ママだからできる・発達凸凹児がぐんぐん伸びる方法

多動・癇癪・パニック・感覚過敏・不安緊張・集団苦手・不器用・対人関係・社会性などでお困りのアスペルガー・ADHD・発達凸凹の方。不登校・いじめ・鬱・自己否定などの二次障害で苦しい方。カウンセリング・タッチセラピー・原子反射統合で生きやすくなりませんか?


テーマ:
こんにちは。

発達支援カウンセラー おーこ です。


少し涼しい日が続いていますが、いかがお過ごしですか?


皮膚は「心」を持っていた! (青春新書インテリジェンス)/青春出版社

¥価格不明
Amazon.co.jp

今日は、何度もご紹介していますが、身体心理学の専門家

桜美林大学の山口 創先生の新刊

「皮膚は「心」を持っていた!をご紹介します。


私は発達支援カウンセラーと名乗っていますが、基本は「タッチセラピスト」です。

タッチ=皮膚刺激が発達凸凹の育児を助ける、と確信しているところから、この活動は始まっています。

息子には3歳からタッチを始め、今でも日常的に「触れる」ことをしています。

凸凹育児経験者として、何にもまして一番大切なことであった、と思っているからです。


16歳になっても触らせてくれるのは、少し気持ちが悪いという方もいるかも知れませんが、私は外国人がハグをするのと同じかな、と思っています。

ご相談者の方に、タッチをもちろんおすすめしますが、中学生、高校生からでも、触らせてくれるお子さん(男子)は多いですよ。

皮膚は正直だな~~と思います。

もちろんタッチをすればすべてが解決するわけではなりませんが、言葉より大きな影響力があると思います。




今回のご著書は、今までにも増して、専門的に皮膚の機能について書かれていて、本当に面白く
役立つことが沢山書かれています。


人間が生物として、いかに皮膚感覚により、生きているのかなどがわかります。



「皮膚感覚は想像以上に膨大な情報を脳に送り込んでいる」

と述べていますが

皮膚感覚と感情との関係性

触れることの根源的な意味

触れることで人の人生が豊になる、と言うことを、様々な研究から教えてくれます。




私は感覚器官の中でも、「触覚」が一番凸凹児の支援には関係がある、と思っています。

抱っこやタッチなど、やることは簡単ですが、そこでの働きが脳、神経、心、身体など、すべての発達や安定に関わっている、と実感しているからです。


人は理論で納得ししていると、必要性や重要性がしっかりと入り、行動の継続につながります。


ぜひ、山口先生の本はほかにも沢山ありますので、読んでみてください。

人は皮膚から癒される/草思社

¥価格不明
Amazon.co.jp

手の治癒力 著者/山口創(桜美林大学准教授身体心理学者)/草思社

¥価格不明
Amazon.co.jp

子育てに効くマインドフルネス 親が変わり、子どもも変わる (光文社新書)/光文社

¥価格不明
Amazon.co.jp

幸せになる脳はだっこで育つ。-強いやさしい賢い子にするスキンシップの魔法-/廣済堂出版

¥価格不明
Amazon.co.jp

腸・皮膚・筋肉が心の不調を治す 身体はこんなに賢い!/さくら舎

¥価格不明
Amazon.co.jp

子供の「脳」は肌にある (光文社新書)/光文社

¥価格不明
Amazon.co.jp

皮膚感覚の不思議―「皮膚」と「心」の身体心理学 (ブルーバックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp



今日のメルマガは、皮膚感覚について書きますので、良かったら読んでみてくださいね~

ではまた。

おーこ

※メルマガの登録は、本名でお願いしております。真面目な内容なので、、、ふざけた登録名の方は削除いたしますので、ご承知ください。

■メルマガのご登録はこちらから
メルマガの送信ができない方がいるようで、エラーメールになってしまい、登録が解除になってしまった方がいるかもしれません。お手数おかして申し訳ありませんが、再度ご登録をいただく場合、できるだけPCのアドレスをお間違いなくご入力ください。また受け取り容量を確認し、ookonosora39@gmail.com を受け取り可能設定にしてください。


オンライン講座お申し込み後、自動返信メール届かない方は、info@ookoine.com を受け取り可能かお確かめください。またはご連絡ください。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは~
発達支援カウンセラーおーこです。

今日からお盆休みというお家も多いのかな?

渋滞・混雑の中の帰省など、頑張ってくださいね~~
{6BB9751F-C502-43A7-AC95-C7152AE038D2}

我が家は昨日、栃木県の大谷資料館という、砕石場の跡地をみに行ってきました。

息子が小さい頃は色々旅行に行きましたが、最近はこんなマニアックなところしか行ってみたいと言わない・・・年齢?趣味に。。。
{489A8A30-A43F-4277-ABC5-26DB2299DAC5}

{C7B9ADD0-116C-401C-8133-7EE3E02191B4}

{A0156131-3444-4260-AFBB-BEF2D89F4F23}

{42085600-9ED2-471D-A8ED-16FA42F8774A}


なぜ行きたいのかというと、仮面ライダーやるろうに剣心などの映画のロケ地だから・・・



まあ、ここは私も一度見てみたかったのですが・・・


資料館に行くまでの道なりに、石山?的なものに緑が生い茂る風景が、私はかなり好きな感じでした。
{8229B921-ABCD-465B-84CE-6139BAEB2079}

