------------------------
■ブログ内検索 by Google
------------------------
------------------------
■ランキング参加中 人気ブログランキングへ

------------------------
------------------------
------------------------
あわせて読みたい ------------------------
1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-12-30 23:23:23

ラムハウス ケケレ(QUE・QUE・QRE)

テーマ:その他の食・グルメ

前日のすすきの東横イン宿泊の翌朝・・・

チェックアウトを済ませて、ぶらぶらと大通公園付近をうろついていたら、前方から見たことのあるヤツが・・・


東京で一緒に働いている後輩のI田君だ(^^;;

おい・・・・札幌ってそんなに狭い街か?


I田君曰く「いやー一人でジンギスカンでも食べて帰ろうかと思って」

おいおい・・・寂しいことを言うなよ!一緒にジンギスカン付き合うよ(^o^)

ってことで、昨夜(というか明け方)のラーメンが完全に消化されていない上にやや二日酔い気味ではあったが、ジンギスカンを食べに行く事にする。


とはいえ、「ビール園を除いてジンギスカンは夜の食べ物」と相場が決まっているのか、知っている店が軒並み『夜のみ営業』となっている・・・。

携帯のグルメ系サイトを見ても昼間の営業店を探すが中々ヒットしない・・・・。


ということで、裏技・・・

グランドホテルへ二人で駆け込み、コンシェルジェを見つけて問合せをする。

いかにも「今このホテルをチェックアウトしましたよ」ってな顔をして、ずうずうしく『今の時間営業している生ラムの食べられるジンギスカンの店を教えて』という質問を投げかける。


さすが札幌の一流ホテル!

ケケレという店を見つけ予約まで入れてくれたぜ(^^;;

・・・すみません。東横インに泊まってたくせに・・・・・


ケケレは良く行く「らむの家」 のすぐ近く!


メニューが豊富で

 ・生ラム

 ・ラム刺身

 ・ラムチョップ

 ・ラム皮

などを調子に乗って頼む


冒頭の『ラーメンが消化されていない』とか『二日酔い』とかのコメントはどこへいったんだよ・・・

_| ̄|○


ラムチョップ

皮・・・カリカリに焼くと旨い(^^) ホルモンみたい

タレがまた変わっている。

白醤油をベースにいくつかのハーブが浮かぶオリジナルタイプ。


脂身を思い切って殺ぎ落とした、生ラムにはとてもよく合う。


結局ランチの時間にもかかわらず、生ラム5人前に生ビール2杯ずつをペロリ・・

初めてジンギスカンを食べる人にはベーシックな「らむの家」

ジンギスカン経験のある人はここの「ケケレ」でラムの奥の深さを知ってもらうのがいいかも!


おっと・・・〆にウーロン茶をタレに注いでいただき、タレまで満喫しました。


その後、I田君は予定が無いということだったので、卸売り市場の場外に連れて行って、北海道を満喫してもらった。

ま、年末のこの時期はあまり安くは無かったけどね。


前日のカニ将軍から始まった北海道編・・・・

24時間経過しても実家にたどり着いていない。。。。

長い忘年会となってしまった・・・


明日からはゆっくり過ごすぞ(^^;;


「今日の一言」
  忘年会

    一晩過ぎても

      まだ続き・・・・

かに将軍・ラーメン2軒・ジンギスカン・・・・

・・・・いきなり北海道を満喫しているなぁ・・・・(^^;;

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-12-29 03:10:22

すすきの 梅の蔵&醤油屋一平

テーマ:ラーメン・つけ麺

今日から再び札幌へ

会社の納会でまずはカニ将軍へ・・・

(カニカニ♪ちょきちょき♪(^^) )


・・・・・だが、あまり食べずにもっぱら飲むのに一生懸命だった。


続けて2次会&3次会と進んだあと、最終電車で帰るというナベリン夫妻とラーメン屋へ入る事に!

