六角時代-Only Sir素空慈の新時代を開く波動文明ブログ

願う現実を創造する宇宙の力「サイパワーPsy-Power」、誰もが簡単にできる自然治癒健康法「裸地(メンタン)療法」、自身の限界を超え願う生を享受する「悟り・解脱」など、素空慈(ソコンジャ)先生独自の視点から六角時代をよりよく生きるための智慧を伝授します。

NEW !
テーマ:

 

皆さん、こんにちは。

 

願う現実を創造する宇宙の力

『サイパワー』をやさしくお伝えする

サイパワートレーナーGOLDEN KIDです。

 

 

今日は素空慈先生の教えの

核心の一つである「宇宙の6大原則」

についてお届けます。

 

 

 

宇宙の6大原則とは

 

 

1.存在の原則

 

宇宙はただ一つの本能を持っています。それは自ら自分自身を守る「保存本能」です。

 

ですから宇宙に創造されたものは全て、宇宙と同じ保存本能を持っています。

 

私たちの免疫力もまた、この保存本能によるものです。

 

これを『存在の原則』と言います。

 

 

 

2.楽の原則

 

宇宙が存在するためには、作用しなければいけません。存在と作用はアフラクサスの一つの体だからです。

 

そのため宇宙は永遠です。

 

 

そして永遠であるためには病があってはならないので、宇宙は常に健康です。

 

被造物はいずれ壊れてなくなるため病がありますが、宇宙は常に健康で永遠に存在します。

 

 

そして健康な宇宙の波長は、私たちの心が楽しんでいるときの波長にとてもよく似ています。

 

 

ここから宇宙の波長を「楽の原則」と言います。

 

 

 

3.計算の原則

 

宇宙の作用は、アフラクサスや温度によって生じます。

 

つまり伸びて行く気運と引き寄せられる気運の計算が正確であればこそ、支障なく存在することができます。

 

そしてこの計算は、被造物だけでなく基盤である宇宙ともトラブルがあってはなりません。

 

宇宙は正確な計算によって、絶え間なく変化し続けているのです。

 

 

このような宇宙の努力を「計算の原則」と言います。

 

 

 

4.利得の原則

 

宇宙は「存在」であり「作用」です。これをアフラクサスの原理と言います。

 

反対に宇宙は作用しながら存在します。

 

ですから存在のためには利得となり得るちょっとした割れ目にも宇宙は必ず創造します。

 

人の目から見れば何でもない歩道のブロックの隙間にも花を咲かせるのです。

 

豊かさとはこのように「利得の原則」によって現れます。

 

 

 

5.対価の原則

 

作用があれば、必ず反作用もあります。

 

被造物は常に、作用を通じて戻ってくる宇宙の反響を見極めなければなりません。

 

そのため、その行動が宇宙の6大原則に符合すれば「福」となり、背けば「災い」となります。

 

 

これを宇宙の「対価の原則」と言います。

 

 

 

6.帰素の原則

 

集まっていた力が弱まれば、その物体は壊れて本質の世界に戻って行きます。

 

これを「帰素の原則」と言います。

 

再び、素粒子の世界に戻って行くという意味です。

 

 

宇宙のあらゆる被造物は、いつか再び来た世界に戻らなければなりません。

 

 

存在と帰素。仏教ではこのような理致を輪廻と言います。

 

 

素空慈(ソコンジャ)

 


 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

やさしく解説しますと、

 

宇宙はたった一つの本能を持っており、

それは自身を守る「保存本能」です。

 

私たちの免疫力も

保存本能と言うことができ、

 

この保存本能があるのも

「存在の原則」があるためです。

 

 

そして宇宙は作用することで

存在できるのですが、

 

私たちも何かを続けるためには

楽しくないと

なかなか続けられないと思います。

 

これを「楽の原則」と言います。

 

 

例えばお店をはじめるとき、

1日に何人お客が来て、単価がいくらで

1カ月にすると売上がいくらになる、

 

というのは頭の中の計算で

だいたいはうまくいきません。

 

宇宙はまた

別の計算式を持っているからです。

 

