ピアノピアノを教える人、学ぶ人の雑誌


「ムジカノーヴァ」6月号


ケロッ好評発売中雨(音楽之友社)


特集は・・・


子どもにちゃんと伝わる教え方④

音量の大小だけじゃない! 強弱記号

http://www.7netshopping.jp/spc/shop/ontomo/

http://www.ongakunotomo.co.jp/magazine/musicanova/


今月の

ムジカばーば 音符ピアノの先生 応援キャラクター




イラスト―吉田しんこ



































































1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-20 07:33:23

あじさいの表紙

テーマ:ムジカノーヴァ

本日「ムジカノーヴァ」

6月号発売!





あじさい。あじさい。しずくあじさい。あじさい。しずくあじさい。あじさい。


今月号の特集は、不定期シリーズ

「子どもにちゃんと伝わる教え方」第4弾。

ピアノを始めて間もなく子どもたちが出会うこととなる

「強弱記号」が、今回のテーマです。


西尾洋先生による「再確認講座」で、

強弱記号が生まれた背景やその歴史をたどりながら、

「楽譜に書いてあるフォルテやピアノなどの、

ほんのわずかなヒントから、

どれだけ多彩な響きをイメージすることができるか」

の大切さを再確認していきます。

続く北村智恵先生による「レッスン物語」では、

主人公のさくらちゃんが、

学習者が陥りやすい

強弱記号にまつわる“勘違い”に

自ら気づき、

作曲家がそれらの記号に託したメッセージを

読みとることにチャレンジしていきます。


「今月の1曲」は、ハイドン作品。

隔月連載「パリレッスンpromenade」(船越清佳)の

レナ・シェレシェフスカヤ先生によるレッスン曲も、

偶然ハイドンでした。

その中で先生がこんなことを話されています

――「ハイドンのように、音楽そのものが

“ユーモア”を体現している作曲家は

そう多くはありません」と。

子どもたちに、そのことをどうやって

感じとってもらえばいいでしょう。
まずはハイドンに関する記事から。

ふりがな付き読み物教材「音楽ミュージアム」(湯浅玲子)で、

エステルハージ宮殿の絵を見ながら

「パパ・ハイドン」と呼ばれたこの作曲家への

興味を引き出した後、

とじ込み付録の新シリーズ「音楽地図」で

彼が生まれたオーストリアについて学んだり、

カラーページで紹介した絵本を読んだり・・・。
次に、誌上講座「アナリーゼ」(春畑セロリ)や

練習課題「ソルフェージュ」(高橋千佳子)などを参考に

楽譜をじっくり眺め、

「びっくりな瞬間を演出する音」を探してみたり、

先生と一緒にメロディーを歌うなどの体感を通して

「こう弾きたい!」というイメージを膨らませていったり・・・。
その後、特集「レッスン物語」に書かれているように、

本当の技術指導

――「どうすればどういう音が出るかということを

具体的に把握させる」時間へ。

この段階で役立つ知識も、

6月号の中だけで多数発見できることと思います。
例えば、欲しい音や奏でたい音楽のイメージを

鮮明にする方法として、

マッティ・ラエカッリオ氏の公開レッスンレポートでは

「この16分音符に言葉をのせるとしたら、

どういった言葉がマッチするのか」、

「パリレッスンpromenade」のレナ・シェレシェフスカヤ先生は

「休符の上で『あっ、そう?』と言ってみて」、

とお二方とも言葉を当てはめる方法を提案しています。
ロシア奏法によるピアノ教本『はじめの一歩』の

スペシャル・セミナーでは、

タッチへの意識を高めるために、

さまざまなものに『触れる』経験を積むことを勧めています。
身体の使い方については、

連載「あんな話・こんな話」(秋末直志)での

カルタ取りやマリつきの話が参考になります。

「うちの生徒は練習嫌いで、それどころでは・・・」

と悩み多き先生には、

実話「今は大変でも、

こんな瞬間が訪れるかもしれません」(平岡あや子)で、

折れそうな心を奮い立たせましょう。

ミシン目入りで簡単に切り離せる

「今月の楽譜」は、「バロック名曲メドレー連弾」(轟 千尋)。

練習に入る前に、隔月連載「レッスン密着レポ」の

ドゥオールによるレッスンレポートにぜひ目を通してください。

連弾する楽しさが倍増することと思います。


そのほかにも読み応えのある記事がいろいろ。

新たな知識の習得とともに、

バラバラだった知識がどんどんつながっていく楽しさを、

今月号でも味わっていただければと思います。


あじさい。あじさい。しずくあじさい。あじさい。しずくあじさい。あじさい。

いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-05-18 09:50:09

新シリーズ!

テーマ:ムジカノーヴァ

未だにお問い合わせがあとを絶たない

通巻500号記念号の特別付録、

教材ポスター「Piano作曲家ツリー」(2012年10月号〈完売〉)。


そこで今週金曜日(20日)発売の6月号より隔月の予定で、

教材ポスターの新シリーズ

「音楽地図」をスタートさせることになりました!!



一国ずつ取り上げていく「音楽地図」の第1回では、

同号「今月の1曲」の作曲家、ハイドンが生まれた国、

オーストリアを取り上げます。オーストリア

音楽にまつわる事柄を美しいイラストにして

地図の周りにちりばめてあります。

教室に飾っておけば、

子どもたちの興味を誘うこと間違いなし! 

音楽の知識とあわせて

世界の国の名前や位置なども

自然に頭に入っていくはずです。 


第1回「オーストリア」は、

『ムジカノーヴァ』を横に2冊並べたぐらいの大きさ。

A3より少し小さめです。

ミシン目入りなので簡単に切り離すことができます。

現在、第2回となる8月号の

「フランス」の編集が進行中。

「Piano作曲家ツリー」同様、監修は湯浅玲子先生、

イラストは藤田美菜子さんです。



いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-22 17:14:09

町田育弥先生セミナー中止のお知らせ

テーマ:お知らせ

熊本地震で亡くなられた方々に哀悼の意を捧げますとともに、

被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

『ムジカノーヴァ』5月号の「ムジカ情報館」に掲載しました

5月16日(金)の熊本市「有明楽器 健軍店」での町田育弥先生のセミナーですが、

楽器店より中止になったとの連絡がございましたので

ご報告させていただきます。

 

被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>