吹雪いていたので、あまり深く考えずに一番近くにあった「ヌードル梅の蔵」という店に入る。


味噌ラーメンを頂いた。

大き目のメンマに強い縮れの麺。

スープはややあっさりしているが、まあまあ美味しい。

チャーシューが入っていないのが残念だけど。


ま、札幌へ戻っての最初としては無難な一杯。


ここで、4次会へ進んだサイト氏へ電話をして合流。

会場のカラオケBOXへと向かう・・・


店について最初のうちははしゃいでいたのだが・・・・

うー・・・胃もたれし始めた(;_;)


カラオケBOXで30分ほど過ごしたが、酔いがさめ始め、頭は痛いは、胃袋は重たいは、移動疲れで眠たいは・・・・・

ということで、一足お先に失礼する事に。


外に出ると、なんと猛吹雪!

タクシー乗り場を見ると大行列!

いきなり憂鬱になった・・・・


それでも5分ほど待ってみるが、タクシーの空車は2台まわって来ただけ!


(こりゃだめだ・・・・)


タクシー会社に電話をしてみる・・・・・

ずっと話中の末にようやくつながったタクシー会社は

「1時間半ほどお待ちいただきます」

と事務的な答え。。。


・・・いや1時間半もこんなところにいたら死んじゃうから・・・・(-_-)


容赦なく降り積もる雪に震えながらあたりを見渡すと、「東横イン」の看板が・・・

どうせタクシーで帰っても3,000円~4,000円ぐらいかかるんだからと東横インに飛びこむ


幸いにも部屋はまだ空いており、しかもキャンペーン価格で4,090円だと(^^)


途中で買った液体胃薬を飲んで横になる・・・・・zzz


*************************

1時間後・・・・・・・・・・・・・・・・


げっ!なんか強力に胃薬が効いた(*o*)

なんだ!この胃薬は!

なんかもう一杯ぐらいならラーメン食べられそう。。。


(そのままおとなしく寝てようぜ・・・・)

というココロの声と

(いやいや!折角の札幌の夜!もう一軒行っておこうよ!)

というココロの声が戦っている!


・・・・・後者のココロの声が勝ちました_| ̄|○


ホテルから2丁ほどはなれたところにある、醤油ラーメン専門店「醤油屋一平」という店を訪問


醤油ラーメンだけでも「たまり醤油」「再仕込み」「白醤油」の3種類

とりあえずメニューの最初にあった「たまり醤油」を注文


出てきたラーメンはかなり真っ黒な醤油色!



独特の醤油の香りと揚げネギの香りがどんぶりから立ち上る。


うん。。。まずまずかな。

ちょっと揚げネギはいらないかも。

麺は札幌ラーメンらしい縮れとコシの強い麺。

かなり色は濃いのだが、見た目ほど塩分濃度は高くないのかも。

まぁ十分塩っぱいのではあるが。。。


麺を全部食べてスープも半分飲んだところで、再び胃袋が悲鳴をあげる・・・。


やっぱり食べ過ぎだな。。。。後悔。。。。


店からホテルに戻る途中、タクシー乗り場を見たが、行列は先ほどよりむしろ長くなっている・・・

夜の3:00だぜ(*o*)


で、ホテルに戻ってこのブログを書いているというわけである。

うー・・・・胃がもたれる・・・・もう一度胃薬飲んで寝ようっとzzzzzz(-_- )


「今日の一言」

   年忘れ

     胃袋の悲鳴も

       忘れ去り

・・・・何をやっているんだか・・・_| ̄|○

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-12-26 20:55:22

西日暮里 神名備 塩ラーメン

テーマ:ラーメン・つけ麺

つけ麺TETSUに行こうと思い、店の前から中を覗くと・・・・

満席+数名が店内で待っている様子。

まぁ休日の昼だから仕方がないか・・・・


ということで、道路を挟んで斜め向かいの「神名備」 をふと見ると、外には行列はナシ。

(・・・・といっても神名備は店内に待つスペースが広めにあるからなぁ・・・)


名物の神名備そばがメニューから消えたことは知っている。

だけど、「塩ラーメン」は過去に何度も売り切れの目にあって、未だに食べていない。

(過去のブログはこちら)


