受講生の感想

テーマ:

音声心理士講座を受講して

 

 

声診断のすばらしいと感じるところ

 自立を促す流れが、システムとして出来上がっている。

 「自分の才能を伸ばす」「ストレスから解放される」といういずれの目的についても、誰かに頼ったり、周囲を変えようとするのではなく、自分がやるべきことが示される。

しかも、その答えが自分の中(声)中から出てくるので、クライアントは、みな魂レ

ベルで納得しているような手応えがある。

 

声診断を学び始めて起きた、自分の変化

 今までは、人の話を聞いたり文章をチェックしたりすると、「修正すべきところ」に意識が集中していたが、声診断のメソッドで「最初は徹底してクライアントの良いところだけを伝える」というリズムをシステム的に叩き込んでいただいたので、何事もまず良いところを見つけるクセがついてきた。

 また、今まで「苦手だな」と思っていた複数の人の診断をさせてもらったことで、いかに、その人の真意を理解せず、自分の思い込みで人を判断していたかがわかった。

 自分が理解できていないだけで、人は、誰もがすばらしい資質を持っていると心から思えるようになった。

 

声診断への信頼

 声診断への信頼は、学びが進むごとに深まっている。

 学んでいる途中に、「会社で人間関係のトラブルが起きた」「自分の体調や気持ちが1ヶ月以上も上向かない」といった問題に直面した際、青木先生に「そういう時こそ、波形を取ってみるべき」と言っていただいた。

 自分では、「こんな収集のつかない状況を、声で解決するのは難しい」と感じたが、どちらも見事に原因がわかり、処方箋も出た。そんな体験を通し、声診断の実力を知ることが出来た。

 

青木先生に学んだこと

 声診断のメソッドだけでなく、自分の仕事や家庭での悩みについて相談にのっていただき、最初は授業と関係ない話を聞いていただいていいのかとためらいを覚えたこともあったが、先生が与えてくれた「気づき」のすべてが、学びそのものだった。

 また、本の販売が伸びずに悩んでいたところ、「その本を読んだらどんないいことがあるのか、イメージできるキャッチコピーを」とアドバイスいただき、チラシを作ったところ、今までにない販売の伸びを実感中。

 「人間の成長」「経済的な結果」の両輪を回せる人は、中島先生や青木先生以外、あまり出会った記憶がない。

 

その他

「瞑想」「客観視を鍛える」など、クライアントにどうアドバイスしていいものか悩んでいると、ちょうど自分がその状況に置かれたり、関係ないところでヒントが学べたり、シンクロを山ほど経験した。

受講途中、声診断の素晴らしさを実感するにつれて、自分の実力のなさとのギャップに、心から自信を失ってもがいたことも含め、自分の苦労がセッションでの手応えにつながったと感じることが本当に多かった。無駄なことは、何一つ起こらなかったと感じている。

 

 声診断を学んで、自分の人生にとって、どれだけプラスがあったか、表現しきれない。

中島先生に声診断を学ぶことを勧めていただいたこと、青木先生に指導していただいたこと、心から感謝いたします。

 

 

 

AD

音声心理士養成講座を受講して

                                                                                                 

 

2017116日より、音声心理士の講座を受講開始しました。

初めて声診断に出会ったのは、昨年春に受講したヴィーナス塾にて。実は、その時は、あまりピンとくるものではなかったのですが、手法そのものよりも、ピンと来ていない私が嫌な気持ちで帰らないようにフォローしてくださった有唯先生の真摯な姿勢の方に感銘を受けました。その後、少し思い至ることがあり、改めて青木さんのセッションを受けたところ、ヴィーナス塾での私の波形は、むしろその時その場での私の心持ちを如実に示していたことがわかり、興味を持つようになりました。

 

当初は、自分が今行っているホリスティック療法(クラシカル・ホメオパシー、ジェモセラピー、望診と食養、フラワーエッセンスなどを総合的に取り入れたもの)に来てくださるクライアントさんのBeforeAfterを可視化できれば良いな、という思いで始めましたが(クライアントさんは、良くなると喉元過ぎると熱さ忘れてしまい、自分の悪かった状態を忘れてしまう傾向にあるので)、学ぶうちに、この手法はもっと深く使えるものだとわかるようになりました。自分自身を深く掘り下げていくことにはまだ抵抗があるけれど、自分のことを知りたい、という方々向けの、少しハードルの低いコースとして取り入れられるかな、と思い至るようになり、ワクワクする気持ちが膨らんでいます。

