こんにちは。
中学部理系担当の佐々木です。
いよいよ12月に入り、入試まで残り3ヶ月となりました。
今日は雪特有の北西の季節風が吹きまくっています。

みなさん風邪カゼなどひいていませんか?
これからの季節、体調管理も受験生の重要な必須科目ですので、
規則正しい生活リズムを送るように心がけてください。

さて、今日は理科の入試予想を書きます。
昨年度は的中率100%えっですので、
ぜひこれからの勉強の参考にしてください。ニコニコ

理科は各分野の大問が4問と全分野の小問集合が1問、計5問構成です。
大問と小問に分けて予想を立てていきます。

まずは【生物分野】です。

大問:生物の殖え方,遺伝(3年)
生物の殖え方・遺伝について出題されると予想しています。
メンデルの分離の法則・優性の法則など、

遺伝に関する法則を確認しておきましょう。

また、減数分裂の仕組みや、染色体の数の変化なども押さえておきましょう。


小問:植物(1年)
植物のはたらき(呼吸と光合成・蒸散)について出題されると予想しています。

根・茎・葉の主なはたらきや、植物の分類について確認しておきましょう。

生物分野では、必ず実験・観察の問題が出題され、

さらに記述問題も出題されるので、演習しておきましょう。

次は【地学分野】です。

大問:地球の公転と天体の動き(3年)
地球の公転と季節変化・星星空の動きついて出題されると予想しています。

地球の公転と、太陽の季節による動きの変化などが要注意です。
この単元は、まだ授業をしていない学校がほとんどだと思います。

これからの学習内容が重要だということです!!

ただ、演習する時間があまりないので、

学習した内容は、すぐに復習+実戦問題を解くようにしましょう。

小問:天気(2年)
天気の変化と前線の動きについて確認しておきましょう。

また、日本付近の気団と季節の関係や、湿度計算も要注意です。


長くなりましたので、今日はここまで。
次回は残りの分野の予想をします。
お楽しみに!!ニコニコ

 


個別指導の慶林館
慶林館Twitter
 

AD

こんにちは。
中学部理系担当の佐々木です。

ここのところ、もみじを通りこして、雪を感じさせる天気が続いていますが、
みなさん体調管理はしっかりできていますか?
受験生にとっては「体調管理も重要な勉強」ですので、

風邪カゼには気をつけてくださいね。

さて、今日は「大分県の入試に出やすいところ」について話をします。
みなさんは「新課程」という言葉を聞いたことがあると思います。
それまでには習わなかったことが、新たに学習することになった単元です。
これが、「新課程」です。(多くやらなくてはならなくなったので大変ですがショック!

この「新課程」の内容が大分県の高校入試で出題されやすいのです!えっ
毎年入試で「資料の整理」について出題されるようにました。
新課程では、「球」「相似な図形の面積比・体積比」がまだ出題されていないので、

そろそろ出題されると予想しています。(と言いながらハズレていますがしょぼん
この単元が苦手しょぼんな人は、この冬休みにしっかり勉強しておきましょう!!ニコニコ

 

個別指導の慶林館
慶林館Twitter

 

AD

【数学】これからの勉強法

テーマ:

こんにちは。
中学部理系担当の佐々木です。
10月になり、ようやく朝晩が涼しくなってもみじらしくなってきましたね。

季節の変わり目は体調を崩しやすいのでカゼ、気をつけてくださいね。

 

さて、今日は「数学の勉強法」についてお話します。
「勉強しているけど、数学がなかなか点数が伸びない」しょぼん
という声をよく耳にします。
そのような人へは必ず、「やるべきことをやっているかはてなマーク
ということを逆に尋ねることにしています。
自分の勉強の内容を見直してもらって、
本当に必要な勉強をしているかどうかを確認していくためです。

 

では、本当に必要な勉強とは何でしょうか??


まず1つめは、これまで勉強してきたことをもう1度やり直すことです。
やり直すといっても、ただ解き直すだけではありません。
問題を解く時には必ず、「計算過程を書く、図・表を書く」ということを実践してください。
計算過程を書くことで、自分がどういうところでミスしやすいのかがわかりますし、
図や表を書くことで、その問題へのアプローチのし方がわかってきます。
また、やり直しをすることで、本当に理解できているかどうかがわかります。
解けなかった問題が解けるようになっている時には力が伸びている証拠ニコニコですし、
解けなかった場合でも、「新たな課題が見つかった得意げという前向きな姿勢で、
さらに類題に取り組んで、克服していくようにしていきましょう。

 

もう1つは、目標点数に届くような勉強をしていくことです。
試験では、常に満点を取る必要はありません。
志望校によって目標点数があります。えっ
その目標点数を達成させるために、どの単元を伸ばしていくか、

を考えて勉強していく必要があります。
また、目標点数に到達できれば難問を無理に解く必要がないこともわかると思います。えっ
そういうことも含めて、時間配分などの作戦を練っていくことも必要です。

さらに、「数学は3年の2学期内容がもっとも出題される」ので、
今学習している内容には特に力を入れるグー必要があります。

以上のことを頭に入れて、数学の勉強に取り組んで下さい。ニコニコ



個別指導の慶林館
慶林館Twitter

 


 

AD