みなさん、こんにちは。

お盆休みも終わり仕事再スタートですね('-^*)


オリンピック観戦で寝不足の方も多いかと思いますが、体調管理をしっかりしましょうねハート



さて、今回は「経理アウトソーシングのメリット」についてご紹介したいと思います。


経理アウトソーシング(業務委託)とは?

従来社内で行っていた「経理業務の一部又は全部を外部の専門会社に委託する」ことです。



経理アウトソーシングの時代到来


みなさんもご存じのとおり、一昔前まで経理業務は「全て社内で行うもの」と認識されていました。


しかし近年、無駄を省いた効率的な業務委託の体制が一般的になり、生産業務などと同様に、経理財務のような業務も中国やインド、ベトナムなどの人件費の安い地域に委託する動きが加速しています。



アウトソーシングのメリット


経理アウトソーシングがここまで一般的な経営手法となっているいま、どんなメリットがあるのでしょうか?


一般的に、経理業務をアウトソーシングすることにより、経営資源の有効活用、業務の効率化、外部専門家ノウハウの活用、コスト削減、経理担当者様の負担の軽減、不正防止などのメリットがあります。

                      

       

オンワードアカウンティング

アウトソーシングサービスのメリット     


☑コア業務への集中


時間がかかり、かつ生産性の低い業務や期日を厳守しなければならない業務など、煩雑な業務をアウトソーシングすることで、頻繁に改正される税制や社会保険について考慮する必要もなくなり、最優先すべき重要な業務に集中することが可能です。


☑コストの抑制


自社で行う場合には、従業員がオフィスで備品等を使用して行うため、人件費をはじめとした各種の経費がかかりますが、全て外注先で行うことになるため、これらの経費を削減することができます。

繁忙期や業務拡大などで新たに担当者が必要となる場合にも、経理業務を一括管理することによって、経理部門のスリム化や採用コストなどの抑制を図ることができます。




☑業務の効率化実現

経理経験の豊富なスタッフが、公認会計士・税理士・米国公認会計士の監修のもと、高い処理能力と安定した稼働率をお約束し、丁寧かつ高品質なサービスで業務の効率化を実現いたします。



☑担当者の負担軽減


既存の業務フローを把握させていただいたうえで業務を引き継ぎ、ご担当者様の負担を軽減いたします。経理業務そのものを外注するため、社内の担当者が不在になる心配がありません。

また、担当者の退職等に伴って、後任者を見つける必要もなくなります。

 


☑安心・充実の外国語対応

海外で発行された領収書・請求書等の証憑について、言語の壁から処理に悩むことも多いかと思いますが、語学力があり、会計知識が豊富なスタッフが経費処理を強力にバックアップいたします。





アウトソーシングの今後


多くの企業が次に求めているのは、「アウトソーシングそのものの効率化」と言えます。経理アウトソーシングサービスを活用していない企業は、現在では少数派となっています。


そして今後、業務体制の効率化に向けた動きがますます加速することでしょう!


経理業務に関して少しでもお悩みのある企業様は、そろそろ導入を検討してみてはいかがでしょうか?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、こんにちは。

梅雨があけて同時に、蒸し暑い~夏を迎えましたが太陽

お元気でしょうか。



さて、今回は、朝日新聞で掲載された

「中日新聞社が2300万円所得隠し 名古屋国税局が指摘」との記事をご紹介したいと思います。



6月30の記事に中日新聞 社(本社・名古屋市中区 )が名古屋国税局 税務調査 を受け、2015年3月期までの3年間で約2300万円の所得隠し を指摘されたことがわかった。


経理ミスなどを含めた申告漏れ総額は約3100万円だったという。追徴課税 重加算税 を加え約700万円とみられる。



同社の説明によると、同社が発行する東京新聞 中日新聞 の記者らが同僚と飲食したにもかかわらず、取材費として計上したほか、取材源を隠すため、実際に飲食した人と異なる人を飲食者としていたケースもあった。


国税局はいずれも経費として認めなかった」とありました。




注:こちらの内容は、朝日新聞より抜粋したものです。詳しくは⇒



hana
























飲食費の経理処理についてですが、みなさんもご存じのように、税法上経費に計上できるのは基準があります。



ⅰ.会議費つまり「1人当たり5,000円以下の飲食費(社内飲食費除きます)」は一定の要件の下で損金算入が認められています。

 ※一定の要件:次に掲げる事項を記載した書類の保存

 ・飲食等のあった年月日


 ・飲食等に参加した得意先、仕入先その他事業に関係のある者等の

  氏名または名称及びその関係

・飲食等に参加した者の数

・飲食等の金額並びに飲食店、料理店等の名称及びその所在地



ⅱ.平成26年度税制改正により、中小法人は接待飲食費の額の50%相当額の損金算入と、従前どおりの定額控除限度額までの損金算入のいずれかを選択適用することができます。

 

中小企業は、資本金額が1億円以下の法人(非中小企業を除く)



.中小法人以外の法人……支出する交際費等の全額が損金不算入



接待飲食代について、不正行為が行われたとみなされれば、重加算税が賦課される可能性が高いので、皆さんも気をつけましょう。


中日新聞社の件からみられるように、税務調査においては交際費は最も厳しくチェックされる項目の一つです。


詳しくは国税ホームページで

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、こんにちは。

梅雨入り、じめじめとしたお天気が続いていますが
体調を崩さず頑張りましょうラブラブ




さて、弊社株式会社オンワードアカウンティングでは業務拡大の為「経理財務経験者」の募集をしています。


※募集職種:

【1】 経理財務業務・コンサルタント(正社員)

【2】 経理財務業務等(パート・アルバイト)


弊社は、「経理まるごと請負」や「立替経費精算」、「支払データ作成」などボリュームが多い一部の業務などを請負っております。

経理知識やExcelIT知識、お客様とやり取りの為のコミュニケーション能力など幅広い能力が求められます!

まだ発展中の小規模企業ですが
高品質なサービスとお客様のご要望に応じて柔軟に対応しており、クライアントには、大手上場企業や中堅企業、そして外資系企業が多いので、業務の幅が広く、スタッフ一人あたりの裁量が大きいことが魅力です。

事務所2

強い責任感、チャレンジ精神を持ち、お客様の視点で一緒に成長と発展を目指したい仲間を募集しています。


これまでのご経験を活かして、新しい仕事に積極的にチャレンジしたい方の応募を心よりお待ちしております。




詳しくは、弊社「募集のご案内」ページでご確認お願いします⇒

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。