ということで、ダメモトで、そちらに行って店内を覗くと・・・

なんとお客さんがゼロ(*o*)

今一度店の「営業中」の札を確認して恐る恐る店内に・・・


「いらっしゃいませー」

元気の良い声が返ってくる。


ほっと一安心してカウンターの隅に座り、念願の塩ラーメンを注文


ほどなくして運ばれてきたラーメンは、神名備そばとは全く印象の異なる、やや白濁したワイルドな印象


鶏の香りと・・・なんだろうやや香ばしい香りが立ち上る。


さっそく一口・・・・

うめー♪(*o*)


正直言って、神名備そばの繊細なイメージがあったので、塩ラーメンも「繊細」なものを想像していた。

と・こ・ろ・が!


かなりワイルド!

かなりガツン!

けどしっかり複雑な旨味が重なっている。


神名備そばを食べたときの印象を喩えるなら「優等生」といった感じ。

非常に美味しいのだが、どこか物足りない印象を覚えてしまった。


ところがこの塩ラーメン。

チャーシューから漂うわずかな八角の香り。

それに負けない鶏の濃厚なスープとたっぷりのネギ。

(基本的には八角はあまり好きじゃない・・・でもこれはかなり美味しくいただけた)


「優等生」どころか、「ちょいワル」な印象さえ受けた(^_^)


うーん。

やっぱり食べてみないとわからないものだねぇ。


そうそう・・・

ガラガラだった店内も徐々にお客さんが入ってきて、店を出るときにはほぼ満席になってました(^^;;

たまたまラッキーなタイミングだったんだな。


スープまで完飲して満足して店を出ました。


「今日の一言」

   恋に落つ

     眼鏡をはずした

       優等生

・・・・先入観はいけないね(^^)

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-12-24 12:59:41

西日暮里 つけめん 哲(その4)

テーマ:ラーメン・つけ麺

つけめん哲をまたまた訪問


ブログに載せていない分も含めると結構な回数訪問しているなぁ・・・(^^;;

(前回のブログはこちら)


別バージョンで新しい麺「強麺(ごうめん)」というのが用意されたらしい!

早速それを冷たいつけ麺で注文する


大盛も無料なのだが、最初なので普通盛りでいただく・・・めずらしいぞ(^^;;


色は通常の麺よりやや黒味がかった濃い色をしている。


太さも太く、見るからに張りを感じるパワフルな麺だ


なるほど・・・

強麺というだけあって、かなりコシの強い麺だ


太さや色などの見た目はもちろん、香り、歯ごたえ、ともにデフォルトの麺とは比較にならないインパクト!


どちらかといえば松戸の大黒屋本舗の夜の部のつけ麺に近い麺かな?

うまー(^^)・・・・だけど個人的な好みから言えばデフォの麺のほうが好きカナ


スープはホント食べに行くたびに美味しくなる。

研究熱心な店主なので、まだまだ発展途上なのだが、かなり好みに近い味になってきている。


普通盛りだったが、麺のパワフルさもあり、かなりの食べ応え!

かなり満足度は高かった・・・・・のだが・・・

やはりちょっと量が足りない気がしてきた・・・(^^;;


そこで本日はラーメン用の細麺の半玉をいただくことにした。

初の試みだ!


まずはスープ割をしていただき、そこに細麺をあたたかいままいただく。

つけ麺方式にしようかと思ったが、やはりここは「どぼん」とスープのドンブリに投入(^^)



↓ ↓ ↓ 「ドボン」と投入(^^)↓ ↓ ↓ ↓


ウマー♪(^^)


シメのスープ割が、シメのラーメンに早変わり♪


もちろん、ここはラーメンも非常に美味しいので、ラーメンを食べるのがオススメなのだが、欲張りな食べ方としてこれもありだなぁ(*´∇`*)


「今日の一言」

   つけ麺の

     〆にまた麺

       終わり無し・・・・

・・・・いつまでもシマらないよ・・・

・・・・次はご飯でも入れるか(-_-)



※TETSU(哲)関連記事はコチラにまとめました

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-12-20 20:28:36

銀座 共楽 萬福 老舗めぐりの旅

テーマ:ラーメン・つけ麺

今日は午前中は銀座で打ち合わせ

銀座もちょっと久しぶり!

