政治家に一番必要なもの

テーマ:
古時計は政治家は大いに尊敬している。
自分達がやろうとしてもとてもめんどくさいことをやってくれるからだ。
法律を作るなんて、とても面倒な話だ。
それも自分達の有利でない法律を作るなんて。
だから政治家は尊敬しているし、選挙にも積極的に参加している。
国民の義務だと思っている。
入れる人がいないときには白票を出しに行っている。
古時計は無党派だ。
政党の、政治家の意見を聞き、マニフェスト(政権公約は通常政権が取れる予定がある党だけだすと思ったが、日本は全ての党がだすから面白い)を見て決めている。
今回は郵政民営化の選挙になっていた。今回は小泉自民党に乗ってみようと思っていた。
そこでこの話が舞い上がってきた。
政治家はウソをついてはいけない。小泉氏かどうかはわからないが、中曽根氏の件、田中真紀子氏の件そして今回の件と自分が知っているだけで3回約束を反故にした。
これだけはいただけない。
郵政民営化、俺を信じろといわれても約束を反故にする人を信じるわけには行かない。
自分はこの件で今回は自民党に投票しないことにした。
意外とこの件は政治に関心がある無党派層にとっては潮目になるかもしれない・・・
 
 
以下ニュースより
 
東京12区、八代氏が無所属で出馬表明 (読売新聞)

 郵政民営化関連法案に反対票を投じた八代英太・元郵政相は29日午前、都内で記者会見し、衆院東京12区から無所属で出馬する意向を表明した。
 八代氏はこの後、自民党本部に離党届を提出した。自民党が28日、八代氏の衆院比例東京ブロックからの擁立見送りを決めたことを受けた対応だ。
 公明党が太田昭宏幹事長代行を擁立する同区は、自公両党の選挙協力の最重点区となっており、八代氏の出馬が協力体制全体に打撃を与える可能性も出ている。
 「今の自民党に失望を感じた。決別しなくてはならない」
 八代氏が29日午前の記者会見で、東京12区不出馬の方針を撤回した理由に挙げたのは、一時は「比例選擁立」をにおわせるなど、迷走した小泉首相や党執行部への怒りだった。
 八代氏は「『郵政民営化の次は福祉だ。あなたは本当に日本の福祉を支えてきた。あなたの出番だ』と激励された。『おれを信じてくれ』と4回も励まされた」と、首相との水面下のやり取りもぶちまけた。
 実際、党執行部は、車いすの八代氏を「福祉の専門家枠」として同ブロックの名簿上位に登載することを検討した。数日前には、党本部が「戸籍謄本を届けろ」と指示し、八代氏側が「比例選擁立の準備」と受け止める一幕もあった。
 八代氏には28日、首相周辺から「郵政法案に反対した以上、特例を設けることは許されない」との最後通告があったという。
 八代陣営は29日、東京・王子の八代氏の事務所周囲に、「けわしき道 されどわが道」と書かれたポスターを張り出すなど、一気に臨戦態勢に入った。
 八代氏の「反乱」の衝撃は大きい。
 太田氏は前回選挙では、民主党の藤田幸久氏をわずか3600票差で振り切った。だが、あてにしていた八代氏が「敵」に回る事態に、太田陣営は不安を隠せずにいる。
 太田氏は29日、都内で記者団に、「与党統一候補として全力を挙げたい。小選挙区で勝ち切る。比例選との重複は考えていない」と、「背水の陣」で臨む決意を強調した。しかし、公明党の支持団体である創価学会幹部からは「うちが全力でやって5万票。あと3万票を上乗せしなければいけない」との声が出ている。
 東京12区で自民党が太田氏を全面支援する代わりに、都内の他の選挙区で自民党候補が公明党から支援される構図も崩れつつある。神崎代表は党本部で記者会見し、「自民党内で調整ができなかったことは非常に残念だ」と自民党執行部への不満を口にし、「(東京12区は)自公選挙協力のシンボル。(他の選挙区への影響が)全くないとは言えない」と指摘した。
 公明党幹部も記者団に、「こんなことでは、都内全域で自民党候補の支援なんかできない」と怒りをぶちまけた。
 危機感を強める自民党では、東京都連の幹部が29日午前に緊急参集して対応を協議した。保坂三蔵会長代行は「八代氏を支持しないよう自民党支部に警告書を出す。支持したら除名処分だ」と記者団に強調した。
 それでも、自民党内には「公明党の次期代表候補ともされる太田氏への支援が不十分だと、公明党と創価学会による自民党支援の動きが全国的ににぶるのではないか」といった懸念が広がっている。
 一方、与党の混乱ぶりを眺める民主党からは、「これでうちが有利になるかもしれない」(幹部)と「漁夫の利」への期待が生まれている。
[ 2005年8月29日12時0分 ]
AD

