ママだからできる・発達障害児がぐんぐん伸びる方法

多動・癇癪・パニック・感覚過敏・不安緊張・集団苦手・不器用・対人関係・社会性などでお困りのアスペルガー・ADHD・発達凸凹の方。不登校・いじめ・鬱・自己否定などの二次障害で苦しい方。カウンセリング・タッチセラピー・原子反射統合で生きやすくなりませんか?


テーマ:
おはようございます。
発達支援カウンセラー尾島です。

今日は
「イライラしないママになれる本」1万部突破されました(おめでとうございます!!!)

子育てがラクになるアドラーの教え野口勢津子さんの主催する講演会のお知らせでっす。



10月23日(日)10:00~12:00

「アドラー心理学による 勇気づけ子育て講演会 岩井美弥子さんをお招きして」


アドラー心理学の岩井俊憲先生の奥様のお話しが、横浜で聞けるようですよ!


優しいママ


慎ましいママ

 
ガマン強いママ
 
にお勧めだそうですよ。




私も参加させていただきます。

人生の先輩から、きっと心にしみる深いお話しを聞くことができるのだろうな~とわくわくしております。




勢津子さんにお会いできるのも、楽しみ~~

勢津子さんのブログはいつもかわいいイラスト入りで、ちょっと笑えて、楽しいですよね。

でも文章もお上手なので、気持ちがしっかり伝わってきます。



以前ランチして何時間もおしゃべりしながら思ったのですが、、とってもマインドがオープンでなおかつ、まっすぐな方だな~と。

もう、何時間でも話していられる感じで、気が付いたら外が真っ暗!!でした~~



いろんな壁にぶつかりながらも、まっすぐ学び、素直に吸収し、経験と知識を熟成させてから、みなさんに分かりやすく伝えるこのできるすごい方だな~と感じました。

「尊敬」💛


でもね、とっても謙虚なの。素敵ですね。


勢津子さんが「凸凹ちゃんママにもぜひ聴いてほしい」という熱い思いがこちらに書かれています。



講演後、ランチ会もあるそうですよ!!



いろんな方のお話しを聞くことは、本当に沢山のヒントが得られます。

まだお席あるようですので、お早目に!!




お申込みは

日本支援助言士協会ホームページか予約サイトへ入力をお願いします

https://coubic.com/shienjogenshi/300069



今日のメルマガは、昨日カウンセリングでお話ししたママさんのすごーーーい!!を書かせていただきますので、良かったら読んでくださいね~。



ではまた。
おーこ


■メルマガのご登録はこちらから




皆様に良いことがた~くさんおきますように❤







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
おはようございます。
発達支援カウンセラー尾島です。

今日は目覚ましが鳴らず・・・寝坊してしまい・・・とほほ。。

息子は「遅刻だ===!」とちょいパニックでしたが、5分で準備し出かけていきました。

以前ならばパニックで崩れていたと思いますが、、、強くなったようです。




さて、


発達障害・自閉症のお子さんで視線があわない、という症状があります。

大人でも、目を見て話すのは苦手、という方がいますね。



よく、ママさんたちに視線について聞かれることがあります。


「話しているとき、こちらを見ないのですが、見させたほうがいいですか?」

「先生やお友達が話かけているのに、顔を見ません。注意しても見ないのですが、どうすればいいですか?」

「怒られているのに、そっぽを見ていて、こちらを見ないのですが、どうしたらいいですか?」





視線を合わせて話したほうが良い。

視線を合わせないと、聞いているのか、分かっているのか、分からない。

視線を合わせないのは、失礼。


視線はコミュニケーションで大きな意味を持つからこそ、気になりますよね。




では、

どうして視線合わないのか・合わせたくないのでしょう?



