自宅を手作りDIYでリフォーム始めてます。
仕事の休みや夜とか 合間見ての作業なので ちょこちょこですけど・・・・(;^_^A

作品の数々をここに残しておこうかなと思いまして^^;

店舗造形・お住まいの改造屋で特にアート要素が強いかもです。

旧ブログは一部機能不能になってしまった為

こちらに引っ越してきました。

過去の作品 旧ブログ記事は こちらから→ ONPU


ONPU









Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2016-06-09 06:14:52

コラムスタンド 花台 オーナメントDIY

テーマ:お花・ガーデニング



花台としてコラムスタンド・ローマスタンド作りやした^^

まっ ちょいと中・大型オーナメントと言ったところでしょうか

簡単にですが 仕事の合間に作ってました^^




デザイン的には シンプルなデザインでの造形になってしまいましたので

単なるコラムスタンドですね^^;;;

装飾造形にて アトラスやカリアティード(男神・女神)など豪華な物とは程遠く

短時間でサクッと造形したので 本当にシンプルです・・・・○rz




内部骨組みは オールステンレス 天板にポットホールを用いたので

鉢がスポッと入り固定される感じにしたので 常にコラムから花って感じですね^^

元々 コラムが重く重心荷重があるものなので 大鉢の重量物が乗せられるのですが

オイラは コラム全体に荷重がかかる様にしたので鉢苗重量もコラムの一部になり

コラム自体軽く作って見ましたよ^^

まっ 不安定だと倒れやすい要素をクリアーする為ですけどね

なので 一般的な コラムスタンドは 安定性を求められるので重い物が多いスけどね


徐々に お花を咲かせ始めてます。




PW苗 スーパーベルダブル (カリブアコア)3年目の苗の差し穂更新

一苗からではなく 数本の差し穂にて仕立ててあるので ピンチにて大株にしても負担がすくないかと思われ・・・

2015年の秋から差し穂しながら作ってたので ある程度の大きさになるまで咲かせませんでした

この壁が90cmなので 1メートルを目標にしてたので そろそろ咲かせようかと^^

 
3月から仕込んでいた 八重咲きぺチュニア




タキイオリジナル苗 ドレスアップ 八重咲きぺチュニア 大輪種のネオになりやす

3種類のお色のネオを仕込んでありやす^^

これも そろそろ咲かせようかと思いましてね


 



花径9cm位 中輪種の八重咲きと違い 巨大輪種の八重咲きは 見ごたえがありますね


ガッチリ側芽を増やしましたので 楽しみス♪

タキイ一押しの絢爛華麗な高級感のある八重花と言ってるだけの事はありやすね

八重咲き カリブアコア・ぺチュニアに続き 更に八重咲き苗購入^^





サントリー苗 ソワレ 八重咲きニチニチ草 



まだ一輪しか咲いてないですが ソワレのピーチは今年の新作になりやす^^











PW苗 スーパーチュニア ビスタ

咲かせ始めました これだけ側芽を作っておけば 後々安心かと思って^^

気温が上げるとどうしても成長も早まり 枝間が長く徒長気味になりやすいので

6月までは 我慢・我慢・・・忍耐で 側芽作りに専念ですね

それか 咲かせて夏前 この時期にカットバックすかね

ペチュニアは成長が早いので まだ間に合うかと思われますが

寒い時期からの苗作りみたいに密にする事は難しいすけどね

成長が早い→間延び これは今の時期からは避けられませんので

ギリギリまで 咲かせない努力なんすよね ><b

あっという間に スカスカのぺチュニアになってしまうのは 気温の成長が早いせい

栄養系は肥料をまめに・・・・とか常識でしょうが ここでチッ素をカットしとかないと

数日で 間延びでしょうから ガーデナーさんの腕の見せどころの季節でもあるだろうな・・・

なので オイラは 委託管理は3つの苗でローテーションしてやすが

それでも 追いつかなくなってますね ぎりぎり何とか制御可能範囲てな感じス><;

ONPU






2016-06-05 06:52:27

100v 井戸ポンプDIY 

テーマ:作った物




Just The Way You Are (Bossa Version) - Marcela Mangabeira







最近 お花をかまって上げられなくて ボサボサになってしまったり 

まっ 仕込んであるタピアンが出てきたら揃えて形を整えるつもりではあるのですが^^;


以前 使ってた100v井戸ポンプをお庭まで引いて見ようかと ちょこちょこいじってました^^

かなりの年代物なので 修理が必要で この機会に オーバーホール&リペア^^







流石に昭和の物は 作りや構造が単純でたすかるわっ~^^

オイラ的には 現代の電化製品より 古い電化製品の方が 直せる確率が高いので

古い不動品とか 弄るのは嫌いではないのですよね

もしろ 変な闘争心に火が付く・・・・ってなノリかも ○rz





直って当然なのですがね これでブログ記事にするわけもね~でしょ^^

ここまでは 余興的な感じで 本題はこれからすね




井戸ポンプのカバー DIYてなノリになりやしてね

素材は FRP ♯380番 ガラスクロス2層 ワイン樽をイメージ




塗装完了 ここからが これからの予定で 樽にそれっぽい銘柄や年代をペイントする感じになるかと思われ・・・・

樽の上部は 物が洗えたり 排水機能を取り付けやした

白い部分がそうなのですが 分かりにくよね><;

