オンライン将棋教室 香のブログ

将棋に関することを中心に、オンライン将棋教室のこと、プロ棋士などの棋界情報を書いています。


テーマ:
羽生善治名人に佐藤天彦八段が挑戦している、第74期名人戦七番勝負。
第3局は76手で佐藤八段の勝ちとなりました。
シリーズ成績を2勝1敗とし、一歩リードです。

では、第3局を振り返りましょう。

第74期名人戦七番勝負第3局-1 第3局は羽生名人の先手番です。
佐藤八段が誘導する横歩取りに、変化することなく▲3四飛と横歩を取りました。
図の▲6八玉が最近では珍しく見える玉の位置で、よく指されているのは▲5八玉です。
▲6八玉型といえば、中原誠十六世名人が内藤國雄九段との対局で採用したイメージがあります。当時の横歩取りは後手が1筋の位を取るのが主流でした。現代では銀の動きを急ぐのがよく見られる指し方で、時代とともに少しずつ変わっていますね。


第74期名人戦七番勝負第3局-2 後手の△2三銀型は銀頭が弱く、飛車の横利きを通して守っています。それを承知で佐藤八段は△7四歩と横利きを止めました。
その手に対して77分の考慮時間を使った羽生名人は、▲2四歩と銀頭を叩きます。
お互いの読みがぶつかり合い、盤上では火花が散っているかのようです。


第74期名人戦七番勝負第3局-3 局後のインタビューによると佐藤八段はこの辺りについてだいぶ迷われていたようで、129分の長考で△5四飛と回りました。▲6八玉型は5七の地点が弱く、左右の桂馬を4五桂、6五桂と跳ねていくのが後手の理想形です。
対する羽生名人も97分の長考で返し、選んだ指し手は▲5八玉でした。6八銀の応援を用意し中央に備えようという手ですが、序盤の▲6八玉が無駄になってしまうのが辛いところ。
それでも臨機応変に指せるのが羽生名人の強さといえそうです。


第74期名人戦七番勝負第3局-4 前図の△5四飛から▲5八玉と進んだ局面で、佐藤八段は88分の考慮時間で△2七歩と垂らしました。
この辺りは横歩取りの勝負所で、持ち時間各9時間の名人戦ならではの濃厚な読み合いになっています。その間に読まれた膨大な手がどんなものであったか、とても興味があります。
うちのソフトはこの△2七歩で後手良しの評価を出しはじめました。


第74期名人戦七番勝負第3局-5 △2七歩~△2八歩と歩を巧みに使い、と金を作ることに成功した佐藤八段。先手がじっとしていると、このと金を使って一方的に駒得をすることができます。
じっとできない羽生名人は▲5六歩から大駒の総交換を挑みますが、互角のさばき合いでは「と金」の分だけ後手の得が残るわけで、先手芳しくありません。
こうなってみると△2七歩からと金づくりを狙った手が生きており、ソフトがその手で後手良しと評価したこともうなづけます。
以下、難しいところもあった終盤戦を乗り切った佐藤八段の勝ちとなりました。

次局の先手番は佐藤八段です。
ここは得意の角換わりを目指すのが大本命ですね。
第4局を落としてしまうと後がない羽生名人の作戦選択が注目です。
戦型予想は角換わり腰掛け銀としてみます。


第74期名人戦七番勝負 第4局
羽生善治(はぶ・よしはる)名人 対 佐藤天彦(さとう・あまひこ)八段
2016年5月25・26日(水・木)
9:00~
「福寿会館」
広島県福山市丸之内1-8-9
立会:井上慶太(いのうえ・けいた)九段
朝日副立会:久保利明(くぼ・としあき)九段
毎日副立会:糸谷哲郎(いとだに・てつろう)八段

棋譜中継はこちら(有料)
名人戦棋譜速報

現地イベントはこちら
第74期名人戦イベント情報 (日本将棋連盟)

ニコニコ生放送はこちら
第74期名人戦七番勝負 第4局 初日 羽生善治名人 vs 佐藤天彦八段
解説:加藤一二三(かとう・ひふみ)九段
聞き手:貞升南(さだます・みなみ)女流初段

