温泉。。。魅力的な響きがありませんか


疲れた時、ホッとしたいとき、次の仕事への合間、、、温泉に行ってほっとしたくありませんか。


しかし、今、日本の温泉旅館はドンドンつぶれています。


日本の温泉旅館を守らなければ、そんな想いで、会社を創りました。

  • 28 Jun
    • 6/26 定期的に見直すこと

      6/27社内スピーチよりおはようございます。昨日は、ファミリーイベントありがとうございました。家族の皆さんとの関係がよくなって、とてもうれしかったです。社員は家族、顧客は友人。社員の家族もみな、旅館総研ファミリーですね。さて、本日は、定期的に見直すことへの感謝について、お話いたします。今日は、取材をいただいているのですが、こういった機会に、自分のやってきたことを振り返ることが可能になります。今回の取材では、・どうして主婦の方を採用しているのですか?とか・なぜ、主婦中心の就業形態になったのですか?とかいった質問を事前に受けることで、自分のやってきたことを振り返ることができるのです。さらに、もっともっと皆さんが働きやすい会社にしないといけないな、と思うのでした。昨日の皆さんの家族とお会いして、その思いを本当に強く思いました。皆さんの家族を支えるために、おじさんは頑張りますね!

      11
      テーマ:
  • 21 Jun
    • 柔らかくなりたい!

      6/20の社内スピーチより今日は、「自分を柔らかくすること」についてお話しします。私、結構、固い人間です。周りからも、堅そうに見られます。ブスッとしていることも多いです。で、こういうひとこそ、実はそんなにどっしりした感じがないと思うんです。例えば、体は大きくて、怖そうに見せているけど、実は心は弱い人って多いと思うんです。そういう意味で言うと、私も結構、心は弱い方だと思います。強そう見せていますが。。。昨日の柴田励司さんのメルマガに、こんなのが出てきました。http://jinjinome.hatenablog.com/以下、柴田さんのメルマガの引用です。「セトモノとセトモノとぶつかりっこするとすぐこわれちゃう。どっちかやわらかければだいじょうぶ  やわらかいこころをもちましょう」相田みつをさんの詩を引用したACジャパンの全国キャンペーンです。この詩は「そういうわたしはいつもセトモノ」と終えています。そうなのです。誰もがちょっとしたことでセトモノになりがちです。特にそれなりの地位にある人は要注意。“自分はこれだけ頑張っているのだから「特別対応」してもらって当然だ・・・というおごりが生まれがちです。名の知れた企業の幹部、役人、オーナー企業の社長、政治家、芸能人でこの手の失敗で世をにぎわした例はたくさんあります。セトモノの矛先になりがちなのが、レストランのマネージャー、タクシーの乗務員、駅員、コールセンターのスタッフ。ちっぽけな優越感を充たすために。自分の心がする悪さです。自省/自制しませんと。ここまでが引用です。私自身、「セトモノ」だな、と思いました。もっともっと、柔らかい人間にならないといけません。そんなことを思いながら、今朝、久々の座禅に行ってきました。いま、個人的につらい時期です。こんな時には、波に逆らおうとせず、うまくゆられていきたいなあ、と思います。そんな心もちがとても、重要だな、とにかく柔らかくいこうと思いました。あいだみつお、とてもいいですよね。でも、みつおと聞いて、せんだみつおを思い出すのは、昭和40年代生まれの特徴です。今日も一日、頑張りましょう。

      1
      テーマ:
  • 06 Jun
    • 最近の重松

      6/6社内スピーチ本日は、最近の重松についてお話いたします。さて、最近の重松、とにかく忙しいです。理由は、①多くの業務が入っている②大学院の授業と課題に追われているからです。最近では、とにかくこの2つに専念できるように、できる限り効率的な生活を心がけています。最近ではテレビを見ることをやめました。家は寝る場所と決めて、家に帰ったらぐずぐずせずに寝ることにしています。「忙しい」という字は「心を亡くす」と書きますね。まさにそのような感じです。ちょっと余裕ない感じです。そんな私が心がけているのは「睡眠」です。最近、エアウィーブのマットレス、枕を買いました。特に良いな、と感じるものではありません。ただ、毎晩夜1時に寝ても必ず6時前にはすっきりと目覚めることができるのです。私は良い睡眠というのは、長く眠れることだとばかり思っていましたが、エアウィーブは寝起きがとにかく良い、つまり短時間で良質な睡眠がとれているのだろうと思うのです。さてさて、この忙しさ、しばらく続きます。でも、山崎さんの頑張り、まなみさんの一生懸命さ、貞香さんの緊張感、健太さんの結婚、優花さんの天然さに支えられております。そんなみなさんのサポートもあって、お父さんは頑張ります!6/26にみなさんといけるバス旅行が楽しみです。

