男前豆腐店をご存知ですか?

テーマ:
風に吹かれて豆腐屋ジョニー

という豆腐をご存知だろうか?

数日前テレビにこの豆腐を
つくっている会社の社長が
出ていて知った。

考えたらスーパーで見たことが
あった。
変わった豆腐があるなぁ、と。

男前豆腐店
http://otokomae.jp/index-pc.html

サイトの始まり方もおもしろい。

それにしても豆腐はいままで決まりきって
いた。
そこに全く新しい感性で商品製作をしている
この会社の社長はおもしろい!

目からウロコです。
AD

日記が消えた~!

テーマ:

さっき書いた日記がすべて消えてしまったので、ただいま意気消沈中。


だから正直書こうかどうしようか迷い中。


パネルディスカッションに行ってきました。

話す時間があまりなかったので話し下手な
僕は助かりました。笑 


夜は渋谷にお出かけ。
夕飯はセンター街にあったリトルスプーン
というカレー屋さん。

最近気になるのは「カレキチ」というカレー屋さん。

AD

パネルディスカッションに

テーマ:

今日は今週金曜日のことを書いてみます。

とあるシンポジウムのパネルディスカッションに

呼ばれて参加させていただきます。


3月24日(金)
午後1時~4時
「市民と農家がすすめる緑のあるまちづくり」
場所:JA東京みらい2Fホール
(保谷郵便局まえ) 
参加費:無料 
懇親会費500円要予約 


一部「若者の社会参加」二神能基氏
「希望のニート」著者 千葉のニュースタート事務局代表 


二部 パネルディスカッション
パネラー
高見祐加(カバーガーデン作成)
鈴木剛(オンリーワンクルー代表)
桜井正行(生産者)
都築康彦(生産者)
吉川秀則(西東京市農業振興計画推進委員)
高見之孝(親子で夏みかんを育てる自然体験活動)
アドバイザー 二神能基(NPO法人ニュースタート事務局)
コーディネーター 浜昱子(NPO法人セプロス)


セプロスURL 
http://ceproce.hp.infoseek.co.jp/

平日の昼間なので難しいかも知れませんが、
ご興味のある方は、どうぞ。


AD

決勝進出

テーマ:

おととい3月18日のふらっと&お仕事大図鑑も
楽しかったです。
ゲストとして来てくださった佐田さんの
話もとてもおもしろかったです。


さすが、大学で教えているだけあって
うまいものだなぁと思いました。


またHPでお知らせしていこうと思います。
お待ちください!


それともうひとつ。
普段はあまり野球を見ないのですが、昨日のWBC準決勝は見ました!

日本対韓国。


いやぁ、おもしろかったですねぇ。
熱くなっちゃいました。
爽快でございました。


ひいきのチームがある人はこういう
風に盛り上がっているのかもなぁ、
とそんなことを思いました。


明日のキューバ戦も楽しみです。


メール

テーマ:

外はすごい風が吹いています。

今日は3月17日。


明日はワンクルのふらっと鍋の会

ですが、パソコンのメール内容も

とんでしまい、いつも送っている

お誘いメールが一部の方に

送れずにいます。


いつもは来ていたけれど

今回来ていないよ、という

方はよかったらご連絡くださいませ。


ご迷惑をおかけしますが、

よろしくお願いします。


さて、今日は雨が降るのかな?


パソコンが壊れた~!

テーマ:

こんばんは。

実は昨日、うちのパソコンが突然壊れてしまったんです。


ハードディスクがいきなりカタカタと音を立て始め・・・。 

ハードディスクがダメかも知れない。


今日、NECに修理に出しました。


という訳で今後のHPの更新やらなんやらが出来ない。。。

ご迷惑をおかけすることもありますが、どうぞお許しくださいませ。


今はノートブックから書いてます。

マユコポーロさん

テーマ:

今日はカタリストの編集をしていました。

今回は、自転車焼き菓子屋さん。
お名前はマユコポーロさん。


中野駅の近くで毎週末、お菓子を
道端で販売しています。


とってもあたたかい女性です。


ワンクルのメンバーにも彼女の
つくるお菓子がおいしいと
いくつかインターネットで(あれ?
電話でだっけかな?)注文して
いました。


切り絵作家のタンタンのイベント
(2005年12月 六本木ルーテル教会での
星の王子様)
の舞台のあとのカフェでも
マユコポーロさんのつくった
お菓子が販売されていました。


カタリスト
http://catalist-web.com


メルマガ登録もよろしければ。
http://blog.mag2.com/m/log/0000142328

子どもみたいな文章

テーマ:

こないだのふらっとである参加者から
こんなことを言われた。

「鈴木さんの書く文章って子どもみたい
ですよね。」


「ガーン」

それだけは言わないでおくれ。
言わない約束だったじゃないか。

ううう。


否定できない自分がいるのが情けない。

脳みそが単純であることが関係しているだろう。
そして、頭に浮かんだことをあまりフィルターを
通さずにそのまま書いている。


話しているときもこのような感じ。


でも、頭に浮かんだことをそのまま
書いてもステキな文章に仕立て上げる
人も大勢いるだろう。


これからも文章下手な人間の一員として
たくましく生きていこうと思います。笑

それとも、文章はやめて詩(詞)に走るとするか?