結婚記念日ジプシー

テーマ:
突然ですが、今日は結婚記念日。
 
「2月はただでさえ日数が少なくて忙しいのに、なんで月末なんかに入籍しちゃったのかねぇ」
 
という会話は夫婦間で毎年繰り広げられるお約束トーク。
ほんと、思入れがある日でも何でもないのに、なんでだろう……。
 
さすがにこの日は外食できないので、“ちょっと豪華な夕飯”をつくる予定だったのだけど、
それだけじゃ味気ないかも?ありがとうの気持ちを“モノ”で表したい。
というより、モノを贈ったほうが記念日っぽいじゃん!

ということで当日、しごと終わりに「LOFT」へ行ってきました。
(とりあえずここに来れば何かあるだろう、と)

◇ーーーー◇
 
着いて直行したのは「メンズコスメ」のコーナー。
 
最近になってちょくちょく「髪の毛が家出するんだよー。さっきも20人くらい去って行ってさー」
と切な気に呟く夫に、頭皮用シャンプーを贈ろうかと。家出防止。
 
だけど、やめた。「結婚記念日らしくない」から。
 
もっと、こう「ふたりで使おうね」みたいなのがいいじゃない。だって、結婚記念日だし。
 
◇ーーーー◇
 
そして次に向かったのがビールサーバーのエリア。
毎晩飲むし、これ使ったらテンション上がるのではないか?と。
 
でも、やめた。たぶんだけど、「すぐ飽きる」から。あと、お手入れが面倒(わたしが)。
 
◇ーーーー◇
 
そして次に目を付けたのがペアグラス。
これらなら毎日使うし、なにより結婚記念日っぽい。洗うのも楽々。
 
でも、やめた。「インパクトが足りない」から。
 
わたしが求めているのは開封したときの、「うわー。何コレ!?」のリアクション。
驚かれてナンボですよ。

◇ーーーー◇
 
迷走したわたしが「これでいいんじゃないか?」と手に取ったのがトランプとUNO。
そして各種カードゲーム。あれやこれやと全部で5こくらい。
 
夜はカードゲームで夫婦のコミュニケーション。家庭内勝負(賭け事)にも使える便利品!
たくさんのカードゲームに夫も「うわー」となるでしょう。
 
でも、やめた。「トランプとUNO家にある」し。やったことあるゲームじゃつまらないじゃない。
 
◇ーーーー◇
 
さて、どうしよう。
サプライズはわたしの特技のはずなのに、10年間一緒にいるせいか、ネタ切れ。
完全に詰んだ。

そんなとき、ふと視界に入ったのが「VRのメガネ」

VRは「ヒトの感覚に訴えて、現実世界のように感じられる環境を作り出す技術の総称」。
 
VRのメガネを身に着ければ、安全な家の中にいるのに、崖っぷちにいるような体験をしたり、ジェットコースターに乗ってる気分を味わったり、はたまたゾンビに追いかけられてみたり……。
 
スマホのアプリで映像DLできるらしく、メガネ自体は非常に安価です。
(私が購入したのはLOFTでいちばん高いやつだけど、それでも3,000円)
 
流行りに疎い夫はきっと知らないし、喜んでくれるはず!というより、わたしもVRで遊びたい!
 
いいじゃん、いいじゃん。
 
ふたりで遊べるし、お手入れも不要。開封時のインパクトもあるし、使ったこともない。
 
そんなこんなで悩みぬいて購入したVRのメガネ。
近い未来(1週間後)こどもたちのおもちゃになる様子が目に浮かぶけど、それでもいいんだ。
 
記念日の夜に盛りあががる一品。たくさん笑って過ごせたらそれで十分じゃない。

疲れた夜は「VRのメガネ」で非現実世界への逃避行。トリップ、トリップ。
AD

日常に戻るとき

テーマ:
はじまりました。2016年初しごと!
久しぶりの仕事にドキドキ、ソワソワ。遠足前日のように寝付けず、遠足当日みたいに目を覚ましました。小学生もびっくりの4時起床です(笑)

