オンライン将棋教室 香のブログ

将棋に関することを中心に、オンライン将棋教室のこと、プロ棋士などの棋界情報を書いています。


テーマ:

羽生善治王座に糸谷哲郎八段が挑戦している第64期王座戦五番勝負。
第1局は95手で羽生王座の勝ちとなりました。

では、第1局を振り返りましょう。

第64期王座戦五番勝負第1局-1 振り駒の結果、羽生王座の先手番となりました。

糸谷八段は得意の一手損角換わりに誘導し、羽生王座も受けて立ちます。

序盤の△6五歩が大胆な構想でした。角換わりでは▲4六角や△6四角とこのラインに角を打てると作戦勝ちになりやすいという傾向にありますが、後手はまだ居玉です。

ここからどうまとめるかが、序盤の見どころと言えそうです。
 

 


第64期王座戦五番勝負第1局-2 35手目の局面について羽生王座は感想戦で「気がついたら模様が悪くなっていました」とコメントされていて、糸谷八段の作戦が成功しているようです。

たしかに、▲3七角・▲2六銀はお世辞にもいい形とは言えませんし、6筋の位に反発した6六の銀も、やや分裂気味と感じます。

感想戦で示された順は▲5八金に代えて、▲6八飛~角交換~▲3七銀・▲4六銀と駒を左側に集める指し方で、形勢は分かりませんが、一貫性を感じる順です。

ちなみに、うちのソフトはこの局面を「互角」と評価しており、人間とコンピュータの違いが感じられます。


第64期王座戦五番勝負第1局-3 △3六歩~△3五歩と先手の右銀を愚形にしてから手を作ろうした糸谷八段。それに対して、銀を逃げずに▲2六角と打ったのが驚きの一着です。

図から△3六歩▲5三角成と進むのですが、銀損の代償をどこに求めるかです。それは本譜の進行のように飛車を取って▲8一飛と打つ手が両取りになるので、これで取り返そうという狙いです。玉形の差がたたっています。

ソフトの局面編集機能を使い、47手目の局面で、後手玉を2二や8二において評価値を見てみたら、いずれも400点台で後手良しでした。

玉の堅さが形勢判断のひとつに入る理由がよく分かります。

 


第64期王座戦五番勝負第1局-4 後手は歩切れというのもつらく、銀得でも大変な局面になっています。

△6四角~△6五銀と攻めかかったのですが、糸谷八段いわく、「暴発でした」。

図から▲6五同銀△同桂▲6六歩と進んでみると、「桂馬の高跳び歩の餌食」の格言通りで、続く△5七桂成は歩切れを解消する手段でしたが、先手の歩が5筋に利くようになるという側面もあり、このやりとりを総合的に見ると先手の方が得をしています。


第64期王座戦五番勝負第1局-5 「仕込むワナすらありませんでした」という糸谷八段の言葉通り、この辺りは先手優勢の終盤です。

次の一手は▲8八玉でした。

一見、3三の角筋に入るようでセオリーに反するようですが、△6五歩が二歩で打てないので、この場合は安全地帯になりそうです。また後手には△3五角という狙いもあり、▲8八玉と入っていれば△3五角に▲6七金右と好形で受けることができます。戦いの最中に玉を囲いに手を入れる発想はとても勉強になります。

この後、30手ほどかかりますが逆転の余地はなく、羽生王座の勝ちとなりました。

 

次局は糸谷八段の先手番となります。

おそらく角換わりを目指すと思われますので、戦型は羽生王座が伸るか反るかで決まりそうです。

 


第64期王座戦五番勝負 第2局
羽生善治(はぶ・よしはる)王座 対 糸谷哲郎(いとだに・てつろう)八段
2016年9月20日(火)
<ウェスティン都ホテル京都>
京都府京都市東山区粟田口華頂町1
立会:桐山清澄(きりやま・きよずみ)九段
新聞解説:稲葉 陽(いなば・あきら)八段