      1
      テーマ:
  • 18 Apr
    • 言った/言わないはコミュニケーションではない

      4/18社内スピーチです4/18重松スピーチ本日は「言った、言わないはない」ということについて伝えたいと思います。先週土曜日朝にクライアントの女将さんから電話で「佐藤さんが会社にこないんです」と連絡が来ました。金曜日から会社にこないとのことでした。熊本出身の佐藤さんなので、実家が気になって悩んでいるのかな、と思いました。まあ、大変な時期だからそっとしておいてあげて、と私は伝えました。そして、土曜日のお昼頃、私の大学院授業中に女将さんからショートメールが来ました。「佐藤さん来ましたよ。営業に行ってたらしいですよ」と。女将さんは半ば呆れていました。こういうことは一度ではないからです。その日の夜、私はそクライアント旅館に21時ごろ着いたのですが、駅には佐藤さんが迎えにきてくれました。そこで私は聞きました。「営業に行ってたのは誰も知らなかったみたいだよ」と。すると彼はこういったのです。「私、経理さんには伝えていきましたよ」と。さて、ここでよく考えて欲しいんです。このセリフ、自分自身でもよく使うな、と思いませんか。「この件、いいましたよね」という言葉です。でも、言ったかどうかなんて、どうでもいいのです。相手に伝わっていなかったら、言ったかどうかなんて、意味がないのです。つまり「いいましたよね」という言葉は言い訳でしかないのです。相手に伝わっているということが本当に大事なんです。だから私は「これいいましたよね」という言葉は使わないように気をつけたいな、と思いました。私も無意識に使っているな、と思ったのです。コミュニケーションは、たいてい伝える側に責任があるのです。さて、話は戻ります。その場で佐藤さんを叱ることはありませんでしたが、場所を改めて、彼には伝えました。相手に伝わるまでが仕事だよ、と。「いいましたよね」とか「メール送りましたよ」という言葉はやめましょう。とにかくコミュニケーションは発信者側に問題があるのです。相手に伝わるまでが情報発信する人の責任なんです。

      テーマ:
  • 11 Apr
    • 自分を変える

      4/11社内スピーチよりさて、本日は、「自分を変える」ということについて、お話いたします。私、変わっている人です。ただ、変わっているって何なんでしょうかね。みんな変わっていていいんじゃないか、とも思うんです。日本人は「変わっている」ということを極端に嫌いますが、「変人」こそが世界を変えると思うのです(笑)ただ、私自身は、その変わっているところを変えていきたいな、と考えています。では、私の変わっているところって、何かというと、「自分の思い通りにならないと不機嫌になる」ということなんです。これ、自分では思い当たる過去はないんです。幼い時に裕福な家庭で極端に甘やかされたわけではないです。たぶん何らかのDNAなのでしょうね。さらに、状況を悪い方向にもっていってしまうのです。なぜかというと、そういったピンチの中に自分の存在価値を見出すからなんじゃないか、と考えてしまうのです。私の「指令性」はピンチの時にこそ、役立ちます。つまり、自分が活躍できる機会を意図して作っているのかもしれません。ただ、そんな私もその「自分の思い通りにならないと不機嫌になる」性格を直そうと必死です。ここに寄り添ってくれるのが、岩澤優花さんなんです。先週の全体会議では優花さんとけんかしてしまいました。以前の優花さんなら私の言うことを聞いて、「すみません」と言ってくれていたと思いますしかし、今の優花さんは、私に対して強い態度を出します。この強い態度は悪い意味ではありません。岩澤優花さんも取締役。そういった態度をとっても当然なんです。取締役のメンバーとして私を取り締まるのは、あるべき行為なんです。こういう態度をとってくれるのは、本当に感謝しないといけません。優花さん、ありがとう。私も間もなく44歳。でも、まだまだ成長しないといけません。皆さんにも、まだまだ迷惑をかけると思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。

      テーマ:
  • 08 Apr
    • 好きな言葉は情熱です!