普段であれば、「ごはん作らなきゃ」とか「娘を保育園に連れて行かなくちゃ」と、てんやわんやするのですが、幸いにも夫はまだお正月休み中。

じぶんのペースで着替えてメイクして、早起きの長女にハグをしてから5時前に家をでて、まだ月が空に浮かぶ暗闇のなかを駅までテクテク歩きました。

始発電車に乗りこみ、いつもどおり、乗り換えまでの7分間はSNSとニュースチェック。乗り換えてからは読みかけの小説を取り出し、本の世界にどっぷりと。

ふた駅手前で本を閉じ、一日のタイムスケジュール確認と、頭の中で流れをシュミレーション。そうこうしているうちに目的の駅に到着します。



4日ぶりの日本橋は朝6時前だというのに真っ暗。空気がひんやりと冷たくて気持ちいいのです。

いつもよりゆっくり、のんびり歩いていると、濃紺の空の東側がほんの少しだけ水色になっていて、「ああ、朝が来たなぁ」としみじみ。

わたしの中で、お正月から日常に戻る瞬間でした。


早く起きてよかった。
正月ボケせず、とぷんとしごとに浸かれそうです。



AD

休みは今日まで

テーマ:
お正月休みも今日でおわり。
お子たちが毎日6時前に起こしてくれたおかげで、生活のリズムを乱すことなく、明日からのしごとに取り組めそうです。ありがたやー。


せっかくなので、休み期間の記録をすこし。
(なんてことはない、一般家庭の日常です)


【12月31日】
□淡々とおせち料理づくり。なんだろ、毎年のことながら、重箱がどんどん華やかになっていくあの感じが、とてつもなく快感です。(伊達巻、カマボコは市販)

□21時。次女を寝かせている間に、誤って寝落ち。夫もなぜだか寝落ち。かぞくみんなでグースカピー。

□奇跡的に、カウントダウン30分前に飛びおきました。ギリギリセーフ。夫も目を覚まし、ビールと蟹をつまみながら無事年越しミッション完了!

□深夜の晩酌ラリホー。気づいたら、またソファーで寝落ちしていました。



【1月1日】
□ちょっと遅めの朝食はおせち料理&すき焼き。ヘビーすぎるとかぞくからクレームが。えーー(母不満)。豪華でいいじゃない。

□大人ふたり、こどもふたり、犬2匹で凧揚げをしに公園へ。張り切って行ったものの、ちょっとした不良品で、まったくあがりませんでした。残念!



【1月2日】
□夫が体調不良でダウンしました。おそらく、しごとで張り詰めてた心がふと緩んだ瞬間、どっと疲れが出るアレだと思う。

□お昼ごろ、夫の実家へ(夫はベッドでひと眠り)。
もちろん、ここでも皆でゲーム。UNOとトランプはわが家の標準装備品です。

□わたし以外のかぞくは22時就寝。せっかくだからと、新春ムードにそぐわない、真梨幸子さんの小説『みんな邪魔』『二人狂い』を読み、ひとり、2016年初イヤミスを満喫しました。
※イヤミス=後味の悪いミステリー小説。


【1月3日】
□柴又帝釈天に初詣。おみくじは「中吉」でした。商売運がすこぶる良かったので、とても嬉しい!

□本屋に行き、通勤時に読む小説を調達。ふだん、女性作家さんの作品しか読まないので、今年は男性作家さんに手を伸ばしてみようかと。手始めは、やはり東野圭吾さん? 学生から絶大な人気を誇る山田悠介さんの作品も気になります。

□パンクした自転車をなおしました。

□切手やら封筒やら、足りなくなってきた備品も補充完了。



あとは、昨日書いたようにゲームしつつ、育児しつつ、台所に立ち……というかんじでしょうか。

こんなにのんびりとした時間を過ごすのは本当に久しぶりで、心も体もフル充電できました。

休み期間中はパソコンには触れないと決めてたので、そろそろ禁断症状も。
あーー、しごとしたい!!



