川崎市高津区で腰痛の悩みを解決できる接骨院 ひまわり接骨院

高津区の整体・接骨院。二子新地駅すぐの ひまわり接骨院。腰痛や体の痛みで悩んでいる方に、治療法・予防法・考え方を提供するために書いていきます。きっと、あなたが今の困った状況から抜け出すための突破口が見つかるはずです。

腰痛・ぎっくり腰・ヘルニア・分離症などご相談ください


治療の選択肢を増やせる接骨院

からだの不調でお悩みの方の治療の選択肢をふやすこと 。薬と注射ではよくならなかった患者さんに改善の喜びを感じてもらう。そんな接骨院を目指しています。

院長 新幡昭男


■お問い合わせ

※ご相談・ご質問なら今すぐお電話ください。 腰痛でお困りならお早めにご来院ください。

※このブログの更新情報が届きます

NEW !
テーマ:

こんにちは  腰痛の悩みを解消する!高津区 整体・接骨院 治療家:新幡です

 住民の健康に知恵絞る 医療費抑制で自治体 

2016年7月26日 (火)配信共同通信社

 日本の医療費は年間40兆円を超え、高齢化や医療技術の進展で今後も増加の一途をたどる。一人でも多くの住民を健康にすることが数少ない医療費抑制策とあって、病気の重症化予防や運動などの健康づくりに自治体も知恵を絞っている。

 糖尿病の医療費は1人当たり年間約50万円だが、症状が悪化して人工透析が必要になると10倍の約500万円に跳ね上がる。埼玉県は2014年度から、国民健康保険(国保)の運営主体である市町村と糖尿病の重症化予防事業に共同で取り組む。本年度は6割に当たる40市町が参加した。

 40~74歳を対象とした特定健康診査やレセプト(診療報酬明細書)のデータを活用。通院を中断した人や重症化のリスクが高い人を抽出。医療機関を受診するよう促し、管理栄養士らが保健指導する。

 14~15年度では、治療を中断していた人や未受診の人のうち、新たに医療機関を訪れた人の割合は取り組み前に比べ1・8倍に増加。6カ月の保健指導参加者の平均血糖値も改善した。県保健医療政策課の唐橋竜一(からはし・りゅういち)政策幹は「受診に結びつかない無関心層への対応などが課題だ」と話す。

 千葉県白子町は希望者に歩数計を無料配布し、実績に応じてポイントを付与。1ポイント=1円でクオカードに交換できる事業を昨年10月から始めた。昨年度の635人に加え、本年度は新たに約400人が参加予定だ。

 月に1度は町役場などに設置された端末につなぎ、体重や体格指数(BMI)を確認してもらい、職員が保健指導。町が開く運動教室に通い始める人も出始めた。

 毎日2万歩歩くという男性(78)は「血圧も上が160から120台になり体脂肪も減った。ポイントがあると張り合いになる」。町の保健師近藤雅巳(こんどう・まさみ)さんは「この事業が健康づくりを意識するきっかけになれば」と話す。

 

身体の不調でお悩みなら【ひまわり接骨院】までお気軽にご相談ください。

  

東急田園都市線・大井町線 二子新地駅徒歩4分 腰痛の悩みを解決する接骨院

 川崎市高津区の整体・接骨院「ひまわり接骨院」


【あなたに合ったオーダーメイドの施術を行います!】

 


ご予約・お問い合わせはこちらより044-299-9707 (8時30分~19時)

※日曜・祝はお休みとさせていただきます。


※ご相談・ご質問なら今すぐお電話ください。 腰痛でお困りならお早めにご来院ください。


プロフィールを見る
読者になる

 ※このブログの更新情報が届きます

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)