大砂漠

大砂漠をさまようがごとく、メシ、音楽、映画、読書、酒、ゴルフなどなど、人生そのものにまつわる「渇き」を癒そうとする「足跡日記」です。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
このブログのタイトルは「大砂漠」ですが、知らない間に「東京砂漠」に埋もれてしまっていました。

単身赴任生活も早2ヶ月がすぎました。

しばらく休んでいたブログも個人日記として再開します。

でも、アメブロ、書いてても途中で消えてしまうことがあるので、
どこかいい引っ越し先ブログサービスを探しています。

$大砂漠

テーマ:
ついに我が家にiMacが登場しました!

うひょー!いい...非常にいい...

$大砂漠

デスクは昨日IKEA神戸のアウトレットコーナーでゲット!
気に入ったものがなくて、あきらめて妥協してレジの横のアウトレットコーナーにぶらっと寄ってみたら、
探し求めていたそのものがそこに!

いやー、粘り勝ち。

そんなこんなで、初めてのMacに奮闘中であります。

テーマ:
「iMac 乗り換えたいけど 先立たず」
そのまんまでなんのヒネリもない川柳…

妄想でワクワクするのはタダなので、最近そんなことばかりしています。

まずは、iMac27インチの2.7GHzクアッドコアをチョイス。ハードディスクは1TBそのまんまで、USワイヤレスキーボードとMAGIC TRACKPAD、Wi-FiはAirMac Extremeで家ごとワイヤレス…

たまらんなあ!あー欲しい!

新しいOSのライオンっちゅうのが、もうすぐ発表になるから待った方がいいって言うアドバイスもありましたが、あー欲しい!待ったところで、おいそれと買えるわけではないけれど、待ちきれない!

妄想、妄想、妄想劇場…

photo:01



テーマ:
前回の記事から1ヶ月が経ってしまいました。
全国数千万の「大砂漠」サイレントリーダーの皆さん、お待たせしました。

連れ合いに「久しぶりに書いてるよ、読者のために」というと、
「誰も困っていないっていうところがあなたのブログの唯一のいいところなのよ」
と評してくれました。むかつくけど何も言わない。

時々「書きたいな」っていう執筆意欲がむくむくと湧き出ることがあるのですが、
ツィッターでつぶやいちゃうと「まあ、いいや」ってなっちゃうんだよな。まあしょうがないですね。

ところで、映画「ノルウェイの森」が公開されているので、「ノルウェイの森ってどんな小説だったかな」と思い出そうとしたのですが、まったく思い出せない。思い出せますか?
冒頭で、ドイツの空港に着いた飛行機の中でビートルズの「ノルウェイの森」がかかる、というのは覚えているけど、その後はまったく思い出せない。何でハンブルグ空港に到着してイギリスのバンドのノルウェイの歌が・・・まあ、細かいことはよしとしよう。
この小説がベストセラーになったのは、大学生の時。あれから20年以上か・・・コワいですね。

村上春樹は好きだったけど、このノルウェイの森ぐらいからあんまり読まなくなったような気がしますね。天邪鬼だからなあ。
「スプートニクの恋人」以来読んでない。「風の歌を聴け」は何回も読み返したな。
「国境の南、太陽の西」はよかったなあ。
「ダンス・ダンス・ダンス」も「1Q84」も「ねじまき鳥クロニクル」も読んでないんだよなあ。
「遠い太鼓」は夢中になって読んだ、何回も読んだ。「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」を読んでからウイスキーはボウモアしか飲まなくなったし、死ぬまでに一度でいいからアイラ島でボウモアと牡蠣を食べてみたい。

結構読んでるな。思いっきり影響されてるし。

そういうわけで、ノルウェイの森を再読することにします。
(ちなみに、ビートルズの「ノルウェイの森」は原題Norwegian Woodの誤訳で「ノルウェイ製の家具」というのが本当の意味という説があるらしい。おもしろいからウィキペディアで読んでみてください)

連れ合いに「あのさ、ノルウェイの森って読んだことあるよね」と聞くと、「ない」と一言。
まったく潔い。連れ合いは自称読書家だけれど、本を読んでいるところを見たことがない。

