ソニタス辞書「クリスマス」

テーマ:
毎年12月25日に行われるイベントだが、現在は前日24日が当日のような盛り上がりを見せている。



12月24日はイブと呼ばれ、クリスマス期間でも頭痛・生理痛の症状に重きを置いた日となっている。



クリスマスの日には、夜中にサンタさんという赤い服を着せられた還暦のおじいさんが、空を飛んで角の生えた哺乳類と共にやってくるという言い伝えがある。



部屋干しされた片方だけの靴下の中に、一足では可哀相と、もう片方の靴下を入れにやって来ることで有名である。



靴下の片方だけがなくなってしまうことがよくある方は、クリスマスがチャンスである。
※還暦のおじいさんは煙突のあるお家にしか入れないため、クリスマス前には着工と施工完了が必要。



クリスマスの時期にはグリーティングカードを送り合うという風習もあり、受け取った人物は7日以内に同じ文章を10人に出さないといけないというルールがある。



近年では携帯メールの普及に伴い、メールで送られることもあるが、件名や内容が「◆無料!すぐ会える!◆」や「1000万円寄付します」などのアレンジで送られてくることもある。



ちなみに、クリスマス当日は七面鳥という七つの顔面を持つ怪鳥を食さねばならないという七面倒くさい儀式もあることで有名である。



クリスマスにはクリスマスツリーといって、樹木を豪華に着飾る風習があり、毎年たくさんの願い事が書かれた短冊が飾られている。



クリスマスツリーにはモミの木が使われるが、モミの木に生えるモミモミの実を食べるとモミモミの能力を持ったモミモミ人間になってしまうため注意が必要である。



本来、クリスマスはある人物のための日であるとされているが、近年ではその名前の近さからクリス松村ではないかと推測されている。



※諸説あります。



AD