      本日は、昨日の大学院の授業について、お話いたします。昨日は、湘南美容外科の相川院長のお話でした。実は美容整形業界では、湘南美容外科が業界ナンバーワンだそうです。話の内容自体、ものすごく面白かったのですが、内容はもとより、そういった、とってもエネルギーのある経営者の話を間近で聞けて、直接質問できること自体が、大学院の価値だな、と思いました。私の質問は、「一度採用した社員に採用責任をどこまで感じますか?」というものでした。相川院長が言ったのは、「来るもの拒まず、去る者追わず」です、と。「辞めたい」といった人を止めても、うまくはいかない。だから、止めることはない。「辞めたい」という人は、経営理念に共感してくれていない。ただ、自分から「辞めたい」と言わない限りは、ずっと面倒を看る、というものでした。私は、採用したからには絶対に育てなければ、という思いが強すぎるのかな、と思いました。私が、何よりも驚いたのは、「相川院長がいろいろなセミナーに行って、自分を鼓舞し続けている」ということでした。「アンソニーロビンス」とかの有名人のセミナーです。確かに、そうでもしないと、経営者の心は、「ポキッ」と折れちゃうんですよね。経営者も結構大変なんですよ。昨日は、相川院長のお話を聞いて、ものすごーく、力が出ました。旅館総研は、新しいステージに向かって、突き進もうと思いましたよ。

      3
      テーマ:
  • 04 Apr
    • 手を貸してはいけない

      4/4社内スピーチおはようございます。今日は、『手を貸してはいけない』、ということについてお話ししようと思います。当社のお客様にとある社長さんがいますが、この社長さんは自分で行動を起こすことがありません。本人がぐずぐずしているうちに、周りが心配になって手を出してしまうからです。これでは、いつまでたっても経営者として成長しません。で、本人も最近はそれに気づいていて、敢えて自分ではやらず、周りが動いてくれることを待っているふしがあります。つまり、悪気のある悪なのです。確かに、部下を育てる上では、上司はあまり優秀でない方が良いのですが。。。でも、悪気があるのは、たちが悪いですね。ただ、自分に力がなくて、できないことも、気づいているのです。さて、これと同じことが、若手育成、子育てにおいても発生します。できない若手を見て、どうにもこうにもいてもたってもいられずに、手を出してしまうのです。私自身もよくやってしまいます。もちろん、その業務をお客様が待っているという理由で、そうなってはいるのですが、こういうことをしているといつまでたっても、その若手は成長しません。ただ、最近思うことは、こういった手を出される若手は、その若手自体の行動が年上のメンバーにそれを引き起こさせている、ということなんです。この場合は、ちょっと厄介です。若手本人には全く悪気なく、『私にはできないから助けて欲しいオーラ』全開なのです。本人には全く悪気なく、無意識の自分がそうさせています。つまり、悪気のない悪。つける薬がありません。本人が仕事ができるようになるか、「実は俺、そんなオーラ出しているかも。。。」と気づくしかありません。若者本人には悪気はない。だから、指導者側が、それを理解して、手を貸してはいけない、ということなんです。『手を貸したい』『こっちでやった方が早い』という気分を抑えて、超ニコニコしながら若者にやって見せなければ、なりません。ある程度の失敗を想定して置けば、心のダメージや、その若手に対する期待を裏切られるダメージも最低限で済みます。旅館総研にも若者がおります。若者が成長するためには、本人の相当ながんばりプラス私たちの努力が必要なんです。でないと、その若者がとある社長さんのようになってしまい、結局は自分でハンドリングできなくなってしまう。それこそ、若者本人が一番望んでいないことだと思うからです。子育ても一緒。とにかく、手を貸さずに、失敗させることが大事ですよね。今日も一日頑張りましょう!

