------------------------
■ブログ内検索 by Google
------------------------
------------------------
■ランキング参加中 人気ブログランキングへ

------------------------
------------------------
------------------------
あわせて読みたい ------------------------
2013-03-31 12:00:00

ラーメン二郎札幌店ついに上陸!

テーマ:ラーメン・つけ麺
「やーい。マンボウったらJ子ちゃんが好きなんだべぇ」
「な、なに言ってんだよぉ。あんなブススキじゃねーよ」
「だってみちゃったもんね。お前がJ子んちの前をウロウロしているのをさ!」
「あ、あれは・・・違ぇよ!あいつんちの前でたまたま自転車のチェーンが外れただけだもん」

小学生の頃は日常的にそんな事があったよなぁ。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

顔を真っ赤にしながら全力で否定して・・・。
子供だから当然子供の言い訳しかできない自分。
当たり前だがその子のことがスキなのはバレバレで。

ついでに、いざその子が話しかけてくるとそっけない態度を取ったりして。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌
【黄色い自販機:黒ウーロンとペプシスペシャル】

子供の頃の遠い日の思い出です。

ま、大人になったオレには関係ない話だけどね。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

『マンボウさんって「ラーメン二郎」が好きなんですか?』
『え?え・・・いや、スキじゃないよ!なんで?』
『だって随分前に二郎でラーメンを食べている姿がテレビに偶然映っていたじゃない

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

『え?え?、違ぇよ!店の前でたまたまトイレに行きたくなって、入っただけだよ!(°Д°;≡°Д°;)』

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

常に行列ができている二郎。

・・・トイレに入るために小一時間の行列に並ぶやつはいなわな(-o-)
子供の言い訳かよっ!

~~~~

はい。
今日はめでたくラーメン二郎札幌店がオープンの日!

おめでたい日なのでカミングアウトします!!

ラーメン二郎が好きです!(`・ω・´)


  大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌 【小:トッピングは野菜ニンニク】

え?知ってた?(*o*)
うそ・・・。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌 【mojaさんの大ヤサイニンニクアブラカラメ:いわゆる全マシ】

それでもね。
未だに「人には薦めにくいお店」なのには違いない。

人には薦めないくせに自分は並んでいるってどういう理屈なんだろうね?(^^;

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌 【左から小ノーマル・小ヤサイニンニク・大ヤサイニンニクアブラカラメ】

さてさて!
人にはお勧めしたくないけど、ラーメン二郎札幌店。

結論を先に言っちゃうと、「最高!!(`・ω・´)」
その一言につきるね。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

やや軽めの乳化。

店主さん曰く、「まだライト。今後もっと厚みが出ます!」

いやいや、どうしてどうして!
現時点でも素晴らしいスープです。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

ヤサイはキャベツが多めのシャッキリ系。
どうやらこれは桜台二郎スタイルらしいね。

で、秀逸なのがこの麺。

やや幅広の平打ち麺。
食感も味も素晴らしい。

二郎系では結構加水率も高めかな?
で、表面はやや滑らか系でもっちりタイプ。

ちょっと柔らかめの仕上げは自分の好みにもぴったりだった。
麺美味えぇぇ!!

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

天地返し!!(`・ω・´)

この写真を見て「美味しそう」と思う人はいないだろうね。
もし「美味しそう」と思った人がいたら、それは間違いなく「ジロリアン」です(笑)

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

ボリュームのある「豚」(※二郎ではチャーシューではなく「豚」と言います)も美味いなぁ・・・。

ちぎっては投げちぎってh・・・じゃなかった!
かじっては食べ、かじっては食べを繰り返す至福:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

桜台と三田本店で修行を積まれた店主さん。

北海道出身とは言え、首都圏でオープンするほうが何かとやりやすかったんじゃないかな。
でも、そんな思いを振り切って、札幌でオープンしてくれてありがとう(^o^)/

~~~

二郎本家を含む二郎系に賛否両論あるのはわかっている。
特にここ札幌では最初は色んな意味で反発の声が多いだろうね。

でも個人的な感想を書くならば・・・色んな味が登場してくるのは基本的にウエルカム!
そして本家二郎の登場は様々なところに「プラス」の影響を与えると思うんだ。

ここの存在が、再び二郎系(インスパイア系)ラーメン店の活気・・・いや札幌全体の活気につながって欲しいと思う。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

札幌駅からも徒歩10分以内の場所にあります。
多分、全道からこのラーメンを目指して人がやってくるようになるだろうね。

その経済効果に期待する半面、自分の体型に危機感を感じるのであった(-o-)