僕は渡辺淳一の小説が大嫌いで読んだことがないのだけれど、連れ合いに言わせると「あなたの嫌いな渡辺淳一とどこが違うのよ。おんなじエロ小説じゃない」と。

渡辺ファンも村上ファンも、ごめんなさいね。

$大砂漠

テーマ:
あっという間に9月19日以来の記事となりました。

新しい年になったので、またブログを日記として再開しようかと。

ツイッターがあまりに便利で手軽なのでずーっとつぶやいてばかりいましたが、
後から見にくいし、いつのことだったかイマイチ分かりにくい。

そういうわけで、読んでいる人がいらっしゃれば、これからも宜しくお願いします。

ところで、手帳。年が新しくなると手帳を変えたくなるのが人情というものですが、
僕は2005年ぐらいからずっと「ほぼ日手帳」を使っていました。しかし、そろそろ
飽きてきたし、スーツの内ポケットに入るサイズが便利でいいなあと思っていたので、
今年からサイズ的にちょうどいいJALの手帳にしようと、あっちこっちに声を掛けて、
JALの手帳をタダでゲットしようとしていました。だけど、さすがに破綻した会社、
今年から手帳のバラマキはやめたとのこと。まあ、そりゃそうだよな、税金でばらまいてちゃ
ダメだよな、しかたない、おカネ出して買おうと思いきや、JALのサイトでも完売。
周りに聞いても、「そーなんだよー、手に入らなくて困ってるんだよー」という声が多い。
「なんだよ、売れるんだからもっと作ればいいのになあ。まったく商売っ気がないなあ。」
なんて言いながら、見つけたのが、

「ほぼ日手帳WEEKS」。

$大砂漠-__.JPG


サイズも求めていたものとぴったり。しかも売れ残りで1,800円が1,000円になっている!(ロフト)
スケジュールやデータなんかはiPhoneでGoogleカレンダーで家族と共有したり、EVERNOTEやDROPBOXで管理しているのですが、取引先との商談メモや手書きしたいとき、手帳はやはりしっくりくるものを使いたいのです。

結局「ほぼ日手帳」になっちゃったけど、今年一年、これで行きます。
皆さんも今年も一年、よろしくおねがいしますね~。

テーマ:
取引先が近くにあるので、ランチはどうしても道頓堀界隈が多い。

銀平


ランチ1,050円は値打ちあるわ~

お通し。なんやった、忘れましたけど。
$大砂漠

ざる豆腐。コクがあってウマし。

$大砂漠

お漬物。これがまたウマし。
$大砂漠

今日は鯛のアラの塩焼きをチョイス。

$大砂漠

ごはんは釜炊きですわ。

$大砂漠

これで1,050円!やっす~。

キムカツ 大阪松竹座店

ミルフィーユカツで有名らしいのですが、初めて行きます。

まずは大量の千切りキャベツが!
揚げ物を食べる前に胃の粘膜を保護する働きがあるのですと。
キャベツそのものはおいしいものの、ドレッシングがイマイチ。
$大砂漠

出ました、キムカツ。初心者なのでプレーンをチョイス。
$大砂漠

薄い肉を重ねて、ミルフィーユ調に仕上げています。手が込んでる。
$大砂漠

どうやらここのこだわりはカツもさることながら、ごはんらしく、注文を受けてから炊くらしく、20分ぐらい待たされます。まあ、確かにウマいですが、そんなに待ちたくもないかなあ・・・
$大砂漠

これで、なんと2,000円以上します!(たぶん。払ってもらったので覚えてないが)
自腹ではハードル高すぎますね。向かいにあるスタ丼に行くでしょう。

帰りに従業員に「キムカツの名前の由来は?」と聞くと、「希望のキと夢のムで、キムカツです」「はあ・・・」
うーん、微妙!?




テーマ:
悪夢にうなされて、夜中に目覚め、眠れずに午前4時。

どんな悪夢だったのかというと・・・言えません。

さて、「スコアがよかったときだけブログに書く」ことで有名な私ですが、
久しぶりに90台の前半が出ました!

