恩寵と共にある

覚醒や目覚め、恩寵について分かち合う場としていきたいです。

2か月ぶりに瞑想会を開催します。


瞑想会ではまず浄化を伴う瞑想を行い、それから静かにただあるに入っていきます。
「何もせずにただある」を三つの次元から説明し、それに取り組んでいきます。


まずは気づきを明確にしていきます。気づきの対象ではなく、気づきの主体にとどまります。これをプレゼンスとも言います。
それからくつろいでいき、男性エネルギーと女性エネルギーを融合させていきます。この時私たちは「ただある」を実感し、それをビーイングとも言います。


そこから更にハートのワークを行っていきます。ここでいうハートはハートチャクラや肉体次元のハートではなく、この現象世界と神聖なる次元の橋渡しとなる深奥なものです。
ハートが活性化し開いてくることで、恩寵を受け取っていきます。それによって魂の目覚めが起き、この世を地に足を着けて生きることができてきます。


◎ 日時 7月31日(日) 14時~17時

◎料金  三千円

◎場所 埼玉県 連絡があった方に具体的な場所をお知らせします。 


詳細はこちらから。
http://ameblo.jp/onnchou/entry-12177803667.html
NEW !
テーマ:

「まぜるな危険」という言葉がある。異質なものを混ぜ合わせると、有害物質が発生したり、カオスが生じたりすることから、混ぜ合わせることをしないように戒めることである。

 

 

修行やスピリチュアルの世界でも、同じようなことが言われることがある。様々な修行法やテクニックを学び、それによってかえって混乱が生じたり、エネルギーのトラブルが生じることもある。

 

 

私は色々と学び、それの良いところをうまく取り入れて、整合性をつければいいと考えていたが、何人かの人からそれは止めた方がいいと忠告された。エネルギーが混ざることで、おかしなことになるのは、そういうこともあることを何度か目にして、そこは気をつけるようになっていった。

 

 

昨日はとあるヒーラーさんと一緒に遠隔ヒーリングが起こるかの実験をしてみた。モニターの方三名にも協力してもらい、どのような流れで行うか事前に検討し、一時間ばかり行ってみた。

 

 

結論からいうと、最初に想像していたよりも良い反応があった。ヒーラーさんと私が交互にエネルギーワークを行うと、それぞれの特徴が反映され、しっかりとエネルギーの伝達がなされた。私は強いエネルギーで、ハートに反応したというフィードバックがあり、やはり私の特徴が反映されていた。

 

 

私の場合はまず瞑想に入り、そこから自然に発生するエネルギーが伝達されていくようにやってみた。リトリートでも体験した「これ」を瞑想していたが、短時間でもそれが伝わった実感があった。

 

 

そしてヒーラーさんと私が同時にエネルギーワークをすることもやってみたが、モニターの方からの意見を参考に、お互いのエネルギーが調和することを意識して行ってみると、とても繊細でかつ力強いものとなり、調和を意識する前としてからが全く違うものとなった、というフィードバックがあった。

 

 

私とヒーラーさんのエネルギーは、同時に流しても「まぜるな危険」ではなく、より相乗効果が生じ得ることがわかった。初めての試みだったが、非常に素晴らしいワークが起こりえるという実感が生じた。

 

 

昨日は少人数で行ったが、来月にはもう少し大きな規模でやってみる予定となっている。詳細は近々発表することになるので、どうぞお楽しみに。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

瞑想のやり方の1つに、マントラを唱えるというものがある。マントラとはウィキペディアによると、サンスクリットで、本来的には「文字」「言葉」を意味する。真言と漢訳され、大乗仏教、特に密教では仏に対する讃歌や祈りを象徴的に表現した短い言葉を指す。と定義されている。その短い言葉を何度も唱えることを行う。

 

 

マントラの唱え方にもいくつかあり、意味を考えずに唱えるやり方を提唱する人がいた。それは私にシンギングボウルを教えてくれた方で、マントラを唱えることも指導したりしていた。

 

 

その方は密教の阿闍梨だったが、密教では真言、すなわちマントラを唱えることをよくやる。だからその阿闍梨もマントラを重視していたが、その阿闍梨は「マントラの意味など考えなくていいから、ともかく唱え続けるんだ」というようなことを言っていた。

 

 