これで オイラのガーデンに手動のポンプと電動の井戸ポンプが揃うわけよ

どうしても 外観は損ねたくないので 古いワイン樽ってな井戸ポンプDIYス

ここまでが 今現在作ってる お庭ガーデンDIYになりやす^^

完成まで もう少しすね^^



ロベリアの花が咲きだして来やした^^




以前に ピンチしたロベリアで サントリーのアズローコンパクトになりやす

ロベリアは 管理苗まで含めて 合計8鉢 これは そのうちの1つで

一番 花数が多いと思われますね






自分で言うのも何ですが これを超える苗のロベリアは見たこと無いス

だってこのロベリアここまでするのに 一年かかってますので

昨年の今頃かな・・見切り品で購入したロベリアをピンチしたのですが

開花タイミングが真夏~秋になって 昨年 開花させるのをやめて 切り戻し後

コンサバトリー内で越冬 なので 丸1年かかってやっと咲かせた感じス^^

花数=枝数なので 枝数を増やす努力の日々・・・・長かった

今年のロベリアは 今現在こんな感じ






お花管理の委託ご依頼の 病院のロベリア 何週間後には この倍の大きさになると思いやす^^

実は オイラのロベリアより好ましいのですよね

ピンチにて 花枝の密度は上がりますが 一回のピンチで十分なので

これ以上の密度の濃い苗にすると これからの管理が大変になりやすね

元々 蒸れに強くないのよ ある程度の風通しが好ましいので

オイラのロベリアは ある意味 今からの季節は自殺行為に近い位 管理がややっこしくなる訳で

多分 扇風機導入になるかと思われ・・・○rz

では 素敵な休日を~^^

ONPU



2016-05-31 04:31:01

ONPUガーデン 梅雨なので土壌改良 

テーマ:お花・ガーデニング




(ジャズver.) When You Wish Upon a Star

梅雨が来る前に カビ菌や蒸れ対策の為に 刈り込みや切り戻し&土壌対策と

何となく今の時期は 花を咲かせるより 咲かせない努力の日々ス><;

地植えを刈り込み 培養土を表面ですが入れ替えたりとしたのですが

このチャンスに 土壌に菌を送り込み土壌改良ス^^

まず 土壌の中に好気性菌・嫌気性菌(こうきせいきん・けんきせいきん)を送り込みやす^^


好気性菌は 酸素呼吸しながら有機物を分解するタイプの菌

嫌気性菌は 酸素があると生育できない 嫌気性菌 


平たく言うと 表層は好気性菌が多いが 下層は嫌気性菌が主になる

この菌類を送り込み 土壌の改善を行ってもらいやす^^




まず 好気性菌 ペットボトルには 前日 納豆数粒を入れて置いた物です^^

繁殖力が強く30分ごとに倍に増えるみたいで 1日で凄い数になりやすね

砂糖・ヨーグルト(乳酸菌)ドライイーストなど入れて培養すると更に強い濃縮液になりやすね

参考には えひめAIなどで検索なされてくださいませ^^ 

この納豆菌が 病原菌の棲み家と増殖を抑制 って言うかやっつけてしまう訳で

糸状菌(カビ)の細胞膜をたちまち 分解してしまう訳で 更に増殖を繰り返す^^

それには 好気性菌なので 絶対的に酸素が必要になりやすがね^^





オイラは 作った納豆菌に酸素を送り込むのに たまにペットボトルを振ってやした^^

茨城に住んでいて 納豆菌を使わない手はないでしょうが^^

ちなみに 納豆菌は熱湯でも死にません 100℃でも平気なので

納豆をお湯に通した液でもOKです。

下は マイナス40℃位まで平気だと思いやした 多分・・・






そして 更に500倍~1000倍に薄めてジョウロで撒くって至ってシンプルw

土壌に散布された納豆菌が カビ菌と戦うわけよ 糸状菌の糸状をまず分解

そしてカビ菌の住処を乗っ取り あっさり鎮圧 

病気予防や土の団粒促進等をもたらすのですが 

納豆菌は 好気性菌なので空気が無いと 絶対に増殖 いや生息不可能

そこで こないだ投下した 団粒構造のゴールデン培養土の全てが棲家となる訳よ^^

このお庭は 全て ゴールデン培養土を使って居るので 凄い効果的なんす^^

とは言っても 長年使って居ると土壌内部は重みで潰れて来るので

深さ30cmから下は 普通の培養土並の酸素の量かも?

まっ 土中に酸素がある領域には 腐敗菌・カビ菌がいなくなる訳なので

根腐れとか ここ何年かなった事が無いスね 当然か^^;

さて 深さ30cm以下の 酸素がほぼ無いと思われる土中ですが ここにも菌を送り込みやす







嫌気性菌は 酸素があると生育できない 嫌気性菌なので酸素がないところに住み着きやす

そこで 土中深くにこの戦士達を送り込む訳ですが・・・・

ONPU様 オリジナルで作りやしたよ 凄いのをね

想像を絶する 地中 瞬間移動装置とも言いますか・・・



これ見て間違っても トイレのシュッポン シュッポンと思わないように。。。

深さ30cm以上は ラクラク ズッぶっと入り 戦士達を瞬間に送り込みます^^



これで 土中に最強戦士達を送り込みやした

好気性菌・嫌気性菌(こうきせいきん・けんきせいきん)については 内容が深すぎて

一概にここで説明しても へたれ頭脳のオイラでは無理なので

ネット検索してくだせ・・・・・○rz


諸物を枯らしてしまう 育たなかった・・・・もろもろ拝見しますけど

条件揃えるだけの事をしてダメなら 次の対応策も練れるのですが

植物には水か土しか住める場所がないんです・・・

植物は態度で応えてくれると思いやす。

環境を整えるのが ガーデナーであり 育てる側の愛情かも・・・・?

