相続トータルサポート糸魚川 小野垣研一オフィシャルブログ

相続トータルサポート糸魚川は、糸魚川で暮らすみなさんの相続の相談窓口です。
行政書士や司法書士、税理士、ファイナンシャル・プランナーなどの専門家と連携し、
老い支度から相続対策、相続発生時の手続きまで円満で幸せな相続のお手伝いをします。




テーマ:
こんにちは、おのがきです。今日は柏崎マラソン。チーム☆マキノのラン仲間4人と行ってきました。晴れ、最高気温18℃、湿度40%でしたが、朝のNHKの天気予報では9メートルの風。この風に今日は苦しめられました。

スタートから東へ海岸線沿いに進む新しくなったコース。往路が追い風、折り返してからが向かい風、だいたいこんな感じです。

今シーズンの感触から、今回は自己ベストを15分更新を想定してレースに臨みました。20キロの通過が1時間45分。ほぼ設定通りというところ。それでも海岸沿いになると海風が強く、これは後半キツイと思っていたら、案の定、その通りなりました。

前半が5分から5分20秒でカバーしていたのに対し、後半は5分20秒から5分40秒に落ち、ラスト2キロは6分近くまで失速。久しぶりにハムストリングがパンパンに張る乳酸全開の地獄を味わいました。これがフルマラソンだ、って感じですね。

一緒にエントリーしたメンバーは、エースニヘイさんがハーフ1時間23分。さすが!貫録の走りです。同じくハーフのユースケさんは1時間33分のベスト更新。おめでとう!

フルにエントリーしたガンバさんは、練習不足にもかかわらず3時間53分。どうやら新境地を切り開いたようです。

ところで、タッキ―、どうだったのかな?

柏崎マラソンはこれで4回目のエントリーでしたが、さすが日本陸連の公認コースで安心して走れます。特に、今日は給水ポイントの高校生のボランティアのみささんに助けられました。ホントにあの声援には励まされました。みなさん、ありがとうございました!

来週は第1回の富山マラソンですね。エントーされているみなさん、健闘をお祈りいたします。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は野尻湖練習会。この数年、毎年恒例となっていた野尻湖練習会ですが、今シーズンは今日が初開催。シーズン中に数回は足を運んでいたのですが、もうまもなく秋のレースシーズンに突入するので、今季はこの一回だけになりそうですね。

故障者が出たり、職場の人事異動があったり、みんな忙しいようです。家庭や仕事、我々のような年代になってくると、こんなちょっとリラックスした感じが、これが無理なく続けていけるサイクルのようです。


(撮影者 チーム☆マキノ キャプテンさん : ちなみに、グリーンのランシャツが筆者です)

写真は野尻湖を周回する1周15キロのコースのちょうど3~4キロ地点のゆるい下り坂。残暑がまだ残る中、静かな森の中を駆け抜けるいいポイントです。クルマの通りも少ない場所で、日常の喧騒を忘れさせてくれる神秘的な雰囲気を醸し出しています。

今日のレコードは、1周目が1時間21分40秒、2周目が1時間22分27秒。正確には1周が15.3キロなので、5分20秒ペースでほぼ行けたというところでしょうか。昨年の8月が、2周を2時間52分でコースベストだったので、今回は8分更新。きっと9月で涼しかったということですね。

キャプテンさんの撮影してくれた写真を眺めていて気づいたのですが、わたしのランニングフォームに改善の効果が出ているようです。いつも走っている自分の写真を見ては、かっこ悪いと自己嫌悪に陥っていたのですが、これなら多少は見苦しくないレベルになってきたとちょっとうれしくなりました。

いつも指摘されていたいわゆる腰が落ちているというフォームだったのですが、夏以降、腰高フォームへの改良に取り組んできて成果らしき感触が、この一枚の写真から感じられます。

こういうの、うれしいですね。また、明日から頑張ろうという気持ちになります。参加されたみなさん、今日はありがとうございました。また、ご一緒しましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は糸高バレー部納涼会。正月に10年ぶりに開催した新年会につづいて、伝統の糸高バレー部納涼会が10年ぶりに開催されました。

