恩寵と共にある

覚醒や目覚め、恩寵について分かち合う場としていきたいです。

2か月ぶりに瞑想会を開催します。


瞑想会ではまず浄化を伴う瞑想を行い、それから静かにただあるに入っていきます。
「何もせずにただある」を三つの次元から説明し、それに取り組んでいきます。


まずは気づきを明確にしていきます。気づきの対象ではなく、気づきの主体にとどまります。これをプレゼンスとも言います。
それからくつろいでいき、男性エネルギーと女性エネルギーを融合させていきます。この時私たちは「ただある」を実感し、それをビーイングとも言います。


そこから更にハートのワークを行っていきます。ここでいうハートはハートチャクラや肉体次元のハートではなく、この現象世界と神聖なる次元の橋渡しとなる深奥なものです。
ハートが活性化し開いてくることで、恩寵を受け取っていきます。それによって魂の目覚めが起き、この世を地に足を着けて生きることができてきます。


◎ 日時 7月31日(日) 14時~17時

◎料金  三千円

◎場所 埼玉県 連絡があった方に具体的な場所をお知らせします。 


詳細はこちらから。
http://ameblo.jp/onnchou/entry-12177803667.html

テーマ:
先日行った、日原の鍾乳洞。地球の胎内めぐりをきてきた。まさに異空間。


{63BA7887-68AF-4C4B-B323-A35E3ADF6AD7}

{6548EF09-1FAE-489A-BC0D-EC0F085FFCA2}

{7FCAD60C-45AE-48D4-8F9D-9E36FC92ED9E}

{A3823F81-C541-43AD-8115-C45681FEB0B3}

{A60A286B-148B-476F-BDDA-BEBD93B9F0F2}

{AD1B42DA-0419-4938-B9BC-7FA429396745}

{DB67FC98-2D2F-460B-8D7B-F26B4311A345}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

4日前に刀禅という武道の技術を応用した、心身鍛練法のイベントに参加したことを書いたが、自分にとってとてもよかったので、定例の稽古会に参加をしてきた。

 

 

刀禅でやることは、傍から見ると非常にシンプルで、何をやっているかよくわからないところもあるが、その中身は非常に奥深い。力、エネルギーの伝達を、組んだ相手と互いにしていくが、少しでも中心がずれてしまうと、伝達がうまくいかなくなる。

 

 

武道や瞑想で、「自分はきちんとできている」と主張することはたやすいが、二人組んで行うと、できていないと相手にすぐにわかってしまう。細かい心身の癖は、自分ではなかなか気づけないが、相手から指摘されるとすぐに気づくことができる。

 

 

瞑想ができてくると、心身の余分な力が抜けて、中心軸が確立してくる。それができれいなければ、いかに自分は瞑想ができている、覚醒をしていると主張しても、本当にはわかっていないということが明らかになる。

 

 

「中心軸も手放していくのだ」という人もいるかもしれず、フーマンは中心も遍在するものだと言っているが、それは中心軸をまずは確立してからの話で、中心が定まっていなければ、まずは確立してから手放すなり、遍在すると言いなさいということになる。

 

 

もちろん刀禅の稽古によって、その人の段階が全てわかるというわけではないが、かなり正確にその人の肉体的、精神的レベルが浮き彫りになると感じた。

 

 

そして刀禅には、様々なバックボーンの人が稽古にやってくるようだ。武術をやっていた人から、ボディワーク関連の人、そして瞑想をやっている人もいるようである。

 

 

私が思うに、自分は瞑想ができている、覚醒をしている、という人は、他から学ぶということがあまりないように見える。そういう人たちは自分に自信があるのだろうが、他の観点から見ると、自分の足りない点や、学べる点は大いにある。

 

 

自分に自信を持つのはいいが、時と場合によっては謙虚に他者の言うことに耳を傾け、改善するところは改善し、学ぶべきところは学ぶという姿勢が大切であろう。

 

 

私は刀禅の稽古をすることで、自分に足りない点や、改善すべき点に気づけた。それはとてもありがたいことだし、より気づきを深め、改善するところは改善していきたい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

栄耀栄華を極めた人物でも、全てが思うがままに生きるというわけにはいかない。どんなに金銭や権力があったとしても、死を免れることはできないし、他者を完全に支配することはできない。「いや、人は死ぬことはないのだ」と主張する人もいるだろうが、それは究極的にはそうであっても、この世においては死を避けることはできない。

 

 