6月12日の山陽ゴルフクラブ以来、3か月ぶり。111という死にたくなるようなスコアのせいで、
知らず知らずの間にゴルフから遠ざかるようになっていたのかも知れない。

秋晴れの有名野球球団が所有する○イガースゴルククラブ。
ここは昨年も90ちょうどを出した相性のいいコース。
フラットで広くて、スコアでやすいんですけどね。大好き、こういうコース。
トリッキーなコースもいいのですが、いいスコア出た時に爽快さはナニモノにも代えられないものね。

$大砂漠


今日は何がよかったのか。

アイアンですね。アイアンのキレがよかった。得意の3鉄がどうにも当たる自信がなくて、
4番アイアンを多用していたのですが、これがほぼノーミス。
クリーク(僕はフェアウェイウッドはクリークしか持っていません。理由は単にお金がないからです)は、1度失敗して4番アイアンばかり使っていましたが、これが当たる、当たる。曲がらん、曲がらん。飛ぶ、飛ぶ。
ミドルアイアンも良くて、ショートホールは全てワンオンでパーセーブ(バーディは取れなかったけど(泣))、
ショートアイアンもアプローチも100ヤード圏内もいつもより距離感が合う。

なんなんだろう。

パット数は37と相変わらずケアレスパットも多くてヘボかったけれど、
ファーストパットがしっかり寄る。

ドライバーは全然ダメでした。1球もなかった。ドライバーまで良かったら、すごいスコアが出てたかも。

と、いうわけで、およそゴルフはアイアン・・・
背筋がついたからかな?

10位とニアピン2個も取ったもんねー。
しかし、このコンペ、レベル高いなあ。10位かよ。まあダブルぺリアですが。

ショートパンツ欲しい。もう10年も着てるんじゃないか。
連れ合いにそういうと、「年に何回も着ないんだから、いいのよ」と。そういう問題なのか?

いろいろと考えさせられたラウンドでした。ピース。

テーマ:
今日は、ひっさしぶりに、KG梅田キャンパスで、青春オヤジjr殿のご厚意、浜省オヤジjr殿の尽力により、
金井壽宏神戸大教授と藤原和博氏の対談のDVDを拝見させていただきました。

テーマは、『今、求められる「変革型リーダーシップ」とは?』

「いつ、どんなときでも、必ず居眠りする」と連れ合いにいつも厳しく叱責される僕ですが、
2時間半のこの対談、あっと言う間に終わりました。

金井教授は一生懸命「リーダーシップ」の話に持っていこうとしてましたが、
藤原さんの話はあまり「リーダーシップ」と関係なかったですね。(笑)

成長社会から成熟社会に移行した日本で、画一的な模範解答を求める「正解主義」から
多様な考えから「納得解」を引き出す「修正主義」、また情報処理一辺倒から情報編集力を
使って人と人、脳と脳を「つなげる」力、はたまた「みんな一緒」から「それぞれ一人」への変化・・・

おもしろかった。

藤原氏はしゃべりがやはりウマい。よどみない。論理的。「えー」とか「あのー」とかほとんどない。

15年前から「成熟社会に移行するから準備をしていた」と。うーん。ん?

個人的には、「『自分探し』なんてばかげている。自分というのは、人と人との関係性で初めて生まれるもの。人との関わりがすなわち『自分』を決めている」という趣旨の話は琴線に触れましたにひひ

家に帰って藤原氏の「35歳の教科書」を読み返してみると、おんなじこと書いてあった。当たり前だけど。

実際に話きくって新鮮だなあ。全然頭に残ってなかったキーワードが刷り込まれていく・・・

そのあと、これまた久しぶりの青春のラピーヌへ。

良い夜でした。ありがとう。ぶどうに続く。

$大砂漠

テーマ:
BETTER HALFとは、「女房」「妻」「つれ」「配偶者」という意味ですが、イギリスのPuritans(清教徒)の精神(魂)に対する考え方が元になっていて、Puritansは「人間の体は肉体が半分、魂が半分で出来ていて、魂の方が "better half"(より良き半分)だ」と信じていたことが語源だそうです(「英語のつぼ」というサイトから引用)

いい言葉だなあ。

今日は新たなBETTER HALFが生まれました。そのお祝いをさせてもらいました。
神戸メリケンパークオリエンタルホテル。
ここ、結婚式会場探しのときに、来たね~。懐かしい。

いい結婚式でしたね。「もう2度とあんなめんどくさいことは嫌だ!」と思っていましたが、
もう一回やってもいいかなと思ってしまいました。この日だけは誰がなんといっても、
1から100まで全て自分が主人公。

新郎新婦の人柄がよく出ていた、いい結婚式でした。友人が多いっていいねえ。

おめでとうございます!

$大砂漠

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。