これを「計算の原則」と言います。

 

 

私たちは大部分、欲を通じて

物事の利得を判断します。

 

しかし宇宙はこのような

私たち人間の欲とは別の

基準を持っています。

 

これを「利得の原則」と言います。

 

 

頭でやらないと

と思って嫌々続ければ、

「苦」が訪れますし、

 

心から楽しいと思うことを続ければ、

「楽」が訪れます。

 

頭の計算で事業を始めれば

「失敗」が訪れますし、

 

宇宙の計算に沿って事業を

始めれば、

「成功」が訪れます。

 

このように

宇宙の原則に則って行えば

「福」となり、

 

宇宙の原則に反して行えば

「災い」となることを

 

「対価の原則」と言います。

 

 

形あるものは必ず壊れる

と言います。

 

私たち人間も

生まれた以上、必ず

死に向かっていきます。

 

これを「帰素の原則」と言います。

 

 

 

ただ、宇宙は永遠です。

 

つまり宇宙は、この6大原則を通じて

永遠に存在します。

 

そして私たちも、

この宇宙の6大原則を正しく知り、

符合することで、

宇宙と同じ永遠さを得られることができます。

 

 

これを「悟り」や「自己実現」などと

呼びます。

 

 

そして、

この宇宙の6大原則を

本当の意味で理解し

符合するためにも

 

昨日の記事にも書きました通り、

 

自意識を主とした生から

霊魂を主とした生へ

 

シフトすることが大事になってきます!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

◆ご質問やご感想お待ちしております!

こちらより (お名前はニックネームでも結構です)

 


サイパワートレーナー
GOLDEN KID

 

 

◆素空慈先生については

素空慈先生プロフィール

 

◆昨日の記事については
素空慈語録に見る自己実現のパスポート

 

 

 

■願いを創造する3つの『サイパワー Psy-Power』

個人的な願いを創造する『パーソナルサイパワー』

ビジネスで事業を成功させる『ビジネスサイパワー』

健康的な生を創造する『メディカルサイパワー』

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

皆さん、こんにちは。

 

願う現実を創造する宇宙の力

『サイパワー』をやさしくお伝えする

サイパワートレーナーGOLDEN KIDです。

 

 

今日は素空慈語録を通じて

「自己実現のパスポート」をテーマにお届けします。

 

 

 

◆ 素空慈語録 ◆

心が目標に向かわず

眺めているだけであれば

願いは実現しない

 

 

 

 

GOLDEN KIDのやさしい解説

 

 

心が目標に向かわず眺めているだけというのは、どういうことでしょうか?

 

 

この世の中は、伸びて行く気運と引き寄せられる気運に分けられます。

 

そして、私たちの五感を通じて引き寄せられた心の世界を自意識と言います。この自意識は知識や経験、常識など過去を基準に物事を考えます。

 

一方、私たちから伸びて行く気運を霊魂と言います。霊魂は考える意識作用がなく、無意識に反応し行動する心です。

 

 

心というのはこのように二つの側面があり、自意識を「考える自我」、霊魂を「反応し行動する自我」とも呼びます。

 

 

そして今日の「心が目標に向かわず」の「心」とは、霊魂を指しています。

 

 

私たちが願いを実現するためには、簡単に言うと、この霊魂に明確に願いが刻印されることで可能になります。

 

なぜなら、霊魂とは伸びて行く気運であり、刻印された願いが大きく伸びて行き、そこから引き寄せられることによって目の前の現実に現れるからです。

 

 

そしてこのとき伸びて行く気運は、宇宙彼方まで届くという意味で「宇宙心」と呼び、この宇宙心によって引き寄せられ、願いが実現することを『サイパワー』と呼びます。

 

 

このように霊魂に直接願いを刻印すれば、宇宙心によって願いを実現できるのですが、これを阻もうとする障害もあります。

 

それは自意識です。自らが自らの障害になるのです。

 

 

 

世の中には様々な成功法があります。寝る直前や起きてすぐに願いを唱えたり、ノートに毎日願いを書いたりする方法もあります。

 

 