「今日の一言」
  カウンターと
    オラが体重
      まっかっか


大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

↑ぽちっとクリックしてくれたら嬉しいです(^^;;


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2013-03-29 20:16:58

ラーメン一平 ~琴似の名店も幕を下ろす~

テーマ:ラーメン・つけ麺
久しぶりの一日2本の記事アップ。
だが悲しいかな、前の記事に続いてコチラも閉店の記事なのである・・・(T_T)

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

末っ子を出た後、PINYAさんMr,binさんのぶさん、私の我々4人が向かったのは、これまた琴似の老舗らーめん専門店「一平」。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

店の前に貼り出されたお知らせが切ない・・・。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

初めてこの店の存在を知ったのは札幌に転勤してきた直後。

恥ずかしながら、初訪問の時にはベロベロに酔っ払った後の〆ラーメンで、味の記憶も曖昧だった。

店のノスタルジックな雰囲気や〆にぴったりなあっさりのスープだった事だけは印象に残っていたのだが、その実、店の名前すらなんだかきちんと覚えておらず、自分がブログに書いたことさえ忘れていた。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

その後、とあるラーメン好きの友人が「札幌で一番美味しい塩らーめん」としてこの店の名前を挙げた時も実はピンと来ていなかった。

あらためて訪問した際にそのどこかほっとするような懐かしい味わいに惚れ込んだんだっけ。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

当時はあまり旭川系の麺が好きじゃなかったのだが、こうしてあらためて食べてみると藤原製麺のこの麺とスープの相性の良さも、今更ながらの再認識・・・。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

その後幾度と無く飲んだ帰りに立ち寄ったのだが、ここ数年は琴似で飲む機会もめっきり減ってしまい、足が遠のいていた。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

今更言っても仕方が無いことだが・・・。

なんでもっと通わなかったんだろう。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

飲みに行く機会が無くたって、このラーメンを食べるためだけに琴似に足を運んでも良かったんじゃないかな・・・。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

近くにいる時にはその大切さがわからずに・・・。
離れてしまって初めてその大切さに気づく・・・。

まるで恋人と別れた時の心境そのもの。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

いつだってそばにいてくれていつまでもそばに居てくれると思っていた。

悲しいけれど・・・。

今までありがとうございました。
最後の一杯は舌だけじゃなくお店の雰囲気も含め全てが満足でした・・・。

ご馳走様。


「今日の一言」
  味わった
    五感全てが
      満たされて



大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

↑ぽちっとクリックしてくれたら嬉しいです(^^;;



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-03-29 08:54:00

ラーメン末っ子 ~3/30老舗の閉店~

テーマ:ラーメン・つけ麺
また悲しい情報が飛び込んで来た。
30年以上の歴史を持つ「末っ子」が閉店するとのこと。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

とあるラーメン仲間が言っていた・・・。
『明日無くなりそうな新店へ行くなら、明日無くなりそうな老舗へ取り急ぎ行きたい』
関東在住のその彼は建物の老朽化や再開発で次々と消えていく老舗の現状を見て思ったのだろう。

悲しいかな、ここ数年札幌でも老舗の閉店が続いている。


Mr,binさん注文は味噌。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

Mr,binさん曰く「3km先にカレーを感じる」というフレーズ(笑)

確かに遠くの方に感じるカレーのような独特のスパイス感。
まさにオンリーワンな風味。

間違いなく「定番札幌ラーメン」なんだけど、そこに感じる個性。
秀逸な一杯です。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

のぶさん注文の塩。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

動物系と野菜の甘さ・・・。
化学調味料で整えられた一杯は美味さと「優しさ」に溢れています。

お店のご主人と奥様の持つ優しそうな雰囲気に通じる味わいがあります。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

そしてPINYAさんと私が注文したのは「醤油」。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

一口スープをすすると思わず
「あー・・・これこれ」
と言いたくなる様な、ノスタルジック醤油ラーメン。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

森住製麺の黄色い麺がやけに美味しい(^^)

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

そして大切なのがこのワカメ。

基本的にラーメンにワカメは不要派。
ラーメンにワカメがトッピングされているだけで、なんだかモチベーションが下がるほど。

と・こ・ろ・が!!
この店だけはこのトッピングが必要と思えちゃうから不思議。

唯一わかめトッピングが許せるお店でした(笑)

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

新しいお店がどんどん増えている札幌。

ただ、その裏で同じ数だけお店が消えているのも事実。

地域に長く愛され続けてきたお店が、後継者問題や様々な事情で消えていくのは本当に残念な事だと思う。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