意味を考えず、ひたすら同じ文言を繰り返すとどうなるか?人は同じことを繰り返すと、変性意識、トランス状態に至る。その阿闍梨はそれを目指していた。

 

 

ただ単にトランスに入るだけなら、意味など考えずに、ひたすら早くマントラを唱えることで、比較的容易に人はトランスに入る。トランスは瞑想状態に似ているが、完全にイコールではない。

 

 

トランス状態は気づきに欠けている。表層意識を超えて深いところに至っているが、単に深いところにいるだけで、気づきがなければ完全ではない。

 

 

私は阿闍梨のところでマントラを唱えて、トランスに入ったりしていたが、それはそれで面白いのだが、ただトランスに入るだけでも何か違うな、と最後の方では考えたりしていた。

 

 

その阿闍梨はもう亡くなってしまったので、トランスに入ることを目的としていたのか、それとそれはあくまでも方便で、そこから更に本格的な瞑想状態に導こうとしていたのか、今となっては確認のしようがない。

意味を考えずに唱えるのは、初心者にはいいかもしれないが、上級者になってくると、それだけではダメだと思う。

 

 

その一方、意味を考えながら唱えることを提唱する人もいた。その人は理知的な人で、思索をすることを重視する人だった。

 

 

その人をここではFさんとしておくが、Fさんは何かがあると、それを論理的に、理屈をこねて色々と検証することを好んだ。私から見ても頭のいい人であり、弁舌も巧みだった。

 

 

そんなFさんだから、マントラでも意味など考えずに唱えて、トランスに入るというやり方を取るはずもなく、一つ一つのマントラの意味を考え、理解しながら唱えるように言っていた。

 

 

マントラにはそれぞれ意味がある。般若心経で一番最後に出てくる「ギャーテー ギャーテー ハーラー ギャーテー ハラソーギャーテー ボーディー ソワカ」これはマントラであるが、「往ける者よ 悟りへと往ける者よ 悟りへと往った者が菩提である」というような意味である。

 

 

そしてこの仏はこういうマントラ、この神はこういうマントラというように、それぞれに神仏にマントラが存在する。そのことをよく理解し、考えながら唱えなるようにFさんは指導をしていた。

 

 

それはそれでいいと思ったが、あまり考えながらということを強調し過ぎると、それが思考となってしまい、マントラが持つ力を阻害してしまうように感じられた。マントラは思考を超えたものであり、思考と混同されてしまったら、マントラを唱える意義が失われてしまう。

 

 

というわけで、私は阿闍梨の唱え方も、Fさんの唱え方も、どちらも一理はあると思いつつ、どちらの唱え方からも離れて行った。そしてマントラではこれが肝心である、ということを自分なりに理解した。

 

 

マントラとは波動でもある。世の中には様々な波動が満ち溢れているが、マントラは聖なる音、波動である。その聖なる波動を体感し、体得していくことがマントラを唱えるにあたり、非常に大事なことである。

 

 

それは考えてわかるものではない。だからあまり意味を考えながら唱えていたら、聖なる波動を体感できなくなる。だがただトランスに入るだけでも、深い理解が起こらない。意識を鮮明に保つことで、波動をより深く緻密に体得していくことができる。

 

 

だから私はマントラを唱える時には、考えないでもなく考えるでもなく、波動を体感するセンサーを働かせながら唱えるようにする。センサーを働かせるというのも、もちろん考えてできるものではない。それにはある意味訓練が必要である。

 

 

そしてマントラとは波動であり、波動はパワーを伴う。マントラそのものが持つパワーもあるし、長年に渡り多くの人がマントラを唱えることで、マントラのエネルギーフィールドができあがる。それを体得で来て初めて、マントラを唱える意義がでてくる。それまでのマントラが一切無駄ということはないが、それが体得できているかいないかでは、全く違ってくる。

 

 

ところで心理療法から発生し、今では能力開発やビジネスにも応用されている、NLPというものがある。NLPでは様々なテクニックがあるが、そのなかにアンカリングというものがある。アンカリングとは自分の中に自分を変えるスイッチを入れるようなものである。

 

 

