くじらのブログ

くじらの日常のことをつらつらと。
日々思っていることをだらだらと。

またブログデザイン変えました。カスタムしてもすぐ飽きちゃうww
うっかり暗黒日記にならないように気をつけます

テーマ:
おととい遠野観光をして、
昨日は遠野から青森駅まで移動。
出発時から雨。気温6度。風はひどくないものの、寒さがヤバイ。体感零度だし、まさに冬。

途中、足が雨で浸水。
この寒さで濡れながら走るとかありえん。
靴下替えてビニールつっこんだ足で靴を履いたら、とても快適に。しかもあたたかくなった。これはアリ。今後雨はこれだな。

青森県に入るまでずっと寒い雨。
関東を堺に天気が分断されてるのが憎々しい。

高速道路SAなどで出会うライダーさんとも自然と会話が生まれた。
この辛い状況下で一種の連帯感が生まれるのだろう。
皆、一様に大間を目指していた(笑)。
ここまでくる人はみんな大間狙いなんだろう。
(私もだけど)
大間で会いましょう。
というレースになってるような感じが面白かった。


青森で高速を降りて、青森県立美術館→山内丸山遺跡を観光。

青森県立美術館はなかなかよかった。
1回ぐらいは行っておいてよかった。

山内丸山遺跡。
登呂遺跡が地元なので比べてしまうが、山内丸山遺跡の1人勝ち。
施設も保存も立派すぎ。
登呂遺跡は公園に毛が生えた程度なので比べ物にならない。
ボランティアガイドさんのあとをくっついて説明を聞く。


ホテル入ってから青森の美味しい肴と酒を求めて街をうろうろ。


全てが美味しく感動。
今まで生きてきた中でトップクラスの料理とお酒。
とても素敵な飲み屋で飲みすぎた。












AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今更感満載なのはわかっているけど、カレイドスターのことが書きたい・・!!

 

Huluでカレイドスターが配信されていますね!

初めてカレイドスター見たのがいつか忘れてしまいましたが10年も前じゃないはず。

 

初めて見たときも面白くて一気見した。

Huluで配信されたのをきっかけにまた見直しているのですが、

これ、むっちゃいい作品。

 

作画の荒さは確かに目立ちますし、

OP、EDの荒さもある。

 

けど、そんなこと、どうでもいいくらい、いいんです!

 

 

では、カレイドスターのあらすじから。

----------------------------------------

サーカスとミュージカル、マジックを組み合わせたようなエンターテイメントを提供する集団があった。

その名を「カレイドステージ」という。

苗木野そらは、そんなカレイドステージに憧れて単身渡米した。彼女は様々な試練を乗り越え、やがてカレイドステージの花形へと成長していく。

(wikiから引用です)

----------------------------------------

というお話。

 

私なりのカレイドスターの魅力をお話します!

 

 

ノリは完全にスポ根。

でも他のスポ根アニメとは一線を画しているのは、すごくライトなノリってこと!

基本スポ根の作品は見ないのですが、カレイドスターはタイトルロゴからしてスポ根というより完全に少女向け作品だよね。

そのノリで見るといつのまにか、主人公そらちゃんの流れにぐいぐい引っ張られます。

 

ギャグ満載で、ご都合主義な軽薄アニメ化と思わせるがそうではない。

 

登場人物にそれぞれ焦点を当てた話が所々に散りばめられているのだけど、みんなそれぞれにプライベートな悩みを抱えている(大体が家族のお話だけど)。

 

そらちゃんに至っては幼いころ両親を交通事故で亡くして、育ての親に懐きつつも、遠慮しながらつきあって、育ての親に一歩距離を置いている。

明るいだけじゃなくてそんな一面もあるのです。

 

 

そらちゃんの魅力がすごい。

正直周りを巻き込んで、ぐいぐいいっちゃうキャラはウザい。

そんなのが主人公だともうウザさ半端ないですよね。

そらちゃんも完全にそんなキャラなのですが、しかしこの子の魅力はそんなところじゃない。

 