前の記事でmen-eijiの新しい札幌ラーメンに対する挑戦 を書いた。
もしかするとそれと矛盾するように聞こえるかも知れないが・・・。
決してそんなつもりは無い。

老舗は老舗のよさがあり、何より「愛され続けてきた」ということはそれだけで大きな価値のあることだと思っている。

懐かしい札幌ラーメン、トレンドラーメン、そして新しい札幌ラーメン・・・。
そんなものが混在していて、そしてそれらをバランスよく受け入れてきたのが札幌の一つの特徴だと思っている。

悲しいかな、懐かしい札幌ラーメンの灯が次々と消えて行き、そのバランスが少しずつ崩れてきているようにも思う。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

この流れが止められないのなら・・・。
せめて同じ時代に存在できたことに感謝して、出来る限り「明日無くなるかも知れない老舗」にも足を運ぶようにしたいと思う。

末っ子さん・・・明日3月30日が最後の営業日です。


「今日の一言」
  またひとつ
    灯かりが消える
      寂しさよ



大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

↑ぽちっとクリックしてくれたら嬉しいです(^^;;



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-03-12 08:04:16

men-eiji(麺eiji) 札幌ラーメン進化宣言~札幌味噌 eiji style~

テーマ:ラーメン・つけ麺
たった一人のフロンティアスピリッツを持った人間の登場で世の中が変わることがある。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

過去の歴史において世の中を変えた人・・・。
近年で言えばビルゲイツもそうだし、日本においては坂本竜馬がそうだろう。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

いつの時代も歴史を振り返ると、たった一人の熱き思いとその思想が周りの人々にも影響を与え、世の中っが劇的に変化してきたように思う。

今、札幌ラーメンに新しい流れが来ようとしていることを感じずにはいられない。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

men-eijiの古川店主。
その昔、彼は言った。
「札幌ラーメンは誰かが美味しいものを出してくるんだろうから、俺は違う味で勝負をするんだ!」と。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

その言葉の通り、札幌ラーメンのスタイルにとらわれずに美味しいラーメンを作り続け、次々と新しい味も生み出してきた。

間違いなく札幌のラーメン業界を引っ張ってきた第一人者の一人である。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

だが、どこか満たされない気持ちがあったに違いない。

彼が思っていたほど札幌ラーメンはその進化を遂げなかったと感じたのだろう。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

札幌ラーメンに対して私自身も感じていた不満・・・。

「なぜ食材の宝庫北海道なのに"道外"や"海外"の食材ばかりが使われるのだろう?」
「どうしてあんなに化学調味料に頼るお店が多いのだろう?」

きっと、古川店主も同じもどかしさを感じていたに違いない。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

とある老舗ラーメン店での出来事。
私がカウンターでラーメンを待っていると、隣席に外人さんと通訳の方が座った。

大きなスプーンで白い粉をスープに投入するのを見た外人さん。
通訳を通して
「それは砂糖ですか?それとも塩ですか?」
と投げかけた。

店主は悪びれる様子も無く
「これが札幌ラーメンの味の決め手の化学調味料だ」
と・・・。

それを聞いた彼は一言
「I Can't try it !」(無理っ!)

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

その名前が全国・・・いや、世界に知れ渡っている「札幌ラーメン」

一つのブランドになっていることは間違いない。
でも、いつもその危うさを感じていた。

名前は知れ渡っているけど、本当に世界に誇れる食べ物なの?と・・・・

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

eijiさんでこの札幌味噌eijistyleが提供された直後にお店で食べた日の出来事。

明らかに、間違って入ってしまったような老夫婦。
恐らくは買い物帰りにふらりと入ったのだろう。

何も考えずに味噌ラーメンを選んだのは決して「評判を聞いて」とか「新しい味を求めて」ではないはず。

恐らくは何十年も札幌味噌ラーメンを食べ続けて来たであろうその夫婦が、当たり前のように「美味しい美味しい」を連発し、普通に完食をしていた。

普通に札幌味噌ラーメンに慣れ親しんだ人が普通に美味しいと言ってくれる味・・・。
飛びぬけた新しい味ではなく、食べ慣れたようなどこか懐かしい味・・・。

でも大きく違うのは「すぐにまた食べたくなる」「後口の良さ」

簡単な事のようでその実とても難しいことだと思う。
しかも、いつも食べているラーメンと同じぐらいの価格帯で提供するとなると尚更だ。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

札幌味噌eijistyle。
このメニューにはそれらの答えがある。

今までの札幌ラーメンの良いところはきちんと踏襲し、素材にこだわり化学調味料に頼らなければまだまだ札幌ラーメンは美味しくなるということの証明の一つだと思う。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