誰でも知っているパブロフの犬であるが、あれは食事を与える度に鐘を鳴らし、それを続けていると、終いには食事を出さずに金を鳴らすだけで、犬がよだれをたらしたというものだが、犬は鐘の音という刺激でよだれを垂らすという反応を示したが、何らかの刺激を加えることで、特定の反応を引き出すことを意図的に行うのがアンカリングである。

 

 

アンカリングを説明するのに、非常にわかりやすい例がイチローの動作である。イチローはバッターボックスでいつも同じ動作を繰り返すが、同じ動作を繰り返すことで、イチローはプレッシャーを超え、ものすごい集中力を発揮する状態になっている。

 

 

私はNLPを少しだけ学んだが、NLPの講座でアンカリングについて学んだ時、あることを思いついて、講師の人に聞いてみた。それは「マントラもアンカリングではないか?」ということだった。

 

 

講師の人は精神世界にも長けた人で、マントラについても理解していたのでこの質問ができたのだが、講師の答えは「その通りである」というものだった。

 

 

例えば釈迦のマントラを唱えるとする。その時唱える人は意識をしなくても、無意識のうちに釈迦に思念が向かう。そしてマントラという刺激を繰り返すことで、釈迦のエネルギーや意識へ近づいていく。もしかすると釈迦のマントラと完全に一体となることで、釈迦との同化も可能かもしれない。それはともかくマントラという刺激によって特定の反応を引き起こすことは、マントラに習熟してくれば誰にでも起こりえる。

 

 

最初のうちは何度も繰り返し唱えることで、何らかの反応が生じるが、慣れてくると数回唱えるだけで意識が変わるとか、エネルギーフィールドとつながるなどの反応が生じてくる。こういった体験を繰り返すことで、古からの宗教的、霊的な修行と、現代で開発された心理療法が関連性を持つことに気づいた。

 

 

そんなわけで、マントラを唱え続けてきて、マントラを唱えることの意味がわかりつつあるが、これぞ最高のマントラというものに気づいた。それは沈黙である。沈黙こそが最高のマントラであると私は思う。

 

 

最高の聖者の一人であるラマナ・マハルシは語ることもあったが、最高の伝達は沈黙を通じて行われた。瞑想に長けた人の沈黙はただ空虚なのではなく、そこに全てがある。マントラも声を出して唱えるところから、心の中で唱えていき、最終的には沈黙へと至る。沈黙を深めるためにマントラを唱えるという言い方もできよう。

 

 

31日の瞑想会では、音と沈黙のシェアを行います。参加希望される方はご連絡ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

リトリートに参加したりして、数日間仕事から離れていたが、昨日久々に仕事に復帰し、今日は急に残業が入ったが、比較的涼しかったせいもあり、思ったほどには疲労しなかった。

 

 

リトリートと現実社会とのギャップは無論ある。リトリートが終了して三日ほど経ったが、リトリート時のエネルギーと意識状態からは、やはり変化してしまっている。

 

 

それでも効果はまだ持続しており、エネルギーも比較的充実し、意識のブレもあまりなかった。これから数日経つとどうなるかわからないが、今のところは落ち着いている。

 

 

エネルギーが充実し、意識にブレが無いのが本来の自分である。それがエネルギー状態が落下し、意識が混濁してくると、落下した状態を自分と錯覚してしまう。今のところ錯覚しても元に戻すことができるが、それを持続させていくようにする必要がある。

 

 

瞑想は必ずしも誰にでも必要であったり、有効であるとは限らないが、私にとっては必要不可欠である。ただ静かにしているだけで、本来の自分であることができる。

外界を排斥し過ぎてはいけないが、ただ静かにしていることは、やはり何物にも代えがたい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

瞑想を深めていくと、エゴちゃんが抵抗して色々と罠をしかけてくる。(エゴを敵対視したくないので、エゴちゃんと表記します)

 

エゴちゃんは今ではなく、過去や未来にある。今にあろうとすると、エゴちゃんが自分が存在できなくなると思い、抵抗して罠をしかけてくる。それはありとあらゆることであり、思考や感情が大きくでてきたり、体が痛くなったりなど様々である。

 

 

外側の対象に向かわず、本来の自分に向き合うと、エゴちゃんが幻想であることに気づく。だが普段はエゴちゃんと自分が同化しているので、とてもそうは思えない。

そして少しでもエゴちゃんが幻想であることに気づいてくると、エゴちゃんも生存のために、必死になって様々なことを仕掛けてくる。それで瞑想に挫折する人もでてくる。

 

