2010-11-23 21:38:21

京都2007年 憧れのやまと絵 ~信貴山へ

テーマ:旅・つれづれ

          3月6日


紅い野ばらのブログ

信貴山 朝護孫子寺  国宝・信貴山縁起絵巻のお寺

聖徳太子創建のお寺 毘沙門天と虎が象徴

絵巻は 山崎長者の巻  尼君の巻  延喜加持の巻  三巻から成る



        国宝のお寺を訪ねました


        絵巻による 

        信貴山は やまと か? かうち(かわち) か?

        今も尚 研究者の論争の争点です


        最近の研究では 「やまと」 と書かれた文字を 「かうち」 と

        書き直されていることを発見されています

        京の都から見ると やまと であり

        大阪から見ると かわち であると言う解釈

        奈良と大阪の県境にある山のようですね


信貴山縁起絵巻は 

京都 高山寺の鳥獣人物戯画

伴大納言絵巻

源氏物語絵巻

と共に 国宝四大絵巻に指定されています


一巻に描かれる風景は やまと絵といわれ

繊細な美しいやさしい色彩で みずみずしい風景描写に心惹かれます

たくさんの米俵が宙を飛んでいる表現

現代のアニメーションに通じる描き方 スケールの大きさは驚きです

人物の表情も豊かで ユーモラスです


二巻は信濃の国から弟・命連を探して 姉・尼君の苦難の旅を描きます

長旅に疲れた姉君が東大寺に休む様子が異時同図法といわれる面白い描写法で表現されます

同じ背景に 祈る尼君 眠る尼君 歩む尼君 が描かれます


三巻は 京の都にいる 帝の 病を平癒するため

命連の祈祷の遣い 剣の護法童子が 清涼殿の帝の元に 飛来する姿が描かれます

その描き方が また 平安時代の表現とは驚きの感動です


この絵巻とは

「中世日本の物語と絵画」 と言う視点で出会いました

そして 是非に この物語の舞台に行きたいと思いました


わたしの住むところから遠く離れ

まるで行き方も地理もわからない 電車に乗り方も レンタカーでも走れないだろう

それでも どうしてもいきたかったのです


そして 行きました たった一人で

山の上に建つ本堂から 遠く霞む 山々や街並み

春の平野が広がる美しい風景でした

『信貴山縁起絵巻』のやまと絵に描かれた風景と 目の前の風景を重ね合わせ感無量でした









   高い山の斜面に多宝塔や本堂や宿坊などが建てられています


近鉄生駒線信貴山口からバスで来てバスで帰ります

バス停から朝護孫子寺の三門までは10分ぐらい歩きます その間には葉牡丹や色とりどりのパンジーが植えられ 白椿が咲いていたり 桜もちらほら散り始めていました

初めて見た木の花トサミズキが民家の玄関先に植えられていて眼を奪われました

今でもそのときのトサミズキの淡い黄色とやわらかな花の姿に感激したことは忘れられません


心細い旅の心をほっと癒して慰めてくれた花さんたちです


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

紅い野ばらさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■Re:Re:Re:信貴山

>shinacchiさん
おはようございます
知る人ぞ知る情報ありがとうございます

大とらと本堂 絶景ですね
この目で観て来られて 良かったです
一人 電車とバスで訪ねたあの日を懐かしく思い出します
行きたい一心の冒険の旅でした

12年後の自分にあてた手紙も楽しい企画ですね
「しぎとらくん」 かわいいですね

いろいろ 親身に教えていただきまして
ありがとうございます

5 ■Re:Re:信貴山

>紅い野ばらさん

またお邪魔してすみません。

>この写真のアングルは有名な定番なのですか?
>ここに立ったら 誰も こう写しますよね 

そうですね。私もここしかないというこのアングルで撮影しました。
張り子の大トラと、断崖の上に立つ本堂という対比が面白いのだと思います。
たとえば、「平城遷都1300年祭」の絵入り葉書の意匠にもなっています。

http://www.post.japanpost.jp/about/houdou/press/2010/kin_0319_01_b2.pdf

あの大寅(福寅)は横腹に投入口があり、2010年の寅年に合わせ、タイムカプセル(メッセージポスト)になっているそうです。信貴山のマスコットキャラクター「しぎとらくん」の封筒&便せんで投函すると、12年後の寅年に開封されるそうです。平成22年1月1日から7月3日まで、ということですが、私が行った10月末でも有効みたいで、投函している地元の人がいました。

http://www.sigisan.or.jp/special/images/timecupcel.jpg

4 ■Re:信貴山

>shinacchiさん
おいでいただきまして ありがとうございます
同じ話しが通じて嬉しいです

この写真のアングルは有名な定番なのですか?
ここに立ったら 誰も こう写しますよね 

信貴山縁起絵巻は傑作ですね
NHKでこの絵巻の特集の時 ジブリの高畠勲監督が絶賛していました
今のアニメーションに通じ
構図のダイナミックさが見事と言われてました
石川県立美術館で開催された特別公開の時の図録を
霊宝館で手に入れることができ 今も見ています
東京国立博物館も特別展 常設展を観に行くのが楽しみです
ブログにお邪魔させていただきますね
コメント ありがとうございました


3 ■信貴山

遅れたコメントで申し訳ありません。
私も先月(正倉院展の頃)信貴山に初めていきました。
ケーブルカーもトラ柄。張り子の大トラ(福寅)あり、トラばかりで、とてもユーモラスでした。福寅から朝護孫子寺の本堂を撮った写真は、大池(勝間田池)から薬師寺の東西両塔を撮った写真と並んで、奈良の風景写真の定番中の定番ですね。信貴山縁起絵巻は、東京国立博物館の絵巻展で見ましたが、創建時の東大寺大仏殿と大仏が描かれていて、とても貴重だと思いました。

2 ■Re:信貴山…

>みなづきさん
おはようございます

ありがとうございます
ほんの数分載せたこと 
見ていただいたのですね
誰の目にも触れないことと思っていました
自然のままを書いてみましたが 消してしまいました
みなづきさんに見ていただいたなら 後悔ないです


浄瑠璃寺 行かれたのですか
山里のいいお寺ですね
この後に書こうと思います

人の出会い ふれあい
ネットの世界でも 
まごころで
温かな交流ができることを
しみじみと感じます

ここは びっくりするような田舎です

1 ■信貴山…

まだ行ったことないのですが…惹かれますね~('-^*)
浄瑠璃寺は結婚前ダンナと行ったことあります(^-^)

美味しそうな記事にコメントしようと思っていたら…消えてました(笑)何か幼いころを思い出して…(T^T)
子供に戻って野ばらさんちに行きたいと思いました(笑)
干し柿もあんこも焼き芋も…買うばかりの私ですので…(^^;)

ひとりじゃないって…
あったかいね
ひとりじゃないって…
心強いね
ひとりじゃないって…
元気が出るね
ひとりじゃないって…
ただそれだけで嬉しい

あの人も歌ってたよね
♪ひとりじゃないって~素敵なことね~♪…って(笑)
ぼちぼち頑張りましょ!!('-^*)

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。