たった一人の熱い思い。。。。
それが広がり、世の中が変わる。。。

何度も繰り返されてきた歴史上の変化が札幌ラーメンにも起きようとしている。

2013年・・・間違いなく札幌ラーメンの進化が始まると思う。
実に楽しみである。


「今日の一言」
  世の変化
    いつの時代も
      一人から


大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

↑ぽちっとクリックしてくれたら嬉しいです(^^;;

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-03-05 19:50:25

らー麺伏見(ふしみ) 正しく美味しい村中系を受け継ぐ

テーマ:ラーメン・つけ麺
北海道にある、とあるベーコンやハムを製造しているメーカー。
そこでは1920年代の古い本場ドイツの製法が使われているそうな。

ある日見学に来たドイツの職人達。
今ではドイツで使われなくなったあまりに古い製法に皆が失笑したと聞く。

(未だにそんな古いやり方をやっているのか。無駄が多過ぎる)

そう思ったことだろう。

ところが、そこで作られたハム&ベーコンを実際に口にしたドイツの職人達は絶句したそうな。

「な、なんだこの美味しさは!」

と・・・。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

逆にそのドイツでは空前の豆腐ブームと聞く。

今度は逆に日本の豆腐職人達が見学に行ったらしい。
(手ほどきのひとつもしてやるか・・・)
と。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

ところが今度は日本の豆腐職人達が絶句した。
「なんだ!この美味しさは!!」
と。

豆の美味しさからして違うことに気が付いた豆腐職人はドイツの職人に聞いたそうな。
「もしかして無農薬なのか?」と

すると当たり前のように
「豆腐ですから農薬は使えないでしょう」
とドイツの豆腐職人は答えたそうだ。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

上の記述にはちょっと記憶が曖昧なところがあるので、その辺はご了承願いたいのだが・・・。
とはいえ、都市伝説ほどのウソではないはず(^^;

これは何も「ソーセージ」や「豆腐」に限ったことじゃないんだと思う。
昔ながらの古い作り方が、時に「最も美味しい作り方」であったりする・・・。

今日はそんなお話・・・。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

いや、前述の"古い作り方"という表現からして正しくないのかも知れないね。

"元来の手間隙をかけた作り方"というのが正しい表現なのかも知れない。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

時間の経過とともに、効率化や合理化が図られ・・・。
作り手の負担は軽減したけど、その実、味に関しては気が付かないうちに徐々に色あせてしまっている。

そんなことが身の回りでどんどん起きているのかも知れない。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

写真で冒頭から紹介しているお店の名は「ラーメン伏見(ふしみ)」
そして、そのお店にこのラーメンの作り方を教えたのが「すみれ」の村中伸宣社長。

実はここラーメン伏見、それまでも人気店だったが、リニューアルに伴いこの味の提供を開始した。
その時期は2011年12月と比較的新しい。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

だが、まさに正しく美味しい「昔ながらの村中系」のラーメンだ。

勝手な想像だが「昔のすみれの作り方そのまま」を伝授したんじゃないかな。
メニューには「すみれ"風"」と控えめに書かれていたが、紛う方無き「すみれ」のラーメンがそこにはあった。

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌
もやしを「油で煮る」ように作られるその作り方。
シャキシャキした野菜が重宝されるし、時間の短縮にもなる。
今では多くの系列店が野菜を短時間炒めて提供している。

恐らく多数決を取るとシャキシャキのモヤシの方が好きな人が多いだろう。

でも、実はそんなところにもこのラーメンを最初に作った人のこだわりがあるように思う。


大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

そういえば、すみれと並ぶ張有名店「純連(じゅんれん)」の店長を長く勤めた後独立をされた「花丸(旧:はな丸)」の吉田店主も同じくもやしを長時間煮る手法をとっていたな。。。

(はな丸の記事はコチラコチラ

~~~~

コスト削減や合理化も長く続けていくのには大切な要素なのだろうけど、「昔の味は美味しかった」というフレーズを食の世界ではよく耳にするのも事実・・・。

知らないうちに美味しさを犠牲にしている食べ物って、気づかないだけで世の中には沢山あるのかもしれない。

久しぶりに気合の入った本物の村中系ラーメンを食べてそんな事を思うのだった・・・。

「今日の一言」
  ヒト手間を
    削って何かも
      失った

      

大盛上等!ダイエット挫折日記 in 札幌

↑ぽちっとクリックしてくれたら嬉しいです(^^;;


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。