準備は万端。あとは、朝がくるのを待つだけです。

明日からまた「大野さんに頼んでよかった」「一緒にしごとができて楽しい」と思ってもらえるよう、1つひとつの業務に対して、真摯に取り組んでまいります。


みなさま、どうぞよろしくお願いします!
AD

いざ、勝負。

テーマ:
新年あけてからの2日間、家の中は勝負ムード全開。火花バッチバチ。


牛乳買いに行く人を決める、じゃんけん。
蟹とタコと数の子を夫婦どちらが買うか、トランプ。
お酒のケース買い担当者を決める、オセロ。
長女のお年玉の金額をかけた、UNO。
消えたリモコン探しをするための、しりとり などなど。


もともと、「お正月の面倒なことも、出費も。家族で仲良く楽しみましょう」というのが目的だったはずが、だめね。
勝つためなら手段は選ばない汚い大人がふたり(わたしと夫)。新年早々ひっちゃかめっちゃかですわー。


もちろん、“こども相手に手加減”という世間の常識も皆無。

「勝たせてあげることもできるけど、手加減してもらって手にいれた勝利は嬉しいのかい?  素直に喜べるのかい?」

なんて偉そうに語ってしまったものだから、娘もやむなく勝負師に。

そんなこんなで、何戦交えたか記憶は定かではないですが、「あれ欲しい」「これやって」系はすべて勝負した気がします。たのしかったー。



ここ数日の生活は、
お正月っぽく言うと「運試し」。
かっこよく言うと「家庭内総勝負師」。
誤解を恐れず言うと「ギャンブラー」。



2016年、必要なのは「勝利への執着心」と「ハングリー精神」。そして、「遊び心」ということでいかかでしょうか。ただのこじつけですが。

2016年、オミソになる。

テーマ:
あけました。2016年!
みながみな、良い年を過ごせますように。


今年の年賀状( ↓ )



ホームページのメインイラストを、お正月バージョンにしました。


ホームページのメイン画像( ↓ )








さて、今年はわたしにとって区切りの年です。8月にオミソになります。そう、30歳。
ご存知の方もいるかと思いますが、わたしは美容ライターとして独立した22歳のときから、28歳や29歳になるのを心の奥底から楽しみにしていました。

「しごとがやりやすくなりそうだから」
「安心して任せてもらえそうだから」

という理由なのですが、昨年(28歳から29歳)は予想を上回るステキなしごとや心躍る出会いがたくさんあり、飛躍の年にもなりました。感謝。



さて。ずっとずっと、「29歳のじぶん」を想い描いていたせいか、「30歳のじぶん」はあまり想像したことのない、未知の領域です。人類がはじめて月面着陸するときとおなじくらいの摩訶不思議アドベンチャー。

そう、30を目前に控えたわたしの心境は「なんだかワクワクすっぞ!」です。


そして、ちょうどこのタイミングで、業務内容だったり、しごとの仕組みをガラッと変化させるための準備を進めています。(主軸はそのまま、バージョンアップ!)

楽しみな反面、数歩先がみえないこの状況はちょっとだけ不安です。

「えいやっ」と飛び跳ねたら真っ逆さまに落ちて海の藻屑になってしまうかもしれないし、
反対に、これまで見えていなかった隣の島(環境ハナマル)に運良く飛び移れるかもしれない……。まさに崖っぷち。マージナル。


だからこそ、2016年はいっちょ勝負をかけて、怯まずに走りぬけたり、跳んだりしたいなと思っています。

幸いにも、学生時代、陸上競技全般がめちゃくちゃ得意だったので、瞬発力と持久力には自信あり。

変化も崖っぷちも、極限状態でのスケジュール管理も、ぜんぶぜんぶ楽しんで、一年後のいまごろ、大切な人たちと笑っていられるように日々を大切に積み重ねていきます。




さいごに、2016年の目標。ジャジャーン!