小泉・森会談 ~その後~

テーマ:

干からびたチーズが実は高級品とは・・・・

首相公邸にあるおつまみがただのチーズとは思わなかったがまさか・・・


森さんがわからなかっただけなのか、それとも小泉さんはもてなそうと思っても森さんが食べられなかっただけなのか。


高級品だとわかっていたら森さんも無理やり食べただろうに。


以下引用文

首相公邸“干からびたチーズ” 実は仏産高級品

 小泉純一郎首相は十六日夜、オリックスの宮内義彦会長、作家の林真理子氏らと都内のレストランで会食し、ワインを傾けながらフランス産高級チーズ「ミモレット」に舌鼓を打った。
 実はこのチーズ、今月六日夜に首相公邸で首相と会談した後、森喜朗元首相が「硬くて歯が痛くなった」と記者団に不平を漏らした酒のツマミ。これが話題になり、首相がお店に注文。「おいしいじゃない」という林氏に、首相は「(森氏に出したときは)チーズの名前を知らなかったんだけどね」と満足そう。
 ミモレットはカラスミに似た深い味わいが特徴。百グラム約七百五十円で「熟成して硬くなるほどうまみが増す」(都内の食料品店)。解散回避の説得が不調で、森氏の口には合わなかった?

(産経新聞) - 8月17日2時46分更新
AD

小泉・森会談

テーマ:

小泉首相と森前首相が首相公邸で解散回避のための会談を行ったそうだ。


午後6時位からだったので、すしでも出るかと思ったら


「これしかない」

と首相が持ってきたのが、世界のビール10本

あっという間に飲み干し、森前首相「もっとないのか」と言ったら、「もうない」とウーロン茶を持ってきた。

あとつまみは干からびたチーズとおつまみ。

堅くて噛めない。余りにありがたいのでもって帰ってきた。


と森前首相。


小学校の頃にきつねとつるの食事の話を読みました。

きつねが食事に招待するとつるは平たい皿で飲めなかった・・・・

次にお礼にとつるが食事に招待するときつねはつぼでは飲めなかった・・・・


要するに

森前首相が【飲んでくれ】といって出した解散回避という飲み物は小泉首相は飲めなかった。

お礼に小泉首相は森前首相に食ってくれといって干からびたチーズを出した。歯が悪い森前首相は固くて食べられかった。


ということでしょうか。


現実じゃないものに現実的なもので返す小泉さんのセンスは非凡なものを感じます・・・

あっ。考えすぎか・・・


引用

http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200508/sha2005080703.html

森喜朗前首相「変人以上だ」…解散回避説得も決裂

 小泉純一郎首相は6日夜、首相公邸で森喜朗前首相と会談した。衆院解散の回避を求めた森氏に対し、首相は「(郵政民営化は)おれの信念だ。殺されてもいいんだ。それくらいの気構えでやっている」などと拒否して会談は決裂。森氏は会談後、「もうさじを投げた。こうなると変人以上だ」と吐き捨てた。