      テーマ:
  • 28 Mar
    • 自分のルーツを訪ねるとやる気が出る

      3/28社内スピーチですおはようございます。今日は先週の土曜日にあったことについてお話ししたいと思います。先週土曜日、浜松町に行ってきました。増上寺の前に、ひときわ大きなビルがあります。そのビルは軍艦ビルと呼ばれています。15年前、わたしはそこで働いていました。毎週月曜日は朝5時から週間PLという経営者向け経営報告を作っていました。月の残業時間は100時間近く。経営情報を扱う部署にいた私は、組合員でなかったので、残業はし放題だったのです。その会社はダイエーという会社です。プランタン銀座、ローソン、リクルート、プロ野球団、アラモアナショッピングセンターからオリエンタルホテルまで。。。それこそ当時はすごい会社だったんです。私はその会社でビジネスの基礎を全て教わりました。そこでは、どんな難しい問題にも「わかりません」「できません」という言葉は許されません。あっているかどうかは、どうでもよくて、必ず何らかの答えを出すのです。それが経営企画という仕事なんだな、と20代前半の私は学ぶと共に、ビジネスサイボーグに育てられたのです。その時の一番やりがいに感じたのは自分が作った経営計画の数値が日経に載った時でした。そんな記憶がそのビルを見ながら蘇ってきませんでした(蘇ってきたのではありません)。そのビルは、当時、2/3くらい、ダイエーグループで占められていたのに、土曜日にテナントを見たら跡形もない。あんなに大きかった会社が跡形もない。。。諸行無常って、こんなことかな、って思いました。でも、私のやる気はなぜかムクムクと湧き上がってきました。やる気がなくなった時は、またここに戻ってこようと思いました。ただ1つ、変わっていないものがそのビルにはありました。それは、私が居眠りをぶっこいていたトイレでした!さあ、みなさんも自分のルーツをたどって、今日も1日頑張りましょう!

      13
      テーマ:
  • 25 Mar
    • 遠くへ

      3/25の社内スピーチです。さて、今日は先日の占いのお話をしましょうね。今日は特にメッセージ性のない軽い内容です。わたし、連休中の日曜日に20代の友人のイベントに参加してきました。そんなイベントに参加することは滅多にないのですが、コーピング仲間のイベントだったのです。で、このコーピングという概念、とても素敵なので、早めに健太さんにも受けてもらって、心のデトックスをしていただきたいな、と思っております。あ、話が逸れた。で、そのイベントで、本とか出して有名な占い師に占ってもらいました。まず、サイコロを2つ振って、その後、サイコロをひとつ降る。そこでもらった占いの結果。あなたはなるべき遠くに行きなさい。遠くに行けば行くほど、仕事運が上がる。しかも財運も付いてくるから、と。当社の計画は海外に旅館を作ることです。この計画を進めるにあたり、背中を押していただきました。さらに頑張っていきたいと思います。しかし、占いって、自分に都合よく捉えられますよね。ただ、いいことは信じちゃいましょう!

      3
      テーマ:
  • 13 Mar
    • 「本人が自覚していないことを、周りの人はフィードバックできない」

      さて、本日は「本人が自覚していないことを、周りの人はフィードバックできない」について、お話しします。「本人が自覚していないことを、周りの人はフィードバックできない」これ、誰の言葉かというと、ホテルグリーンコアの金子祐子社長の言葉です。実は昨日一昨日は社外役員一緒でした。行きの飛行機にいろいろ話しました。最近は関係が悪化していたので、それを修復するためです。ただ、ここでも思ったことがありました。私がお手伝いしたいなあ、と思っていることをその役員は全く求めていなかったのです。そしてその役員は、私があまり興味のないことを手伝って欲しいということでした。私はその役員ある事をフィードバックしたかったのですがやめました。なぜなら興味(自覚)がないからフィードバックしてもいい迷惑なんだろうなあ、思ったのです。興味にない人を強引に振り向かせるわけにはいきません。さて、我々のビジネスは金融機関からの紹介がほとんどです。金融機関は、強引に振り向かせることができます。その金融機関のレールの上で、私たちの活動は行われるのです。だから、やりやすい。話は戻ります。人を強引に変える(興味のないことに興味を持たせる)ことなんてできません。少しずつ少しずつ言い続けるしかないのです。そこしずつ理解してもらえるような環境を作るしかないのです。そんな事を伝えたいなあ、と思った次第です。テレビに夢中な子供に「風呂入れ!」と言ってもなかなか入らないのは仕方ないのです。子供は風呂なんか興味がないのです。困りましたね。。。「本人が自覚していないことを、周りの人はフィードバックできない」これ、常に意識しながら活動していきましょう!

