年末格闘技徒然

テーマ:

格闘家は相手を潰す、容赦なく殺すことが出来て真の格闘家。
演出家は相手を活かしながら観客の反応を最大限まで引き出すことが出来て真の演出家。


小川を潰すことを目的にした吉田と観客を喜ばせることを目的にした小川


戦う前から勝負は見えていました。
素材、ポテンシャルだけでは計り知れない生き様があるんですね。


しかし生き様さえ見えない曙・・・
半年位山篭りして体脂肪率3%の格闘家として再デビューするか、プロレスで生きていくかの2者択一になりました。
一方ボビーも2連勝し、内容が求められるという酷な時期に入っています。今後どうプロデュースされるか見ものです。

AD