□心と胃袋、たっぷたぷ。
なにはともあれ、わたしがしごとに打ちこめるのは家族の存在があってこそ。
そのため、帰宅してからの優先事項は昨年同様、「たくさん話をする」「たくさん抱きしめる」「ごはんは手作りで、いっしょに食べる」です。
お気に入りのパジャマが洗濯機の中で数日放置されようとも、まずは、お子たちの胃袋と心を満たすことを第一に考えます。


□夜はベッドでグースカピー。
冬は寒く、夏は暑いオトナの寝室。(こども部屋は空調カンペキです)
あまり近寄らないせいか、リビングのソファーでしごとや勉強をしながら寝落ちすることが多いです。たまに床に転がりながら、コードに巻き付いてしまうことも……。
今年は寝室環境を整えつつ、ちゃんとベッドで眠ります。


□学びは深く、深く。
化粧品広告において、メーカー様の想いをしっかりキャッチし、適切な表現でカタチにするため、日々の勉強は欠かさずにおこないます。
今年は「つくる」「かんがえる」以外にも、「おしえる」機会も増えるので、正しい知識を伝えられるよう精進します。



ドキドキ&ワクワク、愛と希望に満ちた2016年のはじまりです。




そうそう。オミソ汁の具は「大根」と「卵」が好きですよ。

残りわずか。

テーマ:
楽しかった2015年も残りわずか。
今年はほんとうに恵まれた1年で、年間通してずっと笑っていた気がします。ざっと思い返してみたとき、嫌な思い出が何ひとつ思い浮かばないくらい!
(何かあっただろうけど、すぐ忘れるくらいちっぽけなものばかり。ハッピー、ハッピー)


年越しそばは今年1年の厄を落とす意味があるというけれど、来年も今年同様笑顔の年にしたいので、この際そばは食べなくてもいいんじゃないかと。それくらい、公私ともに良い1年でした。



大好きなしごとをして、みなさんの役に立ち、喜んでいただいたその対価として報酬を得る。

夜や休日はかぞくとおいしものを食べながら、あちこち出かけて、空き時間をつくっては友達と近況報告ヲ兼ねてお酒を飲み交わす……。そんな今の生活がとても気に入ってます。


2016年は年明け早々、事業内容含め、いろいろ体制が変わる予定なのでスピード感をもって楽しく取り組んでいきます。



年越しは蟹と数の子とともに。
みなさま、2016年もどうぞよろしくお願いします!

おしゃれ女子の仲間入り

テーマ:
突然ですが。インスタグラムはじめました!

twitterを放置し、Facebookは月1回あるかないかの更新。
そしてブログでは「書くよ書くよ詐欺」を働いている、超がつくほどSNS不向きなわたしが、ついにインスタグラム デビュー。

遅咲きなので、いろいろな意味でドキドキします。使い方さっぱりわからないぞ、とか、スマホにはこどもの写真しか入ってないぞ、とかね。


めんどくさがりはもちろんのこと、わたしがインスタグラムを避けつづけていた理由のひとつに、「おしゃれな自己プロデュースができないから」というのがあります。

インスタグラムといえば、(わたしのイメージですが)人気カフェやおいしいごはん、かわいい小物、お気に入りの洋服などのキラキラ感と女子力!