 

中学時代にみんなが学習塾に通っているときに一人で英会話レッスンにいって、一人でアメリカに乗り込んで、憧れのカレイドスターのオーディションを受ける。

 

すげえ行動力・・。

 

 

 

カレイドスターがショーだと言っても、基本ベースは「体操」なんですよ。

日本にも体操部ってあるじゃないですか。オリンピックでもそんな競技がありますよね。

カレイドスターは体操をベースにショーとして進化させているシルクドソレイユのようなもの。

、そらちゃんは当然中学のときから体動かすのが得意だったようです(カレイドスターを目指していたからでしょうけど)。

 

 

とにかく体動かす。

 

むっちゃ動かす。

 

特訓、練習。そんな毎日。

 

 

そらちゃん自身体操の才能があるのでしょう。

 

だけど、彼女を見ていると、

「天才とは1%のひらめきと99%の努力」

という言葉がぴっったりなのです。

 

カレイドスターは政界最高峰のエンターテインメイントショーなのです。

そこにいるキャストも世界一で、そらちゃん一人が才能に溢れているわけじゃないと思うのです

 

しかし、彼女が他の人と違うことは

 

努力の人!!

 

であることです。

 

 

今のアニメにはない努力という部分に焦点を当てて、丁寧に描いたアニメですね。

才能だけで乗り切らない。そんなそらちゃんもとても魅力的です。

 

 

結局、自分を救うのは自分だけ。

そらちゃんはそらちゃんを支えるとても繋がりの濃い友達がいます。

そらちゃんが挫折したときとか、ちょっと何かあるだけですぐに心配してくれる(現実には存在し得ないほどの)密接な友人達がいます。

 

 

努力のそらちゃんですが、挫折もたくさん経験します。

 

 

そんな時、友達たちがフォローするのですが、結局そらちゃんの悩みはそらちゃんが解決するしかない。

 

友人との関わりの中でさくっと解決のヒントを見つけるご都合主義はあるものの(そこはアニメですから・・)、結局そらちゃんが自分で解決するのです。

 

あんなに親身になって心配してくれる人たちが側にいても、自分が自分を立て直さないとダメなんだなあ、ってことをそらちゃんを見ていてしみじみ思いますね。

 

 

 

そらちゃんのがんばりと成功にマジ号泣するアニメです!!!

 

 

もうわたくしも36歳になりますし、

今更、何言ってんだ?みたいな当たり前のことばっかり書いてますが、

そんな当たり前のことがこの歳になってより心に迫ってくるんです!!

 

自分が20代のときはここまで共感できなかっただろうな~。

 


久しぶりに見て、このアニメは私の中で確実に殿堂入りしたなあ、と実感。

 

 

若い子じゃなくて、むしろ人生小慣れた感を抱いている人に見ていただきたい!!!

そんなアニメです。

 

 

ほんと、コレ、素晴らしいアニメです。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アメリカン・ホラー・ストーリーのシーズン1を見終わりました!
怖いのすごく苦手なのでどきどきだったんですが
(こんなレベルですら怖いかもってドキドキするほど苦手です)
ネタバレ記事を途中で読んだあたりから、最終話に近づくにつれて笑えるように。

シーズン2もあるので続けてみたいと思います。

いつもの(?)感想っていうか登場人物について思ったことです。
ネタバレありますよ!

