東京ドーム 三沢Vs川田

テーマ:

25分過ぎ

川田がエルボーで殴られても殴られても三沢に向かっていた。

なんとなく川田に新日の香りがあった。

STOを連発で打たれながらなおかつ立っていった橋本真也を見た。


将棋には『負け』を確信したときに『手を作る』といい、負けの棋譜を作っていく。

負けでも1手負けの形を作っていくのだ。

どうしても間に合わないのは分かっている。

それでも攻撃をしていく。


川田に『手を作る』美学を見た。


きつい中別れた二人の戦い方の微妙な違いが現れてきた。

5年で微妙な呼吸の乱れがあった。

その前の小橋Vs佐々木の名勝負に触発されたかも


それでも素晴らしい試合だった。

四天王プロレスの原点があった。

AD

甲虫王者ムシキング 2

テーマ:

買ってくるとまず子供(男)が激しく反応。

中に入っている何やらカードが欲しかったようだ。

聞くとそのカードはID入りで、本物のムシキングで使えるという。

セガ・・・やるもんだな・・・


ゲームボーイはとても使い勝手がいい。

やるのは主に就寝前。ベットに入ってから寝るまでやる。

ベットで考え事をするより早く寝れるし、同室で寝ている妻にも負担をかけないから。


昔はTVを寝室に持ち込んでPSなんぞをやってたな~・・・


さて、

ゲームをしていると、ゲーム内でもIDカードを持っているということで、みんなから注目され、バトルを強要される。


主人公同様古時計もムシキングやったこと無かったので焦るが、なんとかやり方は飲み込めた。


バトルをやるごとにカードも増え、今15枚ほどになった。

価格にして1500円分か・・・


やればやるほど面白くなりそう。


ムシカードも3枚になった。

クワガタが2 カブトが1

どれもかっこいい。まるで自分が小学生に戻ったようだ。


見ればデータ保存場所が3つある。

子供2人と大人1人分。

やるな・・・

大人をハマらせそのままゲームへ直行させるとは・・・


画面はゲームボーイなので・・・

出来ればPSPの方が良かったかな・・・


まあこれは大人の欲求。売れるのは間違いなくゲームボーイだろう。


セガ
甲虫王者ムシキング ~グレイテストチャンピオンへの道~
AD

甲虫王者ムシキング 1

テーマ:

ゲームを始めたのは小学校1年生のときだったか・・・

友達が持っていたエポック社カセットビジョンでブロック崩しなどをやっていた。


家でファミコンを買ったのは小学校2年生のとき。

お年玉と親からの少しの援助で。

うちの親は若いからそれなりにゲームに関しては寛容だった。


はじめに勝ったのはファミリーレーシング?とファミリーベースボール。

どちらも狂ったようにやった。

そしてゼビウス、ドラクエ、FFなどをやってきた。


親から独立し、1人で住むようになった大学生時代。

1週間で100時間を越えるほどゲームをしたこともあった。


しかし仕事をしてからゲームが少しずつつまらなくなってきた。

どうしても仕事に思えちゃうからだ。


ドラクエは何とかボスまで倒すが最後のダンジョン系はやれずに売り。

グラディウスなどのシューティングは15分ほど遊んだらもうOK。

「いつの日かやろう・・・」と思って未開封のゲームさえあった。


もう「将棋」「マージャン」「ドラクエ」位でいいかなと思った矢先。


甲虫王者ムシキングが発売されるという。

子供がハマっているカードゲームだ。

プロジェクトXで特集をやったときも感動した。

今玩具業界で最も稼げるネタ、カードゲーム。

仕組みを知るためにも買って見なければなるまい。


そう思い、先日購入した。


セガ
甲虫王者ムシキング ~グレイテストチャンピオンへの道~
AD

はじめこのニュースを見て下手な冗談かと思いました。

まさに真実は小説より奇なりです。

こんなこと小説では出来すぎた話でかけませんもんね。


だれかが雨乞いでもしたのでしょうか・・・・

それにしても降り過ぎです。

始めは喜んだでしょうね。

今年の米もこれで大丈夫かと・・・

給水制限もこれで終わるかと・・・・

こんなに降らなくてもいいのに・・・

何事も腹八分でいいと思った古時計でした・・・


以下引用文


*************************************************


渇水の島根に大雨 被害が相次ぐ

 渇水の影響で給水制限や農業への被害が広がっていた島根県で1日、強い雨が降り、床下浸水などの被害が相次いだ。
 島根県消防防災課のまとめでは、松江市と出雲市で民家の床下浸水が計18棟。計18カ所の道路で冠水やのり面の崩壊があった。JRは山陰線と木次線の一部で運転を見合わせた。
 松江地方気象台によると、松江市付近では正午から1時間にレーダーなどで分析した解析雨量が100ミリを超えた。出雲市で48・5ミリ、津和野町でも夕方、34・5ミリの強い雨が観測された。
 松江市の6月の降水量は計26ミリ。旧松江市と旧鹿島町地域で10%の給水制限をしていたほか、県内全域で田植えができないなどの影響により少なくとも1000万円以上の被害が出ていた。

(共同通信) - 7月1日21時46分更新