------------------------
■ブログ内検索 by Google
------------------------
------------------------
■ランキング参加中 人気ブログランキングへ

------------------------
------------------------
------------------------
あわせて読みたい ------------------------
2014-06-18 06:26:01

中華レストラン吉 女満別

テーマ:ラーメン・つけ麺
仕事で網走まで行ってきました。
網走訪問は随分久しぶり・・・。



午前中は飛行機が飛ぶか不安なほどの雨・・・。
なんとか無事女満別空港に到着しました(^^;



萌え美女にお出迎えを受け、まずは腹ごしらえ・・・。

あまり事前に調べていかなかったのだが、そんな中でも気になった一軒「中華レストラン 吉」
どうやら「あんかけ焼きそば」がめちゃ美味しいらしい!


言ったっけ?実はアンカケもの大好きです!(`・ω・´)
中華丼とかね。

本当はアンカケラーメン(五目そば)があればそれを注文しようと思ったのが。。。
あるにはあったが「あっさり塩味オンリー」とのこと。

うーん・・・今日はオイスターソースの効いたしょうゆ味気分なんだよなぁ。



ということで、やっぱり一番人気のアンカケ焼きそばに決定!!

めっちゃ手際良く作られた一品。
野菜のシャキシャキ感も残されたひと目で美味しいとわかるヤーツ。



アンカケものの危険なのは「温度が下がりにくい」こと。
もちろんメリットでもあるけどね。

油断すると火傷するぜ!!(。・ε・。)




「アンナカがアツイ」

と言ったのは奈良先輩だっけ?
それとも弥生さんだっけ??

・・・ああ、飛鳥先輩か・・・(-_-)




私からもASKA先輩に逆にアドバイスしようかな。

「アンナカには気をつけてください!!」


大火傷を負うかもよ・・・・(-_-)
・・・色んな意味で・・・。

私も軽く口の中を火傷してしまいました。



一口目にふうわりと香るショウガの風味が食欲をそそる。
麺の柔らかい部分と、焦がしてクリスピーになった部分。

それらのコントラストもアンカケ焼きそばの楽しみだよね。



そして、油通しや湯通しで旨味を残した具材たち。
下処理されて、味のしっかりした柔らか豚肉もGood!

たっぷり野菜に絡みつくショウガ風味&オイスターソース風味豊かな餡。
確かにこれは極上品。


午前中の雨が嘘のように晴れ渡り、気持ちの良い景色の網走。

今回はあまり食べ歩きはできないけど・・・・。
一軒目に美味しい焼きそばを食べられてかなり満足(^^)

久しぶりの更新。
ラーメンネタだと思ったでしょ(笑)
ラーメンネタじゃなくてなんだかごめんなさい(^^;

アンナカだと思ったら実は・・・・いや、このネタはデンジャラスだから止めておきましょう(-_-)


「今日の一言」
  青空に
    火傷の痛みも
      忘れさり

    


大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

↑ぽちっとクリックしてくれたら嬉しいです(^^;;

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-06-07 09:08:16

プランターでナンバン栽培

テーマ:北海道の常識
久しぶりにラーメン以外のちょい小ねた。

畑のシーズンです!
我が家の狭いベランダにも何か植えましょうか(^^)

北海道では当たり前のように売られている「ナンバン(青唐辛子)」
東京ではとんと見かけなかったなぁ・・・。

青ナンバンを焼いて食べるのって北海道だけ?
美味しいのにね!



近所のホームセンターにはびっくりするぐらい、ナンバンの苗が売られている。
どんだけ好きなのよ・・・北海道人(^^;

あ、オレか。


最近良く見られるのがこちら。

札幌大長という品種。
昨年も植えたけど、実家では大きく成長したこの苗。

我が家のプランターでは大長どころか、びっくりするぐらいちっちゃかった(*o*)



で、苗を買って帰ろうと思ったときに見かけたこのでっかい大根!!

何コレ(*o*)

万田酵素の万田アミノアルファとかいう肥料(?)を与えるとこんなんなるらしい。



なんだかでかい野菜がゴロゴロなっているのを見て思わず買ってしまった(^^;


プチトマトの苗も買ったんだけど、この万田アミノアルファで、バスケットボールサイズのプチ(?)トマトを育てるんだもんね(`・ω・´)


あとバジルの葉もバナナの葉ぐらいでっかく育ててやるんだもんね!!