あっ~植物と会話出来る人間になりて・・・・神の領域に近い気がして来た><;




摘葉について質問を頂いたのでやってみました^^






今回 カリブアコアで説明しやすが・・・

葉の枝元に小さな側芽がある場合ですが 大きな葉を摘葉する事により

側芽の成長の育成補助と徒長を防ぎ花数を増やす役目ですね



こんな感じで摘葉してやす・・・・オイラの場合ですよ^^;;;



何日か前にピンチをしておいたので 側芽が出ています。

植物は 頂芽優勢なので あっつ 頂芽優勢 (ちょうがゆうせい)とは

植物の茎の先端にある頂芽の成長が側芽(腋芽)の成長よりも優先される現象

なので ピンチをすると サイドカイニンホルモンが側芽に移行するので

今まで出てた葉の脇わきに側芽が生まれますので 生まれた側芽を育てる感じすかね



サイドカイニンとは 花咲ホルモンで 常に頂芽に居るので 側芽に移行させて

枝数が増えると共に花数が増えるって訳で 今度は 栄養を側芽育成の為に摘葉ス



そうする事で 何日かで側芽が大きくなりやす

ハサミのマークは 摘葉にて葉のカットした場所

え~と 今回質問を頂いた方が持っている植物 同じ苗で説明致しやした。

このカリブアコアは 某有名メーカーさんの数量限定コラボ苗なので あまり出回ってないです。

茨城数箇所での販売でしたが そのうちの2箇所 オイラが全て買い占めました^^

って言いましても このお色の苗は少なくて 2箇所で数を揃えた感じス

完全這い性型カリブアコアで 覆いかぶさります。

なので より摘葉にて枝元に葉が差し込む様にしないといけないので

カリブアコア自体 ペチュニアと違って成長が遅い植物なので

マッタリと育てる事が出来ると思いますので 気がつけば摘葉する感じで良いかと・・・

カリブアコアは 成長が遅い分 切り戻しは避けたいので 最初が肝心で

徒長させないで 枝間を狭く育てないとなりやせん これ後々に響いてくるので

陽のあたる場所で摘葉して苗の小さいうちに数を増やす作業なのでちょっと細かい作業かも・・・

出来ればですが ある程度枝数が揃うまでは 元肥は普通でも 追液肥には窒素分の少なめの物をお勧め致しやす。






 





オイラが委託管理してるPW苗 スーパーチュニア ビスタが1m超えました^^

メートル超えがちょっと早すぎって気もしないでも無いのですが・・・・

側芽は作ってあるのですが 花数で株元に陽が当たらなく徒長が気になる・・・

1度 思い切り摘花 摘蕾するしかないかも><;

側芽を増やしながら大きさを維持させながら成長を一時止める方法もあるんですけどね


そろそろ2号機の出動準備させといた方が吉かと 




コンサバトリーのハンギングラックを作り直しました^^


強度が不安になってしまって 2個を合体して重量に耐える様にしやした^^



仕込み過程の苗なので 今は とある事情で商品名明かす訳にいかないのでスンマセン

完成までお待ちくだされ・・・・○rz

苗が大株になると それだけ重量も増してくるのよ

ハンギングチェーンも不安になって来たので交換したほうが吉スかね><;

委託管理は咲かせないとなりませんが 自宅ガーデンは 今は咲かせない努力ですね^^ノシ

ONPU


2016-05-13 00:01:40

お稲荷さんのお社修繕

テーマ:お仕事


ご依頼の お稲荷さまのお社 御神体 宇迦之御魂神 うか様のお社制作



Inari, Konkon, Koi Iroha [いなり、こんこん、恋いろは] Main Theme: Piano Cover | "Itsumo, Kokoro ni, Aoi Sora"





まだ細々な飾りを作りたいのですが 取り敢えず形になりましたのでブログに残そうと思いやして

金糸布をFRPでラミネートした扉です。

神様の御前には座敷すだれがよく使われているので 扉内側に竹すだれを使用しました。

お稲荷さまの神様が 女性の神様なので 女性的な扉に作って見ました^^





ドアもオープンロック機能を採用したので 90°の角度でロックされ

扉を閉める力でロック解除される感じス

見えない細部に便利な現代の機能を設けて 内部3段のひな壇になってるのですが

2段目に収納扉を作り ローラーベアリングにて開閉出来る様に

最近の物は 目に見えないところに忍ばせたので 

表からは見えないので 使ってスムーズ感が分かる感じすね^^





宇迦之御魂神様の使い 白狐様相当の年代物で あちこち御労しいお姿になっていたので

お直しをしてみました。



このお狐様は 先々代のご当主様が 伏見稲荷から この地に連れてきたお狐様らしい

修繕してみて 木に紙が貼られて石膏で作られてました。

この画像は造形中の画像ですが 全体に紙と木部が剥離してまして

お直しにて形を作り直しやした。




左右2匹の白狐様のお直しになりやして 

2年に一度のご依頼になるだろうか・・・祭典物のお直し修復・修繕・制作

古い物だと江戸時代の物とか 何故かオイラのところに神々がお越しになりやすね

現存させるのが オイラの役目なんだな・・・と思う時がありやすよ

無論 大切に扱われてる物ばかりなので 次のお直し時期には オイラはこの世には居ないだろう

次の世代に いや何世代先の職人さんに託しやすぜ^^ノシ

この記事が何十年先まで残ってるかは分からないが オマイなら出来る!! と書いておく^^

さて 先日お社の基礎をモルタルで土台を固めましてね

枠組みをしてモルタルを流し込みまして それが 凄いハードな作業で・・・・

そもそもこのお社は 高台の中腹に神社がありやして 階段にてここまで登って来るのですが

砂・セメント・砕石・水・・・全て担いで運ぶしかないので

準備するまでに既に足腰がガタガタになりやす・・・・><;

