1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2008-02-16 14:10:26

とあるレンタルビデオ店

テーマ:◆ 『感心』のサービス

とあるレンタルビデオ店を訪れたときのこと…。




DVDやCDをレンタルするために、陳列棚を眺めていた私の耳に、ふと入ってきたスタッフの言葉…。


「はい、かしこまりました。少々お待ちください」



と、しばらくして陳列棚から1枚のDVDを探し出し、


「あ、ございました。お取り置きしておきますね。お名前は…」



そうです。

お客さまからの在庫問い合わせに対して、希望商品の取り置きをしているのです。


電話での申し込みや、新入荷の作品、予約した商品など、取り置きサービスを行っている店舗はきっと多く存在するでしょう。



私が驚いたのは、このレンタル最大手の店舗、おそらく商品点数にして1万点くらいはあるかと思われる(大げさ…?)中から、目当ての作品を探し出すそのスピード!!


もちろん、アルバイトスタッフとはいえ、入社後はひと通りのトレーニングを積み、商品の配置や作品名、サービスシステムなどを覚えていくでしょう。



作業はマニュアル通りだと思います。



しかし、そのスピードやムダの無いやり取りは、個々のスタッフの力量によるものも大きいと感じます。

受話器を持ち、お客さまと会話をしながら、陳列棚から作品を探す…。



ひとつひとつは単純作業であっても、それらが連動することで、とても高度なサービスになり得ます。



おそらく経験を積んだベテランスタッフや、店長クラスになると、もっと臨機応変な対応ができるのかもしれませんね。



お名前が常連さまであった場合には、簡単な会話など。

取り置きシステムの簡単な説明。

人気作品のオススメなど。



自店の商品知識と、身体に染み付いたスムーズな動き、そしてお客さまへの心配り。

一見すると、単純な作業に見えますが、結構高いレベルの仕事なのかもしれませんね…。




ちなみに、この店舗では以前にこんな光景も見かけました。



外国人のお客さま「(カタコトの日本語で)カ・テ・カはドコニアリマスカ?」


横で聞いていた私「…???…」


スタッフ「はい、少々お待ちください」



といって、1本のDVDを持ってきました。


「ゴシカ」


という、ホラー映画です。



外国人のお客さま「オウ!アリガトウ!」




というやり取りです。

「カ」しか合致していませんが、おそらくピンときたのでしょうね…。



すげ~。



と素直に心の中で拍手したものです(^-^)

まさに熟練の成せる技ですかね。


若い人でしたが。





AD
2008-01-25 10:57:22

とあるカー用品店にて

テーマ:◆ 『感心』のサービス

空気補充01


都内の大型カー用品店です。


その入口にあるPOP。



『無料タイヤ空気補充』



とあります。


まあ、ガソリンスタンドとかでお願いすれば、無料で行ってくれますが、クルマ好きの方というのは、こんなところも自分で行ったりしたいものです。



空気圧のチェックやバルブ、タイヤの溝などの確認ができますからね…。



ただ、こんな機械の使い方はプロでないと分かりません(-.-;)

で、こんなPOPも。


空気補充02


小さくて分かりづらいですが、使用法と注意点がまとめられています。


初心者には嬉しいですね…(^-^;)

まあ、ほぼ初心者でしょう。



しかも、持ってみると思ったほど重くないんですよ。


女性でも持てるくらいだと思います。

軽々ではないですが。




まあ、私を含めクルマを触ることが好きな人にとっては、あらゆることを自分で手をかけたいものです。


一部の人限定で、ちょっとマニアックではありますが、そんなユーザーの気持ちを読んだ、嬉しいサービスだと思います(^-^)





AD
2008-01-15 20:05:20

東京ディズニーシーにて

テーマ:◆ 『感心』のサービス

キッズエリア01


ご存知の方もいらっしゃると思います。


『キッズエリア』


ですね。

ディズニーランドやディズニーシーでは、一日のうちに何回ものパレードやショーが行われます。



なかには、見やすい場所を数時間前から確保して、じっと待っている方もいらっしゃいます。

パレード開始前の「おなじみの光景」ですよね…。



で、上の写真はお子様優先の観賞エリアなのです。



使用にあたって、特に届出は必要ありません。

その場で申し出れば、子供だけ中に入れてくれる仕組みになっています。


もちろん、安全監視のためのキャストも配置されています。


キッズエリア02


やはり子供の数も多いです。

ショー開催中にも、どんどんキッズエリアに新しい子供が入ってきます。


そして、気がつくと、我が子はどこへ…(>_<)


ということにもなりかねないのですが、このキャストは子供と親の特徴を把握し、誘導してくれるのです。



まあ、おそらくキャストによってその配慮も変わってくるのでしょうが、よく周囲の親御さんへも視線を送っているのが分かります。



ディズニーではこのようなエリアや、車椅子の方向けの場所を確保しているのは有名ですが、単に場所を用意しているだけでなく、その管理もしっかりと行っている点が素晴らしいですね。



また、パレードやショーでゲストの誘導のために設置されるポールなども、終了後は速やかに撤去され、指定のルートを通ってバックヤードに下がります。


そのロープの結び方や、機材を運ぶ人数、通るルートは決められています。

私も新人の頃、ルートを間違ってよく叱られたこともありましたが…(T_T)



上記のキッズエリアもそうですが、パレードやショーを観る場所も厳しく管理されています。


「このラインから出ないように」

「このロープはくぐらないように」

「立ち止まって見ないように」


などなど。


ショーなどは、やはりいい場所で観たいもの。

人ごみのなか、ポッカリと空いた場所があれば、そこで立ち止まってしまうのも分かります…。


ただ、一人をOKにしてしまうと、キリがなくなってしまいます。

ですので、小さな決めごとではあっても、それを徹底してお伝えしているのです。



そのため、パレードが始まってから「いい場所」を確保するのはとても難いですよね。

ポイントによっては、開始の2時間くらい前から「場所取り」が発生してしまいます…。


これらのショーを観るために来園する方も多く、まさに「命がけ」の勢いですね(^-^;)



でも、この寒空の中パレード待ちで座っている方、なぜか「お父さん」が多いのは気のせいでしょうか…(T_T)





AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。