多分今年のナンバンは札幌大大大長長長ぐらいに育つと思う。

・・・どうやら、この万田アミノアルファなるもの・・・。

一番大きくなるのは妄想らしいね(-_-)


「今日の一言」
  妄想と
    想像 大きく
      育つ苗


大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

↑ぽちっとクリックしてくれたら嬉しいです(^^;;

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-06-06 08:01:00

心繋「背脂煮干」金曜日限定

テーマ:ラーメン・つけ麺
今日は金曜日♪(^o^)/

そういえば、皆さん花金(はなきん)という言葉をご存知ですか?
今は死語・・・なのかな?

確かその昔バブルの頃、それまで土曜日も出勤が当たり前だった時代に、週休二日制が導入され、そのときに流行った言葉と記憶しています。



バブル時代の終わりに社会人になった自分としては当然なじみのある言葉です。

バブル時代・・・・。
確かにいい面もあったなぁ。

こんなことを書くと今の就職難の時代を過ごされた方からは大きな非難を浴びそうだけど、就職活動に関しては確かに楽だった・・・。
東京に就職活動に行くと、大きな会社は「交通費(北海道からの飛行機代ね)」まで支給してくれて・・・。

会社訪問を終えて帰ってくると、内定通知の束が郵便受けに入っていたりしてね・・・。

ああっ!そこの若い方、石を投げないで(T_T)



とはいえ、良い事ばかりでもなかった。

特にIT系企業にいたっては今のブラック企業なんてブラックどころか、淡いブルーぐらいに思えるほどの会社もざらでした・・・・。

私の入った会社がブラックor淡いブルーかは置いておいて・・・(^^;

それでも、先に書いた通り「土曜日出勤当たり前」
一部の企業では「半ドン」と呼ばれる午前中で終わりなんてところもありましたが、ワタシんところは、当たり前のように深夜までお仕事。



一日の日程表を渡されると平気でこんな感じになっている。

 22:00~ 状況報告会
 25:00~ 企画会議

25時から会議って何よ!(*o*)




出張も多くて、1ヶ月間に2日しか家にいないってこともあったな。
家賃6万円だとすると、1日3万円(*o*)

どんな高級ホテルよ!



そんな時に採用された週休二日制。

それまで日曜日しか休みがなく、ヘロヘロになりながら掃除洗濯を済ませて、あとは寝て体力回復に努めるだけの週末だったのが、休みが二日もできちゃったんだよ!!

そりゃ「花金」!とも言いたくなるよ!

月曜から木曜日にかけて一日一日どんよりと笑顔が曇っていくのわかっていた日々。
それでも金曜日になると朝からパーッと笑顔だったような記憶がある。

若かったってのもあるけど、寝不足続きだろうと、朝からワクワクしっぱなしだったな(^^;



ん?
バブルの話だっけ?

いや、花金の話だっけ?



違ーう!!

らーめん心繋で『金曜日だけ限定提供している「背脂煮干らーめん(燕三条系)」』の話を書くんだった!!



燕三条系ラーメンとは新潟ご当地ラーメンの一つで、県央地域(燕市・三条市)で主に食べられている背脂濃厚醤油ラーメンのこと。

心繋の店主さんは一時期新潟に住んでいたとのことで、この辺のラーメンに関しては精通しているとともに
「いつか作りたい」
と仰っていたんだよね。



このお店で提供している「生姜醤油ラーメン」 も実は同じく新潟のご当地ラーメンの一つ「長岡系ラーメン」をベースに作られたもの。

新潟のご当地ラーメンが、ここ札幌で味わえるなんて・・・!(>_<)



で、こちらの背脂煮干らーめん。

見た目は背脂がどっさり振り掛けられた「ワイルドに見える」もの。

でも、ワイルド=雑では決して無いんです!
ここ大事です!!(^_^)b

この背脂自体、スープとのなじみを考慮し、煮込み時間を考えながら一緒に煮込んだり、豚オンリーなのに「味の厚みを出す工夫」が施されたり・・・。

計算されつくした、丁寧な演出の元のワイルドさ!!