函館ラーメン「船見坂」 や博多ラーメン「山ちゃん」など脳裏をよぎったが、なつかしの名店を訪問する事にした。


共楽である。

創業はなんと昭和31年!

マンボウの生まれる前から営業している店だ。


実に久しぶりの訪問で10年ぶりぐらいだろうか・・・・


ワンタンメンをいただく。

背油がわずかに浮いたスープからはほのかに煮干の香りが立ち上る。


昔食べたときには若さゆえか物足りなさを感じたのだが、あらためて食べるとしみじみ美味しい(^^)


気持ち麺が太いが、代表的な東京ラーメンの一つだろう。

ま、もっとも今では東京を代表するラーメンは青葉系の「魚介豚骨」ということになるかもしれないので、「一昔前の東京ラーメン」あるいは「代表的な中華そば」という表現になるのかもしれない。


お昼時だけに、お客の多くは常連さん。

給仕のおばちゃんは顔を見て「いつものだね!」と何人にも声をかけていた。

(・・・・いったい何人分覚えているのだろう・・)


券売機はあるが、おばちゃんが何人分かをまとめて買うシステム。

券売機で券を買おうとするお客には

「私が買うから買わないでいいです!」

と何人もたしなめられる。


券売機の意味が良くわからん(-_-)


ま、そんなことも含めて老舗だから・・・(^^;;


久しぶりのラーメンは想像の中よりずっと美味しかった!

満足満足!


だが・・・・

足りない・・・・・・


ということでやってしまいました。

「替え玉」ならぬ「替え店」・・・・

要するに麺のおかわりではなく、お店のおかわり

・・・ああ_| ̄|○


次の店は同じく老舗の萬福

こちらに至っては創業昭和4年とやらで、マンボウの父より年上だ(^^;;


三角の卵焼きが特徴


こちらでもワンタンメンをいただく


共楽に比較すると透明度の高いスープ

ややショウガの香りが強いスープかな。

これも代表的な東京ラーメンの特徴の一つと言えるよね。


こちらの方が見た目は典型的な東京ラーメンかな。

麺の細さも含めて・・・


ま、味に関しては今さら言うまい・・・

なんせ父より年上!

私のような若造(?)が語って良い店ではないもんね!


思いがけず、銀座の老舗めぐりをしてしまったが、雰囲気も含めて、味わい深いものがあった。


「今日の一言」

   試験には

      出ない歴史を

         味わって・・・

のすたるじー( ̄ー ̄ )

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-12-19 18:58:09

高田馬場 べんてん 限定塩ラーメン

テーマ:ラーメン・つけ麺

高田馬場で昼食時を迎える。

外の気温はとても低く、

(外で行列する店はいやだなぁ・・・・)

と思う反面、

(高田馬場まで来たんだからべんてんに行こうよ・・)

というもう一人の自分の声が聞こえてくる



とりあえず、べんてんまでいくだけ行ってみる。

行列は5人・・・・順調にいけばすぐに店内に入れそうな感じだ。


寒風吹きすさぶ中、コートも着ずに外でじっと待つ・・・・

(コートを会社においてくるんじゃなかったぁぁ)

待つこと5分・・・・10分・・・・15分・・・・ぜんぜん人が出てこない(;_;)

手もかじかんで動かなくなったころ、立て続けに人が出てきた!


ほっと一安心。

つけ麺を食べる気まんまんでやってきたのだが、ここまで体が冷え切ってしまうと、ラーメンに惹かれるよなぁ・・・・

しかも限定塩ラーメンはまだ未食だし!