しかし、これらがなぜかしっくりこない29歳美容ライター。



「#牛丼 #つゆだくだく #おかわり」
「#早朝 #公園 #滑り台 #独占」
「#朝から焼き肉 #胃腸 #まだまだ若い」

などの、しょうもない日常であれば得意なのですが……。さすがに、おしゃれ投稿が並ぶ中にこれらを紛れ込ませる勇気はありません。


もちろん
「#青山 #おしゃれカフェ #パンケーキ」
「#ヘアサロン #今月2回目 #ヘッドスパ」
もイケなくもないですが、なんかこう、“女の子”なイメージを持たれるのは違うような気がするのです。

どう考えてもインスタグラムとマッチしないわたしの日常と性格。

とりあえず、ネタがなさすぎて泣きそうなので、テスト投稿を兼ねてコスメをいっこアップしました。


悪戦苦闘する様子が気になる方は、「大野えりか」で探してみてくださいね。
ここでは見られない、女子力高めの大野に出会えるかもしれません。

わたしもあなたも、みんな主役。

テーマ:
と書くと、新手の宗教のようですが違います。
学芸会の話です。

昨日、長女(小4)の学校で学芸会があったのですが、その劇、主役を20人くらいでまわしていました。

一言、ふた言しゃべって入れ替わる主役たち。観客席にいる保護者は混乱。
「えっ、今しゃべってるのって何役!?」って。

主役の特権である“目立つ”がまったく意味を成さないだけでなく、なぜかそれ以外のモブキャラ(端役)のほうが目立つという、演劇にあるまじき惨事。


うちの娘は「お母さん」というマイナーな役割を担っていたのですが、セリフが3つあったのと、衣装が他の子たちとは違うため、親のひいき目なしでも、あれは主役よりも目立ってた。


娘が目立つのはうれしいのだけど、演劇にまったく興味のないわたしでもわかる、コレジャナイ感。



ちなみに、去年は「11匹のねこ」という劇で、全員が猫役だったし、今の時代は“みんなが主役”がスタンダードなのかもしれません。


やりたい役になれず泣く子がでたり、その保護者が学校へ抗議するのを防ぐためなのかもしれないけれど、
学校さんよ、モンスターペアレントにビビりすぎではないかい?



主役はひとりで、あとは端役でもいいじゃない。
わたしが小学生のころは、「木の役」や「馬の脚役」なんていうのもあったけど、それはそれで、たのしかった。

先生も「木なんだからフラフラしない!!!なりきれ!!」って一生懸命演技指導?していたし。

今の時代、それじゃダメなのでしょうか。

こんなところで「わたしの時代はね」と語ってしまうのは、古い人間のかもしれません。時代と逆行。



けれど、自分の子供が必死になって「木」をやってる姿、おもしろくありませんか?

「木の役、瞬きもせずに頑張ったわね」「けど指は動いてたけどね。はっはっはー」とか。食卓も盛り上がりそうです。 えっ、だめ?



いっそのこと、すべての役を「くじびき」で決めてしまうというのはいかがでしょう。

おとなしい物静かなAちゃんがドレスを着て主役をやったり、
学年いちの美少女Bちゃんが馬の前脚をやってみたり。

ああ、これこそ抗議の電話が学校に殺到しそう。却下、却下。


じゃあ、役柄をかけた公開オークションはどうでしょう。

主役は1万円から。売上金は劇の衣装や備品代にまわせば万事解決!

ほらほら。
舞台も宝塚並みに豪華になるかもしれないし、保護者もクレームのつけようがないし。

朝の情報番組や週刊誌で「○○小の学芸会、主役の落札金額103万!」なんて取り上げられるかもしれませんが。それすらも楽しい学芸会。



ちなみに、我が家は主役狙いではないので、「お母さん」とか「村人A」とかで大丈夫。


願いは、主役だらけではない学芸会。一役ひとり。オンリー、オンリー。

アホっぷりに、震える。

テーマ:
ほら、また。わたしのブログ放置癖が発動。

今回はただ単にほっぽり出していたわけではなく、ログインパスワードを保存していない&覚えていない&登録アドレス解約してるという三重苦で、書きたくても書けなかったのです。言い訳ですが。