技術と経験がないと作れない味なんです。


ちょいとピリ辛の玉葱の効果、くどくないスープ・・・・。

飲み干してなお、すぐに食べたくなる「上品さと気品を隠し持った」味わい。

美味い(*o*)


そして粉KONA倶楽部の極太縮れ麺も、見た目はワイルドだけど、これまた「上品な香りと食感」を持つ麺なんだよね。

美味過ぎ!!(*o*)




金曜日だけってのが残念!!
あー・・・またすぐ食べたい。

次、食べに行ける金曜日はきっと朝からワクワクするんだろうな。

バブル時代よりよっぽど「花金」な面持ちでいるかもしんない(笑)(^0^)

今の時代金曜日だからって朝から笑顔には中々なれないもんね。
「花金」という言葉が死語になってしまったのもなんとなくわかる気がする。


「今日の一言」
  花金は
    朝の笑顔が
      バロメーター


大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

↑ぽちっとクリックしてくれたら嬉しいです(^^;;


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-06-03 07:47:43

東龍@手稲

テーマ:ラーメン・つけ麺
なんだか古いネタ放出も含め、手稲区ネタが続きます(^ー^)



久しぶりの「ほしや」・・・・と思ったら。



なんと!
店主さんがご病気の様子・・・。
お大事にしてください(T_T)



ということで、改めて向かったお店はこちら!

味の東龍。
この店の情報はネットでも少ないんだよね(^^;

でも、店名に「龍」がつくので「ドラゴンシリーズ」を書いている、旭山ら~めん通りのesさんのブログを辿ったら・・・やっぱりありました(^^;



雰囲気のある店内。

いかにも街の大衆中華料理店の趣き。

ラーメンもいいけど・・・
チャーハンもそそられるなぁ・・・。


壁を見るとセットメニューがあるじゃない!!

本当はラーメンが普通サイズでチャーハンが半分サイズってのが理想だけど、まぁヨシとしましょう(わがまま)



はい!
こんなん来ました(^o^)

いいね!



チャーハンはしっとり系。



ほっとする味わい。
なんだか安心します(笑)



こちらはラーメン!



脂は少なめ。

でも決して物足りなくない、いわゆる安心食堂系ラーメン(^o^)

西山の麺も合わないはずが無い!



あー・・・ここのラーメンもいいじゃない!



札幌食堂系の醤油ラーメン。

ちと旨味強すぎだけど、それがまた歴史を感じる味わいだね。



通常ならワカメは不要派なんだけど、ここのラーメンだと許せちゃう(^^;

レトロ系のラーメンでもワカメが合うラーメンといよいよ合わないラーメンがあるのはなんでだろう??(^^;



決して「絶対美味しいから行ってみて!!」と強く推薦するお店じゃない。
でも、この近所に住んでいたら、間違いなく頻繁に通うお店。

味も店の持つ雰囲気も好みだなぁ。

当然両方完食!

食後、しばらくして喉がやたら渇いたけど・・・・そのことさえも
「あー・・・正しい食堂系レトロラーメンだったなぁ」
と余韻を楽しめる一杯でした。

「今日の一言」
  食べ終えて
    喉の渇きも
      堪能し

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

↑ぽちっとクリックしてくれたら嬉しいです(^^;;

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2014-06-01 08:48:05

たかちゃん食堂@手稲と高ちゃん食堂(閉店)@美園

テーマ:ラーメン・つけ麺
前日の免許更新日
残念ながら日曜日だった ので、脳内筆頭候補ながら行けなかったお店。

なんと翌日月曜日に手稲方面で急な仕事。
これは天の思し召し。



久しぶりにやってきたのは「たかちゃん食堂」

風がものすごく強い日だったので暖簾もめくれ上がったままの写真ですがお許しを(^^;



ラーメンと半カレーのセットもかなり惹かれましたが・・・。
今日はおとなしく塩ラーメンのみ(^^;



確かここはデフォでもやしが入っていたような・・・。
でも「モヤシがない方が美味しそうだなぁ・・・」なんて思っていたら、今日はモヤシ抜きで登場。

その分海苔が1枚多く入っている(^^)



あー・・・染みるねぇ。

鶏がらベースの優しい味わい。
こういうのが最近ホントに大好き(^o^)