ということで、本日は限定塩ラーメンを注文


注文するとすぐに「おたま」の上に油を注ぎ、ガスの上で熱しはじめた。

ラーメンが茹で上がるとともに、山のようにうずたかく積み上げられた白髪ねぎ。

その上にぱらぱらと肉味噌(?)のようなものが振りかけられる。


完成したラーメンの上に先ほどの熱々の油をかける。

「ジュワ!」

小気味良い音とともに、山のようなねぎがしんなりとする。


スープからは香ばしい香りが立ち上っている。

ほうほう・・・・確かに透明度の高い塩ラーメンスープだ!

まずは上の肉味噌を溶かさずに一口・・・・・


うむ!

さすがべんてん。

塩ラーメンもちょっと一味違う!

シンプルだけど濃厚なスープが口の中に広がる。


麺はつけ麺同様太目のモチモチ麺。

もちろんおいしいのだが、やっぱり冷たいつけ麺の方が好みかも。


途中で上の肉味噌(?)をスープによく溶かす。

肉味噌というより、唐辛子&スパイスの塊のようなものだろうか・・・

スープの香りも辛さもグーンとアップ!


なるほどね!

ちなみに上の写真が最初のスープ、下が途中まで食べた後のスープ。

下のスープはまるで味噌かしょうゆラーメンのような色をしている。


後半やや飽きがきてしまい、食べ終わるころにはとても苦しかったが、体がぽかぽかとあたたまり、満足して店を出た。


美味しかったけど、やっぱりマンボウの好みとしてはつけ麺に一票かな!


ちなみに次のロットでつけ麺大盛りを頼んだ人がいた。


中盛り(600g)でも莫大な量なのに大盛り(1Kg)っていったいどんな量なんだ(*o*)!


是非拝んでから帰ろうと思い後半食べるペースを落としたのだが・・・・・

残念ながら食べ終えるまでに、出てくることはなかった。


外では大寒波の中、震えながら待っている人がいるかと思うと、それ以上の長居はできなくて、残念ながら店を後にした。。。。

マンボウは食べれるわけがないので、一度は誰かが食べているところを拝んでみたいものだ


「今日の一言」

   弁天様

     本尊よりも

       森(盛り)拝み

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-12-17 15:48:55

鶯谷 博多三社塾

テーマ:ラーメン・つけ麺

今日は午後に配達のヒトが来るとの事で、遠くに出かけることができない。

近場で時間がかからずに食べられるものは・・・・・


そうだ!久しぶりに博多三社塾に行こう(^^)


博多ラーメンならあっという間だし!


先日のブログ「博多ラーメンは夜中に食べたくなる」と書いたのだが・・・・・

下の根も乾かないうちに、昼間から博多ラーメンって・・・・

ポリシーはあまりないのであった(-_-)


数えてみると半年振りぐらいの訪問である。

結構好きな味なんだけど、閉店時間が早いからなぁ・・・


食券を買って席につくと、期待通りにあっという間に運ばれてくる。

この待たせないところも博多ラーメンの素敵なところ(^^)


スープを一口・・・

おおっ!前より美味しくなってないかぁ!(^^)

田中商店とは方向性が違うものの、十分に濃厚な豚骨の旨みと甘味が出ている。


やや、透明な油が加わっており、この辺はもしかしたら好みの別れるところか・・・


一玉の量が特に少ないのか、あっという間に一玉目はオシマイ。

すぐに替え玉を注文


んん・・・ちょっと最初に一杯に比べると旨みが弱くなるか?

もしかすると上に浮ぶ油が濃厚さを加えている為なのか・・・・一杯めでスープの上層部がなくなると少し物足りなさを感じる。


ショウガやニンニクを加えて味を調整

それでも十分にうまー♪(^^)


続いてもうヒト玉・・・・・

さすがに3玉目は塩分濃度も薄まった感じ

タレを小皿に入れてもらい、少し加えていただく


ゴマを振りいれて、ぺろりとすーぷまで完飲・・・


昼間から3玉って・・・・

食べすぎだよ・・・オレ_| ̄|○


どんぶりの底に現れたオリジナルの文字がまた楽しい(^^)


それにしても、

(ここは閉店時間がもう少し遅ければもっと通うのになぁ・・・・)

そう思う反面、

(そいつはとっても危険だぜ・・・絶対太る元!)