ましていわんや、私たちのように栄耀栄華を極めてもいない人々は、色々と思いもかけないことばかりである。中には「全てを引き寄せて、自分の思うがままに生きている」という人もいるかもしれないが、少なくとも私にとっては、この世は思いもかけないことばかりだ。

 

 

今はカフェでこれを書いているが、iPadをWi-Fiに繋ごうとしてもうまくいかない。色々と設定をしようとしたがうまくいかず、ポケットWi-Fiを用いて繋ごうとしたら、電池が切れて起動しないという始末(泣)

 

 

このようなことは日常茶飯事であり、全てが自分の思うがままに生きているという人がいたらお目にかかりたい。

 

 

仏教ではこの世は苦であると説くが、その根底にはこの世は自分の思うようにはならないという苦がある。私たちには様々な願望があるが、それが100%かなうことはまずあり得ない。そして願望が叶えば楽しく、かなわなければ苦痛である。これは避けられない。

 

 

 

それでもやはりできるだけ願望を叶えたい。思うがままに生きたい、というのが人の性であり、それを完全に否定することはできないだろう。かつて私は願望実現など意味がないと思っていたが、今では全面的に否定はできない。

 

 

覚醒したい、悟りたいというのも願望であり、最終的にはそれをも超えていくが、まずはそこから出発しないと何も始まらない。だから全ての願望を捨てよというのは無理がある。

 

 

そもそもこの世に生きるというのは、生きようとか生きたいという意思があればこそであり、それをも放棄してしまえば、生きていくこともできなくなる。本当に一切の願望を捨ててしまったら、その時その人はこの世にとどまることはないだろう。

 

 

だから私は願望実現や引き寄せなどを全面的に否定はしないが、かといって自分がそれを積極的に行っているかというとそうでもない。

 

 

禅に日々是れ好日という言葉があるが、例えば多くの人は天候が晴れると喜び、雨だと悲しむ。だが雨には雨の良さがあり、必要不可欠でもある。晴れも良し、雨もまた良しという心境であれば、どんな天候でも良しとなる。

 

 

私としてはこのようにどのような事態も受け入れ、全てがOKというのが理想である。ただしこれは何でもかんでも全てが良しと思い込むのではなく、自然に受け入れていけることで、日々是れ好日となる。どうしても受けいれがたいときは、それはそれで否定したり嘆いたりすることもなく、受け入れがたいことも受け入れていく。そうしていくことで、自然と日々是れ好日となっていく。

 

 

「それは消極的な生き方ではないか?」という人もいるだろう。私は決してそうは思わないが、近頃ではただ受け入れるだけでなく、自分が内在しているものを体現する。ということに意識が向かうようにもなってきている。

 

 

知り合いのヒーラーの人と話していて、仏教でいう「空」は全てが無く、また全てがあるというものであり、「空」に本当に至れば、全てが具現化されるのではないか、ということを言っていた、

 

 

これは仏教徒からすれば邪道な見解かもしれないが、私にはとてもしっくりときた。スピリチュアルな言い方だと、全ての根源に至ることで、全てが現実化する。だから本当に思うことを叶えるならば、「根源」や「空」と呼ばれるものに到達することで、それが達成されるということになる。

 

 

これは科学的に証明することなどできないが、私の直感ではそれが正しいと告げている。あとはああだこうだ言わずに、実際に取り組むのみである。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前にも書いたことがあると思うが、私は格闘技、武道の類が好きである。私の周りでも、修行や瞑想に打ち込んでいた人で、格闘技や武道が好きな人は案外多い。武道で心身を鍛錬することが、修行に打ち込むことと、共通点があるのだろう。

 


先日「刀禅」という、武道を元にした、心身鍛錬法のイベントに参加した。刀禅は以前にどこかで聞いたことがあり、武道を嗜んでいる友人からも、刀禅は非常にいいものだと聞いていたのだが、この度刀禅のイベントが開催されると聞き、ちょうど日程が空いていたので、参加することにした。

 


応募が遅かったので、受付の際、名簿に私の名前がないというハプニングがあったが、それでも受付でもめることなく、参加させてもらった。

イベントにおいて受付で揉めて不快な思いをして、参加する気が失せてしまったり、参加を取りやめることもあったりするが、受付もきちんとした対応をしていただき、その時点で良い印象を抱いた。

 


どのようなことを行ったか、詳しく書くことはできないが、非常にシンプルながら、とても奥が深いことを行った。刀禅では基本的に対面で稽古を行い、初心者はベテランの人と手合わせをして、筋力ではない力を受け取りかつ伝達するということをした。