来賓として元監督の吉岡正成先生、現監督の松木知寿先生をお迎えして、お盆期間のお忙しい中にもかかわらず多くのOBのみなさんにお集まりいただき、ありがとうございました。

納涼会にさきだち臨時総会が開催され、ジュニアバレーボールの支援、並びに幹事会による運営体制への移行を目的とした規約の改定が全会一致で承認されました。

お骨折りをいただきました山田会長をはじめとした役員のみなさまには、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。今後は新設された幹事会の若手OBのみなさんと一緒に、後輩たちやジュニアバレーのみなさんのサポートを担っていくとになります。ご協力よろしくお願いいたします。

また、今回は「割烹 倉また」様より会場をご提供いただきました。臨時総会、納涼会、その後の二次会まで全館をフル稼働いただき、スタッフのみなさまからの手厚いもてなしに感激いたしました。おかげでいい時間が過ごせました。感謝いたします。

「新年会は1月2日開催!」の声を席上で多数いただきました。みなさんとの再会が、今から楽しみにしています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます、相続トータルサポート糸魚川の小野垣研一です。

6月25日(木)開催の川口宗治氏講演会「親が70歳を越えたら、今すぐ聞きたい相続セミナー」への多数のお問い合わせありがとうございまし。おかげさまで定員に達したため受付を終了いたしました。

お申込みいただいたみなさま、ありがとうございます。当日、会場の「さくら軽食・喫茶」様にてお待ちしております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは、山岳マラソンの筋肉痛に苦しんでいる小野垣研一です。回復力の衰えを感じる今日この頃ですが、今朝は寝起きからすぐに筋肉痛がありました。こういうのがうれしかったりするようになり、微妙な心理です。

実は、以前、新潟県内でも放送されていたカンブリア宮殿の大ファンです。手帳に放送時間帯を書き込んで、がっつりと視聴時間を確保して、ライブでキャッチできないときは、録画してでもみていたものです。そんなテレビ番組はカンブリア宮殿で最後です。

現在は新潟県内で放送されていないのですが、それでもネット配信や出版物でフォローしています。

村上龍さんの着眼点には、いつも驚かされますね。対談でアートのジャンルの中でも建築には興味を持てなかったと発言しています。傲慢な感じかするからとか。

たしかに、今、わたしたちが目にしている歴史的な建造物は、その時代の特権階級の人たちによってもたらされたもの。鋭敏な作家の感性は無意識にその傲慢さを遠ざけていたのでは、と想像してしまいました。

本書で掲載されている建築家の隈研吾さんの建築とは、対極にある考え方なのでしょう。読み進めていくうちに、隈さんの建築を「負ける建築」と評するその意図がごく自然に納得できました。

コンクリートが象徴するように、自然を征服せんとするのは人間の思い上がりで、それとは真逆の位置にある調和と共生の志なのでしょう。

親しくしている建築士の仲間たちと今度、話題にしてみたいですね。

そういえば、今週、栃木県に出かけます。時間が許せば、馬頭広重美術館や石の美術館に足を運んでみたいですね。



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは、今日の山岳マラソンで激走した小野垣研一です。高低差650m、往復31キロを2年ぶりに走りきりました。タイムは2時間50分49秒。2年前のタイムを16分短縮してコースレコードを更新。

気温22℃、湿度67%の曇りで、この時期としては走りやすいコンディション。なんとか今年で最後になるこの大会を、納得のいく形で走り終えることができました。

これで大平峠まで走らなきゃ、というプレッシャーから解放されると思うと、やっぱり内心ホットしますね。

近年、クマが頻繁に出没するので、以前のように軽い気持ちで走りにいける練習コースではなくなってきました。もしかしたら大平峠まで走るのは、これで最後になるかもしれません。そう思うとなんだか寂しい気もしてきます。因果なものです。

今回のチーム☆マキノの打ち上げは、糸魚川地区公民館の特設会場。参加できなかったにもかかわらず、裏方で段取りをつけてくれたチーム☆マキノキャプテンさん、ミホコさん、ごちそうさまでした。おかげで、いい一日になりました。

