おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。


テーマ:

おのころ心平です。


女性のデリケートなご質問です。


Q1.人知れず悩んでいることがあり、

質問をさせていただきたくメールしました。
それはズバリ、「カンジダのココロ」です。

かなり以前から生理前後に

陰部が痒くなったり

かぶれたりすることがあったのですが

数年前から悪化してしまい、

常時痒みとかぶれに

悩まされるようになりました。

婦人科を受診したところ

カンジダとの診断を受け、

塗り薬を処方されましたが
改善しませんでした。

様々な方法でアプローチしてみましたが

未だに治りません。
カンジダの背景にはどのようなココロが

潜んでいるのか教えてください。

どうぞ宜しくお願いいたします。

A1.おのころadvice


女性のカラダのお悩みについては、

かなりのテーマにわたって、


きれいのココロ

おのころ心平 - ココロとカラダの交差点

にまとめておりますが、


カンジダ膣炎ですね…、はい、


かゆいし、はれると痛いし、

女性のプライドを傷つけられる…。

女性にとっては、

もっともイライラさせられる症状のひとつですね。

心理的にも、


男性不信だから?
性行為への抵抗感があるから?

と色々と思い悩まれたことでしょう。

ただ、ここでは、ちょっと視点をずらして、

カンジダさんの立場に立って考えてみましょう。


***

膣炎を起す正体は、カンジダ・アルビカンス。

真菌(かび)です。


ふだんは常在菌といって、

じつは口の中にも皮膚にも、

消化管にも、膣にもある程度は棲息しています。

これが何かしらのきっかけによって、

日和見的に勢力をのばし、

繁殖しすぎると、炎症を起します。

つまり、膣ならカンジダ膣炎ですね。

症状としては、とにかくかゆい。

男性にも起こりうる症状なのに、

男性の場合はかゆくないケースもあるのだとか。

だから感染源が男性側にあっても、

女性の方にひどく症状が出るので、

男性は自分が原因とは気づかない。

場合によっては、あらぬ疑いを

かけてくるようなことにもなったりします。

うーむ、せつないですね。

もう!こんな症状、なんで私のカラダに!! 
と、雄叫びをあげたくなりますよね。。。。。

***

もともと膣という所は、変な菌が入らないように

殺菌効果が高い環境にあります。

膣にそのような自浄作用を与えているのは、

女性ホルモンのうち、エストロゲンというホルモンで、

膣内pHを調整し、ほかのところよりもpHを酸性寄りにして、
カビの棲息には適さないように保っています。

(カンジダ菌の適正環境は中性寄り)

ただ、カビとは言え、カンジダさんも生き物である限り、

それなりに存在するワケというのがあります。

カビの存在理由? 

そんなの認めたくないわー。

とおっしゃる前に、ちょっと、お耳を

(いや、読んでますよね)お貸し下さい。

***

カビの仲間には、

コウジカビやクロクサカビなど、

食品加工に有用なカビたちもいます。


しょうゆ、味噌、漬物、清酒、焼酎…、

これらの発酵過程に欠かせないのがそのカビたち。

ヨーロッパでもチーズやヨーグルト、ワインをつくるのに、

カビたちは大きな活躍をしています。

(そういえば、カンジダ膣炎の時のおりものは、

チーズのような独特なにおいがします。まさにカビの仕業!)

発酵、醸造、、、 つまり、カビさんたちの働きは、

「熟成させる」というのが、その使命なのです!


…熟成?

そう、「あなたのカラダに熟成をもたらす」。

ここにカンジダ菌の存在理由があるわけなのです。


これを心理的に置き換えると、

女性から女へ、妖艶な熟女への変身願望と

それを押さえ込もうとする理性との葛藤

ということになります。

ががーん。(ショック…)。

***


でもこれは、ご本人には

あまり自覚できない心理かも知れません。

カビに起因する症状は、

「ひそやかな、決して表立ってはいけない思い」

がテーマですから、潜在意識の奥の欲求、つまり、
顕在意識で自覚できないことが多いのです。

同じ悩みで訪れたクライアントさんを思い返してみると、

意外な共通点に気づきます。

色気、化粧っ気、熟女、妖艶などと言った言葉に

似つかわしくない、

むしろ、それらに抵抗感を持っているような性格。

デニムのジーンズなどが似合うカジュアル系の

さわやか型の女性が多いです。

そうした人は、おおむね礼儀正しく、

そつなく人付き合いもするのですが、
実は、あまり曲がったことが好きではない。

というより、堂々としたポリシーを持っているので、

矛盾や不正やずるがしこい人、世渡り上手な人が嫌いで

「ちょっとー、許せなーい」というのが口グセだったりする。

そういう意味で、性的なことに限らず、

どこか潔癖的なところがあり、キレイ好きで、

清潔感をとても意識するといった人が多いようです。

ご質問いただいた方に

ズバリ当てはまるかどうかわかりませんが、

もし、あなたが女性として、

妖艶さを漂わせることに、何か不潔感のようなものを
(はっきりではないにしろ)感じてしまうとしたら…。

はい、今!! 女としての魅力、

というものに対するそのイメージが、

これまでのような

「カッコいい」や「すがすがしさ」から、

だんだん「艶々しさ」「セクシュアリティ」へと

シフトしていっている自分に、
そっと、気づいてあげて下さい。

これを女としての熟成ととらえるなら、
それはもう、カンジダさんの存在を

必要としなくてよくなるかも知れませんよね。

「おっ、やっと熟してくれますか、はい、それでは、さようなら!」

そんなカンジダさんの声を期待しつつ…。


*****


おのころ心平の

カラダへの考察法を読もう!


5つの感情からカラダにアプローチ。
おのころ心平 - ココロとカラダの交差点

カラダを緩めることでココロにアクセス。

おのころ心平 - ココロとカラダの交差点


画像クリックでアマゾンページへ!


いいね!した人  |  リブログ(0)

おのころ心平さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み