても重要です。


また血管のコブのほか、

痛みむくみ、足のだるさ、冷え症、こむら返り(毎日のように足がつる)など
日常生活に支障を来してしまう場合もあります。



下肢静脈瘤

そのまま放っておくのではなく、
一度診察を受けることが大切です

 

 



その他のブログはこちらをクリック!!
 

横浜静脈瘤クリニックHP

 


 ブログランキング参加中です。一日一回ポチッとお願いします。


にほんブログ村

 

 


私は日頃から、来て頂いた方にご自分の状態・病気について、しっかり理解してもらいたいと思っています。
説明会などを定期的にさせて頂いているのも、その一環です。
そのため、話(診察時間)が長くなってしまい、お待たせすることもあるかも知れませんが、ご容赦ください。

院長  西川 大陸  

 

 



 

**  横浜静脈瘤クリニック **

〒220-0011
横浜市西区高島2-19-12  横浜スカイビル16階
  ・JR横浜駅から直結

診療日:水・木・金・土・日 (月・火は休診日です)
    10時~19時

通話無料 0120-612-900

 

 



 


**  大阪静脈瘤センター **
   (湘南メディカルクリニック 大阪院)

〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地1-4-12  桜橋プラザビル6階
  ・JR大阪駅 桜橋口より徒歩5分
  ・地下鉄四ツ橋線 西梅田駅 c-60出口 左手階段すぐ
  ・JR東西線 北新地駅 11-5番出口すぐ

診療日:月・火・金・土・日 (水・木は休診日です)
    10時~19時

通話無料 0120-719-600




** *** *** *** *** *** *** *** *** **

 

下肢静脈瘤無料市民セミナー

好評をいただきまして、毎回多くの方に来ていただいています。
これまで各地で実施したセミナーの様子です
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)