オイラ一人で作業してるので 総重量約700kg以上のの材料を 何十回に分け登るわけよ

フラフラな状態から仕事モードに奮い立たせる様な作業ですた><;

でも お社に居る時間が楽しくてね 早朝早くから夜遅くまで作業してましたね

そいでもって楽しさあまりに オイラの得意技をやってしまいやして 







モルタル造形 セメント打ちっぱなしだと 何か味気なかったので

お堀で見かける積石ぽく造形してみやした^^




ガタガタの体も モルタル造形になれば楽しくてね 自然と疲れが吹っ飛ぶのよ^^


そいでは オイラが修繕する前のお社





修繕工事にて作り直したお社



今回 こんな感じですね ここは電気がありやせん

当然 電動工具とか使えないので お社本体の造作は 手ノコギリ一本で作り上げました。

幸い 充電式インパクトドライバーが使えた事はありがたかったス^^

昔の職人さんってこんな感じで作ってたんだな~って実感しやしたよ

正直 3ヶ月前にここに来たオイラを見て ノコギリだけで作れるのかよっ!!

と 誰もが見ていたと思う そんな噂も耳にしていたからね 

だんだん形が出来て来ると 周りの見る目も変わって来ましてね

この職人 マジか? ってね 

オイラは至って真剣です。

電気が無ね~なら 無いなりに昔の職人さん達のスタイルに戻れば良いと思ってましたからね

完成に近づき 見に来る方々も多くなり始め コーヒーとか差し入れしてくれるまでになりやして

ここのご近所さんと 本当に仲良しになりやしたね

時間が空いた時とか 掃き掃除や草むしりしたり 境内の低い地盤に砕石をひいたり

境内でお仕事させて頂いてる以上 当然の事と思ってやってた事なのですが

地元の方々には 形が出来る工程を楽しみにしてくれるまでに頂きやした

オイラ自体 負けず嫌いってとこもあるんすけどね

最初は 端から無理と決めてしまう職人と オイラを同じ天秤に乗せて物事語ってんじゃね~よ

と 心の中では ず~と思ってましたよ 

それでもって 勝手に闘争心とか勝手に作って ひたすらノコギリを引いて居たんだと思う

後から考えると 闘争する相手とか存在しないのにねw 

気付いた時は 自分との戦いなのに・・・・(#^.^#)オカシイヨネ

神様は 乗り越えられない壁は与えないってよく耳にするからね 

それって本当かもしれない^^ノシ

ONPU


当初 宮大工シリーズの朗読を聴きながら仕事してました。

怪談朗読なので 怖いって思う方はスルーしてくだせ



怪談朗読【宮大工シリーズ・オオカミ様の神社の修繕】


 


2016-05-08 04:17:34

サンパラソル 新作 エンペラーズクレムゾン

テーマ:お花・ガーデニング


サントリーのサンパラソル 2016年新作 エンペラーズクレムゾン入手しやした^^

今月から発売開始って分かっていたのですが 偶然にも遭遇してしまったのでゲットです。

タイプ:キョウチクトウ科マンデビラ属の非耐寒性常緑つる性木本

(デブラデニア・マンデビラ)とか別名の植物

多分だけど エンペラーズクレムゾンって 海外で2014年から発売されてる Sun Parasol® Red Emperorだと思う・・・?

以前ほどでも無いが ちょっと前までサントリーさんの商品は 「サ」で始まる商品が多いのですが

例えば 

サフェニア これは ペチュニアのサントリーの商品名スね

よく聞かれるのよ ペチュニアとサフェニアってどう違うの?って サントリー商品名ス

あとサンパチェスは インパチェスとか





今回の新作 エンペラーズクレムゾンを ビューテイと比較

左:サンパラソル ビューテイ 右;サンパラソル エンペラーズクレムゾン

葉の大きさが全然 違いやすね ジャイアントの新作はビアの葉の様に大きいス

ビューテイのツルが 2mなのですが エンペラーズクレムゾンは 3mオーバーになるらしい

根の発育も以前のサンパラと異なるかも?