      15
      テーマ:
  • 08 Mar
    • 今の不安定を受け入れるか、逃げ出すか!

      今週月曜日の社内向けスピーチですおはようございます。さて、昨日、コーピングのマスター講座に参加していたので、そのご報告です。コーピングと言っても健太さんも平田さんもわからないと思います。簡単に言うと、事件が起きて、行動する間に、その出来事に対する自分の判断の仕方がある。ここを緩めることで豊かな人生にしましょう!という講座です。http://4ness.com/さて、昨日は『怒り』を取り扱う会でした。私は、この回をとにかく楽しみにして、出張を1日遅らせたくらいです。で、昨日は怒りを抑えるためには、自分のイライラする行動を許しましょう、となりました!ということで、私のイライラする行動である「言い訳をすること」「話が長いこと」「自分の言葉に責任を持たないこと」を自分が敢えて経験することで、そういった行為を許してあげましょう、ということとなりました。それは、それ。その講座の中で、私が気になったのは、今、居心地の悪い空間にいることは、将来の安定につながり、いま、居心地がいい場所を求めているのは、将来の不安定につながる、という言葉でした。これ、すごく考えさせられました。わたし、正直、今、居心地が悪いんです。でも、それでいいかな、と思えました。経営者って、そうなんです。「ゆううつ」でなければ、仕事じゃないのです。で、ここで大事なこと。今の不安定は、将来の安定という言葉は、わたし以外の人にも当てはまる。わたし、会社起業した36歳の頃は大崎の事務所に、ほぼ毎日泊まっていました。もちろん、給与はゼロ。楽しいわけではない。必死にお金を稼がなきゃ、と思っていた。お金稼ぐって、本当に本当に大変なんです。さて、皆様は、今の居心地の良い世界ばかりを追い求めていませんか。将来の安定のために、今の不安定を受け入れようとしていますか。わたしは、常に「ゆううつ」を求めていこうと思いました。今日も1日頑張りましょう。

      8
      テーマ:
  • 01 Mar
    • 仕事のやり方を変える!

      今日は当社に最近放った社員に対するメッセージです今日から山崎さんが在宅勤務ですね。今日はそれにちなんだお話をしましょう。私、大学卒業後、ダイエーという会社に入社しました。約1年の店舗勤務の後、私は本社に異動となりました。当時、これは、めったにない異例のことでした。異動した部署は、「財務経理本部予算管理部グループ予算課」ものすごく長い名前です。ここでの業務は、ダイエーグループ200社の予算管理をする仕事です。私の会計に関する知識はここで培われました。さて、私はこの部署で約1年しっかりと業務習得を行いました。そして、1年後、こんなことがあったのです。それまで4人で分担していた業務を私、1人でやりなさい、というのです。会社の業績悪化もあったのですが、私、一瞬、無理かも。。。と思いました。まあ、その当時は大変でした。残業がだいたい、毎月80時間くらいついていました。とにかく働いていました。で、結局どうなったかというと、今まで4人でやっていた仕事を1人でやるのは半年後には普通のことになっていました。業務を大きく削りました。でないとできませんもの。今回、山崎さんが在宅勤務、平田さんの勤務縮小がありますが、これは会社にとって良い機会なんです。しなくても良い仕事を絞るための良い機会なんです。山崎さんは本当に丁寧に仕事をしてくれますが、丁寧すぎるところもあります。これを見直す良い機会なんです。その重責を担うのは、当面は健太さんです。新しいメンバーにも手伝ってもらいますが、この役割を自分ごととして是非取り組んでいただきたいのです。大事なことは、困ったら相談することと、とにかく自分でやり遂げることを分けることです。健太さん、一緒に頑張りましょう!

