不器用ですから、、、

羽根屋の会

第291回吟吟蔵元会

 

”すべてのお酒を大吟醸と同じ工程で醸す”

 


四季醸造蔵となった富美菊酒造さんは、

秋口にぐっと味乗りしてくるツウのお酒から

通年でしぼりたてならではの

フレッシュなお酒を提案して下さるようになり

益々人気が急上昇。

 

「不器用ですから。」

 

蔵元杜氏である羽根さんは仰いました。

 

不器用がゆえの、実直な酒造り。

当日は「羽根屋」の真っ直ぐさと、

ぬくもりを感じていただきたい。

 

・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1916年創業。立山連峰の清冽な伏流水と

地元富山県産の酒米を用い、

杜氏を務める四代目蔵元が醸す入魂の酒。

一切の手間を惜しまず、

心揺さぶる日本酒を目指して真心で醸しています。

「羽根屋」は蔵の古くからの屋号。

軽やかに柔らかく、優しい酒。

翼の飛翔するが如く、

呑むひとの心躍る酒でありたいという

願いをその名に込めています。

 

「羽根屋」純米大吟醸/翼 説明文より抜粋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゲスト;

富山県 富美菊醸造 羽根さま

 

日時;2/25(土)

17:00~19:00(15分前より受付)

会費;5000円(税込・事前払い)

 

今週より受付開始です!

人気の会ゆえ、お早めにご登録を!

 

当日は終日貸切とさせていただきます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

※御飲食をされたお客様のみ対象となるイベントです。

初心者の方を優先的にお誘いしてます。ご了承下さい。

 

 

AD