って サンパラは 根の発育がゆっくりだった比べてジャイアントは 発育が早くなってるかもって言う話

そいじゃオイラが確かめて見ますか・・・てなノリで底面給水にて確かめて見ることに



元肥として いつもの・・・・ってこれしか持ってません 

色々試して 最終的にこの2つになりやした。

元肥って季節に左右される物もあり 年間通して使えるのでこれになった感じ

特に梅雨時とか カビが発生するので 色々と試して最終的に残ったアイテム^^





底面給水 給水水量が約400cc オキシベロン(発根促進溶液)1000倍希釈してみた。

初期灌水のみで 通常は水で試して見ますか^^

底面吸水は 植物が必要な分だけを吸い上げる方式ス

培養土は ゴールデン 粒状培養土なので十分空気の層は出来てやすね

根に空気の層が無いと根は餓死しやす 更に根毛の寿命は3日間サイクル

土中の栄養分を 菌根菌と結びつき3日で生まれ変わって また菌根菌と結びつき養分をえる

最低3つの以上の条件が発生するのですが 水分・空気・菌根菌・・・・

植物の食事は 固形物で得ることはまず無いと思う・・・水溶性では無いと吸収しにくいので

そこで液体肥料などの出番となる訳で それ以外は 元肥が溶け出すまでどの位かかるかの問題だと思う

菌根菌は自然界で発生するのですが オイラは強制的に投下してるので

植物の発育状態を見れば一目瞭然で 植物が何億年も前からやってる事スね

空気があり根毛が発育 菌根菌と結びつき水に溶けた栄養を貰う・・・・

水耕栽培などは菌根菌と結びつかなくても 液肥をダイレクトに吸い上げてると思うので

水分に十分な空気を溶け込ませたり(エアーレーション)と効率が上がってるのですが

自然界では イネやレンコンなど茎間から根に空気を送り込む空脈が存在してやす

常日頃思うのですが 植物全部がそう言う機能を持てば良いのに・・・とね

レンコンの穴 それは根に送る空気の通り道でやんす^^

何れにしても 根に空気が無ければ駄目だって事すね

 


植物は 水・空気・光 適度な温度さえ保っていれば生き抜く事は出来ると思う

今は人工的に LEDとかで人工的に適環境を作り出す事が出来るので

難易な植物も育てる事が出来る様になったのだろうな・・・

今からの季節 水遣りの回数も増えてくると思いやす。

幸せな植物達は 形姿で表現するので 植物の姿を見れば育ててる方の気持ちも見えて来る感じを受け止めてやすよ

手を入れ愛情を注いでる苗を見ると ご苦労が見えてくるので感動さえ伝わり

この方は 植物と会話が出来る方なんだな・・・と思いながら記事を拝見させて頂いたり

ガーデン施工にしても 施工工程の苦労が見えてしまったり・・・

ブログを拝見しながら心温まる思いを感じてる ♪でありやすです^^ノシ

ONPU




2016-05-04 22:02:49

サンパラソル (委託管理) ガーデンプチ改造

テーマ:お花・ガーデニング


数箇所お花の委託管理をしてるのですが 病院の窓辺にグリーンのカーテンを作ってました。

作ったのは先月の終わり頃 約1週間前にネット&ベースプランター置きを制作





サントリー苗 サンパラソルを 1プランターに4苗×4プランター合計 16苗仕込みました。

サンパラソル(クリアーホワイト ルージュ)

サンパラソル ビューティー (レッド ルビーピンク)

サンパラソル ジャイアント(クリムゾンキング ピンク ホワイト)・・・・・

プランターはネット裏に隠れるように置けるスペースを作りまして

キャパの確保をしてみますた^^

さて こんな小さなプランターにサンパラ4苗? と思うでしょうw

はい これには理由がありやしてね






サンパラソル自体 根の張りは物凄く遅いス><;

この手の植物は 大きいプランターなどで育てると 根の張りが遅い上に

ゆっくりじわじわ根を広げて 広がるスペースがある限り根の成長を優先しやす

なので つるの伸びが遅くなる敗因となってしまう訳で

狭いプランターだと根の張りも制限さてるので つるを伸ばし始めるって性質

サンパラ植える時は ちょっと鉢が小さかった?位が育ちが早いす^^


植物って安心できる環境だと 子孫繁栄能力が遅い傾向が見受けるけど

ストレスを感じると 子孫を残すために花の咲が早くなったりしやすね

まっ 同じ事なんだろうけど・・・・・

ゴールデン培養土(花用)に 菌根菌(元肥の匠) 元肥(マグァンプK)






初期灌水として 発根促進剤(オキシベロン) 葉面散布 (5-アミノレブリン酸)