麺は小林製麺。
やや加水率の低めのこの麺がまたスープとの相性抜群。

いいねぇ。




チャーシューは鶏チャー。
昔ながらと言えば豚モモ肉のしっかりした味わいのものを連想するけど、これはこれでここのラーメンにはとても良く合っていると思う。




味はもちろんだけど・・・昭和を感じながらいただく懐かしい味わいの一杯。

こういうお店は本当に貴重になってきたよなぁ。


たかちゃん食堂・・・手稲の宝、いや、今や札幌の宝と言っても良いかも知れないね(^ー^)

~~~~

今日は特別に2本立て。

実は手稲の名店「たかちゃん食堂」と比較して、良く名前が登場していたお店に「美園の高ちゃん食堂」というお店があった。

ひらがな"たかちゃん"と漢字"高ちゃん"なんて言われ方もしていたね。



実は拙ブログには初登場。



こちらも鶏がらベースのあっさり懐かしいラーメンが食べられたお店。

食べられ「た」と過去形で書いたのは・・・・。



2012年~2013年の冬。

例年以上の大雪だった札幌。



歴史のある建物が、その自然の驚異にやられ、惜しまれつつ閉店してしまったのです。

50年以上の長い歴史の幕が突然に閉じられてしまったことに大いにショックを受けてしまったのでした・・・。



味わいはあっさり系なのだが、強めに効いたニンニクがパンチと個性を生んでいた。



ノスタルジックラーメンなのではあるが、この店でしか食べられないオンリーワンな味わいだった。

西山製麺のやや緩めに茹でられた麺も、昭和の味わいで、たまらなく好きだったなぁ。



この店を語るときにはずせないのが、コークスコンロ・・・。
(確か以前に写真を撮ったはずだと思ったが残念ながら見つからなかった。)

火加減調節の難しいコークスコンロでオヤジさんが当たり前のように火を操っていた姿ももう見ることはできない・・・。

新しい味のラーメンももちろん大好きだし、新しい出会いにはワクワクもする。

でも、それはそれ・・・。
やっぱり歴史あるお店には「そのお店でしか出せない"味"」が必ずあって・・・そういうのが大好きな自分がいる。

ラーメンの味だけじゃなく、オヤジさんやオカミさんの作る空気だったり、お客さんの作ってきた味わいだったり・・・。

そういう灯が消えていくのはなんともやり切れない思いがあるよね。

手稲のたかちゃん食堂を食べて、ずっと長く続いて欲しいと思うと共に、美園の高ちゃん食堂のことを思い出してしまったのでした。


「今日の一言」
  今続く
    昭和の味よ
      いつまでも


大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

↑ぽちっとクリックしてくれたら嬉しいです(^^;;

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2014-05-31 09:38:34

九州とんこつ火の国@手稲区

テーマ:ラーメン・つけ麺
一軒目の「吟屋」 でサービスライスを食べてしまったこともあり、結構お腹はいい感じに膨れている(^^;



とある人が太っている人の食に対してこんなことを言っていた。

「空腹だから食べるんじゃない!満腹じゃないから食べるんだ!!」

はい!
すばらしい名言をいただきました(-o-)
その通りでございます(`・ω・´)



かなり久しぶりの「火の国」
ここのラーメンはかなり好き(^o^)

オーダーは火の国しおラーメンの「黒」



化学調味料不使用らしい、この豚骨スープ。
やや塩分濃度は控えめで、一口目は「薄い」という印象は否めない。

でも二口三口と食べ進むと、これがなんとも言えない美味しさと幸福感に満たされてくるんだよね。



ちなみにここは「黒」と「白」でニンニクの煎り具合が違うらしい。
所謂一般的なマー油と言われるのが「黒」で、浅煎りニンニクを使用したのが「白」
(実は白系は未食)

ここの黒マー油は美味しいと思う(^ー^)



マー油で思い出した!
その昔、初めて東京の「桂花」でラーメンを食べた時は衝撃的だったなぁ・・・。
豚骨スープに、真っ黒いマー油・・・おまけにやや太い麺が「生煮え?」と思うような茹で加減。

正直美味しいとは思えなかった。
マー油も苦いし独特な香りがするし・・・。

加えて上に乗った生のキャベツも「勘弁してくれよ・・・」という相性の悪さ(と感じた)。



ところがそのお店。
同じように思う人が沢山いたんでしょうね。
「三回は食べてください!」
と書いてある。