これまで大会運営に携わってきた実行委員会のスタッフのみなさん、ボランティアのみなさん。みなさんのおかげで、長年にわたって山岳マラソンを堪能することができました。心から敬意を表し感謝します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは、明日の山岳マラソンに向けてこれでもかと食べまくった小野垣研一です。

今日は相続トータルサポート糸魚川のチームメンバーでランチミーティングで、大和川の「軽食・喫茶さくら」さんにお邪魔しました。こちらの「軽食・喫茶さくら」さんで、来週の木曜日、6月26日に我が相続トータルサポート糸魚川の記念すべき第1回主催セミナー開催します。

まだよちより歩きのチームですが、オーナー様のご厚意で当日は貸切。本日、ご挨拶にうがった際も快く迎え入れて下さりました。オーナー様、ありがとうございました。

会場に下見と打ち合わせの後、みんなでランチをご馳走になりましたが、いや、これがまたビックリ!これでもかというくらいの豪勢な歓待を受けました。



写真のほかに、デザートの抹茶のゼリー(もちろん自家製)にアイスコーヒーをついて、1200円。なんとも素晴らしいコスパです。

1週間前から予約していたおかげで、今日は無事に席を確保できましたが、当日、来店したお客様のなかには席が用意できず、泣く泣く帰られた方も見受けられました。こんなに人気のランチのお店が糸魚川にもあったんですね。

最近、熱くなってきて食欲が少し落ち気味の僕は、鍋焼きビビンバをオーダー。これが大正解でした。ビビンバのほどよく抑制された辛さが、食欲をかき立ててくれます。

こんなに食べきれないかもと思いましたが、ビビンバのおかげで完食。ひとつひとつサイドディシュがとても丁寧に作りこまれていて、繊細な味わいを堪能しました。人気があるのも、うなづけますね。

明日のヒスイの里山岳マラソンに向け、英気を養いました。「軽食・喫茶さくら」さん、ごちそうさまでした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!朝から能生、糸魚川、青海、そして朝日町と奥の細道のように回ってきた小野垣研一です。この時期に国道8号線から眺める日本海は最高ですね。

今日は相続トータルサポート糸魚川の第1回主催セミナーを案内します。

この相続トータルサポート糸魚川ですが、5月から本格的に活動を開始して、現在メンバーが3名。ファイナンシャル・プランナー、行政書士、そして相続アドバイザーが定期的に集まり勉強会を行っています。

当初は自分の家の相続はどうなるんだろう?というメンバーの素朴な疑問からのスタートだったのですが、学べば学ぶほど今の時代の相続の重さがわかってきました。

相続税が発生するのは、1月の法改正で対象者が増えたといえ全体の4%程度といわれています。しかし、相続そのものはすべての家族に発生します。

よく住宅は人生で最大の買い物といいますが、相続はそれ以上でしょう。なぜなら、住宅を含めたその人の全財産が次の世代に動くわけですから。

そして、問題はそこです。全財産が動くがゆえに、相続は家族間の争いや離散を生む「争族」にもなり、また、残すべきものを残し、伝えるべきこと次の世代に伝える「爽族」にもなりえるのです。

相続トータルサポート糸魚川では、3月に金沢で開催されたセミナーでご一緒した縁で、4月から相続トータルサポート富山の代表、川口宗治先生からご指導をいただいています。



川口先生は全国初の相続診断士事務所、LIBRIDGE ライブリッジの代表で、相続トータルサポート富山の代表です。

富山は言わずと知れた教育県。この数年、全国学力テストのトップで注目を集める福井県。富山から福井の北陸地方が子育ての成功エリアとして脚光を浴びるの秘密は、3世代同居率の高さにあるといわれています。

親から子、子から孫へ、残すべきものを残し、伝えるべきことを伝える。円満で幸せな相続が、北陸地方の子育て成功に結びついているのです。

川口さんは、相続先進地、北陸の相続サポート界をリードするトップランナー。社名のライブリッジは、ライフ(人生)のブリッジ(橋)を次の世代へ継承することを使命とすること。ほんの少し先のことを考え始めたあなたに最適です。