棋譜中継はこちら
王座戦中継サイト

現地イベントはこちら
第64期王座戦(第2~5局)、日経本社トークイベント&大盤解説会 (日本将棋連盟)

 

 

 

 
オンライン将棋教室 香のトップへ戻る
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

羽生善治王位に木村一基八段が挑戦している第57期王位戦七番勝負。
第6局は114手で羽生王位の勝ちとなりました。
シリーズ成績を3勝3敗とし、最終局に突入です。

では、第6局を振り返りましょう。

第57期王位戦七番勝負第6局-1 第6局は木村八段の先手番です。
羽生王位の2手目△8四歩に、▲2六歩と角換わりを目指しました。

そこで6手目△9四歩が羽生王位の趣向です。
この手は、今期棋聖戦第5局でも後手番の羽生棋聖(王位)が指していて、いずれもカド番での採用。興味深いところです。

この△9四歩は13分の考慮。それを17分の考慮で前例のない▲3八銀で返した木村八段。1日目の朝から水面下で火花が散っています。


第57期王位戦七番勝負第6局-2 駆け引きの末、手損のない角換わりで落ち着きました。先手陣はよく見かける形で、ここで▲4五歩と位を取ります。次に▲4六角が好位置で「すでに過去のものとなった定跡(羽生の頭脳)」と書かれています。

「位を取られたらじっとしているしかない」と感想戦で明かした羽生王位。▲4五歩に対して、出たばかりの銀を△6三銀と引きました。

従来の形と違うのは、後手が△8一飛・△6二金型であること。この工夫がどう影響するかが本局の見どころと言えそうです。


第57期王位戦七番勝負第6局-3 「じっとしているしかない」という方針通り、羽生王位は仕掛けることなく玉の引っ越しをして、右玉の好形を築きました。

このあたり、「まとめ方が想像以上に難しい」という木村八段の感想があるように、先手としては手が難しい局面になっているようです。

「ぴったりした手がなかった」という木村八段は2筋の歩を交換しましたが、△2七歩から逆用されてしまいました。続く△4八角では△4八歩の方が良かったそうですが、馬ができて後手良しに変わりはありません。

△2七歩には64分、続く△4八角に89分と連続長考ですので、踏み込むのに相当な決断があったものと思われます。

 


第57期王位戦七番勝負第6局-4 盤面の右側で戦いが起こり、馬ができている分だけ後手ペースの中盤戦です。

羽生王位が4五にいた桂馬を△5七桂成とタダ捨てしたのが図の局面。これが次の一手ばりの大技で、▲5七同金は△4五歩、▲5七同角は△同角成▲同金△4八角で金得以上が見込めます。

本譜の▲9五歩と放置すれば金桂交換となるので、先の変化に比べて得とはいえますが、継続手に好手段があり、後手が大きく駒得することに成功します。


第57期王位戦七番勝負第6局-5 後手勝勢の最終盤です。

先手玉は詰まず(2手スキ)、後手玉は詰めろ(1手スキ)、という状況です。

通常であれば攻めの速い先手の勝ちとなりますが、最終手の△6一玉が勝負を決める受けの一手。

この早逃げで後手玉が3手スキ以上に伸び、速度が逆転します。先手玉が受けの利かない2手スキのままなので、これで後手勝ちという理屈です。

 


タイトルの行方は最終局に持ち越されました。

木村八段は過去の王位戦でタイトル奪取に王手をかけたこともあり、次局に悲願達成を懸けます。

羽生王位はカド番をまずひとつ凌ぎ、防衛に望みをつなぎます。

最終局は改めての振り駒です。

木村八段が先手なら角換わり、後手なら横歩取りに誘導するという流れできているので、それに羽生王位が乗るかどうかで戦型が決まりそうです。

 


