オンライン将棋教室 香のブログ

将棋に関することを中心に、オンライン将棋教室のこと、プロ棋士などの棋界情報を書いています。


テーマ:

加藤桃子女王に上田初美女流三段が挑戦している第10期マイナビ女子オープン五番勝負。
第2局は104手で加藤女王の勝ちとなりました。

シリーズ成績を2連勝とし、防衛に王手をかけました。

 

では、第2局を振り返りましょう。

 

第10期マイナビ女子オープン五番勝負第2局-1 第2局は上田女流三段の先手番です。

初手▲5六歩と中飛車宣言の出だしに、加藤女王は角道を開けずに駒組みを進めました。これは超速▲3七銀戦法を後手番でやろうという狙い。角道を開けないことが戦法成立の条件となるのですから、将棋とは不思議なものです。

それを見て、角道を止めたのが細かい駆け引き。序盤から見どころの多い将棋です。

 

 

 

第10期マイナビ女子オープン五番勝負第2局-2 先手は指したい手がたくさんあり、例えば▲3六歩や▲1六歩は美濃囲いを発展させる好手段ですね。

後手としてはそれを許すと形勢はともかく戦いづらくなるので、動けるなら動きたいところです。

この△7五歩は「ここで仕掛けられるとは思っていませんでした」という上田女流三段の感想があるように、完全に虚を突かれたそうです。

 

 

第10期マイナビ女子オープン五番勝負第2局-3 前図から先手は角を成り、後手は飛車を成っての攻め合いになりました。

後手は7四の銀や8一の桂が遊んでいるので攻めの手段に乏しく、とりあえず△9九龍と香車を補充するくらいかという局面。

そこでズバッと切った△4九龍が鮮烈な一手でした。加藤女王らしい攻めの手です。

継続手はいかに?

 

 

 

 

第10期マイナビ女子オープン五番勝負第2局-4 前図から▲同飛△4八歩▲同飛△5七金でこの局面になりました。2四の角が4六の金をねらっていて、負担になっているところが先手の辛いところです。

負担になっているのなら、と、▲4七金の引く手はあったそうで、感想戦では△4六桂▲4九銀でまだまだ大変となったそうです。

本譜は▲4九飛打と自陣飛車で踏ん張りました。

 

 

第10期マイナビ女子オープン五番勝負第2局-5 前図から後手は飛車を取り、返す刀で△6八飛と打ちました。

タダです。

しかし、▲同飛には△4六角と金を取った手が飛車取りと△3六桂を狙っており、後手玉が堅いので後手勝勢となります。

実戦は▲4七飛とさらに辛抱を重ねた上田女流三段のでしたが、△4五歩から加藤女王の攻めが止まらず、後手の勝ちとなりました。

第1局・2局ともに加藤女王が棋風通り攻めた印象で、防衛まで視界良好です。
追い込まれた上田女流三段の巻き返しにも期待ですね。
戦型予想は一矢報いてほしいという願いを込めて、上田女流三段の中飛車とします。

 

 

第10期マイナビ女子オープン五番勝負 第3局
加藤桃子(かとう・ももこ)女王 対 上田初美(うえだ・はつみ)女流三段

2017年5月16日(火)

「西浦温泉 旬景浪漫 銀波荘」

愛知県蒲郡市西浦町大山25
立会:塚田泰明(つかだ・やすあき)九段

 

棋譜中継はこちら
マイナビ女子オープンin将棋情報局

現地イベントはこちら

第10期マイナビ女子オープンイベント情報(日本将棋連盟)

 

 

 

オンライン将棋教室 香のトップへ戻る

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

里見香奈女流王位に伊藤沙恵女流二段が挑戦している第28期女流王位戦五番勝負。
第1局は97手で里見女流王位の勝ちとなりました。

 

では、第1局を振り返りましょう。

 

第28期女流王位戦五番勝負第1局-1 振り駒の結果、里見女流王位の先手番となりました。

石田流を目指す3手目▲7五歩に伊藤女流二段の選択は△1四歩でした。4手目で端歩を打診することで、その応手によって居飛車振り飛車を使い分けようとする狙いがあります。本譜は端歩を受けなかったので、1筋の位を取って居飛車持久戦になりました。

石田流の左銀といえば▲5六銀から攻めに使う印象がありますが、図の▲5六歩は別の狙いがあります。

 

 

第28期女流王位戦五番勝負第1局-2 前図の▲5六歩は、角を転換する狙いでした。振り飛車における▲4六角のラインはとても有効になることが多いです。

後手も飛車を使うべく△8四歩と突き出しました。とても自然な一手に見えるのですが、うちのソフトは△8四歩に代えて△5二飛を指摘しています。言われてみればなるほどの一手で、▲4六角のラインを避けつつ、相手の位に働きかけ、とても効率が良いです。

 

 

第28期女流王位戦五番勝負第1局-3 先手は5筋の位を取ったので、左銀を▲5六銀~▲6五銀と活用していきました。この図を見ると、先手の駒はすべて働いていますね。

後手は強気に△3三桂と跳ね、将来1筋からの端攻めを狙います。6筋方面で駒が入ると一気に迫力を増します。

感想戦によると、△3三桂に代えて△6四歩と一回受けたほうが良かったそうで、▲5六銀と引かせてから△3三桂と跳ねたほうが先手の攻めが緩やかになります。
本譜は図から▲7四歩と開戦しました。

 

 

 

