人間の大野裕之

新著『チャップリン』中公文庫 『京都のおねだん』講談社現代新書
『チャップリンとヒトラー メディアとイメージの世界大戦』岩波書店 サントリー学芸賞受賞
『太秦ライムライト』脚本・プロデューサー/日本チャップリン協会会長/劇団とっても便利

お仕事依頼はchaplinsociety@gmail.comまでお願いします。

*新著『チャップリン 作品とその生涯』(中公文庫)2017年4月25日発売!
*新著『京都のおねだん』(講談社現代新書)2017年3月15日発売! 重版決定!

*アシェット「チャップリン公式DVDコレクション」発売中! 監修・執筆しています。http://www.dvdchaplin.jp/home.html

*KADOKAWA「チャップリン Blu-ray BOX」2016年12月22日発売 監修・執筆・日本版吹き替え台本。
http://cinemakadokawa.jp/dvd_chaplin.html

*『チャップリンとヒトラー メディアとイメージの世界大戦』(岩波書店)で、サントリー学芸賞受賞。ありがとうございます!

*映画『太秦ライムライト』http://uzumasa-movie.com
福本清三主演/脚本・プロデュース:大野裕之
公開・配給・ホール上映のお問い合わせは、「太秦ライムライト」uzumasa.limelight@gmail.comまで。電話090-6232-7818

ニューヨーク・アジアン・フィルム・フェスティバル 観客賞、カナダのファンタジア国際映画祭 最優秀作品賞 主演男優賞(福本清三さん)、京都市文化芸術表彰 (福本清三さん、中島貞夫さん、大野裕之)他多数受賞

テーマ:
1月の大阪・松竹座は坂東玉三郎さんの舞踊公演。舞踊が4つ続きますが、四季をテーマにした演目で親しみやすく、また最初の口上も裏話あり笑いありで面白くて、初心者も楽しめます。
もちろん、玉三郎さんと中村壱太郎さんの踊りは本当に素晴らしいもので、とくに壱太郎さんの「鷺娘」と玉三郎さんの「傾城」には圧倒されました。学生時代よりも、今の方が舞踊の美しさ・楽しさ・難しさが身にしみる感じがします。
先斗町の亜弥さんとご一緒させていただきましたので、「秋の色種」の三味線の難しさのお話など、「個人ガイド」していただき得難い機会になりました。
「鷺娘」は、戦前にアンナ・アブロワの「瀕死の白鳥」に影響されて、ラストの振り付けが改訂された経緯もあります。いわゆる「伝統文化」は国際的な交流の賜物なんですね。
終演後は、笛の田中傳十郎さんともいろいろお話しておうかがいすることができて、大変勉強になりました。
{D886AA49-E041-40B1-B5B6-4B6307EF4F7A}

{40849D1C-4565-45FE-BD59-9E0950683725}

{9C165F81-3037-4542-B9A2-5B2AD06457C1}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ただいまヒット中のコメディ映画『嘘八百』。今年の初笑はこの映画だったというかた多いのでは? 榎望さん企画監修、脚本は足立紳さんと今井雅子さん、劇団とっても便利の多井一晃出演ですが、実は私も関わっています。塚地武雅さんが怪しげなイギリス英語を喋るシーンがありますが、あのセリフを書きました! 私が録音したのを送って覚えていただきました笑 さすが塚地さんは味を加えて面白い演技にしておられます。必見!(怪しいイギリス弁指導とクレジットしてもらえばよかったw)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

年末年始は、例年通り、錦市場でお買い物をして、八坂神社で「をけら火」をいただき、うちのカセットコンロの種火にして(オール電化なので、この日のみカセットコンロを使います)年越しそばとお雑煮を作り、新年を迎えました。「をけら火」は何度か途中で消えてやり直したことがありますので、今年は最初から念のため2本いただきましたところ、一本は消えてしまいました。「念には念を」と慎重にしていると成功するという教えでしょうか。
丸餅・白味噌・祝い大根・金時人参・かしら芋のお雑煮に、錦市場で求めた祝い鯛。凛とした寒さと華やかさと厳粛さ。京都のお正月は格別です。
元日は学生時代以来20年続けて下鴨神社でご祈祷していただき、3日は腹帯をいただいた成田山不動尊でご祈祷していただき、4日は伏見稲荷大社にお参り。週末に北野天満宮にお参りします。そして、毎年、春までに伊勢神宮にお参りいたします。
谷崎潤一郎は、京都・大阪には「生活の定式」が残っていると書きました。毎年決まった時期にやることなすこと、その日に食べるもの、着るものが決まっている、と。京都は確かにそれがあります。「生活の定式」は季節を感じて新しい気持ちになれることはもちろんですが、毎年同じことを繰り返すことで、昨年より成長できているかどうかをチェックする日ではないかと思っています。

元日には、NHK-BSで『太秦ライムライト』やWOWOWでぼくが吹き替え台本を書いた『チャップリンの独裁者』が放映されたとのこと。
明日からは、劇団とっても便利の多井一晃出演の映画『嘘八百』が全国公開されます。
私が監修・執筆のアシェットの「チャップリン公式DVD全集」は、1/10発売の『伯爵夫人』で完結します。

とにかく今年は、今取り組んでいるいくつかのプロジェクトを、多くの皆様のお力添えを得て、実現させる一年にしたいです。
そして、これは40過ぎてから心がけていることですが、これまで取り組んできたテーマはもちらん、新しいジャンルに挑戦していきます。一昨年は小津安二郎監督の声優口演と狂言➕長唄の台本、昨年は初めてのエッセイ集の出版を初めてやらせていただきましたが、今年はどんなことにトライできるか、しっかり勉強します。

今年もご指導のほどよろしくお願いいたします。
皆さまにとりまして、2018年が素晴らしい一年になりますように、心よりお祈り申し上げます。
{26877EB0-4714-41F3-B935-9B74FBAD51D6}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。