今回のテーマは、「親が70歳を越えたら、今すぐ聞きたい相続セミナー」

うちには相続税を心配するほどの財産はないから、と思っていませんか?いえいえ、相続税のかかる人はほんの一部でも、相続はすべてのみなさんに発生します。

相続なんてまだ先の話だから、とお考えではありませんか?いえいいえ、相続が起こるのはまだ先でも、相続への準備は早ければ早いほど安心です。

開催日 : 6月25日(木)13時スタート
会場 : さくら軽食喫茶 糸魚川市大和川6440
参加費 : 2000円
定員 : 10名

参加ご希望の方は、お問い合わせは、相続トータルサポート糸魚川 
小野垣まで → ℡025-562-3224 
                → 090―1634―9027



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!中一日でハーフマラソンの疲労が一気にきている小野垣研一です。バレーボールを気合を入れてやっていた学生のころは、翌日の朝にバリバリの筋肉痛がきたものです。

それが今では、筋肉痛は翌日のお昼頃から始まり、夕方にピーク。全身のだるさは、翌々日の朝に始まり午後にマックス。回復力が衰えたということなのでしょうか。

たまに新聞広告で見かけるマカ王のような持続力と回復力は望めなくなってきましたが、そこのところは素直に認めて、諸先輩方のように上手に付き合う術を身につけていきたいですね。



ところで、高田城ロードレースでは、昨年につづき地元、上越市の謙信走会のみなさんとご一緒させていただきました。ご一緒、といってもスタンドで隣に陣取ったというだけなんですが。

なにせ、我がチーム☆マキノのメンバーは故障者続出で、今回の高田城にエントリーしたのは、ガンバさんと僕だけ。チームの平均年齢が徐々に上がってきて、みんなそれなりの年齢になってきたということですね。

写真を提供いただいた謙信走会の美少女さま、ありがとうございました!

この写真の656番のランナーの方とは、5~6キロ地点からずっと一緒でした。僕がいつも追いかける展開だったのですが、この地点だけはたまたま並走していたんですね。

このあと置いて行かれて、たしか最後の最後、陸上競技場の手前でまた一緒になり、そのままトラックに突入したはずです。おかげでいいレースになりました。また来年のレースでもご一緒したいところです。ありがとうございました。


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、今朝の高田城ロードレースで激走して首が痛くて回らない小野垣研一です。借金で首が回らないとはよく言いますが、走って首が痛くて回らないとは聞かないですよね。頸椎の痛みは深刻でまじめに悩んでいます。



結果はハーフで1時間40分11秒。昨年のこのレースで記録したタイムを3分40秒縮める自己ベスト。ゴールした10時30分には気温25℃で、快晴、初夏の太陽がガンガン射していたので、けっこう消耗しました。

1時間40分切りを狙っていたのですが、中盤で中だるみしてしまい、そのタイムロスが響きました。レースが落ち着いたところで、自分のペースをキープする。これがまた難しいですね。新しい課題が見つかったようです。

それにしても、今回のコース設計は、なかなか良かったのではないでしょうか。毎年コースが見直されている高田城ロードレースですが、上手に住宅地を巡って、地域のみなさんのあたたかい声援を受けて走る場面が増えていたようです。

参加するランナーの立場からすると、たぶんこれが一番喜ばれるのではないかと思います。僕なんか、いつも早朝に一人黙々と走っているだけですから。

久し振りにゴールしてかぶり水を浴びました。陸上部のボランティアのみなさんでしたが、「脳天からお願いします!」といって、ズバリ脳天から浴びて湯気が立ちました。あまりの気持ちの良さに、「もう一発お願いします!」と浴びましたが、ありがたいことです。

大会運営に尽力されたスタッフのみなさん、ボランティアのみなさん、そして沿道で応援いただいた高田のみなさん、最高です。ありがとうございました。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。