恩寵と共にある

覚醒や目覚め、恩寵について分かち合う場としていきたいです。

2か月ぶりに瞑想会を開催します。


瞑想会ではまず浄化を伴う瞑想を行い、それから静かにただあるに入っていきます。
「何もせずにただある」を三つの次元から説明し、それに取り組んでいきます。


まずは気づきを明確にしていきます。気づきの対象ではなく、気づきの主体にとどまります。これをプレゼンスとも言います。
それからくつろいでいき、男性エネルギーと女性エネルギーを融合させていきます。この時私たちは「ただある」を実感し、それをビーイングとも言います。


そこから更にハートのワークを行っていきます。ここでいうハートはハートチャクラや肉体次元のハートではなく、この現象世界と神聖なる次元の橋渡しとなる深奥なものです。
ハートが活性化し開いてくることで、恩寵を受け取っていきます。それによって魂の目覚めが起き、この世を地に足を着けて生きることができてきます。


◎ 日時 7月31日(日) 14時~17時

◎料金  三千円

◎場所 埼玉県 連絡があった方に具体的な場所をお知らせします。 


詳細はこちらから。
http://ameblo.jp/onnchou/entry-12177803667.html
NEW !
テーマ:
今日は代々木八幡宮に行ってきた。以前から存在は知っていたが、訪れたことがなかった。それが今回行けることになりとてもよかった。
 
 
代々木八幡宮は明治神宮などと比較すると知名度は低いが、知る人ぞ知るパワースポットとして知られている。実際行ってみると非常に精妙な氣に満ち溢れていた。
 
 
参拝してからしばらくゆったりしていると、天からの氣が頭から入ってきて、場所を変えると大地からの氣が足から入ってきて、全身が精妙な氣に満ち溢れた。今までだと多くのエネルギーを感じ取ると圧力を感じていたのが、今回はそういうことがなく穏やかに満ち足りていた。
 
 
代々木八幡宮の氣が質が高いのもあるし、私自身のエネルギーの通り道が浄化されていたのもあるだろう。ともかく短くても非常に充実した時を過ごした。
 
{1B3D9384-064A-44EF-8311-2600105579D3}

本殿

 

{ECFF5054-952C-45B2-8A28-B21301D2E3CE}

 

 

天神社と出世稲荷社

 

{F15232CE-F9F0-4E60-97F3-34B36BEEBDB6}

 

 

本殿の裏

 

{BA49B97C-75F2-4114-8B2C-911A969A1E6A}
 
参道より
 
 
都会のど真ん中にこのような神聖なる空間があることはとてもありがたい。娑婆で色々と疲れたら、代々木八幡宮やその他都内にもいくつかある神聖なる場を訪れることとしよう。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

私は1人でいるのが好きだが、人と接して色々と交流をするのも好きである。人と接することで見聞を広げることができるし色々と循環も起こるので、他者との交流は非常に大切だ。

 

 

上辺だけの関係性というのも世間では多いが、私はできるだけ本音やそれに近いことが言い合える関係性がいい。上辺だけ取り繕ってもそれにあまり意味を感じない。

 

 

そしてスピリチュアルな界隈では、同じ指導者についている人たちで集うとか、同じ教えを信じたり、実践している人たちで集まることも少なくない。同じような考えの人たちが集うのは至極当然のことではあるが、私個人としてはそういうことがあまり好きではない。

 

 

かつては私も同じ考えの人たちとばかり交流していた。同じような考えや信じるものが同じ人たちとの交流は確かに楽しかった。それにどこか安心感もあった。だがその時期の私は、狭い世界の中に閉じこもっていた。見聞が広まることも余りなかった。

 

 

そして同じような人たちとの交流を続けていると、意識やエネルギーが同調していき、悪い意味でみんな同じようになっていく。そして自分たちと異質のものを受け入れられず、排他的になっていく傾向がある。

 

 

私が望む関係性は、〇〇を信じている人たちとの関係性などではなく、そういうものを取り払った、素でむき出しの自分を出せる関係性である。そういう関係性がとても心地よい。だがそれがなかなかできないこともある。

 

 

昔からの知り合いでW君という人がいて、W君とは一時期はかなり突っ込んだ話もしたりして、私としては良い関係性を築けていると思っていた。

 

 

昨年か一昨年のことだったが、久方ぶりにW君から連絡があり、話でもしませんかと誘われた。私は喜んでW君との再開を楽しみにしていた。

 

 

場所はどこでもいいとのことだったので、我が家まで来てもらって、色々と話をした。久方ぶりに会うW君は見た目が以前とあまり変わらず、元気そうで何よりだった。

 

 

しばらく話していると、W君が「とても素晴らしいものがあるから、無境さんにも紹介したい」と言ってきた。

 

 

そういう類いの話はよくあるし、そのような時に私は最初から話をシャットアウトすることはまずない。どのようなものが世の中にあるのか知っておきたいというのもあり、話を聞いてみることにした。

 

 

W君は熱心に語っていたが、正直なところそこまで興味を持つ内容ではなかった。今ではどのような話をしたか全然記憶にない。ということは自分にとってどうでもいい内容だったのだろう。

 

 

それはそれで何ら問題はなく、またいずれ話をしましょう、ということでその時はW君と別れた。

 

 

数日後W君からLINEで連絡があり、「先日の話はどうでしたか?もっと詳しい話を聞いてみませんか、これこれの日に、これこれの場所でより詳細が聞けますが来られませんか?」というようなことが送られてきた。

 

 

私はもはやW君が紹介してくれた話には関心がなく、「申し訳ないけど会場まで行くつもりはない。そのようなことではなく、何も背景にない純粋な状態のW君と話したい」といった内容の返事をした。

