小学校から一緒だった相方、長期間不遇の時代を支えあった相方。やっと売れた矢先、結婚して子供が生まれた矢先の白血病。つかの間の幸せ。

最後の幸せであるコンビ復活はかなわなかった・・・


竹山を支え、竹山が売れるために命を削ったのかもしれない。

キレる竹山、なだめる中島。目には慈愛の表情が浮かぶ。

↓以下ニュース

お笑い、カンニングの中島さん白血病死

12月21日9時55分配信 日刊スポーツ


 お笑いコンビ、カンニングの中島忠幸(なかしま・ただゆき)さんが20日午前11時46分、白血病ウイルス性肺炎のため都内の病院で死去した。35歳。中島さんは04年12月に急性リンパ球性白血病で入院。今年8月に退院し、一時快方に向かっていたが、11月末に再入院した。19日に容体が急変し、帰らぬ人となった。21日、相方の竹山隆範(35)が会見する。
 怒鳴り漫才の掛け合いで、マジギレの竹山をなだめて突っ込むキャラで人気の中島さんが力尽きた。白血病と分かった04年12月から1年での復帰を目指し治療に専念。今年8月末には、化学療法で寛解(かんかい=白血病細胞を消滅させること)し退院していた。
 先月末に体調不良で再入院したが、相方の竹山は今月5日のイベントの会見で「入院したり退院したりですが、徐々に快方に向かっていまして。来年春にまた一緒にやる計画があります。入退院を繰り返していますが、生きていることは確かです!」と、相方の復帰を心待ちにしていた。
 しかし19日、中島さんは肺炎を併発し容体が急変。そのまま帰らぬ人となった。竹山は中島さんの容体を気にしながらバラエティー番組の収録に参加。最期をみとることができなかったが、スタッフを通じて悲報を知り大きなショックを受け、この日深夜のラジオのレギュラー番組も「心の整理が付かない」と出演を取りやめた。
 中島さんは92年に小学校の同級生の竹山とカンニングを結成。日本テレビ「エンタの神様」で03年から人気が出始めた。私生活でも、04年に3年間交際した夫人(35)と結婚した。同年9月に長男が誕生し、公私ともに順調だった。だが、長男誕生直後の12月、体調不良を訴え検査入院。その結果、白血病と分かり、長男と初めて過ごすはずだった正月は、病院のベッドで迎えていた。
 カンニングは現在のお笑いブームに火を付ける人気コンビで、将来が有望視されていた。しかし、最も注目を浴びたはずの時期に中島さんは闘病生活を送った。病床から竹山にメールでアドバイスやダメ出ししながら、相方の隣に立つ日を待望していた。

AD