根の成長を早めさせるのに ゴールデン培養土+菌根菌+発根促進溶液てな感じス^^

ゴールデン培養土を使ってるから水はけが良いので 毎日水遣りしても問題無いスけど

それ以外の普通の培養土などは2日に1度の水やりが好ましい植物で

真夏の炎天下でも平気で育ち 花自体1週間は維持してる強健な植物

多分 今月サンパラの新作 エンペラーズクリムゾンが発売開始されると思う

クリムゾンキングよりもさらに大輪らしい 

まっ サンパラ発売同時に仕込める様に ネット制作してたので 成長が楽しみでありやす^^




仕事で モルタル仕事してて 計算ミスからモルタル余らせてしまいやして

仕事終わりに速攻で ブロック15個購入して穴掘り モルタル造形







ガーデンスペースに仕切り的なレンガ風 約6.5mのモルタル造形ス^^



仕事で余らせたモルタルが固まってしまうので 買い物(ブロック)穴掘り施工

自己最短 6.5m 2時間半で作りやして レンガ風造形は朝仕事前に制作w

作る予定は無かったのですけど モルタル捨てるのも勿体無いし ノリで制作してしまった^^


それでもって 今日の暑さたら何? コンサバトリー室温 35度 ○rz


一気にクーリング大作戦しないとイケ無い気がしやして






換気扇に UFO見たいのはソーラー換気扇 それにソーラのパネルから扇風機取り付け

合計3台でクーリング作戦してみやして 画像は無いのですが夕方遮光ネット取り付け

これでコンサバトリー内の温度も下げる事が出来るかも

なかなか理想のコンサバトリーにならないもんすね・・・○rz 

そいでもって ペチュニアのお世話してたり







サントリー ペチュニア アート ハート模様タイプ

ピンチ作業から 一ヶ月経過 摘葉処理しました。

今年の新作なのでピンチしてみないと分からなかったのですが





流石ブランド苗すね ピンチ(摘心)後 30日でこの側芽の数^^

期待を裏切らない苗だわっ~ やるなサントリー 

多分 出荷 発売時に備え矮化処理してると思うので 詰りに詰まった感じス

矮化剤が切れるタイミングで摘葉してみようか思ったのですが

流石に矮化+ピンチは 詰まり過ぎてしまって・・・・

まっ これだけ側芽が増えれば期待できる苗かも?

それから 例のナメクジ&肥料 今日巻いて見ますた^^



このスラゴの説明は 前回の記事で説明しやしたが

リン酸と鉄成分で出来ていて無農薬って事よ 

しかも 植物三大栄養素であるリン酸で追肥感覚で巻いてしまった^^

これで 今までの苦労から回避出来たかも ネットで調べる限りでは効果抜群とか・・・

効果出るまで2週間位なので 結果待ちですね^^ノシ

ONPU


2016-05-01 01:16:22

PW苗 スーパーチュニア仕立て ナメクジ対策

テーマ:お花・ガーデニング


いや~GWになると 我が家に花を見に来る方々も多くなりやして

大手ガーニングセンターの店員さんやら 花屋さんのオーナーやら

オープンガーデンではないのでゲート閉めてるので見知らぬ車が行ったり来たりと 

お花見スポットかよw 家には珍しいお花はありやせんよ・・・○rz

趣味の一環ですので 気にせず家で仕事してやすけどね^^;


冬越しペチュニア PW苗 スーパーチュニア

側芽を増やして花を多くするのに 数ヶ月前にピンチをしておきやした^^

まっ これは誰もが知ってる事で 枝数=花数すね 


寒い時期に仕立て準備は ペチュニアの詰まった株にするのには都合良いス♪ 

側芽が出て来てるので 光を当てないと育たない為 摘葉すね

もう4年位前になるだろうか 枝数を増やすのにピンチにハマってまして

ひょんなきっかけから 一度のピンチで側芽をいくつも出す方法を見つけてしやいやした^^

毎度ピンチしてると タイミングやら特性などが嫌でも分かると思うので 

そんな自慢するほどの事でも ねーですけどね><;

暖かくなると成長の促進から間延び う~ん葉が茂って来て徒長と言うべきか・・・?

まっ 放って置けばスカスカの苗になってしまうので

側芽を増やしておいたので 思いっきり摘葉 側芽のみに^^




本葉を摘葉 大きい葉は光を遮るので(゚⊿゚)イラネ 

これ 側芽だけを残して 側芽の成長を優先にするス^^

こうすることで 枝数が増え花数も増えるって訳で

今のうちからこの作業をして置く事で 後のカットバック(切り戻し)が省け

花数が多い大株を作る事が出来るんすよね




株元まで光が入る様に 摘葉・摘葉 ひたすら摘葉 

数ヶ月前にピンチしたので株元まで側芽がびっしり全部出てやす

この場合 仕立てると言うより仕込んであるって言うのが適切かもしれやせんが

ピンチにて枝数を増やすって事は 当然葉も多く生い茂り徒長も早くなり

やがてカットバックにて 側芽を出して花を咲かせるのが通常でしょうが

それってせっかく大きくしたのに振り出しに戻るって感じなので

このペチュニアは 大きく育ててから花を咲かせてみる事にしやすね^^

なんせ ペチュニア8鉢+地植え もあるもんですから全部咲かせると忙しくなりそうなので

このペチュニアで巨大株&花数苗をやっって見ようかと思いやしてね

 


今で約50cm まっ通常1m位なので2倍以上になれば良いかなと思う^^

植物が花を咲かせるって 自分の苗のエネルギーを振り絞ってるので

ある程度の大きさになるまで 摘蕾&摘葉してみようかと・・・・

ネット見てると1mになりました♪ とか見かけるけど 徒長苗じゃんって思うこともあり

そりゃ スカスカの徒長苗なら チッ素→アミノ酸→窒素→アミノ酸・・・・

で すぐに1m位になると思いやす。

ピンチ無しでどんどん花数が増える苗とか開発されれば別だろうけど・・・・

オイラは 今のうちに仕込んで置くしか思いつかね~ス ><;;;

どうなるか分からないすけど 温かく見守ってくださいませ m(_ _)mペコ


さて この時期 悩まさられるのが ナメクジ・・・・

そりゃ~ 色々と試しましたよ 夜中まで駆除とかしましたよ

宣伝では無いのですけど ちょっと 気になる商品を見つけてしまいやしてね

そろそろ届くともいやすが・・・・・












スラゴって言う商品なんだけど ナメクジ・カタツムリ類類に対して特異的に効果を発揮する。

なんと 成分が毒物ではなく無機化合物 そして肥料(りん酸)

これ 撒いとくだけで花に良いって訳で 燐酸第二鉄水和物・・・0.98%なので

犬猫OKって 凄くねっ~ 家には 犬も猫も居るからさ^^;