主役の女性・ヴィヴィアン(↓一番左の人)
最初からえらいトウがたってんな~。って思ってたけど最後までおばーちゃん臭が抜けませんでした。
ROMAを見たときもそうだけどセルウィリアの外見があまりにもおばーちゃんすぎてついていけなかったことを思い出しました。
あと、そういう役柄なのは分かるけど陰気くさすぎです。


ヴィヴィアンの夫・ベン(真ん中の人)
この人ほんと最低ですね。
何がしたいのかよく分からないけど、信念もなくただその場の流れとノリで自分の幸せしか考えられない人なんだなあ、と。



ヴィヴィアンとベンの娘・ヴァイオレット
中途半端に不美人なところがいいですね。
最初はウザい子って思っていたけど、最後2話あたりで好感度上がりました。



ヴァイオレットの恋人・テイト

テイト!!この子可愛かったわ~。
途中からどんどん可愛くなっていってこの子みるためにドラマ見ていたと言っても過言ではないwww
ヴァイオレットLOVEなのですね。それもまたかわいいです。ふわふわしてる髪もかわいい。

彼の残忍さの理由がよくわからなかったな。
ドラマ的には変質者(異常者)ということで説明つけているつもりだったのかな。
変質者は残念ポイントですね。
そこさえなければヴァイオレットとラブラブだったのにね~。


ぞうストーリー全体についてぞう
幽霊の扱われ方が ザ☆アメリカン って感じでした。
すごく人間味溢れてて(っていうか人間そのものなんだけど)、幽霊同士でケンカしちゃたり恋しちゃったり寝たり(寝れんの!?!?って衝撃だったわw)・・。
姿を消したり見せたりできるのよって状況が理解できていない幽霊に他の幽霊が教えたりして。
どんな設定よwwもう全然怖くないんだけど。

悲劇さえ起こらなければあの家で幽霊さんたちと楽しい生活が送れるんじゃね?って思ったわ。

あの家で死んだら幽霊として永遠に取り憑く設定。
あのペースでどんどん人が死んでいって、
どんどん幽霊が増えてきて、
だんだん足の踏み場もないくらいになって、
人(幽霊)でぎゅうぎゅうになっていく家の中を想像してしまいました。
それはそれでウケるわ。


最終話が一番面白かったな~。爆笑しましたww

ヴィヴィアン達が善玉なんですね。
新しく引っ越してきた住民を追っ払うためにやったことが楽しかったです。
最終的にはモイラ(↓)もヴィヴィアンと仲良くなっていい人になっててそれもなんかほんわかw


若いモイラは色気があって見てて楽しかったな!
パンチラサービスとかおじさんウハウハですよ!
やっすいアメリカのコスチュームストアとかで売られるようなちゃちいメイド服もウケるわ~。
ところで、この人は見た目年齢を変えることができる特殊能力があるに違いない。そうに違いない。



ところで以前アツイ記事を書いた
王立警察ニコラ・ル・フロック
なのですが、
Huluにお願い!で何度か定期お願いをしているのですが、そもそも中の人の目に触れられているのかすら疑問です(笑)

フランス語版ならDVDも手に入りそうなので、
これはもうフランス語を勉強してフランス語で見るしかないのか・・・!?!?
とう瀬戸際に立たされていますwwwwww


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
ずっとブログにまとめようと思っていたけどダラダラと時間だけが過ぎてしまいました。

Huluで配信していた[ ROMA ]をかなり前に見終わりましたw

ROMA


アントニウス役のジェームズ・ピュアフォイさんにハマりました!
私のタイプど真ん中でヤバイ。

ROMA


甘いマスクがヤバイいいですね!
ROMAで披露したその身体がとてもいいですね!
イケメンっぷりハンパないですね!!
ご飯何杯もイケますね!!!

1シーズンの5話あたりでアントニウスさんの裸体シーンがあるのですよ!

ROMA

その素晴らしい筋肉質なお身体を惜しげもなく(ぼかし付きでw)さらしてくれちゃっているんですよ!
そしてジェームズ・ピュアフォイさんにハマりましたwww

したらね、
私が愛してやまない映画ベスト3に入る
「ROCK YOU」という映画にも出ていることがわかりまして。

ROMA


エドワード黒太子。
やーーー!!そこに出ておいででしたか!!
私この人かっちょええな~。チョイ役でも存在感すごいな~!って思ってみていた人!!