 

そんな時にエゴちゃんに抵抗すると、余計反発がひどくなる。エゴちゃんの存在を受け入れ、ただ静かにしていればエゴちゃんも静まってくる。だがあまりにも抱えているものが多すぎると、エゴちゃんを受け入れ、ただ静かにしているのは難しい。そんな時は思考や感情をダイナミックに吐き出すのが必要なこともある。

 

 

エゴちゃんを敵対視して滅ぼそうとすると、とんでもないことになる。エゴちゃんを受け入れ、静かに見守っていれば、エゴちゃんを超えていくことができる。消し去るのではなく包含することである。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

16日から昨日まで、リーラスペースのリトリートに参加してきました。

 

 

何度も参加しているので、参加前に以前のようなワクワク感などはなく、ごく普通の心持で参加してきました。それでも非常に大きな成果のあるリトリートでした。

 

 

初日にアクティブな瞑想を行っているときに、マインドが大きく揺れ動きましたが、その後静かにしていると、それまで波立っていたマインドがうそのように静まりました。

 

 

それによって、マインドに同化しているとあたかもそれが真実であるかのように錯覚してしまうが、それはまやかしであり、静かにただここにあるのが本来の在り方である、ということが今まで以上にストンと腑に落ちました。

今までは頭でそれを理解しようとしてきたのですが、今回の体験でそのことがより深いレベルで理解できたのです。

 

 

その後はあまり大きなマインドの動きもなく、静かに座っているとどんどん「I AM」や「これ」が深まっていきました。まだ社会に出ると色々と動いてしまうだろうけど、環境の良いところでただ静かにしていれば、「これ」と共に在ることができるという確信が深まりました。

 

 

二日目には上半身の余分な力が抜けて、とても座りやすくなり、内面も落ち着いていました。上虚下実という言葉があり、これは上半身は力が抜けてリラックスし、下半身はどっしりとして力が漲っているいる状態が、身体にとっては良いということですが、まさに今回座っていて、上虚下実を実感できました。

 

 

上虚下実で座っていると、ずっと座っていられる状態で、マインドの動きも小さく穏やかなものとなり、いつまでも瞑想していられる状態でした。

リーラスペースでは気づきの主体に気づくプレゼンス、リラックスして大いなる存在と溶け込むビーイング、恩寵の扉を開くハートの三つを主に行っていますが、私はこの中でビーイングが一番できていなかったのですが、今回はできてきているという実感がありました。

 

 

それまでは座法をしっかりと組んで長く座ることをやってきましたが、身体に色々とブロックがあり、動きが生じたり、落ち着かなかったりもしていたのですが、今回は動きもほとんどなく、落ち着いて座っていることができました。段階を一つクリアしたという確信がありました。

 

 

そして二日目の夜から最終日にかけてハートにワークを行いましたが、今までにないハートの感じ方をしました。言葉では表現しにくいのですが、プレゼンスの強さと、ビーイングの深みを兼ね備えたハートの感覚がありました。

 

 

この感覚は一過性のものかとも思いましたが、その後もそれは続いたので、ハートも新たな段階に進んだかと思いました。今までにないものだったので、エゴの抵抗も強かったのですが、それでもそのハートの感覚を受け入れていきました。

そうするとそれが更に深く浸透していき、よりクリアで穏やかなものとなっていきました。

 

 

最後の方ではハートを意識すると、ハートが光を発していて、自分が光源となっていました。それはギラギラするものではなく、穏やかでほんのりと温かみのある、癒されるような光でした。

 

 

一番最後の瞑想では、プレゼンス、ビーイング、ハートが一つとなり、「これ」そのものとなっていきました。「これ」にあれば全てよしということがわかりました。ただ私たちは普段はそのことを忘れてしまっているので、いかにそれを常日頃から失わずにいられるかが今後の課題です。

 

 

リトリートでのことを日常でも失わずにいるように心がけ、そしてこのことを縁ある人と分かち合いたいという強い思いが生じています。

 

 

リトリートに関わられた全ての方々に感謝します。

 

 

31日の日曜に瞑想会を開催ますが、リトリートでのことを参加された方にシェアさせていただきたいです。参加してみたいという方はご連絡ください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。