正直、二度と食べないと思っていたのだが、気がつくと二度三度と足を運んでいた。

三回目には確かに「大ファン」になっていたね。

以来、豚骨+マー油の美味しいお店には目が無いんです(^^;




話を戻そう。
火の国・・・。

こちらの麺はなんと旭川の佐藤製麺というところの麺。
やや加水の低めのこの麺がスープとの相性抜群!

九州と北海道の「出会いもん」って感じですかね!(^^)



そうそう!
某SNSにてナナメのアニキから「餃子が美味しい!」という情報(^^;

「空腹だから食べるんじゃない!満腹じゃないから食べる!」
の格言に従って、餃子も注文。



これがまたびっくりするほどでかいのよね(-_-;

いつもなら嬉しいけど、今日はちょっと戦意喪失しそうになった(笑)


でも、この餃子、確かに美味しい(*O*)
ジューシーで肉と野菜の旨味がぎゅっと詰まった感じ。



自家製かぼすぽん酢のタレにこの卓上のラー油でいただくんだけど、このタレもまたイイ!


香り立つ柑橘系の酸味に、ピリ辛のタレ・・・あふれる肉汁。
これはビールと一緒にいただきたいなぁ・・・。

美味!(^o^)



そうそう!
このお店でもう一つ忘れてはいけないのがこの「旨味汁」の存在。

化調+タレらしいんだけど、これを入れるタイミングが難しい。

確かに最初物足りないスープだけど、数口でなじんでしまうし・・・。
この旨味汁を入れるとべらぼうに旨味がアップするけど後半「旨"過ぎる"」んだよね。

でも、一口二口はこのスープも味わいたいし・・・。
一度入れると元のクリアなスープには引き返せないし・・・。



旨味汁をいつ入れるか・・・このお店における永遠のテーマですわ。

あと・・・
星置方面はアイスホッケーで頻繁に来ているけど、試合前や練習前はあまり食べないようにしているので、意外と宿題店が多い。

「満腹じゃないから食べる!」どころか・・・

「満腹だけどせっかくこっち方面に来たからもう一軒・・・」
と思うクセをなんとかしたい・・・。

それこそ永遠のテーマかもしんない(-_-;


「今日の一言」
  食欲に
    火がついたまま
      昼下がり


大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

↑ぽちっとクリックしてくれたら嬉しいです(^^;;

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-05-30 08:41:34

らーめん千太 冷たいらーめんバジル&煮干らーめん

テーマ:ラーメン・つけ麺
今日の札幌は暑いぜぃ(*o*)
最高気温29℃!!
え?全国で札幌が一番気温が高いって?

まだ湿度が低いから助かるけど、こんな日はちょっと歩くと汗がドドッと噴出してくる。

苦手な季節になってきました(-_-)



さて、お昼時も大幅に過ぎた時刻。
ようやく、遅めのランチタイム。

専門用語で言うところのお腹が「PEKO×2」です。

昨日から冷たいラーメンが登場したと聞いていたので、それを楽しみにやってきましたが。。。



券売機になにやら摩訶不思議な文字を発見!

バジル!とな(*o*)

酢氷!とな(*o*)



千太のスープにバジル??

出てきたラーメンには確かにバジルの緑がちりばめられている。



なんぞ!コレ!(*o*)


はっきり言ってめちゃうまです!
バジルのさわやかな風味と、千太のスープが抜群に相性がイイ!

しかもちゃんと「ラーメン」として成立している。



この麺が冷やしで合うのは既に以前に食べているから知っていたけど・・・。
このスープとこの硬めで細い麺はさらに相性抜群!!



で、またこのレモンのさわやかな酸味がイイ!

食欲の無いときに、これはスルスルいけちゃうね。
・・・食欲の無い時ってあるの?という質問は現在受け付けておりません(-_-)



以前にもどこかでバジルを使ったラーメンっていくつか食べたことがあるけど、少なくとも私が食べたタイプは「トマト」と合わせるか「チーズ」と合わせたタイプだった。



ついでに油は当たり前のように「オリーブオイル」を使ってね・・・。

正直言えば、それを食べたときに思ったのは
「イタリアンを目指すなら、麺はパスタで良くね?」
というものだった。

もちろん、トマトやチーズ、オリーブオイルとの相性はいいのはわかる・・・。
でも、イタリアンテイストの土俵で勝負しちゃいけないんじゃないかなぁ・・・と思ったのも事実。



この千太の冷たいバジルラーメンは「ちゃんとラーメン」だし、「ラーメンとしての必然性」を感じたね!