運命を感じた瞬間だった。




だけどローマに関しては、最後の2話ぐらいが私の中でがっかりでした。
アントニウスさんがクレオパトラにどんどん陶酔していく様がつらい・・。
ジェームズ・ピュアフォイさんがどんどん情けなくなってくる。
とりあえずその隈取りやめろ。
髭やめろ。似合わん。



ROMAは登場人物は基本みんなスキです。

頭が硬過ぎてで私はあまり共感できないけど、
ただ運がいいってだけで死地ものりこえるヴォレヌスさんも嫌いじゃないです。

プッロもバカでいいですね。

オクタヴィアヌスも大人になってからキャストが変わってすごくいいですね!!
アントニウスさんとぶつかっているシーンなど楽しかったです。
性癖がSっていうのはどーでも情報でしたが。

ROMA

この人のこれはハマり役だと私は思う。


ROMAは長かったけど楽しかった。


Huluに最初に入った時はどーでもコンテンツが多くて、一度契約切ったのですが、
また契約し直したあたりから優良コンテンツが増えてきてウハウハです。
地上波よりもCSよりもBSよりも一番Hulu見てますよ。


私の嗜好は
白人 >>>>> アジア系
なので、好きな芸能人とか好きなタイプとか聞かれると絶対アジア人出てこないのですよね。

ジェームズさんは私の好みのタイプが服着て歩いているようなものなので、
これからは堂々とタイプの人が言えるようになりましたwww




あ、でも日本人で唯一、伊勢谷友介さんは好きです。
余談ですが伊勢谷友介ってググったら「伊勢谷友介 気持ち悪い」って出てきてウケたwww。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
小麦粉と陰謀 後編」を見ました。

(タイトルちゃんと覚えましたよ。)

前回のブログはあえてニコラさんにしぼって書きましたが、実はブルドー捜査官もなかなかいい味を出しております。

画像
(一番左の人がブルドー捜査官)


ブルドー捜査官が何故ニコラさんの下で働くことになったのか、ググり情報で知ったときは彼が大好きになりました。
ニコラさんが経験豊かなブルドーじゃなきゃいやいやー!ってゴネてブルドーさんをリクルートしたみたいですね。
その話とかドラマになってるのでしょうか。見たいな。

とりあえず居るみたいな助手じゃなくて、ワトソンみたいなちゃんとしたキャラなんですね。ブルドーさん、すみません。

さてこのブルドーさん。
実はニコラさんよりも好印象です。ほんとに。

経験豊かで含蓄のある彼が若い血気盛んなニコラさんを支えているのかと思うと彼の株はウナギのぼりですよ。

話を聞きに娼館に入るニコラさんに「妻帯者だから」って言って外で待っている姿に惚れたわ。
「愛は分かるかね?」って聞かれたときに「妻帯してますから、少しは」って答えたところとか、
なんかいいよね。

怒ったりイライラしたり、感情の起伏が(意外にも)激しいニコラさんをなだめたり流したりして(笑)、つきあっているブルドーさんの安定感ハンパねえwwww

奥さんがいるみたいですが、奥さんが出てくることがあるのでしょうか。
奥さんとの絡みも見てみたいです。
外では淡白なのに奥さんの前では超ラブラブだったら、やばい鼻血もんですわwww
どこまで私のツボを押さえてくるんでしょう、このドラマはwwって感じです。
実際のところは知りませんが。乞うご期待。


小麦粉と陰謀(後編)でのニコラさんも立ち回りがんばってました。
ボコられシーンもちゃんとあったよ!

あと私的いろんな意味でショッキング+モエだったのは、娼館の経営者マダムとあっさり致してしまったところでしょうか。
ニコラさんもフツーの男の子なんだね


ググり情報によると最終的には今つきあっている彼女とは違う人を生涯の伴侶にするみたいなので、
今の彼女とは近いうちに分かれるのでしょうかね。


愛してる→結婚しよう。という純粋なニコラさんに若い小娘はもったいないです。

はよ別れていいよ  wwww




おしまい


いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。