駆除までには2週間程の期間はあるのだが これは助かるす^^

株元に撒けるってとこが嬉しい 

お花イキイキ さらばナメクジ こんな都合の良い 一石二鳥的アイテムあるんだね

今からだと梅雨時に効果のほど記事に出来ると思いやす^^ノシ

ONPU











2016-04-28 21:47:13

ONPUオリジナルビオラ制作 オーレアビオラ

テーマ:お花・ガーデニング


オイラが昨年から制作してるビオラです。

そろそろ育成実験も終盤を迎え ここまで育ててみた^^

あっ オイラの植物記録用記事になりやす。

突然変異苗で アルビノ 見つけた時は葉の色が全て抜けて3cm位のまま育つ事が出来ないビオラ

クリーム色 白色苗 とにかく 葉緑素がない状態だったので育つ事は不可能なのですが

資金を投資して実験がてら 何とかここまで育成した感じス^^;

ちょいと可能性って物にチャレンジしたかったノリで始めたのですけどね^^;;;



まず オイラがした事 この子に 失った葉緑素を取り戻させる取り組み

5-アミノレブリン酸&マグネシュームを与え続けて見ました。

これは この子の親は アルビノでは無いと思ったから 

アルビノでは 育つ事が出来ないのでこの子を産む(種)事がまず不可能と思いやして

親のDNAを 呼び戻す事により 葉緑素が戻ると考えたからス^^

植物はまれに先祖返りとかするんですよね

地植えの斑入り PW苗 スーパーアリッサム フロステイナイト



斑入りの場合 白い部分は葉緑体を持って無いので 光合成出来やせん

希に 自己変異を起こす事も見受けられるのですが

日陰・日光の照射時間が少なく感じた時とか 斑入り→緑葉になりやすね

そこで オイラは光合成を高める為に 5-アミノレブリン酸を投下し葉緑体を増やしてみたら



斑入り部分が全て緑に変化 フロステイナイトが スノープリンセスに変異したのです。

マグネシュームも元肥に含まれてるので 金属反応にて より光合成が高まったと思う

そして 少しづつですが スノープリンセスに変異を始めてる感じス^^

話を戻しますと 数年前 斑入りのアリッサムは作られた物で 世界初と名乗ってました。

先祖返りを起こしたのですね DNAには過去の姿が記録されてた事になると思う

そして このアルビノビオラにも同じ事をし続けてました。

当然 普通の環境では育つ事も出来ないので




このユーイングを購入 植物育成装置の中で5-アミノレブリン酸 葉緑体を高める事に成功し

徐々に緑の部分が増えて オーレア(黄金色 )ぽくなりやした。

鉢植えになるまで育ったので 今現在ユーイングは違う苗の育成実験に使ってます。



もう一度 同じ画像でスンマセン 萼の部分までまだ色が出ませんが

ずーと蕾も出来なかったので 亜りん酸液に切り替え葉面散布により5-アミノレブリン酸投下

残すは子孫を採取する事ですね どこまでDNAが書き換えられるかは 次のシーズンで

花が大きいのは 亜りん酸とサイトカイニンホルモンを増加したせいなので

次の世代では 花の大きさの違いが出るとは思いやすけど・・・・

光合成が出来ないって言うことは 徒長を招く植物ホルモン オーキシンが作りにくいかも?

なので この子は徒長する事も無いかも? 

まっこれはオイラの推測ですがね 葉緑体を持っていないって事は ホルモン分泌が機能しない?

光の当たる量が少なくなると オーキシンが分泌 徒長してやがて枯れます。

その為に 摘葉にて株元に光が注ぎ込む作業をしてるのですけどね

ビオラだけではなく多分 植物全体に言える事だと思うけど? 

現在育てて分かった事

(植物ホルモン)

一部ピンチしてみて サイドカイニンの茎間の移動は見受けられました。

LED照射時間の調整で 夜を長くしてみたのですが オーキシンの発生は見受けられなかった。

花が咲くって事は FT遺伝子は存在してるので フロリゲンは作られている。

なので 突然変異トランスポゾンは抑制されてると思う・・・・

次のシーズン到来まで F1種の安定の結果は分かりませんが

アルビノからの育種までの実験でした。

ONPU


2016-04-26 21:49:53

ロベリア ピンチ(摘心)仕立て方

テーマ:お花・ガーデニング


素敵ガーデンブロガーさんに ロベリアの仕立て方の記事になります^^

上の画像は 見元ビオラ うさぎのリグレ 昨年10月に摘心・摘葉処理

ハンギングにて育成 今現在 60cmオーバーになりやした^^

何も手を加えず 見事に仕上げる事が出来れば 願ったり叶ったりなのですが

そんな都合の良い話は ありやせんです。

ピンチをしなきゃ 花数を増やす事が難しいと思われ・・・・・

昨日 ブロガー様とのやり取りで ロベリアの話題になったので

今現在 オイラが育ててるロベリアにて 説明してみようと思いまして^^





このハンギングポットに 3種類のロベリアが植わっています。

(サントリー アズローコンパクト) 

ラベンダーシャワー

スノー・ホワイト・スノー

ピンク

ロベリアを仕立てるにあたり ブランド苗じゃないとちょいと無理な気がします。

普通のロベリアは 夏に弱いので 夏に強い品種改良苗でないと持ちやせん

なので 普通のロベリアを仕立てても 暖かくなれば終わってしまうので使いません

よほど温度管理に気を使えば上手く行かない事も無いとは思いやすが・・・?