      3
      テーマ:
  • 03 Jun
    • ストレングスファインダー

      アメリカギャラップ社の開発したヒトの強みを34の指標で測るツールがストレングスファインダーです。早速ですが私の強み上位5つは自分だけの特長的な資質①慎重さ②指令性③自己革新④個別化⑤着想だそうですひとつずつみていくと①慎重さ決めるまでは慎重だが決まったら行動する資質のようです私、自覚はありませんでしたが、これが最も強い私の特徴です②指令性偉そうに命令する人日本人にはほとんどいないそうです鬼軍曹資質ですね③自己確信根拠はないけど自信がある孫正義タイプだそうです④個別化人それぞれに良いところがあるので、個人に合わせた対応をしようという資質良いマネージャーが持つ資質のようです⑤着想アイデアマンだそうです私は特異な人間のようですMASAYA SHIGEMATSU自分だけの特長的な資質The Gallup Organizationが長年に渡って実施してきた調査によると、仕事を最も効果的に行うのは、自分の強みと行動を理解している人たちです。 このような人たちは、仕事や家庭生活で日々求められていることをやりこなす戦略的な能力に優れています。自分にどのような知識やスキルがあるかを確かめることによって、基本的な能力はわかりますが、自分の本来の資質に気付き理解することによって、どのような行動を取ることで将来成功を収められられるかがわかります。「自分だけの特長的な資質」のレポートは、あなたのStrengthsFinderの結果に基づき、上位5つの資質を強い順に並べたものです。 全34項目中、これらの資質があなたの強みの上位5つです。「自分だけの特長的な資質」は、資質を最大限に活かし、将来の成功につなぐ手がかりとなります。 個々の資質に着目したり全体を概観することで、自分にどのような資質があるかをよく把握することができ、さらにそれらを強みとして成長させ、仕事やプライベートの両面で一貫してよい結果を得ることができます。慎重さあなたは用心深く、決して油断しません。あなたは自分のことをあまり話しません。あなたは世の中が予測できない場所であることを知っています。すべてが秩序正しいように見えますが、表面下には数多くの危険が待ちかまえていることを感じ取っています。あなたはこれらの危険を否定するよりは、一つひとつを表面に引き出します。そうして、危険はひとつずつ特定され、評価され、最終的に減っていきます。いうなれば、あなたは毎日の生活を注意深く送る、かなりまじめな人です。例えば、何かが上手くいかない場合に備えて、あらかじめ計画を立てることを好みます。あなたは友人を慎重に選び、会話が個人的な話題になると、自分のことについては話しをせず、自分自身で考えることを好みます。誤解されないように、過度に誉めたり認めたりしないように気をつけます。人になかなか打ち解けないという理由で、あなたを嫌う人がいても気にしません。あなたにとって、人生は人気コンテストではないのです。人生は地雷原を歩くようなものです。そうすることを望むならば、他の人は用心せずにこの地雷原を駆け抜けるかもしれません。しかし、あなたは違う方法をとります。あなたは危険を明確にし、その危険が及ぼす影響を推し量り、それから慎重に一歩ずつ踏み出します。あなたは細心の注意を払って進みます。指令性指令性という資質によって、あなたは主導権を握ります。他の人と違い、あなたは自分の考えを他人に押しつけることを苦痛とは感じません。それどころか、ひとたび考えが固まると、あなたはそれを他の人に伝えずにはいられません。ひとたび目標が定まると、あなたは他の人をそれに同調させるまで安心できません。あなたは対決に怯えることはありません。むしろ、対決は解決策を見つけるための第一歩であることを知っています。他の人は不愉快な状況に立ち向かうことを避けようとするかもしれません。ところが、「事実」や「真実」がどれだけ不愉快なことであろうとも、それを示さなければならないと感じます。あなたは、課題が人々の間で明確に理解されていることを求めます。従って、あなたは人に、偏った考えを持たず正直であることを要求します。あなたは彼らにリスクに挑戦することを迫ります。彼らを怖がらせることすらあるかもしれません。これを嫌ってあなたのことを頑固と呼ぶ人もいるかもしれませんが、一方で、進んであなたに主導権を握らせることもしばしばあります。人々は、立場をはっきりと示し、周りの人にもある特定の方向に向けて行動するように求める人に魅力を感じます。