これはこの夏かなりお世話になりそうな予感(^ー^)
かなーり美味しかった!!



で、食べ終えて帰ろうと思ったのだが・・・。
券売機にまたなにやら気になる文字が・・・。

「煮干しらーめん」だって。



ほらね・・・・。

ツレの彼女が頼んでしまった(-_-)


懐かしいバスターミナル時代のドンブリ(^o^)

こんなに小さかったっけ?
小ラーメン?かと見紛う程小ぶりなドンブリ。



食べる前に店主さんが
「言っとくけど鶏はつかっていませんよ!」
と・・・。

なんでわざわざそんな説明をするのかな?と思ったけど、食べて納得!
「ホントに鶏使っていないの?(^^;」
と聞き返してしまいました(笑)



千太らしい味わいのスープ・・・。
もちろんレギュラーメニューの「塩らーめん」とは違うんだけど、「千太=鶏」を連想しちゃうこと、それから魚介のじんわーり抽出されたであろうほのかーな甘さが、鶏を感じさせてしまうのかも(苦笑)



うん!
これは美味しい(^ー^)

今までの鶏主体のスープも良いけれど、千太らしい優しい魚介の利かせかたが身体に染み渡ります。



鯖節主体に鯵やら煮干やらがスープとタレに使われているらしいけど、独特のコクはありながら苦味やエグミのないスープ。

札幌も随分煮干系ラーメンが増えてきたし、それに伴って「煮干風味の強い」ラーメンも登場している。
そして、それらも受け入れられているように思う。

でもあくまで店主さんは
「自分が好きなタイプのラーメンを出したい」
ということで、魚介のエグミや苦味が苦手な店主さんらしい一杯に仕上がっています。



これもまた千太さんらしい一杯だったなぁ。

ごちそうさま・・・
じゃない、「ごちそうさま」と、ツレの彼女が言っていました(苦笑)



自分のドンブリとツレの彼女のドンブリ。

え?箸が一膳しかないって?(^^;

いやそれは・・・「一膳二鳥」とかって四字熟語があって・・・
え?一石二鳥??


えーと・・・もごもご・・・
「立つ鳥お茶を濁す」という諺は無かったっけ?

せっかくの濁りのないスープなのにお茶を濁して終わるような記事ですみません(-_-)

ちなみに蛇足だけど、バジルは和名は「メボウキ(目箒)」というらしい。
てっきり「葉汁(ばじる)」かと思ったよ(^^;


「今日の一言」
  暑い日も
    待ち遠しくなる
      冷えた麺



大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

↑ぽちっとクリックしてくれたら嬉しいです(^^;;

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-05-29 06:59:38

ひるがお札幌 限定シャモロック醤油!

テーマ:ラーメン・つけ麺
なんと言っても親がメジャーリーガーだからね。
「ミスター」の称号を持つ超大御所。

で、そのお家は一家揃ってみんな一流。

親の名前は「セタガさん」。

ファミリーには「桃の木」「ふくもり」「俺式」「杉もと」などなど、トップアスリート揃い!

通称その一家のことをせたが家(せたがや)と呼んでいる。


ん?せたが屋だっけ(笑)

で、その期待の息子「ひるがお」君が札幌にやってきたのは2012年のことだったかな。

【2012年5月共和国エスターズに入団】

当事ユニフォームの背中には「SETAGAYA」と書かれていたっけ。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

【2012年10月ユニフォームの背中を「HIRUGAO」に変更】
もちろん美味しいしもちろん感動したね。



で、その後今のチームに移籍をするんだ。

【2013年8月すすきサブロクセンズに移籍!】




酔っ払ったあとの「シメ」のクローザーとしては大活躍。
私も大いに頼りにしている安定感抜群のヤツ!!



今日は彼の話・・・。

〆ラー・・いや、シメのクローザーとして大活躍の彼。
私の中の彼のイメージはどちらかと言えば「技巧派」投手!

・とろりとした白湯スローカーブ!



・キレのあるホタテ塩カミソリシュート!




・予測不能な縮れを見せる塩つけナックル!




どう考え立って、変化球主体の組み立てのピッチングでストレートを武器にしているようには思えなかった。

もちろんその変化球は、小手先「だけ」のテクニックというわけじゃなく、洗練され、卓越した技術を持った上で他の追随を許さぬものなのは間違いなかった。


それがね・・・。