第28期女流王位戦五番勝負第1局-4 先手は銀を取り、後手は取り返すところですが、その手段は2つ。どうやら△同飛と飛車で取ったほうが良かったそうです。6一の金が離れているので飛車交換はまずそうですが、逆に言えば飛車の打ち込みを消しているので、損得は微妙です。感想戦では離れ駒をうまくとがめる手段が見つからなかったようです。

本譜は△同歩と取りました。
続く▲6六飛が飛車の働きを良くする好手段で、こうなってみると飛と桂の働きは先手の方が良くなり、リードを奪ったと見ることができます。

 

 

第28期女流王位戦五番勝負第1局-5 リードを奪われた後手は1筋から懸命に取り返そうとします。しかし、▲6六飛と△8四飛の働きに差があり、やや辛い展開です。

先手としてはここをしのげば楽しみが多いので、我慢のし甲斐があります。

「玉の早逃げ八手の得あり」の格言にそった▲2八玉が好手で、先手陣の左側に逃げ込む形を作っておけばしばらくは安全です。

以下、伊藤女流二段の追い込みをかわして、里見女流王位の勝ちとなりました。

初戦から熱戦で楽しみなシリーズになりそうですね。

展開次第ですが、第2局も戦型は対抗形になると予想します。

 

 

第28期女流王位戦五番勝負 第2局
里見香奈(さとみ・かな)女流王位 対 伊藤沙恵(いとう・さえ)女流二段

2017年5月12日(金)

「朝里川温泉 小樽朝里クラッセホテル」
北海道小樽市朝里川温泉2丁目676
立会:木村一基(きむら・かずき)八段
記録係:相川春香(あいかわ・はるか)女流初段

 

棋譜中継はこちら

女流王位戦中継サイト


現地イベントはこちら

第28期女流王位戦イベント情報(日本将棋連盟)

 


オンライン将棋教室 香のトップへ戻る

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

加藤桃子女王に上田初美女流三段が挑戦している第10期マイナビ女子オープン五番勝負。
第1局は119手で加藤女王の勝ちとなりました。

 

では、第1局を振り返りましょう。

 

第10期マイナビ女子オープン五番勝負第1局-1 振り駒の結果、先手番は加藤女王となりました。

初手▲2六歩から飛車先を決めた加藤女王に対して、上田女流三段はゴキゲン中飛車にしました。

この▲4五銀は直近のタイトル戦では棋王戦第3局でも指されており、結果は先手の勝ち。それを踏まえて採用ですので、新研究が見られるかもしれません。

 

 

 

第10期マイナビ女子オープン五番勝負第1局-2 棋王戦第3局は角を△4四角と上がりましたが、本局は△2二角と引きました。

現地には金井五段がいらっしゃったそうで、NHK杯で久保九段相手にこの局面を迎え、▲2五歩と打ち、結果は先手勝ち。
うちのソフトは▲3八金と飛車交換にあらかじめ備えておいて先手が指しやすいとの判断でした。
いろいろ手があるもので面白いですね。
 

 

 

第10期マイナビ女子オープン五番勝負第1局-3 本局は前図から▲3五歩△3三歩と進み、飛車交換になりました。

先手は2六の飛車をさばきたいけれど、横利きが消えると7六の歩を取られてしまいます。それを守るべく使った駒は4九にいた金でした。この金が▲5七金~▲6六金と玉頭を守る手厚い金に早変わり。

一方後手も、3筋にいる駒をほぐす余裕を得て、ひとまず安心と言えそうです。

 

 

 

第10期マイナビ女子オープン五番勝負第1局-4 先手は玉頭を手厚く守ったので、次は飛車のさばきを考えることになります。

加藤女王は端的に▲2四成銀と前進しましたが、少々イマイチだったようです。△5三角と弱くなった3五のマス目を攻められてしまったからです。

変わる手も難しいところですが、代案としては▲3四歩~▲3五成銀や、▲7七桂~▲5四歩~▲4五桂のように中央から殺到する手段もあったようです。

 

 

第10期マイナビ女子オープン五番勝負第1局-5 先手が成銀を動かしたことによってぽっかり空いた3五のマス目に角を飛び出し、後手もまずまずの形勢です。

その角に▲2五飛と当てられたのが図の局面。

ここでは△6八角成~△3四銀という手段があり、先の▲2四成銀からの攻めがイマイチだったということにつながります。

実戦はここで△2三金と勝負手を放った上田女流三段でしたが、冷静に▲3五飛と角の方を取られ、先手に駒得を許してしまいました。

以下、先手は愚形だった▲8八角と▲7七桂を▲6五桂~▲4四角とさばき、後手玉を寄せ切りました。勝ち将棋鬼の如しですね。
 

「1局目は完敗でした。」とTwitterにつぶやかれた上田女流三段の巻き返しに期待ですね。

同じくTwitterに「割と前向きに指せました。」とつぶやかれた加藤女王。次局以降も目が離せません。

戦型予想は、先手になった上田女流三段が中飛車にすると予想します。

 

 

第10期マイナビ女子オープン五番勝負 第2局
加藤桃子(かとう・ももこ)女王 対 上田初美(うえだ・はつみ)女流三段

2017年4月20日(木)

「明治記念館」
東京都港区元赤坂2-2-23
立会:藤井 猛(ふじい・たけし)九段
記録係:塚田恵梨花(つかだ・えりか)女流2級

 

棋譜中継はこちら
マイナビ女子オープンin将棋情報局

現地イベントはこちら

第10期マイナビ女子オープンイベント情報(日本将棋連盟)

 

 

 

オンライン将棋教室 香のトップへ戻る

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。