 

このようなすごいツールを持ってしまうと、人はとかく自分がすごい人だと思ってしまい勝ちですが、プラクティショナーが最も大切にすべき心、心得の部分を丁寧に時間をかけて学ぶカリキュラムであることも、嬉しかった点です。わたし自身、長いことプラクティショナーをやってきた中で、自己内省の重要性を実感したり、時に手痛い体験から学んだりして来ました。他の学校にて手ほどきを受けたものではありますが、繰り返し自分の内面を見つめなおしたり、本質はどこにあるのか、ということを探求することで、おのずと感謝の気持ちが沸き上がってきたり、道が開けてくることを何度も経験しています。繰り返し繰り返し同じようなところでつまづきながら、それでも努力を怠らなければ螺旋状に少しずつ成長していくものと信じていますので、今回この機会に再び自己探求の大切さ、謙虚であることの重要性、そして全てのベースに愛がなくてはならないということを学べたことは、意味のあることだと思っています。

 

自分は、視覚の人間だと思っていたのですが、思いの外「聴く」ことをこれまでも大切にして来たのだと言うことに気づけて嬉しかったです。

 

ホメオパシーやホリスティック療法のセッションを行ったり、様々な講座を開いている中で、わたしが大切にしている「人それぞれの異なる彩りは、それぞれが美しい」と言うことが、この音声診断ととてもリンクします。

わたしなりに、この手法を取り入れ、自分のセッションをより豊かにしていきたいと思っています。一人でも多くの方が、自分の声、自分のことが好きになり、自分に対してOKを出せるようになるお手伝いができたなら幸せです。

 

最後になりましたが、この手法を立ち上げてくださった有唯先生、根気強く丁寧に、そして楽しく指導してくださった青木孝子さん、本当にありがとうございました。

AD

「音声心理士講座を受講して」
初めて声診断をしていただいた時の、楽しい、ワクワクした気持ちを覚えています。
その反面、どの程度正確に波形が取れるのだろうかと、疑いの気持ちもありました。
失礼なことに、始めはそんな気もちのまま講座を受講していました。
受講中に自分が何度かセッションしていただき、自分の最もやりたい仕事の話をしていた時、ずっと同じ波形が現れていました。
レッドだけが出ていない、行動に移せていない、その波形を見た時に腑に落ちました。この声診
断というものを信じて学んでみようと思えた瞬間でした。
そこからの勉強はとても楽しいものでした。
中心にいられるように生きたい、自分の核のようなものに近づいていきたい、今までずっとそん
な気持ちで生きてきたため、自分の内面はなるべく見つめてきました。
ですがここ最近、仕事、プライベート共に辛い日々が続き、自分の現状を冷静に見ることができ
ていませんでした。
今の自分の苦しみから抜け出したいのに抜け出せない、ぐるぐるとした日々でした。
そんな時にこの声診断に出会えたことに喜びを感じています。
誰の言うことも聞きたくない、わたしに何も言わないで欲しい、そんな思いでしたが、自分の声
がそう言っているのだったら聞くしかありません。
ああ、いまわたしはつらいんだな、そのことを見つめることができたことは大きかったと感じて
います。
声診断の、視覚的に自分で確認をさせてもらえるところがとても気に入っています。

AD

昨日、音声心理士が誕生いたしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「音声心理士講座を受講して」

 

初めて声診断を受けたとき、自分の話す内容に対応して、画面上に現れた分析結果をもとに、言葉で表現しきれなかった心の中のことも含め、引っかかっていることを言い当てていただき、そのスピードと正確さに、とても驚きました。

カウンセリングなどを受けるときや、人と話すとき、いつも、自分が伝えたいように相手に伝わっているか?気になっていましたし、伝わっていないような違和感を覚えたとしても、それを言葉で表現することができず、もやもやとしていましたが、声診断にはそれがなく、自然と腑に落ちて、素直に処方箋を実践しようという気持ちになれたのです。