第74期名人戦七番勝負 第4局 2日目 羽生善治名人 vs 佐藤天彦八段
解説:森下卓(もりした・たく)九段
聞き手:藤田綾(ふじた・あや)女流初段

名人 羽生善治 扇子「三省」
¥1,944
楽天

八段 佐藤天彦扇子「王道」
¥1,944
楽天


オンライン将棋教室 香のトップへ戻る
AD
いいね!(138)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
里見香奈女流王位に岩根忍女流三段が挑戦している、第27期女流王位戦五番勝負。
第1局は96手で里見女流王位の勝ちとなりました。

では、第1局を振り返りましょう。

第27期女流王位戦五番勝負第1局-1 振り駒の結果、先手番は岩根女流三段となりました。3手目▲7五歩と石田流を指向します。
対して里見女流王位は△8八角成~△5四歩という指し方を選びました。一般的に三間飛車は角の打ち込みに弱いとされていますので、早めの角交換は手損ながら一理ある指し方ですね。
岩根女流三段の飛車は▲6八飛~▲7八飛と回ったもので、角の打ち込みを警戒した動きです。
▲6五歩から小競り合いが始まります。


第27期女流王位戦五番勝負第1局-2 前図から△5五銀と中央に進出させた里見女流王位。
岩根女流三段は感想戦でこの手に対して「△5五銀ならなんとかなると思いましたが、意外と手になりませんでした」とコメントされています。少々誤算があったようです。
先手の飛車をけん制した△3四角に、「角には角」と▲8九角で応戦します。△3四角は振り飛車に対する右四間飛車の定跡で出てくる符号ですが、▲8九角は珍しい印象があります。


第27期女流王位戦五番勝負第1局-3 お互いに角を打ち合って、局面は落ち着きました。
里見女流王位はじっと△1四歩と端の位を保ち、先手に手を渡します。含みとしては、△3四角の利きを活かして端攻めをする筋があります。
岩根女流三段は先手番ということも多少あると思われますが、▲8五角と動いていきました。
▲9六歩も考えていたそうですが、感想戦では後手が指しやすいとの結論になったそうです。


第27期女流王位戦五番勝負第1局-4 飛車先を逆襲すべく、▲8六歩と突いていった岩根女流三段。
この手にはひと目△8七歩が手筋で、▲同飛は△7八角成、▲同角は△8六飛があります。
里見女流王位もノータイムで△8七歩とたたきました。
うちのソフトはここで大きく後手良しとの評価値がでています。


第27期女流王位戦五番勝負第1局-5 局面は後手が優勢の終盤戦です。
△8七歩のたたきに▲6八飛と逃げ、6筋からさばこうとした先手ですが、後手の8筋攻めのほうが速いです。
△8七とは8八から引いたもので、よくあるのは△7八とと捨てて飛車を成る手。しかし、これは「やりづらかった」と里見女流王位の感想が残っており、盤面全体を考えて指し手を選ぶことの重要性を感じます。
他には△8七とに代えて△7六歩という手があり、これはうちのソフト指摘の手。5四の角の利きを止めつつ、駒損を取り返しながらと金をつくる狙いで、これが間に合うと読めればこの手も良さそうですね。

優勢になってから危なげなく勝ちに持っていった終盤戦という印象があり、さすがは里見女流王位といったところ。
岩根女流三段の巻き返しにも注目ですね。
戦型予想は対抗形で、飛車の振る位置は三間飛車と予想してみます。


第27期女流王位戦五番勝負 第2局
里見香奈(さとみ・かな)女流王位 対 岩根忍(いわね・しのぶ)女流三段
2016年5月26日(木)
9:00~
「京王プラザホテル札幌」
北海道中央区北5条西7丁目2番地1
立会:野月浩貴(のづき・ひろたか)七段
記録:高浜愛子(たかはま・あいこ)女流2級

棋譜中継はこちら
女流王位戦中継サイト

現地イベントはこちら
第27期女流王位戦イベント情報 (日本将棋連盟)

