【理科】新元素発見!!

テーマ:
こんにちは。
中学部理系担当の佐々木です。
梅雨入り雨しましたが、今日は久しぶりの晴天晴れです。
しかし、梅雨の晴れ間なので蒸し暑いですねあせる

先週、化学の世界的なニュースが報道されましたが、知っていますか??
「これまで発見されていなかった元素を日本の研究チームが発見した」と認定されました。
その名も日本で発見されたことにちなんで「ニホニウム」ニコニコ
元素記号は「Nh」原子番号は113番です。

さて、そのニホニウムとは一体どういうものなのでしょう?ショック!
加速器を使って30番の元素「亜鉛」を83番の「ビスマス」に高速で衝突させ、
核融合反応により113番の元素合成させます。
周期表ではアルミニウムなどと同じ13族というものに位置付けられるそうです。えっ
合成の方法は、加速器を使って亜鉛の原子核を光速の10%まで加速し、
ビスマスの原子核に衝突させて合成させます。
これを数兆回!!繰り返してようやく、計3個の合成を高い信頼性で確認したそうです。
数兆回でたった3個とは、ものすごく根気のいる研究ですね。
ただし、寿命は千分の1秒以下と短く、化学的な性質はわかっていませんしょぼん

受験勉強は、↑のものに比べれば、成果が早くわかるので、
まだまだやりがいを感じられるはず!
残り9ヶ月、全力を尽くして頑張ってください!グー

個別指導の慶林館
慶林館Twitter
AD

【理科】今年の夏は暑い!?

テーマ:
こんにちは。
中学部理系担当の佐々木です。
先週末は運動会走る人だった中学が多かったみたいですね。
天気もよかった晴れようで、なによりでしたね。ニコニコ

さて、今日はその天気についてのお話しです。
「今年の天気は異常だ叫びと一部で話題になっているのを知っていますか?

その理由は、、、

「今年はまだ台風台風が発生してないのです!!えっ

「まだまだ5月だから当たり前」と思うかもしれませんが、
例年だと5月までに3~4個は発生しているものなんですが、
今年はまだ1つも発生していないのです!!
気象庁「台風の発生数」より
↑のサイトを見ると、今年がいかに異常かがわかると思います。

その理由の1つが、太平洋高気圧です。
(2年のときに学習した、日本の船の天気に影響を及ぼす小笠原気団です)
この太平洋高気圧が例年よりも西に張り出しているため、
台風が発生する地域に上昇気流が起こりにくくなり、
台風の発生を抑制しているのです。

「台風なんて、大きな被害が起きるからない方がいいじゃん」
と思うかもしれませんが、なければないで困ったことしょぼんもあるのです。

台風の強風によって、海水がかき混ぜられていたのがなくなり、
海水温の差が地域や深さによって大きな差が出ています。
そのため異常気象が起こりやすくなっているのです!ガーン
また、海水の流れができにくくなることで、赤潮の発生が多くなっていて、
自然環境への影響も心配されています。

これからの台風の発生、太平洋高気圧には要注意です!!

個別指導の慶林館
慶林館Twitter

AD
こんにちは。
慶林館中学部理系担当の佐々木です。
多くの中学校では明日が体育大会走る人ですね。
明日は天気がよさそう晴れなので、みなさん頑張ってくださいね。ニコニコ


さて、今週は数学の「問題への取り組み方」についてお話します。
数学を解くうえで1番大事なことは何だと思いますか?
公式を覚えていること? 計算ミスをしないこと?
それももちろん必要なことなのですが、
それよりも、「自分の力で解いてみる」ことが大事えっなんです。

問題を解くときには、まず自分の頭の中をフル回転させて、
どういう手順で解いていくのかをシミュレーションしていると思います。
その時に行き詰ってしまった時にあきらめてしまう生徒が多いんです。しょぼん
そこであきらめずに、自分の思ったようにまずは解いてみることが大事なんですビックリマークグー

図や表、計算過程を書いていくうちに目で見る情報が得られます。
「人の情報の約7割は目で見たものである」と言われてますから、
頭の中で考えているよりも多くの情報が得られる訳です。
そうすることによって頭の中も整理されてきます。
頭の中だけで考えている時には得られなかった、新しい考えがひらめいてくるのです!ニコニコ
そうやって解いていくことによって、本当の力が付くと同時に自信にもなります。

わからない時にすぐに解答に頼ったり、他の人に訊いたりする人も多いですが、
「自分の力を伸ばすチャンスを失っている」かもしれません。えっ
まずはできるところまで自分の力で解いてみるということを実践して、
数学の本当の意味での「考える力」を伸ばしていきましょう。

個別指導の慶林館
慶林館Twitter

AD