 8日午後に郵政民営化関連法案が参院本会議で採決される。法案否決の可能性が依然高く、解散回避を目指す動きが活発化してきた。

 小泉・森会談は午後6時過ぎから1時間以上にわたった。森氏は、総選挙になれば自民党は厳しい戦いになると指摘。「努力している人を苦しめて何の意味があるか。皆が路頭に迷うことがあったら、どう責任を取るのか」と強く迫った。

 しかし小泉首相は森氏の手を握り「可決のために努力してくれ。頼む。解散を好んでいるわけではない」と解散断行の姿勢を崩さなかった。激しい応酬となり、2人は用意された缶ビール10本を飲み干したという。

 説得を断念した森氏は「いつまでも小泉さんにこだわっているわけにはいかない、という気持ちにもなりかねない」と決別宣言も口にして、「むなしい、わびしい気持ちもある」とつぶやいた。

写真右:「もうさじを投げた」。小泉首相の説得断念を口にする森前首相=6日夜、首相公邸。同左:午前は平和記念式典出席。夜は森前首相と会談し「殺されてもいい」と郵政民営化への決意を強調した小泉首相=6日

◆解散は総合的に政治判断をする

 小泉首相は6日午前、広島市内で「8日に(参院本会議で)決着がつくから。その結果を見て総合的に政治判断していきたい」と記者団に語った。

 法案否決なら即刻衆院解散と強気一辺倒だった首相には異例の“微妙な”言い回し。解散断念に含みをもたせる発言とも受け取れるが、その後「法案の否決は小泉内閣への不信任。腹は固まっています」と改めて強硬姿勢を強調してみせた。

◆万々が一の時は命運かける選挙に

 「万々が一の時は自民党の命運、日本の命運をかける選挙になる」。自民党の武部勤幹事長は6日、北海道稚内市での講演で、法案否決の場合は解散・総選挙が避けられないと強調。「立党50年になるのに解党元年、分裂元年となったらジョークにならない。衆院の解散なんかしたくない」とも語った。

 一方、民主党の岡田克也代表は神戸市内で、衆院解散について「法案が否決されないための首相の言い方だ。本当に解散に突っ走るかは分からない」と語り、首相が解散を回避する可能性があるとの見方を示した。

AD

カブトムシ

テーマ:

今日うちで飼ってたカブトムシが死んだ。

飼ったといっても5日間くらい。


息子がすねてベランダに出たときにちょうどエアコンの室外機から出ていた水を飲んでいたのを妻に言って捕まえてもらったものだ。

最初の1日は虫かごで。バナナを食べてるしぐさが可愛いと妻もとりこになった。


次の2日は小さいカブトムシ用のかご。餌は樹液ゼリー。ガツガツと吸っては暴れていたものだ。

最後の2日は大きい虫かご。小さいからと飼いなおしたもの。カブトムシの動きを見ては一喜一憂していた。


異変が起きたのは昨日の夜。

カブトムシがハネを出して反対を向いていた。

長時間反対向いていたのだろう。

動きが極端に悪くなった。


そして今日、動きが鈍くなり、頻繁に仰向けになる。

餌をあげても食べなくなった。


もうしんじゃうんだよ・・・

ちゃんとお前が楽にしてあげな


ムシキングが大好きなのに、ムシに触れない息子。

この息子にいろいろ教えてくれたカブトムシ。


ムシと戯れる楽しさ、生命への恐れ、そして死の恐怖と悲しさ。


泣きながら初めてさわり、餌のところに連れて行く息子。

それでも動かない。


ちゃんと見ておいてあげな

お前さんが見取ってあげなきゃな

息子は泣きながらカメラを取る。

もうカブトムシは後ろ足しか動かない・・・


パパ。もし明日カブトムシが生きていたらりんごを買ってあげようね。

りんごを食べさせてあげたい・・・

ありがとう。カブトムシ。

うちの息子に大切なことをいっぱい教えてくれて。

5日間だけど楽しかったよ。