実際、韓国では「サイパワーノート」という願望実現ノートを販売しているのですが、これらは全て自意識を静めて、霊魂に願いを刻印するための方法と言えるでしょう。

 

 

サイパワー上級者になると、自意識の上に立つことができるので、自意識の影響を受けずに霊魂に直接願いを刻印できるようになるのですが、

 

最初はそれも難しいですので、基本的には毎日繰り返して唱えたり書いたりすることで、徐々に自意識の影響も薄れ、霊魂に願いが刻印されるようになります。

 

寝る直前や起きてすぐというのは、自意識が活動をやめたり開始する前なので、その影響を受けにくいという利点があります。

 

 

 

素空慈先生はおっしゃいます。「『切実』でなければその願いは成就しない」と。

 

 

毎日毎日習慣として繰り返すことで、自意識の影響を乗り越え霊魂はその願いを受け入れてくれるようになるのです。

 

 

もし3ヵ月間毎日ノートに書くと決めたら、どんなに忙しくても実践することで、その切実さが宇宙を動かします。


百日参りというものがありますが、これも雨の日も風の日も毎日行うことで神を動かすことができるようになるのであって、

今日は雨だからいいや、と言って休んでいたら、それは神様がそっぽを向くというより、あなたの霊魂が願いとして認識してくれず、引き寄せてもくれないのです。

 

 

ですから途中で「今日はいいや、、」とか、「どうせ行っても、、」という自意識の声があなたを誘惑したら、すぐにその声を「手払い法」でサッサッサッと払って、体を動かすようにしましょう。

 

 



そして、このブログでは常々「楽しい」ことが大事と話しています。

実際、毎日ノートに書くにしても、百日参りにしても、はじめは大変かもしれません。なぜならはじめは誰しも自意識で行っているからです。


しかし、嫌でもなんでもやると決めた以上続けて行くうちに、「楽しさ」を感じるようになります。なぜなら習慣として行動するうちに、霊魂が動き出してくれるからです。


こうなると自己実現も目の前です。


このような経験を繰り返すうちに、比較的容易に霊魂に願いを刻印できるようになってきます。


その時はあなたも「サイパワー」上級者の仲間入りです。


霊魂とはこのように本来「楽しい」波動を持っていますので、この「楽しさ」が「楽しさ」を引き付けるようになるのです。

自意識を通じた無理な笑いではなく、心からの微笑みも出てきます。



まとめになりますが、今日の語録の意味は、

霊魂に願いを刻印することで、霊魂が動き、宇宙心を通じて願いを実現してくれますが、自意識を通じてあれこれ考えているだけでは、決して願いは実現しないということです。



自意識ではなく
霊魂を主とした生へ

 

これが自己実現のためのたった一つのパスポートです!



最後までお読みいただきありがとうございました。
 

 

◆ご質問やご感想お待ちしております!

こちらより (お名前はニックネームでも結構です)

 


サイパワートレーナー
GOLDEN KID

 

 

◆素空慈先生については

素空慈先生プロフィール

 

◆手払い法については

手払い法とは

 

◆サイパワーについては

サイパワーとは

 

 

■願いを創造する3つの『サイパワー Psy-Power』

個人的な願いを創造する『パーソナルサイパワー』

ビジネスで事業を成功させる『ビジネスサイパワー』

健康的な生を創造する『メディカルサイパワー』

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

皆さん、こんにちは。

 

願う現実を創造する宇宙の力

『サイパワー』をやさしくお伝えする

サイパワートレーナーGOLDEN KIDです。

 

 

今日は、少し趣向を変えまして、

「名前を通じてあなたの個性を読み解く」

をテーマにお届けします。

 

先日の記事で、生年月日から見る

「天性検査」についてご紹介しましたが、

 

今日はいわゆる姓名判断であり、

ご自身の個性を見極め、

成長を促すためのツールでもあります。

 

 

 

名前はあなたの個性を読み解く秘密のカギ

 

 

世の中には様々な姓名判断があります。その多くは画数によるものかと思います。また私も勉強不足だったのですが音による見方もあるそうです。

 