視線を合わせることに抵抗があるのです。

抵抗があるということは、何かしら理由があるのです。



脳機能・視機能・神経・記憶いろんなことが関係していると言われます。

私はそれぞれお子さんいより、少しづつ理由は違うように感じています。




視線に関しても、いろんな方ご意見があるでしょう。

小さいころから、教えていかなくてはいけない。そうしないと身につかない。と指導する方もいます。



私は、この考えがちょっと怖いですね~~


だって、なんで視線を合わせないのか、まるで無視しているからです。




先日もセッションを受けられたママから視線についてご質問がありました。


その時の判断は、「今は無理に合わせさせなくていいです。」とお返事をしました。



お子さんの年齢や発達段階や、その時の他の症状などから、視線を合わせさせることが、優先事項ではないからです。


それを優先することで、マイナスが生じるから。


視線を合わさせたいならば、他にやることがある。先にやることがある。ということです。



息子も小さいころは視線が合いませんでした。

でも、発達が進みいろんなことが成長してくると、目を合わせて笑ったり、目で会話をできる感覚がでてきました。



凸凹育てでは、こちらの基準で子供を育てるのではなく、子供の発達段階に合わせてやっていくことが大事だな~と思います。



ではまた。
おーこ


■メルマガのご登録はこちらから




皆様に良いことがた~くさんおきますように❤

















いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。
発達支援カウンセラー尾島です。


9月の終わりですが、暑いですね~~


昨日のメルマガで言葉が出てきたお子さんのことを、載せさせていただきましたが、そちらのママさんも言っておられるのが、、、

「タッチは当初、長男のために始めましたが、今ではむしろ長女の方により効果があるような気がします。」

こういうお声は本当に多いのですね。


カウンセリングやセッションでママさん達とお話しすると、、、

これはお兄ちゃんのほうが必要かも。。

これはお姉ちゃんもやって欲しがります。

ということが本当によくあります。


障害児の兄弟というのは、とても我慢していたり、甘えられなくなっていたり、しますよね。

ママは、兄弟児にいつも我慢させてて悪いな、と思っていても、手が掛かるほうへいかざる負えません。




癇癪を起してママが必至に対応している時間、兄弟児を我慢させたり、待たせたり、助けてもらったり、、で、、いつも我慢させてしまっているのをどうしたらいいでしょう?

というご質問もよくあります。



でもね、、ママは一人しかいないし、お買い物も、送り迎えも、しなくてはならないし。。。

限界がありますよね。



私はそういう時、ご兄弟にも同じようにタッチをしてください。とお願いしています。

そして、「いつもありがとう。ママはとても助かっている」と言っていただきたいなと思います。


兄弟児にやっていただくと、多くの場合、リクエストがきます。

またやって。もっとやって。と。

中学・高校と年齢が大きくなっても、です。




言葉で色々いうより、1日5分触るだけでいいのです。

安定し、ストレスに強くなります。



私は、兄弟児の特殊な環境は、その人が大人になったとき、そのひずみが現れることがあると思っています。

親もいっぱいいっぱいなのは、子供でもわかり、我慢とも思わず抑え込んでいる場合もあるかと思います。

兄弟ならではの、複雑な気持ちを抱えていることもあるでしょう。


少しでも、日々そのストレス軽減されていると、長期的に考えたときに違うのではないかと思います。



兄弟児へのケアにも大いに役立ちますので、ぜひ、タッチライフ取り入れてみてください~~い。


では、また。

おーこ

■メルマガのご登録はこちらから




皆様に良いことがた~くさんおきますように❤










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。
発達支援カウンセラー尾島です。

昨日は、肌の研究をされている大美林大学の山口創先生の出版記念講演に行ってきました~







沢山の研究・実験事例から、触れることで活性化する脳や神経・心や体への影響について、学んできました。

先生が最後に話されていたことで、「三方よし」の素敵なお考えがありました。


それは、自分も相手もよい、winwinの関係ではなく

自分もよし・相手もよし・なことにより社会もよくなる=皆もよし、の三方よしの関係が良いと。

それに「触れること」は役立つ・関係するであろうというようなことを話しておられました。


触覚は対人関係や愛着形成に深ーく関係している、と私も共感しっぱなしでした。


本当に優しい社会を目指しておられる先生です。





さて、先日、以前カウンセリングを受けていただいたママさんから、うれしいうれしいメールが届き、泣きながら読みました~~


言葉の遅れに悩み、発達の微妙な凸凹に悩み、ご相談いただきました。

「様子を見ましょう」と言われたけれど、いつまでどう様子を見ればいいのでしょう、と。

私も「様子を見ましょう」と言われ、時間を無駄にした思いがあったので、本当にそのモヤモヤと焦る気持ちがわかりました。


タッチを取り入れていただき、色々ママさんの工夫が加わり、やっていただいたところ!!