 


私たちは普段、力を入れる時に、上半身だけとか、下半身だけで力を入れてしまい、力の伝達がうまくいかず、分断されてしまう。刀禅の稽古では、足から生み出された力を分断させることなく、手を通じて相手に伝え、相手からの力を受け取って、手から入ってくる力を、足にまで通していく。

 


これを一見すると何をやっているかわからないような繊細な動きで、互いにやり取りをしていく。私は最初は戸惑ったが、比較的早くコツを掴みとることができた。私についてくれた方々も、なかなか筋がいいと褒めていただいた。

 


相手の力をうまく受け取り、こちらの力を相手にきちんと伝達ができると、お互いに相通じるものがある。指導してくれたほとんどの人が「武道は何をやっていましたか?」とか「どんなことを今までしてきましたか?」と聞いてきたが、全く初めてにしては伝達がきちんとできているのを感じ取り、質問をしてきたのだろう。

 


質問されると私は「武道はいくつかのもの少しかじっただけですが、ヨガや気功をかなりやり込んで、今は瞑想を中心にやっています。それらと刀禅は相通じるものがあるので、初めてだけど少し実感できたと思います」というような答えをしていた。

 


私が初めてにしては感覚をつかめたのは、特に私の感性が優れているというのではなく、今までやってきた鍛錬の賜物だろう。このような形で、自分のやってきたことが身になることがわかるのは、嬉しいことであった。

 


一人で瞑想をしていると、何か良い体験をしたりすると、「自分は素晴らしい体験をした」とかひどくなると悟ったと勘違いすることすらあるが、相手がいると独りよがりになりようがなく、互いの状態を把握しながら稽古ができるのは、とても良いことだと思った。

 


瞑想に打ち込みすぎて独りよがりの人も少なくないが、あまり一人だけでこもってしまわずに、誰かとともに進めていくことは大切だと改めて思った。もちろん一人で瞑想をしていくのは大きなメリットもあるが、二人で組んでも瞑想になり、そのメリットも大きいものがある。

 


きちんとお互いに通じあうと、それだけで心が静まり、ノーマインドになっていく。うまくはまるとずっと同じ姿勢でいられると最初に説明があったが、自分が体験してみて、確かにその通りだと思った。

 


何か武道やそれに関するものをやりたかったのだが、若いうちはともかく、年齢を重ねてくると、相手をどついたり、関節を極め合うのは、あまり気が進まない。そのようなことをすることがなく、筋力に頼らずに、心身を鍛錬できるものはないかと探していたが、刀禅はまさにそういうものであった。

 


イベントが終わってから、心身がとてもスッキリとして、文字通り身が引き締まっている感じがした。瞑想に関しては、ある程度確立してきたが、身体がまだ弱いところがあるので、意識だけでなく身体も鍛錬していこうと今は強く感じている。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年にスタンドアップパドルサーフィン、略してSUPというものを体験し、そのこともブログに書いたが、久方ぶりに海で行ってきた。

 

 

初めて海でやったときは、当然なかなかうまくできず、またその日は波も少しでていたこともあって、しょっちゅう海に落っこちていた。

 

 

今回は4回目ということもあって、1回目と比べるとずっとうまくできた。海も穏やかで楽しく水に浮かび、パドルを漕いで進んでいった。

 

 

SUPのボードは安定しており、あまりひっくり返ることはない。それでも何度かは海に落ちてしまったが、それもまた心地よい。

 

 

ボードの上に寝転がって空を眺めていると、何とも言えず心地よい。このまましばらくじっとしていたいくらいだった。とてもいいリラクゼーションにもなる。

ボードの上でヨガをする人もいるようで、今回はそこまでの余裕がなかったが、次の機会にはやってみたいと思った。

 

 

それでもずっと海上にでていると、段々疲労してくる。暑さもあるし集中が途切れてきて、一緒にスクールに参加していた人たちから、大きく遅れてしまう時もあった。SUPは楽しいが、油断していると熱中症にもなりかねないので、そこは注意が必要だ。

 

 

普段と違う状況にいると、それだけで自然にノーマインドになっていく。SUPは集中する時は集中し、くつろげる時は思い切りくつろげる。下手に瞑想をやるより余程いいと改めて感じた。

 

 

籠って瞑想ばかりしていると、やはりバランスが狂ってくる。大自然と融合することで、本来の在り方に戻れる。また近々SUPを行うことにしよう。

 

 

写真は強くパドルを漕いでいるところ。少々へっぴり腰^_^;

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。