人間の大野裕之

新著『チャップリンとヒトラー メディアとイメージの世界大戦』(岩波書店)でサントリー学芸賞受賞
音楽劇『ライムライト』脚本
『太秦ライムライト』脚本・プロデューサー
日本チャップリン協会会長/劇団とっても便利/蘆屋道満(陰陽師)の末裔

お仕事依頼はchaplinsociety@gmail.comまでお願いします。

*映画『あのひと』5/14~なんばパークスシネマ、5/28~ユーロスペース、名演小劇場、6/18~京都みなみ会館で公開

*劇団とっても便利ミュージカル『カフェ・ママン』全回満席御礼。多数ご来場ありがとうございました!

*新著『チャップリンとヒトラー メディアとイメージの世界大戦』(岩波書店)で、サントリー学芸賞受賞しました。ありがとうございます!

*映画『太秦ライムライト』http://uzumasa-movie.com
福本清三主演/脚本・プロデュース:大野裕之
公開・配給・ホール上映のお問い合わせは、「太秦ライムライト」uzumasa.limelight@gmail.comまで。電話090-6232-7818

ニューヨーク・アジアン・フィルム・フェスティバル 観客賞、カナダのファンタジア国際映画祭 最優秀作品賞 主演男優賞(福本清三さん)、京都市文化芸術表彰 (福本清三さん、中島貞夫さん、大野裕之)他多数受賞

*『チャップリン・ザ・ルーツ』傑作短編集・完全デジタルリマスター
 DVDセット発売中!
 声の出演:羽佐間道夫・野沢雅子・近石真介・千葉繁・若本規夫・山寺宏一・平田広明・杉田智和/澤登翠・山崎バニラ・片岡一郎・坂本頼光
 総監修・字幕・日本版台本:大野裕之
NEW !
テーマ:
今年のしたまちコメディ映画祭の「声優口演ライブ したコメmeets小津安二郎」の台本をわたしが担当させていただきます!
日本映画の至宝・小津安二郎監督の傑作コメディの口演台本をやらせていただくなんて、本当に恐れ多いことでありますが、いまのお客様にお届けするために精一杯やらせていただきます。
小津組のプロデューサーを務められました山内静夫さんにご監修いただきまして、しっかり勉強しながら務めます。

***

第9回したまちコメディ映画祭in台東
声優口演ライブ したコメmeets小津安二郎
『淑女と髯』
小津安二郎監督 1931年 松竹作品
口演:羽佐間道夫、野沢雅子、山寺宏一他
台本:大野裕之
協力:松竹株式会社メディア事業部

2016年9月16日(金)開場18:00/開演18:30 ※予定
開催場所:浅草公会堂プログラム終了予定 20:30

チケットはこちら 8月13日発売です。

世界の小津安二郎監督の原点「コメディサイレント映画」が声優口演でスクリーンに甦ります。
ギャグマン「ヂェームス槇当」として、小津監督がギャグを描いている『淑女と髯』。
このサイレント作品に、当代一流の声優たちが新たな息吹をもたらし、小津作品の新たなる魅力があふれるステージを展開します!


ぜひおいでください!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
京都のメトロで開催のダムタイプの全作品上映、そして浅田彰さんたちのトークは(当然ながら)立ち見の盛況。20年ぶりに見る「S/N」。明滅する光と映像・高周波とクリック音のハイテック・アート。そこにダンサーたちが走り込み「わたしは夢見るわたしの人種が消えることを」「わたしは夢見るわたしの権利が消えることを」などと連呼して高所から後ろ向きに倒れて消えていく。エイズで亡くなる直前の古橋悌二さんがその場で化粧を始めドラァグクイーンに変身してシャーリー・バッシーを口パクで歌う力強いユーモア、ミシェル・フーコーの(確か)『同性愛者と生存の美学』(「同性愛の関係で重要なのは友愛である」)の引用が字幕が流れ、大きな白旗とともに「愛という言葉を使わせて」と字幕。ブブの女性器から万国旗。20年前の作品だが、我が国でセクシュアリティ/身体とまともに向き合ったアートはこれ以降見ていない。誤解を恐れずに、愛は可能か、芸術は可能かを真っ向から問いかける。やはり20年前と同じく深い感動を覚えた。
京都芸術センターで開催のインスタレーション「LOVERS」は、24日まで。必見。このあと、ニューヨークの近代美術館で展示される。日本では京都だけなので見逃せばニューヨークまで追いかけていかなくてはなりません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リュミエール

