昨日は、晴天の元 第36回門真市スポーツ少年大会、市内各小学校運動会が行われました!


朝一番は門真市スポーツ少年大会の開会式に参加をさせていただきました。

今年は、シルバーウィークの関係で、小学校の運動会の日程が例年と変わり、スポーツ少年大会と同じ日になってしまい、スポーツ少年大会の参加者は少なくなってしまいましたが、競技スポーツとして心身ともに子どもたちの健全育成を担っていただいている大切な大会なので、毎年楽しみにしています。


小学校の運動会は、朝の挨拶運動をさせていただいている上野口小学校と門真小学校の運動会を見に行かせていただきました。

登校する私服の姿とは違い、練習を重ねた自信なのかとても凛々しく逞しく見えました(^-^)


門真市 敬老会

テーマ:





今日は、ルミエール大ホールにて門真市敬老会が開かれ、来賓出席させていただきました。

門真市の人口は年々というか、毎月の発表ごとに減っています(8月1日現在125,681人)が、昨年の喜寿での長寿祝品をいただかれた方は1488人、今年は1512人だそうです。

確実に高齢化社会に向かって行っています。

これまで、頑張っていただいていた大先輩である高齢者の皆さんが、安心して老後を暮していただけるように活力あるまちにしていかなければなりません。


本日、長寿並びに金婚式で、お祝いを頂かれた皆様、誠におめでとうございます。




第7回わがまち門真市民ミュージカルが、8月23日(日)ルミエールホール 大ホールにて、13時・15時からの2回公演で開催されました!

市民ミュージカルには第5回公演に村長役で出させていただいたのですがあの感動が忘れられず...、今回私は、なんと無謀にもオケピ(オーケストラピット)に入らせていただいてサックスの奏者として参加させていただきました。

この市民ミュージカルは、演者(子どもから80歳を過ぎた方まで)と奏者(生演奏の吹奏楽)合わせて約100名で織り成す感動ミュージカルです!

もちろん、陰に日向に支えていただいている実行委員会、後援会、ご協賛、お手伝い等、頂いた皆さんを入れるともっともっとすごい人数の人々がかかわって、お支えいただいているミュージカルです。


3月29日のオーディションから始まり、4月26日の開講式。。

それから、ほぼ毎週土日はし練習、夏休みに入ると子ども達はほぼ毎日練習。。

初めて参加た子どもの中には、教えていただく先生の温かくとも厳しい本格的な指導に投げ出したくなった子もいてるかもわかりません。(前回の私がそうでした)

しかし、それを乗り越え頑張りました。

奏者の皆さんはほとんどが社会人で、時間を工夫され練習に練習を重ねて本番を迎えました。

当の私は、なかなか練習に参加できず皆さんには大変ご迷惑をおかけしました。

そうであるのに、温かく仲間に入れていただけたこと感謝感謝です。

結局私は、初心者で且つ練習不足というどうしょうもない奴で、吹けない部分も多くありましたが、仲間に入れていただきました。本当にありがとうございました。

唯一、民謡を習っているということで、門真市の郷土芸能「ひんや節」を1.2番だけ唄わせていただきましたので、ほんのちょっとだけは貢献できたかもわかりません(^-^;









迎えた本番、そして閉講式。。やり遂げた達成感と、終わってしまう現実、支えていただいた感謝の気持ち、芽生えた友情、連帯感等で、涙があふれ、そして笑顔で皆が輝きます。

この感動はお金で買えない素晴らしい財産(宝物)となり、やがて、大きな自信(生きていくエネルギー)になると思います。

このミュージカルが、全てではありませんが、こんな経験を一人でも多くの(参加が可能な)子ども達にしてほしいと、願います。


参加した皆さん!ご覧くださいました皆様!お支えくださいました皆様!ほんとうにありがとうございました!