2010-12-02 21:00:32

京都2007年 わくわく楽しい~東山

テーマ:旅・つれづれ

              2007年3月8日


紅い野ばらのブログ

     

       ふれあい観音   仏師 西村公朝 作 

           手で触れて

           撫でて ご利益あります


      多くの方に撫でられてブロンズが磨り減っています

      多くの方がいろいろな想いを打ち明け 撫でて 救われたのでしょうね

      ふれあい観音は

      清水寺の本堂を過ぎて 阿弥陀堂を過ぎて 

      この写真の写真の正面に見える建物におわします

紅い野ばらのブログ


      右手の山は雑木が生い茂っていましたが 今回伐採され 桜が植樹されていました   





    ふれあい観音に触れて 撫でて お願い事をしました 「どうぞ お救いください」

    振り返り 有名な 清水の舞台 を 臨みます

    すばらしい景観ですね

    写真には良く写りませんでしたが この屋根の形の美しさも有名です

    

    毎年 12月には この一年を表す漢字が一字決まり 大きく書かれ 置かれます


    本堂の裏手に 縁結びの神様が祀られています

    楽しいおまじないもありますよ  目を瞑って・・・・・・

紅い野ばらのブログ


   清水寺から続く道 

   人気の 賑やかな 二年坂(二寧坂) 三年坂(三寧坂)

   わたし的には 東大路通五条坂に続く 茶わん坂も好きです
   お休み処 和もの 雑貨 京風アンティークなど いろいろなお店が集まっています


紅い野ばらのブログ


    八坂神社に向かう方面には 石畳の道が続いています

    石塀小路 と高台寺前の ねねの道

    高台寺は 豊臣秀吉の妻 北の政所ねねの菩提寺

    今は 秀吉とねねの木像が並んで安置されています


    京都は 舞妓変身体験が人気で 変身したお嬢さんたちに出会う楽しみも

    人力車もところどころに待機して 足が疲れたらいつでも頼りになります

    ゆっくり 歩いて 京都の雰囲気が味わえるところです

    舞妓さん変身が人気  綺麗に変身したお嬢さんに快く撮影の許可をいただきました


    お気に入りのお店もここにあります

    麩天心のお店です 店名はには載せられないでしょうね  

    生麩のいろいろバージョンの美しい料理です

    生麩の食感がなんともいえない 生麩のうどんも美味しい

    京都に行くと毎回食べ 一度夫を案内しました 「二度と行かない」だって 好みの違いですね


紅い野ばらのブログ


   そして八坂神社

   改装中でした

   四条通の基点  祇園祭は八坂神社のお祭り ここから山鉾が出て行きます

   四条通は一番の繁華街

   簪屋さん 扇子屋さん 貴石のお店 お漬け物のお店の二階ではお漬け物尽くしの食事ができます

   四条通ではショッピングを楽しみます

紅い野ばらのブログ


     四条通から 祇園に入ります

     石畳も 竹細工で繋がる(名称がわかりませんが)お茶家さんの佇まい

     路地を想うまま歩いて回りました

   

     建仁寺に辿り着き 驚き 予定外でした

     有名な 俵屋宗達の 国宝「風神雷神図屏風」 のお寺です

     本堂に入り 拝観して 座敷を回り パッと目に付いた屏風に びっくり仰天 感激!

     でも 精巧なレプリカです 

     本物は国宝の維持管理のため 京都国立博物館に保管されています


     また 歩いて 六波羅蜜寺

     有名な 空也上人像に遭遇 これも偶然意外な出会い

     南無阿弥陀仏 を称えると 六体の仏が口から現れる有名な像です


     豊国神社 甘味処 蓮華王院 京都国立博物館 智積院 大谷本廟はまた次に

     八坂神社から清水寺 四条通 祇園 へと歩いて訪ねるコースは充実の散策ができお勧めです

     

     牛若丸と弁慶の物語で知る五条大橋は 大型車が激しく行き交い

     経済を乗せて 日本の東西を結ぶ 幹線道路になりました

     長い長い年月が過ぎて いにしえを偲ぶ面影もなく 夢は儚く消えました ♪♪ 


AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

紅い野ばらさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

10 ■Re:Re:Re:奥の院

>shinacchiさん
共通の興味のある話題を共有できて
話しが通じるのは嬉しいです

仏さまが好きなこと
仏像が好きなこと
お寺めぐりが好きなこと
それで充分ですね

少しずつ ブログにお邪魔させていただきますね

うちにも猫が二匹います
室内のお嬢さま猫と
敷地内自由のワイルド外猫です
こちらもどうぞよろしくおねがいします

9 ■Re:Re:奥の院

>紅い野ばらさん

たびたび失礼します。

>仏師・西村公朝さんのふれあい観音は全国に多くありますね
>NHKの仏像解説講座や仏像の解説本などで西村さんの優しいお顔を拝見したことがあります

いわゆる「賓頭廬(びんずる)さん」は良く見ますけど、「ふれあい観音」は気づきませんでした。今後は注意して探してみることにします。西村公朝さんもお亡くなりになりましたね。清水寺本堂の秘仏千手観音を調査されたのも西村公朝さんでした。