女流名人・女流王位・女流王将・倉敷藤花 里見香奈扇子「成」
¥1,944
楽天


オンライン将棋教室 香のトップへ戻る
AD
いいね!(149)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
加藤桃子女王に室谷由紀女流二段が挑戦している、第9期マイナビ女子オープン五番勝負。
第3局は114手で加藤女王の勝ちとなりました。
シリーズ成績を2勝1敗とし、防衛まであと1勝としました。

では、第3局を振り返りましょう。

第9期マイナビ女子オープン五番勝負第3局-1 第3局は室谷女流二段の先手番です。
中飛車模様の出だしから向かい飛車に振り、第1局と同じ戦型になりました。第1局では▲4六歩△4二銀上を入れてからの▲5七銀だったので後手は舟囲いの薄い陣形を余儀なくされました。本局はそれがないので、後手の加藤女王は左美濃の堅陣に組んでいます。
その違いがどう出るか注目です。


第9期マイナビ女子オープン五番勝負第3局-2 左美濃は△4二銀型の舟囲いに比べて堅さは勝りますが、中央の厚さは劣ります。そこを狙って▲5八飛から中央を攻める構想があるので、前図で▲4六歩と左美濃をけん制しなくても良いという判断なのでしょう。なるほどの構想です。
先手が8筋を受けなかったので、後手は△8九角と応戦します。ところが、局後のインタビューでこの辺りの戦い方に誤算があったと加藤女王は明かしています。


第9期マイナビ女子オープン五番勝負第3局-3 8筋は破られましたが、中央から取り返して先手十分の局面です。
現局面は6八の金がタダ。しかし、△6八龍と取ると▲9五角と打たれてしびれます。この▲9五角を「うっかりした」という加藤女王。
そして選んだ指し手は、△4二金~△8一龍。
両取りの筋を消し、僻地のと金を払いました。その心理状態でよく辛抱の手順を指せるものです。


第9期マイナビ女子オープン五番勝負第3局-4 銀取りに△6五歩と突いて、馬の利きを通した加藤女王。
銀をどうするかという局面で室谷女流二段の選択は▲7七銀でした。ひと目、そっぽに行くので、相当な読みがないと指しづらいですね。
感想戦のコメントによると、「▲5七銀は質駒になるのかと思って」とのことです。
ちなみにうちのソフトの評価値は800点台で先手良しと出ました。


第9期マイナビ女子オープン五番勝負第3局-5 7七の銀の働きはイマイチですが、現実の金得が大きく、やや先手優勢の終盤戦です。
加藤女王も駒を3筋に集めて、最後のチャンスに勝負をかけます。5五の馬は、8九~9八~9七~6四と来て、ついに天王山へ。形勢が苦しくとも駒の働きを良くしてチャンスを待つ姿勢はアマチュアにも参考になります。
最後に一瞬来たチャンスをとらえて、加藤女王が逆転に成功、そのまま押し切りました。

苦しい将棋をひっくり返して2勝目を挙げた加藤女王。インタビューでは「調整して」とおっしゃっており、課題を残した将棋ととらえているようです。
カド番に追い込まれていますが、「3局とも苦しい将棋」と加藤女王にいわしめた室谷女流二段。第4局も熱戦が期待できそうです。
今シリーズ、すべて後手番が勝っているので、順番に行くと……勝負はふたを開けてみないと分かりませんね。
戦型予想は、室谷女流二段の振り飛車が濃厚で、見たいという希望を込めて角道を止めるタイプの将棋と予想します。


第9期マイナビ女子オープン五番勝負 第4局
加藤桃子(かとう・ももこ)女王 対 室谷由紀(むろや・ゆき)女流二段
2016年5月18日(木)
10:00~
「将棋会館」
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-39-9
立会:深浦康市(ふかうら・こういち)九段

棋譜中継はこちら
マイナビ女子オープン in 将棋情報局

現地イベントはこちら
第9期マイナビ女子オープンイベント情報 (日本将棋連盟)

女王・女流王座 加藤桃子扇子「一意攻苦」
¥1,944
楽天

オンライン将棋教室 香のトップへ戻る
AD
いいね!(169)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。