だから、人々はあなたに惹きつけられるでしょう。あなたには強い存在感があります。あなたは指令性を備えた人です。自己確信自己確信は自信と共通する点があります。心の奥深くで、あなたは自分の強みを強く確信しています。あなたは自分は絶対出来る――リスクを取ることができ、新しい挑戦をすることができ、そして最も重要なこととして成果を出すことができる――ことを確信しています。ただし、自己確信は単なる自信を越えるものです。自己確信という資質に恵まれたことで、あなたは自分の能力だけでなく判断力にも自信を持っています。自分の周りを見た時、あなたは自分の見方が独自かつ独特であると強く思います。そして、あなたと全く同じ見方をしている人は誰もいないので、あなたに関する事について決定を下せる人はあなたしかいないと絶対に信じています。何を考えるべきかは、誰もあなたに指示できません。彼らはヒントを与えることはできるでしょう。助言することもできるでしょう。しかし、あなただけが、結論を出し、何をするかを決定し、行動する権限を持っています。この権限、更にはあなたの人生に関する最終的な責任を取ることを、あなたは決して怖がりません。むしろ、あなたには当たり前に感じられるのです。状況の如何に関わらず、あなたは何が正しい決断であるかをいつも知っているようです。この資質は、あなたに確信に満ちた貫禄を与えます。他の人と異なり、いくら説得力があっても、あなたは他の人の主張に安易に左右されることはありません。この自己確信という資質は、あなたの他の資質の持ち方によって、表面に現れたり現れなかったりしますが、その資質は強くしっかりとあります。船の竜骨のように、それは方々からの攻撃に耐えて、あなたが進路からはずれないようにします。個別化あなたは個別化という資質により、一人ひとりが持つユニークな個性に興味をひかれます。あなたは一人ひとりの何が特別でどこが個性的なのかを覆い隠したくないので、人を一般化したり、あるいは類型化することに我慢できません。むしろ、個人個人の違いに注目します。あなたは本能的にそれぞれの人の性格、動機、考え方、関係の築き方を観察しています。あなたはそれぞれの人生における、その人にしかない物語を理解します。この資質によって、あなたは、あなたの友達にぴったりの誕生日プレゼントを選んだり、ある人は人前で誉められることを好み別の人はそれを嫌うことを分かったり、一から十まで説明して欲しい人と、一を示せば十を知る人とに合わせて、教え方を調整できたりするのです。あなたは他の人の強みをとても鋭く観察する人なので、一人ひとりの最も良いところを引き出すことができます。この個別化という資質は、あなたが生産性の高いチームを作ることにも役立ちます。完璧なチームを作りに当たり、チームの「組織構造」や「作業手順」に着目する人もいますが、あなたは優秀なチーム作りの秘訣は、各自が得意なことを充分にできるような、強みに基づく配役である、ということを本能的に知っています。着想あなたは着想に魅力を感じます。では、着想とは何でしょうか? 着想とは、ほとんどの出来事を最もうまく説明できる考え方です。あなたは複雑に見える表面の下に、なぜ物事はそうなっているかを説明する、的確で簡潔な考え方を発見すると嬉しくなります。着想とは結びつきです。あなたのような考え方を持つ人は、いつも結びつきを探しています。見た目には共通点のない現象が、何となく繋がりがありそうだと、あなたは好奇心をかき立てられるのです。着想とは、皆がなかなか解決できずにいる日常的な問題に対して、新しい見方をすることです。あなたは誰でも知っている世の中の事柄を取り上げ、それをひっくり返すことに非常に喜びを感じます。それによって人々は、その事柄を、変わっているけれど意外な角度から眺めることができます。あなたはこのような着想すべてが大好きです。なぜなら、それらは深い意味があるからです。なぜなら、それらは目新しいからです。それらは明瞭であり、逆説的であり、奇抜だからです。これらすべての理由で、あなたは新しい着想が生まれるたびに、エネルギーが電流のように走ります。他の人たちはあなたのことを、創造的とか独創的とか、あるいは概念的とか、知的とさえ名付けるかもしれません。おそらく、どれもあてはまるかもしれません。どれもあてはまらないかもしれません。確実なのは、着想はあなたにとってスリルがあるということです。そしてほとんど毎日そうであれば、あなたは幸せなのです。