>「風神雷神図屏風」の本物は わたしも一度拝見しました
>2008年 東京国立博物館平成館の特別展
>”大琳派展” にて四人の作品が一同に展示されていました 

すっかり忘れていました。私もこれを見たので、国宝展と合わせて2回見たことになりますね。

>shinacchiさんは専門の仏教研究者 学者の先生でしょうか
>すばらしい論文を読ませていただきました

とんでもないです。過分なお言葉に、穴があったら入りたいぐらいです。お寺巡りの好きな単なる「一旅行者」に過ぎません。仏像と古建築が好きなので、学生時代、「日本彫刻史」と「日本建築史」という講座を他学部聴講させてもらったことがある程度です。「秘仏の御開帳がある」と聞くと、是が非でも見に行きたくなるタイプではあります。

8 ■Re:奥の院

>shinacchiさん
建物の正確な名称を教えていただきまして
ありがとうございます
ふれあい観音の鎮座はまだ古くはないと思います
仏師・西村公朝さんのふれあい観音は全国に多くありますね
NHKの仏像解説講座や仏像の解説本などで西村さんの優しいお顔を拝見したことがあります
「風神雷神図屏風」の本物は わたしも一度拝見しました
2008年 東京国立博物館平成館の特別展
”大琳派展” にて四人の作品が一同に展示されていました 
俵屋宗達 尾形光琳 酒井抱一 鈴木其一
四作品を同時展示はなかなかお目にかかれないことですね
鈴木其一は わたし的には別物 技術は日本画かもしれませんが 描写はアニメの部と思いました
変身舞妓 変身芸妓さんも綺麗ですね
京都の華です

ブログにお邪魔させていただきました
shinacchiさんは専門の仏教研究者 学者の先生でしょうか
すばらしい論文を読ませていただきました
読み応えあります
そのような方と仏像のことをお話させていただき
光栄に思い 恐れ多いことです
失礼がありましたら
どうぞお許しくださいね

7 ■奥の院

あれは「奥の院」ですね。「ふれあい観音」は記憶にありませんが、奥の院には行きました。最近は大きな建物がたくさん建って、清水の舞台(本堂の舞台)から京都のシンボル東寺の五重塔を見ることはできませんが、奥の院の舞台からなら、なんとか見ることができるんですよね。
33年毎に御開帳になる清水寺本尊・秘仏千手観音の2000年の御開帳のときは、すごい人の数で大騒ぎでした。2008年の御開帳のときはそれほどでもなかった。
2003年の奥の院の方の秘仏千手観音の御開帳のときも見に行きました。こちらは2008年8月に奈良国立博物館で開催された特別展「西国三十三所」に出陳されたので、間近で見ることができました。国宝に指定されなかったのが不思議なぐらいの素晴らしい仏さんでした。
建仁寺の俵屋宗達「風神雷神図屏風」は、2000年の東京国立博物館での「日本国宝展」で一度見たきり。もう一度拝見したいです。
八坂の塔(法観寺五重塔)のあたりでは、よく芸妓さんを目にしますね。京都に行って芸妓さんの姿を見ると、なんか得した気分になります。 

6 ■Re:うれしいです(o^_^o)

>みなづきさん
足で歩いた京都を 想い出しています

建仁寺も 六波羅蜜寺も 歩いていて偶然出会えて感激です
有名なお寺は 本や写真集の中にあり 
そのお寺が 実際に 突然目の前に現れるなんて・・・
わたしの感激のお寺は
みなづきさんには日常のなじみ深いお寺なのですね
話が通じる方と出会えたことも 何かのお導きでしょう

今回 もうすぐ行く京都も期待が膨らみます
いつもありがとうございます 

5 ■うれしいです(o^_^o)

こんなに京都のことを
素敵に書いて下さって
ありがとうございますm(_ _)m

結婚前に新居用の和食器を
五条坂の知り合いの陶器店で
揃えたことを思い出しました
建仁寺もダンナの勤務先か近くて…
よく境内を通り抜けさせて頂きました(笑)

これからも野ばらさんの旅行記を
楽しみにしています!!('-^*)

4 ■Re:ガイドさんありがとう

>あさがおさん
おはようございます

ご主人と けんかの京都 も大切な思い出ですね

一度だけ主人と行きました
あちこち お寺をゆっくり観ているので
主人には退屈の時もあり 不機嫌そうでした
でも 今は テレビで 訪ねたお寺の風景が出ると
よく覚えていて 懐かしそうです
夫と訪ねた時 清水寺の漢字は 拉致被害者の方が帰国された年で
「帰」 の年でした
それも 忘れられない思い出です


3 ■Re:勉強になりましたヽ(^^;

>白くまさん
おはようございます
コメントありがとうございます

京都にお住まいの方
京都におなじみの方
京都をよくご存知の方には
失礼の数々 あると思います
わたしの好きな京都の想いを想いのまま書かせていただいてます
共感していただけて ありがとうございます

和菓子 練りきり 大好きです
美しさと 味と 造形 
心と 技術 鍛錬の賜物ですね

ありがとうございます

2 ■ガイドさんありがとう

私もこれまで毎年の様に京都に行きましたが、野バラさんのガイドで充分行った気分にさせていただきました。清水寺の写真とてもうまく全景が入りプロ並みの撮り方ですね。わたしも思い出があり価値観のちがいで京都でけんかして帰りは別々に帰った覚えがあります。
野バラさんに又思い出させてもらい、ありがとうです。

1 ■勉強になりましたヽ(^^;

ちゃわん坂は、穴場なんすよね~

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。