そしてここで見る方法は、名前の持つ意味です。

 

 

例えば、「一郎」さんの場合、

 

始めの「一」が内面とその人の課題、

 

最後の「郎」が外面と長所を表しています。

 

 

 

簡単に説明しますと、

「一郎」さんの場合、内面で「一」を強く求めています。一番になりたい、リーダーになりたい、一つのことに集中したい、などです。

 

しかしその思いには必ず相反する作用が働きます。

 

 

一番になりたいのになれない、リーダーになりたいのになれない、一つのことに集中したいのにできない、などです。

 

それでもあきらめることなく「一」を求めることで、いずれ彼は「一番」になることができます。

 

つまりこれが、始めの「一」が内面でありその人の課題であるという意味です。

 

 

次に最後の「郎」は、「おとこ。男子。若い男性をいう言葉」などという意味がありますので、男らしく女性にもてる方が多いですね。

 

ただ、外面と言っても必ずしも「郎」を最後に持つ人が、筋骨隆々の男らしさを持っているというわけではなく、外面は穏やかさを持ちながらも軸はしっかりした男らしさを持っていることが多いです。

 

これがその人の長所であるということです。

 

 

 

最後はそのバランスを見ます。

 

もし「一郎」さんが「一」を追求しながらも、なかなか得られず挫折してあきらめてしまった場合、その時は長所であるはずの「郎」が全く反対の状態になります。

 

つまり男らしさがなくなり、女々しくなってしまうのです。

 

 

ですが、「一郎」さんが「一」を追求し一番になることで、心に余裕もでき男らしさも発揮して自身を輝かせることができるようになります。

 

 

これが名前を通じて読み解くあなたの「個性」です。

 

 

もちろん人生において良いときも悪いときもあるので、その時ごとに少しずつ異なりますが、基本的に「一」をあきらめることなく追求し、かつ「郎」らしさを維持することで、個性が輝くようになります。

 

 

 

 

あのスーパースター「イチロー」は、名前が「一朗」です。「郎」ではなく朗らかの「朗」を使います。

 

 

イチローが「一」を常に追求しているのは、私がわざわざ紹介しなくてもよいかと思いますが、

 

最後の「朗」につきまして、

 

イチローの若いころは、あくまで外から見た印象ですが、「一」をあまりに強く追求するあまり、バランスが「一」に偏り、「朗」がおろそかになっているようでした。

 

 

つまり、本来非常に朗らかな長所を持っているのに、常に険しい顔で周囲を寄せ付けない雰囲気を持っているように見られました。

 

 

ただ色々な記事を見ますと、身近な人の話では、必ずと言ってよいほどイチローはユーモアがあって楽しい人物であるということだったので、野球から離れると「一朗」そのものだったのでしょうね。

 

 

そして今はとても野球を楽しんでいるように見えます。チームの中でも一番声を出して、若いときはあまり見せなかった満面の笑みでチームを盛り上げています。

 

これがまさに「一朗」の個性です。

 

 

今もきっとイチローは「一」を追求していることと思いますが、どんな「一」に到達するのか楽しみですね。

 

 

もちろん「一」を追求すると言っても、これは人との比較ではなく、主観の問題です。つまり、人から「一番」と認められたいというより、自分が思う「一番」になりたいのです。

 

 

これは「一」に限らず、皆さんにおいても同じです。

 

 

そのために「個性」と表現しています。

 

 

あなたはどのような課題を持っているのでしょうか?ご自分の名前に興味を持って調べてみるのもよいかもしれませんね。

 

 

また、「自分を愛する」ことが大事と言いますが、「自分の名前を愛する」ことができれば、それは「自分を愛する」ことにもつながります。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

◆ご質問やご感想お待ちしております!

こちらより (お名前はニックネームでも結構です)

 


サイパワートレーナー
GOLDEN KID

 

 

 

■願いを創造する3つの『サイパワー Psy-Power』

個人的な願いを創造する『パーソナルサイパワー』

ビジネスで事業を成功させる『ビジネスサイパワー』

健康的な生を創造する『メディカルサイパワー』

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。