オンライン将棋教室 香のブログ

将棋に関することを中心に、オンライン将棋教室のこと、プロ棋士などの棋界情報を書いています。


テーマ:

渡辺明竜王に羽生善治棋聖が挑戦している第30期竜王戦七番勝負。
第3局は108手で渡辺竜王の勝ちとなりました。

シリーズ成績を1勝2敗とし、星をひとつ返しました。

 

では、第3局を振り返りましょう。

 

第30期竜王戦七番勝負第3局-1 第3局は羽生棋聖の先手番です。
渡辺竜王の2手目△8四歩に羽生棋聖は3手目▲5六歩。先手中飛車を目指しました。局数は多くありませんが、▲羽生△渡辺戦の大きなところで見かける印象があります。

穴熊なので▲2八銀と俗にハッチを閉める手を指すのが自然に見えます。感想戦によると「ここでやってしまうんでしたかね」と、羽生棋聖のコメントが残っていて、後手の4一の金が離れ駒なので本譜の順が成立しないためです。

 

 

第30期竜王戦七番勝負第3局-2

図は封じ手の局面です。

▲5四歩と戦いを挑んだ流れからすれば封じ手の▲4三歩は自然に見えます。△4三同銀なら▲5三歩成ですね。

ところが、▲4三歩に代えて▲2六飛が良かったと感想戦では検討されました。

▲2六飛に対して△5四歩なら▲5九金左と手を渡すという組み立てで、直前まで動いていくという流れだったのでいきなりのギアチェンジで形勢は難解とは、将棋の難しさを感じます。

本譜は激しい駒の取り合いになりました。

 

 

第30期竜王戦七番勝負第3局-3取り合いの結果、▲金銀△飛の2枚換えになりました。先手駒得ですが、歩が少ないためどこから手を付けるか悩ましいところです。

羽生棋聖は、最後の1歩で▲4二歩と叩きました。△4二同銀なら▲2二角成△同玉▲5五角で王手飛車取り。ゆえに△4二同金と取りますが、やはり▲2二角成~▲7五角で攻めの手がかりができます。

ちなみに、後手の持ち駒の1歩を先手の駒台に置いてソフトに検討させると、+300点くらいで先手持ちとのこと。本局も1歩が大きい将棋になっています。

 

 

第30期竜王戦七番勝負第3局-4 「遠見の角」と、言えば、このラインが有名ですね。通常であれば1方向の角打ちは受けが利きやすいので、2つの狙いがあるところに打つのがセオリーです。この場合は先手が歩切れなので角筋をうまく受けることが難しいです。実戦は▲4七銀と持ち駒を投入しました。
本局は6四で飛角交換が行われ、後手はさらに△8三角打とこのラインを強調して攻めていきます。

 

 

第30期竜王戦七番勝負第3局-5 歩切れの先手は飛車を自陣に引きつけて頑張ります。

ここで追撃するべく渡辺竜王は△3四金と圧力をかけました。

対局中の渡辺竜王は「△3四金に▲5一龍なら△3三金から千日手」と、考えていたとのこと。
感想戦でもこの局面が取り上げられ、検討の結果△3四金に代えて△3一歩と先受けしておけば後手から打開することもできたので、有力だったそうです。

 

渡辺竜王が1勝を返してシリーズが盛り上がってきました。

羽生棋聖の巻き返しにも期待ですね。
第4局は渡辺竜王の先手番ですので、戦型は角換わりか雁木を予想します。

 

 

第30期竜王戦七番勝負 第4局
渡辺明(わたなべ・あきら)竜王 対 羽生善治(はぶ・よしはる)棋聖

2017年11月23・24日(木・金)

<嵐渓荘>
新潟県三条市長野1450
立会:中村修(なかむら・おさむ)九段
立会・新聞解説:中田宏樹(なかた・ひろき)八段

 

棋譜中継はこちら
竜王戦中継サイト

現地イベントはこちら

第30期竜王戦七番勝負第4局イベント情報(日本将棋連盟)

 

生放送はこちら

◇ニコニコ生放送

 第30期竜王戦 七番勝負 第4局初日 渡辺明竜王 vs 羽生善治棋聖

 解 説:神谷広志(かみや・ひろし)八段

 聞き手:竹部さゆり(たけべ・さゆり)女流三段

 

 第30期竜王戦 七番勝負 第4局二日目 渡辺明竜王 vs 羽生善治棋聖

 解 説:藤井猛(ふじい・たけし)九段
 聞き手:藤田綾(ふじた・あや)女流二段
 ゲスト解説:佐藤康光(さとう・やすみつ)九段・森内俊之(もりうち・としゆき)九段

 

◇AbemaTV

 第30期 竜王戦 七番勝負 第四局 1日目 渡辺明竜王対羽生善治棋聖

 

 第30期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 渡辺明竜王対羽生善治棋聖

 

 

 AbemaTV将棋チャンネル

 

 

 

 

オンライン将棋教室 香のトップへ戻る

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

11月7日(火)より第25期倉敷藤花戦三番勝負が開幕します。
里見香奈倉敷藤花に挑戦するのは、伊藤沙恵女流二段です。

今年度、タイトル戦での顔合わせは女流王位、女流王将に続き3度目です。

 

対戦成績は、

 里見倉敷藤花 6勝

 伊藤女流二段 3勝

と、なっております。

女流王位戦では相振り飛車が中心のシリーズで、女流王将戦では対抗形を指されており、戦型の予想は難しいところ。
戦型は数が多いので、相振り飛車が本命と予想します。

 

 

第25期倉敷藤花戦三番勝負 第1局
里見香奈(さとみ・かな)倉敷藤花 対 伊藤沙恵(いとう・さえ)女流二段
2017年11月7日(火)