ある時彼のストレートボールを見ちゃったんだよね。
ど真ん中に投げ込む文字通りの威力満点の「直球」!(*o*)



シャモロック醤油!!



黄金色に輝く脂が浮く、鶏の美味しさをまさに直球で勝負してくるこいつにシビレたね~(^o^)



どうやら私は勘違いをしていたようだ。

変化球主体の技巧派なんじゃない。
こういう直球を持っているから、変化球が生きてくるんだ!



いつも何気なく食べている〆ラーメン。
ベースのスープがしっかりしているから、ホタテの旨みが生きているんだよね。

変化球・・・所謂ホタテの美味しさだけに頼っていたら、薄っぺらで飽きやすい味になっていたのかもね。


直球勝負の鶏の美味しさを活かすため・・・。
醤油の香りや味・・・配置される具材、そしてもちろん麺。

全部が考えられたピッチングの組み立てだね。



鶏の美味しさに醤油味・・・メンマとチャーシューにあとはネギと海苔。
シンプルで王道でノスタルジックな組み立て。

でも、メンマは穂先メンマだし、チャーシューは鶏だし、ネギも白髪と青ネギを組み合わせているし・・・。
王道の組み立てを今風にしている・・・。

まさに「レトロモダン系」最高峰(*o*)




今日はこのストレートに三球三振(笑)
すがすがしいぐらいにやられました(^ー^)

てか、直球ストレートな味わいなのに、こんな変化球のおふざけ記事でスミマセン(^^;

5月31日まで1日限定10食で提供中。
鶏のあっさり系ラーメンが好きな方には絶対オススメです(^ー^)


「今日の一言」
  直球が
    イイからカーブも
      武器になる


大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

↑ぽちっとクリックしてくれたら嬉しいです(^^;;

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-05-27 19:52:13

吟屋@手稲区

テーマ:ラーメン・つけ麺
数年に一度の免許更新の日。

そうそう。
思い出したことがある・・・。
東京から札幌に引っ越してきてすぐの免許更新の出来事を書いていい?

実は本来であればすぐ近所の厚別警察署で更新ができるはずだったマンボウ。
ところがいざ更新に行こうと思った前々夜。

いっくら探しても免許証が無い(T_T)




引越しのもろもろの手続きで使用した記憶があるのだが、どこを探しても見つからず。
「あー・・・もしかして引越しのゴミと一緒に捨ててしまったかな(>_<)」
そう思い、近所の厚別警察署にその旨伝える。

「それは残念だけど再発行手続きと更新手続きを一緒にしていただくしかありませんね」

「ということは・・・厚別警察署では・・・」
「できません!手稲の運転免許センターまで行ってください」
と悲しい回答。



せっかくの無事故無違反。
本当なら徒歩5分で行ける所で更新手続きが出来たはずなのに、車で1時間近くかけて更新手続きに行くというハメに・・・(-_-)



実は話はこれで終わらない!!

その数日後、自宅PCの隣に置いてあるスキャナを使用しようと思って蓋を空けると・・・。




スキャナの上に免許証が鎮座!!(*o*)

何かの引越し手続きの書類に身分証明書のコピーが必要で、それをPCで取ったんだった(*o*)
コンビニの10円コピーをケチったために、3,200円の免許再発行手数料が必要になったというオチ・・・。



えっと・・・なんの話だっけ?

そうそう!
免許の更新に来たんだよ。
家から一時間ほど離れたところの免許センターにね。
(つまり今回は「違反者講習」ってことなんだけどね(-_-))

第一候補のお店は日曜日が定休日。
ということで、来たお店は第二候補だった「らーめん吟屋」というお店に再訪問。



メニューがどれもこれもそそられる。
前回食べたのは確か「とり醤油らーめん」

鶏のうまみとホタテの旨みをよく効かせたとても美味しいスープだった。



今回のオーダーは鯛を出汁に使っている数量限定の「吟塩らーめん」
実は初訪問時ににこのメニューをオーダーしようか悩んだんだよね。



鯛出汁のスープは色々なお店でいただいたことがあるけど、鯛を使うお店は押し並べて「意欲的な店主さんが取り組んでいる」ことが多いと思いませんか?

きっと手間がかかる上に臭みを出さずにスープにするには細心の注意と技術が必要なんでしょうね。



「鯛出汁にチャレンジするお店は、その他のメニューも美味しい」という、なんとなくの経験則で前回は美味しい「とり醤油らーめん」をいただくことができました。