まず ピンチですが 思い切りピンチすね



カットバック感覚で良いかと思います。

一ヶ月前にピンチしたロベリアがこれ




栄養系ロベリア アナベル モコモコと枝数が増えてきやした




そして2ヶ月前に ピンチしたロベリアが 今この状態です^^




(サントリー アズローコンパクト) スカイブルーだったと思いました。

もしかすると ウルトラマリンかも とにかく アズローコンパクト苗です。

これは オイラが今まで育てた感じの話になりやすが

一番 暑さに強いロベリアが アナベル その次にアズローのブルー系

白・ピンク系は 数年前に夏越し出来なかったので 今年再度チャレンジしました。

参考にアズーロ コンパクトの育て方仕立て方の動画見つけたので 貼っておきますね




動画の方が 分かり易いご説明かなと思われ・・・・

頑張ってみてくだされ^^ノシ

ONPU


2016-04-26 00:16:21

久々のONPUガーデン

テーマ:お花・ガーデニング


久々のブログです・・・○rz

多忙な生活をしてましして 家に戻るなり気を失うかの様に爆睡でやして

朝起きて お花に水遣り速攻仕事の日々でやして><;

放置ガーデンですが 久々に記事にしやす^^;;;;




まず地植え ビオラ・ネメシア・アリッサムってな感じです。

そして びっしりになってしまいやして・・・○rz

隙間なく花だらけになってしまった^^;;

まっそれも昨年購入した ネメシアのメロウシリーズなんすけどね





昨年購入して即ピンチ(摘心)冬場も花を咲かせないでひたすらピンチ

ピンチ・・・ピンチを繰り返して株作りをしてやして

こんな感じの花数&大株になってしまいやして・・・・

スペースの無い花壇なのでお花で埋め尽くされてしまいやした^^





ハンギングのアリッサム 多分今年の初め頃 カットバック(切り戻し)

ダンジガー社 栄養系 ハイブリットアリッサム








左が サマーストリーム 右がバイカラーピンクストリーム 

このハイブリットアリッサムは 花が上に向くので育てやすいかもス

この大きさでキープしたいので 窒素は与えてませんが

今年カットバック時に元肥にマグァンプKを投下したので

チッ素ゼロって訳ではないのですけどね

冬場だから出来たのですが 根切りもしました。

正直 アリッサム系は直根なので根を痛めると枯れてしまいやすが

ルーピングがひどくて根詰まり状態だったので 切るしか無かったのですけどね

イチかバチかの勝負に成功した感じス^^

とは言え カット後のサポート&メンテはかなりやりやしたが><;





こちらもハンギング 見元園芸 太陽のアンジェ

ラビット系のビオラですね 育て方次第では大株に仕上げる事も可能なんですね

徒長を防ぐ事が出来れば可能かと・・・・摘葉の苦労が実ったス^^






こちらも ハンギングなのですが大株になり吊り下げチェーンをかけるのが

とても困難になってしまいやして

見元園芸 クリームソーダ 見元さん新作の小輪ビオラなので始めて育ててみたけど

購入時徒長気味だったので 摘心 その後 摘葉にて大株に仕上がった感じス

ハンギングなので吊るしたら見事かとは日頃思うのではありやすが

今回は吊るのはパスしようかと・・・・ 



 


冬場 ピンチにて花を咲かせなかったマーガレット モリンバ ウォータメロン

暑さには弱いので 咲かせ始めて見ましたが 本来 寒い時期のピンチより

夏場にピンチなんだろうな・・・・夏場ハンギングに仕立てなおそうかな^^





PW苗 ネメシア サンサシアプラス 

まっ このネメシアは 後一ヶ月位でカットバックしないとかも

本当に蒸れに弱いので梅雨時から夏を乗り越えすのが困難かもス

風通しの良い 日照時間の少ない場所に移動するか・・・・

このネメシアは午前中の陽だけで日陰管理メインなら夏越し可能かと思いやす。








ハルディン ネメシアメロウ 今年新作の メモリーローズ

新作をいち早く 大株にチャレンジって言いますか

何となく ハンギング向きかなと思いやして育ててみました。





ダンジガー社 ネメシア ネシア トロピカル

購入時にピンチしましたが このシリーズは 思ったより徒長しないかも?

手間がかからない育てやすいネメシアと思うな^^

これで這い性なら良いのですけどね 立性です。








斑入りネメシア コンフェッティー

2013年購入苗かな 何度かヤバイ状態までなったのですが

さし穂にて更新したりと何だかんだと長い付き合いです^^





PW苗 スーパーチュニア パープルプラス

咲かせないように頑張って摘蕾してたのですが仕事が忙しく

いつの間にか咲いてしまった スーパーチュニア

今年咲かせたら挿し穂で更新かな・・・・

3年越し苗でござる^^; って 花殻摘めって言われそう><;;;スンマセン







仕事も忙しいのですが それに2軒ほどお花の管理まで引き受けてしまって

仕事帰りや 仕事行く前にたまに見に行く程度ですけど

花苗は やるだけの事は仕込んだので育成を見守ってます。

いずれ記事にするかもしれませんが ガーデニング関係の施工も忙しくなり始め

春が来ると仕事も忙しくなる感じス 少しずつですが趣味が仕事に繋がって来た?

オイラに出来る事は何でもやりやすってノリすね^^ノシ

ONPU


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。