人間の大野裕之

新著『チャップリンとヒトラー メディアとイメージの世界大戦』(岩波書店)でサントリー学芸賞受賞
音楽劇『ライムライト』脚本
『太秦ライムライト』脚本・プロデューサー
日本チャップリン協会会長/劇団とっても便利/蘆屋道満(陰陽師)の末裔

お仕事依頼はchaplinsociety@gmail.comまでお願いします。

*新著『京都のおねだん』(講談社現代新書)2017年3月15日発売! 初のエッセイ集です!

*アシェット「チャップリン公式DVDコレクション」発売中! 監修・執筆しています。http://www.dvdchaplin.jp/home.html

*KADOKAWA「チャップリン Blu-ray BOX」2016年12月22日発売 監修・執筆・日本版吹き替え台本。
http://cinemakadokawa.jp/dvd_chaplin.html

*新著『チャップリンとヒトラー メディアとイメージの世界大戦』(岩波書店)で、サントリー学芸賞受賞しました。ありがとうございます!

*映画『太秦ライムライト』http://uzumasa-movie.com
福本清三主演/脚本・プロデュース:大野裕之
公開・配給・ホール上映のお問い合わせは、「太秦ライムライト」uzumasa.limelight@gmail.comまで。電話090-6232-7818

ニューヨーク・アジアン・フィルム・フェスティバル 観客賞、カナダのファンタジア国際映画祭 最優秀作品賞 主演男優賞(福本清三さん)、京都市文化芸術表彰 (福本清三さん、中島貞夫さん、大野裕之)他多数受賞

テーマ:

始まってますよーヒッチコック9in東京! 歴史ある東劇でサイレント映画の連続上映が見られる日が来るとは、本当に夢のようです。
初日は『恐喝(ゆすり)』と『ふしだらな女』。最高傑作の一本と、大好きなノエル・カワード(ぼくはいつかカワード論を書きたいと思ってる)原作の二本立て。ただただ素晴らしい。古後さんの演奏も乗ってる。
トークは樋口尚文さんと深田晃司さん。樋口さんの幅広い知見に満ちたお話と、深田さんの明晰で情熱あふれる語り口でますます映画が好きになる。
上映には声優の大御所・羽佐間道夫さんも見に来てくださり、ヒッチコック声優口演の可能性も高まる!

その後、樋口尚文さん企画の実相寺昭雄オールナイト上映にお邪魔して、「シルバー仮面」などの特撮ものを堪能。「怪奇大作戦」の「京都買います」は有名な話で存在は知っていたものの初見。実相寺昭雄さんに詳しくないので、とても刺激を受けたとしか言えないのだが、一言でいって最上のフィルムノワール作品だと感じた。これぞ映画。樋口さんのご著書を購入すると、京都のロケ現場の写真のプレゼント(実は、樋口さんの依頼でぼくが撮影した写真!笑 お役に立ててとても光栄!)さすがに翌朝もヒッチコック上映なので、夜中の三時まで見てホテルに戻る。

ヒッチコック9二日目は、『下宿人』上映。琥珀色のロンドンの霧の美しさまで完全デジタル修復。ヒッチ・マニア篠崎誠監督は、細部に至るまでヒッチコックの楽しさを存分に語ってくれた。篠崎さんによると、廉価版だとスチール写真になっているところも、映像が修復されているとのこと。

というわけで、明日3日目は、デビュー作『快楽の園』と大傑作『シャンパーニュ』! ぜひごらんください!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週末11日の土曜日14時から、国分寺市でこんな講演をします。
『太秦ライムライト』の制作について2時間お話します・・これまで話していなかったことも、洗いざらい話しましょうかね。


しかし、クリエイターはのんきな商売で、どんなことがあっても次の作品のネタになります。当然、悪いこともたくさん経験するけど、その最中でも、うぉーこれはいいネタになるぞ、普通は経験できへんことやとムラムラしてくるんです。そしてこの職業は、多くの人のおかげで普通は経験できないいいこともたくさんさせていただきます。

 

というわけで、2時間語ってきます。
もちろん、語るなら、愚痴ではなく、夢を。

http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/kurashi/1012309/kouminkan/1002938/1015230.html

 

太秦ライムライト オフィシャルサイト

http://uzumasa-movie.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【3月15日 新著『京都のおねだん』(講談社現代新書)発売!】

はじめてエッセイ集を出します。

以前、さる場所に連載していたものを大幅に加筆しました。「京都をテーマになにかエッセイを」と依頼されたときに、大阪生まれの私にそんな資格はないとお断りしたのですが、「大阪生まれの視点で」とのことで、恥を忍んで書いておりました。

大阪生まれで、京都に住まいすること20年の私が、普段の生活で感じた「京都のおねだん」にまつわる不思議について書いたものです。

そこに旧知の講談社の編集者さんから本にしたいとご連絡。大変光栄なことですが、私ごときの経験では京都について一冊の本をものせるはずもないので、多くの方々のお力添えを賜りました。

 

というわけで、本書の執筆にあたっては、普段からお世話になっている方々、(登場順に)柊家の女将西村明美さん、浜作の森川裕之さん、茶香房長竹の長竹さん、リストランテ・ストラーダの福村賢一さん、茂山逸平さん、服部の服部一夫さん、馬庭さん、ラトリエールの春名さん、人力車のえびす屋の加藤誠一さん、ひさご寿しの宇治田脩盂さん、ふや町映画タウンの大森さん、名曲喫茶柳月堂の陳壮一さん、門川大作市長をはじめ京都市の皆さん、先斗町の亜弥さん、東映京都撮影所の西嶋勇倫さん、加藤さんを通じて京都祇園 天ぷら八坂圓堂の遠藤弘一さんから貴重なお話をおうかがいしました。

さらに、エム’ズエステートの岡本将人さんを通じて、小丸屋の住井啓子さん、山岡白竹堂の山岡憲之さん、永楽屋の14世細辻伊兵衛さん、佐々木酒造の佐々木晃さん、壬生寺の松浦俊昭さん、上七軒 梅乃の中路裕子さん、そして山岡さんのご紹介で阿以波の饗庭智之さん・・と京都の各界を代表する皆様のお力添えを得て、本書は完成しました。

 

お求めやすい価格の新書での出版です。

どうぞご贔屓に!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。