第57期王位戦七番勝負 第7局
羽生善治(はぶ・よしはる)王位 対 木村一基(きむら・かずき)八段
2016年9月26・27日(月・火)
<元湯 陣屋>
神奈川県秦野市鶴巻北2-8-24
立会:田中寅彦(たなか・とらひこ)九段
副立会:松尾 歩(まつお・あゆむ)八段

棋譜中継はこちら
王位戦中継サイト

現地イベントはこちら
第57期王位戦イベント情報 (日本将棋連盟)

紺染小振り扇子 羽生善治
¥2,052
楽天
木村一基の初級者でもわかる受けの基本 [ 木村一基 ]
¥1,296
楽天


オンライン将棋教室 香のトップへ戻る

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
羽生善治棋聖に永瀬拓矢六段が挑戦していた第87期棋聖戦五番勝負。
第5局は112手で羽生棋聖の勝ちとなりました。
シリーズ成績を3勝2敗とし、棋聖を防衛しました。

では、第5局を振り返りましょう。

第87期棋聖戦五番勝負第5局-1 第5局は改めて振り駒が行われ、永瀬六段の先手番となりました。
羽生棋聖の2手目△8四歩に、永瀬六段は▲2六歩と角換わりを指向します。
6手目の△9四歩がちょっとした駆け引きで、本譜は端歩の突き合いが入ったので、1手損角換わりになりました。カド番になると羽生棋聖は1手損角換わりを採用する印象があります。


第87期棋聖戦五番勝負第5局-2 1手損角換わりに対して、先手の永瀬六段は玉の位置をなかなか決めません。相手の形を見てから移動しようという狙いです。
羽生棋聖もそれを踏まえたうえで飛車側の形を決めずに指しているようです。
4筋の位に反発して小競り合いが始まり、後手が一歩持つ展開になりました。


第87期棋聖戦五番勝負第5局-3 永瀬六段の構想は、一度▲6八玉と上がった玉を、▲5八玉から右側へお引越しするものでした。
図は4八の金を5七に上がったところです。これに代えて▲4九玉と移動するのは、その瞬間に△6九角の筋があるため先手危険。この変化は4筋の歩を交換したことが後手にとって利のあるものになっています。
手順は難しいものの、先手は右玉の構想を実現していきます。


第87期棋聖戦五番勝負第5局-4 「あまりゆっくりできない(羽生棋聖)」後手は、8筋の歩交換から、先手の玉頭で手を作ります。
4筋の位を取られた先手は▲4五桂とタダ捨て。これは△同銀なら▲4六銀で取り返せるという読みです。
そこで、後手も△6五桂とお互いに桂馬を中央に跳ね出し、本格的な戦いになだれ込みました。
ただ、先手の桂馬は玉側のもの、後手のそれは飛車側のもので、この跳ね合いはやや後手に利があると見たいです。


第87期棋聖戦五番勝負第5局-5 手持ちの角を△8四角と手放して、決めに出た羽生棋聖。永瀬六段の懸命の受けにも、△6八金と強引にこじ開けに行きます。この筋で使えないのなら持ち駒のままのほうが良いわけですから、絶対に△6六角へ飛び出すんだ、という強い意志を感じる組み立てです。
うちのソフトは△6八金に代えて△4四歩を示しており、こちらは角と銀桂の2枚換えを狙い、さらに△8七飛成があるという組み立てで、こちらもなるほど有力です。
以下、受けに定評のある永瀬六段の強靭な粘りを振り切り、羽生棋聖が勝ち切りました。

7期ぶりのフルセットでとても盛り上がったシリーズでした。
この防衛で9連覇となり、歴代最多連覇数を更新中です。
また、棋聖獲得数を15とし、大山康晴十五世名人と中原誠十六世名人の持つ最多獲得期数16へ、あと1期としました。
羽生棋聖は王位戦の防衛戦も並行しており、また秋から王座戦の防衛戦も控えています。

羽生三冠、棋聖防衛おめでとうございます!

紺染小振り扇子 羽生善治
¥2,052
楽天

オンライン将棋教室 香のトップへ戻る
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。