      65
      テーマ:
  • 06 May
    • 「楽しいことの共有より、苦しいことをいかに乗り越えたか」じゃないかな。。。

      人は誰だって、楽しいことのほうが、苦しいことよりもいいはず。誰だって、苦しさから逃げたいと思うはず。だけど、楽しいことを一緒に経験した人よりも、苦しいことを一緒に乗り越えた人のほうが、関係が長く続くような気がする。苦しいことを乗り越えることで生まれる絶対的な信頼感。「この人は、自分のことは絶対に裏切らない」という気持ち。もちろん、好んでつらい道を取りたくはないけど、つらい道を取るべき時もある。すべて目の前に起こる現象は、「必然」と考えると、つらいことも、楽しいことも両方おこる。だからこそ、つらいことをネガティブにとらえずに、前向きにとらえて乗り越えていきたいと思います。ちょっと、支離滅裂なブログですが、今起きているつらいことを乗り越えるために、整理して書いてみました。ああ、やはり、つらいことからは目を背けたくなりますね。でも、がんばって、乗り越えます。

      23
      テーマ:
  • 25 Apr
    • 考える

      誰にも平等なもの「時間」最近、時間の使い方が変わってきました少しでも一人で考える時間を持とうとしています今までは一人で考えることが嫌いで、ついついテレビをつけていました何もしない時間不安で仕方なかったのです暇があれば仕事をしていました今は考える時間を作ろうとしていますと言っても深く考えているわけでなく頭を空っぽにするということが目的かもしれません頭を空っぽにするって、すごくむずかしいですけどね自分の内面に向き合って、無意識の自分の能力を少しでも引き出したいな、と思っています

      14
      テーマ:
  • 11 Apr
    • プライドって

      起業するということは自由になることだと思っていました。嫌な人とは仕事をしなくて済む。。。嫌な仕事は受けなくて済む。。。気の合う仲間とだけ働ける。。。そんな訳がありません。謝りたくない時も謝らないといけないし、我慢だってしないといけない。サラリーマン起業家も変わりません。なんだかそんなことに気づく出来事がありました。なんだかちょっと自分の気持ちが軽くなりました。プライドっていう重しなんか脱いでしまった方がいい。そんなことに気づきました!

      15
      テーマ:
  • 07 Apr
    • 言い訳をしない

      どんなことがあっても、絶対に言い訳をしないと心に誓っております。どんなこともミスはミス。絶対に言い訳をせず、お客様にお詫びをし続けたいと思います。ピンチチャンスという人いますが、そんな事は後から振り返った後付けの理論。何も求めずひたすらお詫びだけ。絶対に言い訳しない。これからお詫びに行ってまいります。

      7
      テーマ:
  • 14 Mar
    • 永く働くということ

      わたし、一つの会社で長く勤めた経験がありません。最長でダイエーとパソナの4年です。今となっては、多くの会社での経験が自分のビジネスに役立っています。そんな中、当社の社員が5年勤続を迎えました。入った頃はビジネス経験もほとんどないヤンママだった彼女は、今では取締役として会社を支えてくれています。会社の良い時、悪い時、すべてを笑顔で乗り切れたのは彼女の存在がとても大きかったです。これからも永く働いてくれる環境づくりをしていきたいと思います。岩澤優花さん、ありがとうございます。

      21
      テーマ:
  • 22 Feb
    • 新しい取り組み

      最近、どうも怒りっぽいなあ、と感じております。これも、年の影響なのでしょうか。。。今までは自分の年齢など、考えたこともなかったですが、これからはそうもいかないだろうと思います。特に健康について。健康を失ってから健康の大切さに気づくのでなく、今から気をつけないといけません。そういう意味で今年はちゃんと座禅に通って心を整えたいな、と思います。このままだと頑固オヤジになっちゃう。。。

      18
      テーマ:
  • 31 Jan
    • モヤモヤする。。。。

      いま、とてもモヤモヤしています。今年が大殺界3年目、今年一年は流れに逆らわず生きて行こうと考えています。自分の生きて来たことを振り返ると、そこはいつも積極的に人生を切り開く自分がいました。流れに逆らっても自分がやりたい事をやって来ました。今は流れに逆らわず生きて行こうと考えています。若いうちはそれが「受身」と考えていました。今はそれを「成熟」と捉えようとしています。自分の生き方と違うこの生き方はとてもモヤモヤします。しかし、こんなモヤモヤこそが成長なのだと思っています。大殺界の流れに身を任せ、頑張らずに生きて行こうと思います!

      13
      テーマ:

プロフィール

重松 正弥

性別:
ただのデブ
誕生日:
1972年4月27日
血液型:
AB型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
【プロフィール】 1972年神奈川に生まれる 1996年 早稲田大学理工学部卒業 ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。