1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-07-02 00:52:53

気になるディスプレイ No.6

テーマ:● 気になるPOPなど

帽子ディスプレイ




[場所]


都内のとあるカジュアルショップ




[対象商品]


キャップ




[コメント]


本当に小さなお店です。




商品点数も少なく、店舗面積も小さい。


そして、従業員もひとり…。






でも、店内のポイントに小さな工夫をしてあります。




上記写真は、和風柄のキャップのディスプレイです。


この周囲には、ジーンズやシャツなども陳列されているのですが、同様のコンセプトの商品をまとめておくのは、有効なゾーニングになります。






そして細かいことに、和風の小物を使用したレイアウトを演出しています。






床には砂利を敷き、陳列棚は竹細工。


七輪などの置物もあります。





一見すると、ファッションとは関係の無い組み合わせですが、コーナーの演出要素としては非常に目を引く存在となっています。






「和風」という商品がもつ個性を、ディスプレイでより引き立てた好例ではないでしょうか(^-^)












AD
2009-10-06 19:39:34

気になるPOP No.41

テーマ:● 気になるPOPなど

[場所]

とあるビデオレンタルショップ


[対象商品]

新作DVD


[コメント]

入口入ると。


足元に何やら…

Lの世界1


どうやら足跡のようですね。


店の置くまで続いているみたいです。


そのまま進んでみましょう。


Lの世界2

突き当りを右に曲がりました。


まだ足跡は続きます…。


Lの世界3


と、ある棚の目の前で足跡は途絶えました。


ふと目を上げると、その前には…


Lの世界4


はい。


『Lの世界』の新作DVDがズラリと。


この店内の一番奥に陳列された、DVDまで思わず誘導されてしまっていたのです…。



まあ、床面のPOPは良く見かけるものですが、足跡の形になっていると、ついつい追いかけてみたくなるものですよね。


それが、何かの広告だと分かっていても。


このような形のPOPであれば、POP自体には何が書かれているのかは重要ではありません。

その形状と配置によって、『その先にある何か』に興味を惹かれるものです。



そのために、一番目立つ入口に貼り、一番大きな中央通路を通るように配置しています。




このようにPOPによる誘導が機能すれば、陳列場所はある程度良くないところでも認知度はグッと高まります。




人間の心理を上手くついた、販促手段だと思います。

ただ、私は借りませんでしたが…(>_<)



AD
2008-01-28 18:21:08

気になるディスプレイ No.7

テーマ:● 気になるPOPなど

放置グマ2


[場所]

とあるアンティーク家具売場


[対象商品]

アンティーク家具


[コメント]

以前にも登場しました。



『放置グマ』



です。第二弾。

今度はソファとテーブルに横たわっています…。


アットホームといえば、アットホームですが、テーブル上の商品にも堂々とお休みになっていらっしゃいます。



これも、もしかしたらお客さまが少し動かしてしまった名残なのかもしれません。

また、作業途中なのかもしれません(^-^;)



ちょっと気になったので…。



まあ、そんなところが可愛かったりするのですが。





AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。