{0103E51E-F1ED-4F50-84F5-CA3DB6A73C94}

{4A76EC7E-38B4-4C11-A7C0-84B2489898CF}


なんか私巨大な岩とか石の建造物とかが好きなんです。
オタクですね~~

地下に下がると、石を切り出した広~い空間。

少しライトアップしているものの、何もなく・・・

ただ、地球の鉱物を掘り進めた人間のすごさや、明り取りから幻想的に差し込む光が、なんか神秘的でいい感じでした~~


とにかく涼しいので、夏にはピッタリでした。


ではまた。
おーこ(^^♪

※メルマガの登録は、本名でお願いしております。真面目な内容なので、、、ふざけた登録名の方は削除いたしますので、ご承知ください。

■メルマガのご登録はこちらから
メルマガの送信ができない方がいるようで、エラーメールになってしまい、登録が解除になってしまった方がいるかもしれません。お手数おかして申し訳ありませんが、再度ご登録をいただく場合、できるだけPCのアドレスをお間違いなくご入力ください。また受け取り容量を確認し、ookonosora39@gmail.com を受け取り可能設定にしてください。


オンライン講座お申し込み後、自動返信メール届かない方は、info@ookoine.com を受け取り可能かお確かめください。またはご連絡ください。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。

発達支援カウンセラー おーこ です。




夏休みの課題として、なんとなく設定しているものはありますか?


・宿題を自分でする

・家のお手伝いをする

・本を読む

・キャンプなど、親から離れて行動する

・新しいことに挑戦する



など、さまざまかと思います。


小さい頃から家のお手伝いはさせるように、学校の先生から言われていましたので、家事のお手伝いは割としてくれるようになりました。

トイレ掃除・お風呂掃除・洗濯物・買い物・ごみ捨て・洗い物・料理の手伝いなどは言えばやってくれます。

まだ、言えば・・・ですので、、、あくまでお手伝いですが・・・

これは先生に言われた通り、夏休みの課題にしていてよかったな~~と思います。





息子は昨日は一人で出かける、と言いまして。。。

一人で遊びに出かけ、その後、夕方歯医者に行くという課題でした。

「一人行動・時間管理&ラインでのやり取り」の練習です。




息子は時間の感覚が少し体感としてズレがあるので、注意しないといけません。


30分で行ける場所に、1時間かかるよね。と言う感覚的ズレがあります。




昨日は歯医者の予約があったので、何度も確認をしました。



ラインでのやり取りも、とても対話の練習になります。

この書き方だと伝わる、伝わらないの判断。

すぐに返信したほうがいい状況、そうでもない状況の判断。

ラインではなく、電話したほうが良いなどの判断。



など、息子にとっては簡単ではないので、一つ一つが練習になっていき、社会に出たときに役立つかな、、、と思っています。



私は歯医者の時間から逆算して、ラインをすると

「OK分かった」の返信が来て安心していると・・・


10分後に「やっぱり遅れそう」と・・・



「ナニ!!!なんで!!!」

とソッコー電話をしますと・・・



まだ電車に乗れていなくて・・・と。


次の電車の時間を確認すると、ぎりぎりの感じなので。。。

とりあえずそれに乗り、歯医者に気を付けていくように言いました。



ゲームをやっていたら、、、時間が経ってしまったようで・・・


だ・か・ら~~という感じです。


「ギリ、間に合った」と到着後にラインが来て、パニックにならなかったのは成長・けっこう余裕あるじゃん、と感心した母でした。



まだまだ、練習は続きます・・・



夏休みは時間がありますので、いつもこういう練習をコツコツしたりするのに、ちょうどいいです。


携帯電話・ラインって本当に障害児にとってもベストアイテム。感謝です。





ではまた。
おーこ

※メルマガの登録は、本名でお願いしております。真面目な内容なので、、、ふざけた登録名の方は削除いたしますので、ご承知ください。

■メルマガのご登録はこちらから
メルマガの送信ができない方がいるようで、エラーメールになってしまい、登録が解除になってしまった方がいるかもしれません。お手数おかして申し訳ありませんが、再度ご登録をいただく場合、できるだけPCのアドレスをお間違いなくご入力ください。また受け取り容量を確認し、ookonosora39@gmail.com を受け取り可能設定にしてください。


オンライン講座お申し込み後、自動返信メール届かない方は、info@ookoine.com を受け取り可能かお確かめください。またはご連絡ください。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