その後、何度かセッションを受けるうちに、ストレスの時の思考パターンがだんだん見えてきて、何かがあったとしても、パニック状態になったり、感覚をシャットアウトしてスルーする、というようなことが減っていき、心の状態が安定していきました。
そして、今自分が本当にやりたいこと、伝えたいことはなんなのか?に深いところから気づくことができ、そのために、声診断できるようになれたらいいなと思いました。

ですが、素晴らしいツールと思いながら、自分がセッションギバーになることは、とても難しく感じていました。
勉強を進めていても、理解できてすっきりしていくこと、理解できたからこそ難しくなること、両方出てきました。
単なるスキルを学ぶのではなく、生き方そのものを考えさせられ、実践していく講座の内容だったからです。

特に、モニターセッションを重ねるうちに、これまで人間関係において避けてきたことに何度も直面し、その度に同じ思考パターンに陥る自分にがっかりしました。
それでも、興味を持っていただける方が多く、思っていたよりもはるかに短い期間で課題のモニター人数を終えることができました。
いろいろな方とお話しすることで、知らなかった世界を知ることができたり、自分とは違う思考や背景を持つ方へ、どんな言葉を使ってお伝えしたらいいのか、大変勉強になりました。
そして、喜んでいただけたときは、とてもうれしく、今振り返ってみますと、
最初の頃よりは、受けた方自身の気づきにつながるようなセッションができるようになったかなと、少し手ごたえを感じています。

これまで自分が、体感を通して感じていたこと…
どうしたら心と身体がゆるみリラックスするのか、なぜそれがいいのか、バランスをとることの大切さなど、
自分らしくお伝えしていくスタートラインに、やっと立てたと思っています。
まだまだ思うようにできないことも多いですが、受講中経験させていただいたことを、これからの糧にしていきたいと思います。
ご協力してくださったモニターの皆様、いつもまっすぐ気づきへと導いてくださった青木先生、どうもありがとうございました。

 

 

音声心理士講座を受講して

音声心理士を受講するキッカケは声診断を体験したことでした。             

私自身、オーラソーマで色と心理の学びをし、カウンセリングの勉強をしてきた上で、声診断がごまかしようの無い深い気づきを与えてくれるツールであると感じたことからでした。    

 実際に受講してみると、オーラソーマでも出てくる言葉を違う角度から解説してくれることで理解出来ていなかった言葉の意味が腑に落ちることが多々ありました。           

また私自身もカウンセリングを受けることで自分の内面を見つめる楽しさがありました。   

ナチュラルトーンでは自分の個性、長所、短所、大切にしていることを知りました。               

ストレストーンではストレスパターンを知ることで、ストレスを楽しみに変えられることを知りました。                                       

リラックストーンでは自分が進むたい方向へのやる事が見えてきました。自分がリラックスしている時の声の周波数が、魂が望むこと、魂が自然体でいられる場面を教えてくれると感じました。  

講座を受けての一番のギフトはストレスとの距離の取り方を教えてくれたことだと思っています。心理を学ぶ以前の私は感情が分からない麻痺状態でした。そこから感情を見る大切さを知りつつ、感情に翻弄される苦しさを通過してきました。自分のストレスパターンを知ることは自分を客観視しストレス状態の感情をもコントロールし、結果としてストレス状態から早く脱却するすべになりました。また色々な人がいることを強く認識できたこともストレスを回避するために有効でした。それぞれ考え方に違いがあることは分かってはいるつもりでしたが、波形の違いを目で見ることで、「分かってもらえない」のではなく、お互いに理解しにくい思考のパターンを持っているだけと思えるようになりました。                           

 今後は多くの方に声診断を知っていただき、自分を見つめる楽しさや自分を客観視しコントロールすることで楽になることを実感して頂きたいと思っています。モニター診断をしている中で、波形としてパソコン上でデータ化している声診断は、従来のカラーセラピーのように女性だけではなく、男性にも受入れやすいツールであることを強く感じています。「カウンセラーの主観が入から」とカウンセリングを敬遠する方も「面白い、確かにそう」と納得されていました。これは私の説明が饒舌ではなく、単語で伝えていたことで私の主観を感じなかったからかもしれません。  まだまだ、話しを聴いてどの色の話をしているのかの判断も覚束ない状態ですが、クライエントに合わせた話し方を心掛け、頭で聴くのではなく、ハートで聴くことを心掛けて取組みたいと思います。