 

 

それに対してW君は残念です、といった返事を返してそれっきりだった。別のことでLINEをした時に返事はしてくれたので、話をしようと思えばできそうだが、積極的にW君と連絡しようという気は失せてしまった。

 

 

W君の話は一つの例だが、このようなことは何度もあった。

 

 

個人個人はいい人だが、何かを勧めてこられると、人格や波動が豹変することがある。勧められても私自身が感心を持てばより話を聞いたり実践したりするが、これは違うとなれば話を聞いたり、実践したりすることはない。それにも関らず勧めてこられても、正直なところ困惑してしまう。

 

 

私もかつては自分の信じていること、実践しているものを他者に押し付けてしまっていた。今でも知らず知らずしていることもあるかもしれない。だが相手にその気がなければ無理強いはしないし、引く時は引く。だが信じ込みが激しいと相手の状態を理解することもできなくなる。

 

 

何かを信じたり実践するのはいい。だが私は何もくっついていないむきだしの自分を見失わないようにしたいし、他の人にもそのことを伝えたいが、これもまた押し付けにならないようにすることが大切なのでそれが絶対だと言うつもりもない。ただ共感してくれる人がいてくれればそれは嬉しいことだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
肋骨の痛みはほとんど消え、腫れ物も昨日病院に行ったら、順調に回復していると診断された。


これで薬を飲む必要がなくなって助かる。入院中や退院してからしばらくは痛み止めを飲んでいて、痛みがぶり返した時も仕方なく飲んでいた。


腫れ物が大きくなって皮膚科に通院してからは、感染症防止の薬を飲んでいた。溜まっていた膿を出すために外科的処置をしたが、そこから菌が入って感染症になるのを防止するための薬だった。


飲まなくても大丈夫かとも思ったが、万が一のこともあるので、基本的には飲んでいた。それでも1日3回飲むことになっていたが、3回飲まないことも多かった。


日本人は薬が好きらしいが、私はできるだけ薬を飲みたくない。薬には副作用がつきものであり、本来体に良いものではない。


それでも病院は薬をどんどん出してきて、飲まざるを得ない状況にされる。病院は薬で儲けているから、いくらでも薬を処方する。
このシステムにあまり乗りたくないが、時と場合によっては薬も必要なので、処方されたら飲むが、薬漬けにされるのはごめんである。


薬を飲みすぎると、自然治癒力が落ちるような感じがする。人には健康を保つための自然治癒力が備わっているが、薬に頼りすぎると備わっている力が阻害される。


心身ともにできるだけ自然であるがままがいい。薬は役立つことはあるが不自然だ。できるだけ薬には頼らず、本来の在りようでいたい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、亀戸香取神社に参拝に行った。以前から香取神社に行きたかったのだが、参拝する流れができて、アレヨアレヨと言う間に行けることになった。


昨日は昼まで雨が降っていたが、参拝するときに雨が降って止み、それからは今までの雨が嘘のように晴れた。


香取神社では、今まで抱え込んでいたものを手放し、自分の道を歩むことを決意した。そうするとそれまで寒かったのが、ポカポカと暖かくなり、後では暑くなるくらいだった。


それまではなかなか手放せなかったものが、今年に入ってから一気に手放す方に流れができてきた。それが昨日で一区切りがついたようだ。


{97A47AB9-CE55-4884-8D7D-44BF354FD333}

御社殿



{3E4D2F35-374D-4194-B5B2-477104F049FC}




{63288AEC-2690-4DAC-B959-2862EF4D9F39}



{74858CCF-A818-481F-A3B9-35F8EF53B21E}

{1F84401D-A88F-4825-8257-BC73A00C4B7C}


それぞれの社にパワーがあり、心身ともに浄化された。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

人は目の構造上、必ず盲点が存在する。視神経が集まっているところには光を感じる細胞がないので、ここに集まった光は、信号として脳まで届かない。そこで脳では見えない、としてしまう。

 

 

私たちは見えているようで見えない部分が必ず存在する。それは視覚だけでなく、意識においても同じである。

 

 

よく他人のことは色々と見えても、自分のことは見えないと言われる。私も自分はこうだという思いがあっても、それと反対のことを言われたりして、「自分はこうだと思っていても、周りから見ると違うのだなあ」と感心することが時々ある。

 

 

そして私は問題点をよく指摘される。私は指摘されやすい方のようで、自分でも気づかなかった点や、薄々気づいていても無いものとしたいことなど、時にはやんわりと、時には手厳しくしてきされることがある。

 

 

そんな時は否定したくなる時もあって、反論してしまったり、態度に出てしまうこともあるが、基本的には相手の指摘を聞く。それによって盲点で気づけなかった点に気づけたりするし、それはとてもありがたい。瞑想しているだけでは気づけないことも多々ある。

 

 

完ぺきな人などいないし、自分に指摘をする人にも盲点があるから、こちらからはその人の問題点など見えることもあり、「あなたそうは言うけど、自分のこの点はどうなんよ?!」と言いたくなることもあるが、水掛け論になっても意味はないし、余程的外れでない限り、指摘されたことをありがたく受け取っておくのが得である。

 

 

的外れな指摘は受け流してしまうのがいいが、的確なものはこちらも耳が痛いのだが、近頃はその人が言っているというより、背景にある大きな存在ともいうべきものから指摘されているのだ、という思いがある。

 

 

そういう時はいったん抵抗が生じても、後々指摘を聞いておくことでよかったと思えることが多い。エゴからのものは受け入れがたいが、より高い次元のものからは自分の糧となる。

 

 

ともかく自分には盲点があるということを認めるだけでも違ってくる。盲点などないと思いこんでも、人には必ずある。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。