ともう一人の自分がツッコミを入れてくる。


熱心な店主と、中井美穂にちょっと雰囲気の似た素敵な奥様・・・

店の雰囲気も申し分ないので、今度は夜に水餃子(350円)にビール、シメにラーメンというコースでゆっくりくつろいでみたいな(^^)


「今日の一言」

   早仕舞い

     どこかで胸を

       なでおろし・・・・・

夜中もやってたら、デンジャラス(-_-)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-12-17 03:30:12

湯島 鮨いづ & 御徒町ラーメン横丁 青葉

テーマ:その他の食・グルメ

今日は知人の忘年会にお呼ばれ(^^)

湯島の「鮨いづ」という店に連れて行ってもらった。


鮨いづは本店、天神下店ともに湯島にある名店の一つだ。

天神下店はランチが美味しいと評判らしい・・・・・


初めて訪問の本店では2階に通された。

2Fにもカウンターがあり、とても落ち着いた雰囲気。

本日は座敷の席だったが、座敷にも小さな椅子が用意されており、あぐらをかくのが苦手なマンボウは大助かり。


まずは刺身の盛り合わせ!

マグロの中トロとブリが特に美味かった。


最初はビールを飲んでいたが、ここはやっぱり日本酒でしょう(^^;;


熱燗をお願いして、新鮮な刺身を満喫!


続いてお鮨が運ばれてきた。

おおっ!

うまそう!(^^)


ウニ・中トロ・穴子・ボタンえび・ヒラメ・大トロってところかな?


いやー旨い!!


ごちそうしていただいてる身分で「鮨はやっぱり北海道だよ!」なんて野暮をいう気は無い。

それでも、お世辞抜きにここのマグロは絶品だったね。


追加で、イカ・イクラ・シャコ・寒ブリetc.

大満足でした(^^)

ご馳走様。


その後二次会でカラオケのある店に行ったのだが・・・・

年齢層のやや高めの店では、演歌が中心に歌われている。

「北国の峠~」やら「荒れた漁場~」やら・・・ディープなフレーズがぼろぼろと出てくる

うーノれない・・・・心の中が荒れた漁場だぜ(^^;;


ところが、途中からもうヒト世代若い世代が歌い始めたところで心の中の空気が変わった。

吉田拓郎やらさだまさしやら甲斐バンドetc.

マンボウの琴線に触れてしまったね(^^;;


酔いも手伝い、とても楽しい雰囲気!

だが、一瞬後になぜかさびしーい気持ちが急に湧き上がってきた。

いや、楽しい雰囲気だったから一人の部屋に帰りたくなくなったのかもしれない。


思いのほか長居をしてしまった・・・・


帰りは御徒町の駅から電車に乗ったのだが・・・・



御徒町ラーメン横丁で「青葉」を訪問・・・_| ̄|○

またやっちまった。


ま、量が少ないことや温度が低いことなどの不満は無いではないが、それでも「青葉」だ。

魚介と豚骨のダブルスープの原点のお店。

〆の一杯としては十分に楽しむことができた。


「今日の一言」

  寂しさで

    帰りたくなく

      麺でシメ・・・

・・・・って言い訳だよね(^^;;

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-12-16 01:08:28

四谷三丁目 むろや

テーマ:ラーメン・つけ麺

koonさんのブログ に度々登場するむろや@四谷三丁目という店がずっと気になっていた。

四谷三丁目~新宿御苑はあまり訪問しない地域だったのだが・・・・

この日はたまたま打合わせで四谷三丁目へ行くことになった。


打ち合わせの時間が13:30からと微妙・・・・・

昼ご飯を食べずにそのまま先方へ。


14:00過ぎに打ち合わせが終わったときには空腹もピークに達していた!


途中「和鉄の支店」や「黒船」という未訪問の両店も通過・・・・!