<ボローニャ修復映画祭 最終日8日目>
ミラノからの朝帰りゆえ、午前の上映は休んで昼から参加。メリエス特集を逃してしまい、近くのレストランに行けば誰かに会うだろうと思ってPIRATAに行くと、案の定フーマン、リー、ローザンヌ美術館のキャロルがいたので合流。
14.30からキートンThe Palefaceの修復上映。邦題は『白人酋長』——キートンは邦題に恵まれていない。美しく修復されていた。
16時から名匠ジョン・ヒューストンのBEAT THE DEVILの修復。ハンフリー・ボガート主演、ヒューストンとトルーマン・カポーティの共同脚本。大期待していったのだが、これほどひどい映画はないという代物。なんじゃこりゃ。みんなでぶちぶち文句を言いながら会場をあとにした。
他方、この時間になると噂が広まっており、「お前、日帰りでオペラ見に行って、朝4時に帰ってきたんやってな」と会う人ごとに言われた。「エナジェティックやな」「いえ、フーリッシュなだけ」
夕方、チネテカで長年ボローニャ映画祭のディレクターも務め、2年前に亡くなったフィンランドの映画研究者。映画監督ピーター・フォン・バーグのドキュメンタリー。ぼくもピーターとは生前ご挨拶したことがある。冒頭、親交のあったカウリスマキが沈痛な顔で「フィンランドの知性の90パーセントが失われた」と語る。豊富な知識、映画への愛。恵まれない家庭環境ゆえに普通の家庭で教わることと教えてもらえなかった、だからドキュメンタリー映画を撮ることで世界を知ろうとしている、と語る。最後に死を意識してか、「ぼくが死んでも、対話は残る。対話はずっと続くだろう」。その場にいた誰もが涙していた。
ピーターの娘さんにご挨拶。
最終日なので、チネテカのチェチリア・チェンチャレーリに挨拶。ピーターのドキュメンタリーを見たあとで、彼女の目にも涙。
チェチリア

ディナーは、最終日ということで、多人数の会食になった。フーマン、ドイツのウリ、イギリスのエミリーなどいつものメンバーに、ブリストル映画祭のトム、ポーランドやデンマークの映画祭関係者などなど。今年のボローニャもこれでおしまいか~と言ってると、ぼくが広場での最終上映がヒューストンのFAT CITYであることに気づいた——It ain’t over until FAT CITY screens! 英語で、It ain’t over until the fat lady sings.「太った女性が歌うまでは、終わりじゃない」というフレーズがある。オペラで主役の太った女性がクライマックスで歌うから、それまで結果はわからない——日本語でいう、「勝負は下駄を履くまでわからない」という意味だ。これをもじって、今回の映画祭は「ファットシティの上映まで終わりではない!」と言って爆笑。
というわけで、食事後、フーマン、トムと三人でヒューストンのFAT CITYへ。上映前にジャン・ルカの挨拶。ボランティアの皆さんが壇上に勢ぞろいして、そのなかにヴァレリオもいた。
広場
広場の野外上映、この日はビールを飲みながら。

FAT CITYは、うーん、別に悪い作品ではないけど、広場で数千人で見るほどのものでもない。昼間にヒューストンで痛い目にあった後遺症か、途中で退席していつものアイリッシュパブへ。
BFIの連中や、ニール・ブランドらがすでにいた。ニールに、10年前にあなたの演奏で見たキング・ヴィードアの『ビッグ・パレード』が忘れられないと言った。第一次大戦のヨーロッパ戦線を舞台に、戦争の悲惨さをリアルに描いた反戦映画の金字塔。戦車の行列の音、砲弾の音から、足を失った主人公が愛する女性のもとに杖で走る感動のラストまで、すべて一台のピアノで表現。日本でぜひあれをやってほしい、というと、ニールは「ぜひやりたい。とくに、今の日本のあやうい政治状況を思うと、すごく価値のある上映になると思う」と言い切った。ヨーロッパではアーティストが政治を語るのは当然のこと。
夜中の2時まで別れを惜しみつつ映画談義。こうして今年のボローニャ映画祭は終わった。


***

仕事や講演でなく海外に来るのは何年ぶりのことだろう。今回は、とにかく吸収したい、勉強したいと思って、突如10日前に思い立ってやってきた。
若い頃の貯金は尽きた。貯金は尽きても、たいがい中年の男性にはすでに自分の世界があって、そこで手持ちのパズルを組み合わせて過ごすことはできる。けど、やっぱり新しい世界に行きたい。——と、まあ格好つけても、単に映画見てるだけですが笑。ともあれ、学生時代のように安いゲストハウスで毎日洗濯しながら映画をたくさん見られてとにかく幸せだった。

***

翌朝10時。フーマンとピアニストのモーとリュミエール兄弟の展覧会へ。
120年前、映画を発明したリュミエール。彼らが世界中で撮影した数百本の映像が上映されていた。
圧巻は、360度すべてを当時の写真が囲んだパノラマ展示。パノラマは19世紀のパリ、ローマ、京都、メキシコと、どんどん写真が変わっていく。中央に立つと、100年以上前のいろんな街の中にいる気分になる。被写体となった19世紀の人々は、カメラのレンズを物珍しそうに見つめているので、まるでぼくが当時の人々から見つめられたり、語りかけられたりしているようだ。これがピーターの言う「<対話>は続く」ということか。と、写真の人物と目があって、「君は、いまそこで何をしてるの?」と問いかけられた気がした——2世紀の時空を超えて、そんなメッセージを感じたところで、ギャラリーの外に出た。イタリアの強い日差しがぼくを背中から貫いた。
りゅみ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。