発達支援カウンセラー おーこ です。

夏休み中盤、いかがお過ごしですか~?
{CB391B34-C273-4AF4-862B-1DB6D91323C4}

私は昨日「トタンスフォーマー」というロボットの映画を息子と見てきました。

これはもともと日本のアニメから始まり、ハリウッドが10年前に実写化し、今回シリーズ5作目です。

もう、本当に映像の技術・完成度のすばらしさに感動で、こんなに映画を観ながら何度も息子と顔を合わせたことはないと言うほど、一緒に興奮しながら観てきました。



息子は4歳ころからアニメを見はじめ、車からロボットに変形するおもちゃにハマりまくり、よく遊びました。

この変形はけっこう難しくて、私にはできないものがほとんどで・・・


このおもちゃを1日中カチャカチャ動かしていたのは、本当に脳の活性化になったと思います。

楽しくてやっているので、なおさらですが、3Dが理解できるようになったと思います。






さて、昨日は午後カウンセリングでした。

年長さんのママさん。

ママさんの考えや対応がブレてしまっていて自分でもよくなうな~というお話しでした。


ブレると言うことは、、、


自分でどうしたほうが良い、という答えがはっきりしていないから、ですよね。


きっとこうしたほうがいいのだろうな~~くらいの感じだと、まだ弱い感じかも知れませんね。





ですので、お子さんの今の状態と、今までの経緯からのママとの関係性をお聞きし


なぜ、「お子さんはこういう反応をしているのか」


なぜ、「こうしたほうが良いのか」


なぜ、「こうすると、良くないのか」など色々お話ししました。


ママさんは、お子さんの言動の理由がわかり、ご自分の中で納得できたかと思います。


後は、対応の仕方を整理し、準備しておけば、ブレずにいろんな状況に対応できることと思います。



いつも思うのですが


発達障害児を育てる上でとても大事なのが、「優先順位」です。


今の状況から見て、なにを一番優先するべきか、を間違えると、努力が報われないのです。



でも、優先順位は年齢、特性、今までの関わり方によるお子さんの状態、今の環境などなど、、、

で違ってきます。


同じ「癇癪を起している」「暴言をはく」でも、違ってくるわけですね。


ですので、ネットなどで「癇癪」「暴言」など検索しても

とても詳しく書いてある事例で、わが子と似ているケースを探すのは、大変なことと思います。




また、私自信もそうですが、、、

様々なところに情報やヒントはありますが、その情報を活かすのは自分が心から納得できていないと、なかなか行動には結びつかないのですよね。

「いいかも~~」と思うだけで終わってしまう・・・みたいな。


確信をもって行動に移す、ブレないで対応する、と言うことは大事ですよね。

ブレないためには、やっぱりお子さんのことをよく知ること、お子さんに今必要なことからしていくこと、などがはっきりすることが大事なのかな、と思います。




ではまた。
おーこ


※メルマガの登録は、本名でお願いしております。真面目な内容なので、、、ふざけた登録名の方は削除いたしますので、ご承知ください。

■メルマガのご登録はこちらから
メルマガの送信ができない方がいるようで、エラーメールになってしまい、登録が解除になってしまった方がいるかもしれません。お手数おかして申し訳ありませんが、再度ご登録をいただく場合、できるだけPCのアドレスをお間違いなくご入力ください。また受け取り容量を確認し、ookonosora39@gmail.com を受け取り可能設定にしてください。


オンライン講座お申し込み後、自動返信メール届かない方は、info@ookoine.com を受け取り可能かお確かめください。またはご連絡ください。

















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
発達支援カウンセラー おーこ です。

イベントのお知らせです。

私も以前よりお世話になっている、当事者であり支援者であり、発達障害をより良い形で社会に発信している尾藤さんがお話しをされます。

お近くの方はぜひ、ご参加ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

講演者:尾藤陽子

Facebook https://www.facebook.com/h.snowcat

日時:平成 29 年 8 月 20 日 ( 日 ) 午後2:00~4:00

会場:旭中央病院・しおさいホール(本館3階)

参加費:500円 *資料代

参加対象者:
幼・小・中・高校生の保護者,地域住民の方
医療関係者,教育関係者,保健福祉関係者
発達障害等の当事者の方

主催:こどもネットワーク東総
教育・医療・保健福祉の立場から子どもの成長や発達を支援することを目的に活動をしています。

共催:NPO法人はんどいんはんど東総

後援:
旭市・銚子市・匝瑳市の各教育委員会
旭中央病院小児科
旭中央病院神経精神科
旭市自立支援協議会

『こどもネットワーク東総』
事 務 局:旭中央病院 神経精神科 医局内
代  表:旭中央病院 神経精神科 医 師  磯野 友厚
問合せ先:旭中央病院 神経精神科 菊池・池田
℡ 0479-63-8111(病院代表番号)
(小・中学校関係事務局)旭市立中央小学校 齊藤香苗
℡ 0479-62-0142

発達障害があることで、多くの人とは少し違った視点で物事が見え、感じ、考え、それが、こだわりやコミュニケーションとしてあらわれることがあります。

時には、そのことが私やあなたに苦労や苦悩を生みだすことがあるかもしれません。もし私たちがこだわりについて見方を変えることが少しだけでもできれば、それは可能性をふくんだ特性に転換するかもしれません。

苦労が少しだけ小さくなり、笑顔が少しだけ増えるような生活に向けてもう一度、発達障害から起こる苦労との関係性を一緒に考えてみませんか。 多くの方々のご参加をお待ちしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)