言葉が出て来て、欲求が言えるようになってきて、やり取りになっているそうです!!




息子も言葉が遅く、なかなか会話にならなかったので、ママさんの気持ちは痛いほどわる~~~~

言葉が出た時の喜びが、もう、奇跡なんですよね。



そんなママさんが、言葉の遅れに悩むママさんにぜひと、快くシェアのOKをくださいましたので
明日のメルマガでご紹介しますね。

では、また。

おーこ

■メルマガのご登録はこちらから




皆様に良いことがた~くさんおきますように❤













いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。
発達支援カウンセラー尾島です。今日も雨の東京で、肌寒いです。



昨日は息子が絶対行きたい!!というので土砂降りのなかスカイツリーへ行ってきました。

大好きなアニメの原画展を見に。

混雑するので、開店30分前に行くと、土砂降りの雨なのに屋外で並び待機という・・・・

厳しい世界でございました。

息子はワクワクなのでそんなことは全く苦にせず。。。ニッコニコ。。。

会場に入ると、迫力のある原画をじーーーっくり見ながら、今までにない興奮で、写真を撮りまくっていました。

(自分から携帯で写真撮ったの始めて。・・・今までは写真に撮りたいものがなかったのね。。。)


こんなに嬉しそうな息子が見れて、一緒に楽しめ、私も幸せな時間でした。






息子は3歳でタッチを始めるまで、意思の疎通が取れませんでした。


視線も合ってるんだか、合ってないんだか。。。

呼んでも振り向かないし、来ないし、、、でもニコニコはしてる。。。

転んでも、痛くても、私のところには泣きに来ない。。。

一緒におもちゃで遊ぶことができないし、ひざに座らせて絵本を見せることもできない。。。

ご飯やおやつを食べても、顔を見合わせて美味しさを共有できない。。。

着替えやお風呂や歯磨きが大嫌いで、毎日癇癪、毎日大泣き。。。

お出かけしたらどこまでも走っていき、ひたすら見失わないように追いかけても、迷子になり肝が凍ることばかり。。。

公園にお友達と集まっても、動き回っていて、一緒に遊ぶこともないし、私はママたちと話した記憶はない。。。




そう、何一つ、普通の親子の味わう育児の楽しさは、なかったように思います。



息子はかわいいのに、まったく関わりが持てない・気持ちがうまくつながらない・息子の心がどうやってもつかめないのです。

スルスルと手から抜けていってしまう。。。

直接触れることができない。。




独り言はぺらっというのに、ママとは呼ばないし、甘えても来ない。


息子とつながれない孤独感は、本当に本当に辛くて苦しくて、おかしくなっていたように思います。


夫はそれをわかってくれませんでした。

誰に相談しても、「えーー気にしすぎじゃない」的な言葉が返ってきて、、、。他の人から見たら分からないのだな、、って思い、ますます孤独になっていきました。





私はママと呼んでもらえないこの状態では、生きていけないな、と思い始めていました。




そんな私にある日神様から「タッチ」というプレゼントが降ってきて、私たちは親子になれました。




意思の疎通が取れるようになり、一緒に成長することができるようになりました。




今は、一緒に楽しみを共有し、喜びを分かち合えます。

昨日はお年玉の残りで欲しいグッズを沢山ゲットした息子が、家に帰ってもうれしそうにしているのを見て、、、こんななんでもないことも、すっごく成長を感じ、うれしい私がいました。


意思の疎通が取れない時期が一番辛かったけれど、今は、その時期があったせいで、なんでもないこともとても幸せに感じられます。


意思の疎通が取れないと感じている方は、ぜひタッチライフ取り入れて見て欲しいな~と思います。


今日は私のお話しを、、最後までお読みいただきありがとうございました。


では、また。

おーこ
今日のメルマガは、意思の疎通についてちょっと書きますね。
■メルマガのご登録はこちらから




皆様に良いことがた~くさんおきますように❤











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)