到着すると時間が遅かったのもあり先客jは2名だけ

券売機でトッピングに「辛味50円」を追加して席につく。


お店の人に

「トッピングは途中からでもいいですか?」

とお願いすると笑顔で快諾してくれる(^^)


まずはノーマルで・・・・・


ウマー♪(^^)

いやーこれはヒットだね!


まず麺がうまい!

有名な製麺所「浅草開花楼開化楼」のらしいが、旨みも滑らかさもすばらしい!


スープは・・・これまた、魚介系も動物系もしっかり旨みが出ている。

いやみの無い味だが、結構濃厚!

これで無化調?


麺をつけていただくと・・・・・

ちょっと麺が滑らか過ぎてスープの乗りがちょと悪いかな。

でも、この縮れ具合がまたまたGood!


「つけ麺にはストレートの太麺」と一時期思っていたものだが、六厘舎にしろここにしろ「つけ麺は縮れ麺」と宗旨変えしたくなりそうな味わいだ・・・


すするときに唇をふるわせる感触がまたたまらない!


半分ぐらい食べたところで、辛味トッピングを追加していただく。


あ!これはさらに芯が通った感じがして好きだな!

結構強めの辛味がいい感じ(^^)


あっという間に完食でした!


最後のスープ割も残さずいただき完飲!(^^)

冒頭にも書いたがあまり訪問する地区ではないのだが、新宿から足を伸ばしても行く価値があるな!

満足満足(^o^)



「今日の一言」

  唇を

    ふるわす麺の

      心地よさ・・・

・・・・ハートも震えましたよ(^o^)

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2005-12-12 22:11:00

本郷 初代けいすけ 黒味噌ラーメン

テーマ:ラーメン・つけ麺

宿題だったお店初代けいすけへ行ってみる。

家からはそれほど遠くないのであるが、中々行く機会がなかったのと、どうもビジュアル的にあまり好みの味に見えなかったので、ついつい後回しにしてしまっていた・・・。


ここのイチオシは黒味噌ラーメンということなのだが、どうも黒いスープが食欲中枢を刺激してくれないない・・・。

この日は天気も良かったので、バイクで訪問することに・・・・


この店の周りには1軒おきにラーメン屋が4店舗も並ぶ

ちょっとした激戦区だ


幸い店にはすぐに入店することが出来た。

店のドアを開けると、店内は生姜の香りが強く漂っている。


運ばれてきたラーメンのスープはホントに黒・・・・なんだが、糸唐辛子の「赤」やスライスされたネギの「白」などのアクセントが効いていて、思っていたよりビジュアル的に悪くない。


スープを一口・・・・

うわー。。。。すげー複雑なスパイス。

味わったことの無い味だ。

確かに生姜と山椒が入っているだろうことはわかるが、それ以外は色んなスパイスが使われているということしかわからない。


これってそのままスープに「ターメリック」とあと一つ二つのスパイスを加えると、そのまま上質なスープカレーとして通用すんじゃないかな?

味噌もそのまま使ってもスープカレーとしてありじゃないか・・・?


サービスでライスがついてくるのだが、サービスだけあって、ご飯そのものはそれほど美味しいものではない・・・ごく普通のご飯・・・。

だが、スープや麺と一緒に食べるとやっぱり旨い。

ご飯との相性は抜群だね!


ご飯を1/3ほど残してスープをかけてみる・・・・

うまー・・・(^^)

やっぱこれはスープカレーのベースになるな!


かなり特殊なビジュアルと、独特の味・・・・・

こう書くと「キワモノ」の印象だが、味は美味しいと思う。


多くのスパイスを使うとバランスが取るのも大変だろうに、それがうまく調和しているのが素晴らしい。

店の入り口にも色々な瓶にスパイスが詰められ飾られているところを見ると、ここの店主はスパイスに相当こだわりを持っているんだろうなぁ・・・・


限定販売とかでカレーラーメンを作ってくれないかな(^^;;


「今日の一言」

   SBの

     カレー粉振って

        食べてみたい

・・・・・考え方が邪道だ(^^;;

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。