そんなこんなで、2回目にしてようやくの鯛出汁(吟塩)のオーダーなのでした。

で、案の定というか、ほらね、というか・・・これがまたまた極上の清湯スープ。



鯛の上品な旨みがしっかり出ていまして・・・・鶏の旨みと重なりすばらしいハーモニーになってるね!



カネジンの札幌系のこの麺とも相性は決して悪くないけど・・・違う麺でも食べてみたいスープだったなぁ。



あ、ランチタイムはライスがサービスです(^^;

2軒目を予定していたんでパスしようと思ったけど「サービス」には弱いんだよね。
もっともこのスープはライスとの相性は今ひとつって味わいだったけど、それはむしろスープの上品さから来るものであってウエルカム!



チャーシューと鯛のほぐし身でご飯も美味しくいただいちゃいました!(^^;

うん。120分の講習もこのお店のオープン時間に合わせて必要だった時間なのかも知れない。

「今日の一言」
  免許証
    鶏鯛ならば
      ここで食え


大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

↑ぽちっとクリックしてくれたら嬉しいです(^^;;

 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-05-23 13:38:36

初代@札幌らーめん共和国

テーマ:ラーメン・つけ麺
仕事が煮詰まったので、実に久しぶりにブログにて現実逃避(笑)



札幌らーめん共和国。
会社から近いので、こちらも現実逃避をサクッと行なうには最適(笑)

4月に新店として「初代」と「みその」が新たに加わりました。
で、今日は小樽の名店「初代」へ!



初めて小樽の初代を食べた時は衝撃だったなぁ。
魚介の風味自体が札幌では珍しかった時代。

隣町の小樽ではこういうラーメンがあるんだ(*o*)
なんて感じでね。



で、当時東京在住だった自分にとっての思い出の味は実は初代ではなく「二代目」というお店。



知っている方は少ないと思うけど、愛の貧乏脱出大作戦で初代にて修行をしたご主人が神田(日本橋蛎殻町だっけ?)で営んでいたお店。

店主さんのお父様が中華料理店を営んでいたということと、初代から学んだので「二代目」と名づけたんでしょうね。


今現在、この神田~日本橋エリアで「二代目」と言えば「二代目めん徳つじ田」を思い浮かべるよね(笑)



で、その「二代目」。
オープン直後はテレビ効果もあってかそれこそ大人気だった。

煮干の香るラードの下のスープはやや甘めの醤油・・・オンリーワンな独特の味わい。
好みは分かれるのかもしれないが、初代のテイストを感じさせるハマリやすい味。

「おー!初代テイストだ!!(*o*)」

と当時は大喜びしたものでした。



その後地元のお客様の好みに合わせてなのか、味がどんどん変更されてしまい残念に思っていたが・・・。
それでも結構通ったお店のひとつ。

その後、残念ながら短い期間で閉店してしまった。



自分にとってはなんだか「北海道と東京をつないでくれていた」思い出の味のひとつでした・・・。

~~~~~

今日久しぶりに初代のラーメンをいただいてふとそんなことを思い出した。

そうだったなぁ・・・東京が遠く異国の地のように感じていて、幾度と無く寂寥感に苛まれていたよなぁ。
「北海道」とか「札幌」とかの文字を見るだけで、懐かしく嬉しく思ったっけ。

初代テイストを東京に持ってきてくれた当事の「二代目」には感謝の気持ちがあったし、寂しさも紛らわせてくれたっけ。

なぜか昔の出来事を思い出させてくれる・・・どこか懐かしい味わい。
でも決して古くは無い、今食べても新鮮な印象を受ける味わい。


そうそう!
この甘めの味わいにはブラックペッパーが良く合うんだよね。
そのことも思い出したよ。

油膜で覆われ、湯気の立たないスープ。
レンゲで掬うと湯気が一気に立ち上る。
底からは湯気と一緒に懐かしい香り・・・・そして、なんだか懐かしいものを色々と思い出させてくました。

おっと、感傷的になっている場合じゃない(^^;
仕事に戻らなくちゃっ!


「今日の一言」
  思い出は
    湯気と一緒に
      立ち上る



大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

↑ぽちっとクリックしてくれたら嬉しいです(^^;;

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。