「将棋会館」
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-39-9
立会:中川大輔(なかがわ・だいすけ)八段
記録:伊藤明日香(いとう・あすか)女流初段

 

棋譜中継はこちら
倉敷藤花戦中継


 

オンライン将棋教室 香のトップへ戻る

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

渡辺明竜王に羽生善治棋聖が挑戦している第30期竜王戦七番勝負。
第2局は128手で羽生棋聖の勝ちとなりました。

シリーズ成績を2連勝とし、復位に一歩前進しました。

 

では、第2局を振り返りましょう。

 

第30期竜王戦七番勝負第2局-1 第2局は渡辺竜王の先手番となりました。
渡辺竜王の初手▲7六歩に羽生棋聖の2手目△8四歩で始まりました。
角換わりの出だしに見えましたが、羽生棋聖が△4四歩と角道を止め雁木に組むのが王座戦第1局でも見せた指し方です。
図の局面は3七にいた銀を引いたところ。2九の桂馬を使って仕掛けを封じる狙いです。しかし純粋に2手損で「それが響いて守勢になっていることは確かですが。」と、渡辺竜王はご自身のブログで振り返っています。

 

第30期竜王戦七番勝負第2局-2

渡辺竜王が▲4六角と仕掛けを封じたのに対して、羽生棋聖は△6一飛~△5一角と巧みに繰り替えて桂香にヒモをつけます。そして6筋から開戦し、角を3三に戻ったところを狙って、渡辺竜王は▲4五桂と反撃をしていきます。駒の活用して角当たりになるので▲4五桂はとても気持ちの良い一手ですね。
ところが、感想戦では桂馬を跳ねずに▲9八玉と角筋を避けたほうが良かったといいます。本譜は跳ねた4五の桂馬を逆用する手段が生じてしまったからです。

 

 

第30期竜王戦七番勝負第2局-3

▲4五桂を逆用する手段。それは△3三桂でした。
通常、攻めの桂馬と守りの桂馬の交換は、攻め有利とされています。
しかしこの場合は△7四桂という絶好の打ち場所があり、多少玉の堅さを失っても十分におつりがくるため成立しました。
王座戦第3局でも守りの桂を攻めの桂にぶつけており、桂の高跳びの高度なとがめ方と言えそうですね。

 

 

第30期竜王戦七番勝負第2局-4 本局は歩1枚違うと形勢のバランスが崩れる将棋で、試しに65手目の局面で後手の持ち駒に歩を加えてソフトに検討させてみると、評価値が簡単に1500点を超えて後手良しとなりました。とてもギリギリのところを争っている将棋になっています。
羽生棋聖は攻めを継続するために△7七桂打と桂馬を打ち込みました。歩で十分なところなので、歩切れの痛さがよく分かります。
この手について渡辺竜王は「手としては見えていましたが、あんなに厳しいとは思わず」ブログに書かれています。
この辺りで形勢は少し後手に振れたようです。
 

 

第30期竜王戦七番勝負第2局-5 若干後手持ちの終盤戦です。
ここでは△6五桂と△1九龍を読んでいたという渡辺竜王。
ところが羽生棋聖の選択は△4九龍でした。
前述の2つに比べてふわっとした手に見えますが、△3八金など確実な手があるので先手としては迷うところです。
控え室ではこの局面で▲5六桂という手が検討されていたそうで、うちのソフトも同じ手を指摘していました。
実戦は図から▲5七銀△6四桂と進んで「ここからはっきり苦しくなった(渡辺竜王)」とのことなので、この辺りが形勢の分かれ目だった可能性があります。


羽生棋聖が連勝を決め、復位に向けて進んでいます。
対する渡辺竜王は苦しい星になりました。ブログで「第3局は今週の土・日とすぐなので、立て直せるように頑張りたいと思います。」と語っております。
第3局は羽生棋聖の先手番ですので、戦型は角換わりか相掛かりを予想します。

 

 

第30期竜王戦七番勝負 第3局
渡辺明(わたなべ・あきら)竜王 対 羽生善治(はぶ・よしはる)棋聖

2017年11月4・5日(土・日)

<臨江閣>
群馬県前橋市大手町3-15-3
立会:藤井猛(ふじい・たけし)九段
立会・新聞解説:阿久津主税(あくつ・ちから)八段

 

棋譜中継はこちら
竜王戦中継サイト

現地イベントはこちら

第30期竜王戦七番勝負第3局イベント情報

 

生放送はこちら

◇ニコニコ生放送

 第30期竜王戦 七番勝負 第3局初日 渡辺明竜王 vs 羽生善治棋聖

 解 説:所司和晴(しょし・かずはる)七段

 聞き手:山田久美(やまだ・くみ)女流四段

 

 第30期竜王戦 七番勝負 第3局二日目 渡辺明竜王 vs 羽生善治棋聖

 解 説:中村修(なかむら・おさむ)九段

 聞き手:中村真梨花(なかむら・まりか)女流三段

 

◇AbemaTV

 第30期 竜王戦 七番勝負 第三局 1日目 渡辺明竜王対羽生善治棋聖

 解 説:中川大輔(なかがわ・だいすけ)八段
 解 説:永瀬拓矢(ながせ・たくや)六段
 聞き手:上田初美(うえだ・はつみ)女流三段
 聞き手:貞升 南(さだます・みなみ)女流初段

 

 第30期 竜王戦 七番勝負 第三局 2日目 渡辺明竜王対羽生善治棋聖

 解 説:高見泰地(たかみ・たいち)五段
 解 説:佐々木大地(ささき・だいち)四段
 聞き手:山田久美(やまだ・くみ)女流四段
 聞き手:竹部さゆり(たけべ・さゆり)女流三段

 

 AbemaTV将棋チャンネル

 

 

 

オンライン将棋教室 香のトップへ戻る

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。