そんな中、なんの前振れもなく、「ブログ書こうぜ」の神が降臨。

時刻はam11:00。
夕方までに仕上げたいしごとは、たんまりあります。


こういう、“今じゃないでしょ”っていうタイミングで他のことをやりたくなるのは何故なのでしょう。


この時の感覚は、

部屋片付けたいけど、テレビ見ちゃおう とか。
ダイエット中だけど、ケーキ食べちゃおう とか。
そういう誘惑に負ける系ではなく、


今これをしないと、人生詰む気がする
今夜、無事に帰宅できない気がする

みたいな、誰かに脅されてる系。

誰にも、何も言われてないのだけど。


そんな脅されている(気がしている)わたしは、メモ帳に使いそうなパスワードをズラリと書き出し、1つ1つ確認していくという暴挙にでました。
その数、ざっと80。いや、もっとあったかも。


大事なことなのでもう一度いいますが、しごとはたんまり。
焦ります。


いろんなパターンのパスワードを入れて、次々にはじかれていくと、そもそもIDが違うんじゃないかと、目の前にドーンとかかれてるのに、じぶんの視力を疑いはじめる。


そして、ワラをも掴む思いで「パスワードを忘れた方はこちら」に、ケータイアドレス入れたら10年以上前のブログ(存在忘れてた)が出てきて、悶絶。

当時のわたしはじぶんで言うのもアレですが、なかなかのキラキラ系だったので、

「○○のバッグに一目惚れして購入(ハート)」

「このパンプスは黒ワンピにあわせたら可愛いと思うの」

とか、女子力高い投稿だらけでした。
なんなのかね、この黒歴史感。


そんな紆余曲折、山あり谷あり。
時間が進むごとに書き出したパスワード候補もどんどん消費していき、気づくと残り3つ。




「刻々と押し迫るリミット。もうダメだと諦めかけたその時!!!」



無事ログイン成功。

この時間は何だったのだろうと思うほど、さくっと。

思いのほかあっけなかったのですが、嬉しくて嬉しくて、震えました。

あと、これに時間を費やしたじぶんのアホさ加減にも震えました。



そんなわけでブログ更新できたー!
今日もわたしは元気です。

そして、今日ムダに費やした時間は、今夜しっかり精算します。
トリック オア トリート!

(もう大人だけど)お菓子をもらえてうれしい、仮想ができてたのしい、そこのYOUもあっちのキミもみんな友達!……そんないつもとは違う、ちょっとおかしなテンションになれるハロウィンが大好きです。

今年は『キレイナビ×ビューズ』のハロウィンパーティーに参加してきました。おしゃれなキラキラ女子が集まる中、わたしがお邪魔するなんて……。ひとりで行ったら挙動不審になりそうなので、コスメプラスのスタッフに同行してもらいました(笑)

[キレイナビ]http://www.kirei-navi.jp/
[ビューズ]http://beaus.net/







中目黒のパーティースペースに総勢100名の美容大好き女子が集まり、ものすっごく華やか! たくさんのコスメをその場で試したり、今話題の水素水やシンハービールを飲みながらの贅沢な時間。ここにいるだけで女子力上がった気がします。







わたしがコラムを執筆している「ビュートピ」の運営会社、スピカズの奈良さんもブースを出しており、ナチュラルエレメンツの商品をたくさん試しました。
どれも伸びがよくて、しっとり。あまりの使用感の良さにスタッフと「これすごい!すごいよ!!」とブース前ではしゃぎまくったほど。

そうそう。お手洗いに並んでいる間に、何名かの美女とおしゃべりし、連絡先を交換したり素敵な出会いも見つけられました。わたしに話しかけてくれたみなさま、ありがとうございます。そして、「23歳くらいですか?」と聞いてくれたこと、嬉しすぎて一生忘れません。


お土産もほら、こんなにたくさん。





ご近所中を「トリック オア トリート!」と言ってまわっても、こんなにたくさんの贅沢は手にはいりません。腕に伝わる幸せの重荷についニヤニヤしちゃいます。


パーティー終了後は関係者の打ち上げにお誘いいただき、みんなでワインを飲みながら美味しいビザを食べてきました!




今回いただいたお土産は、また追ってそれぞれ紹介しますね!