オンライン将棋教室 香のブログ

将棋に関することを中心に、オンライン将棋教室のこと、プロ棋士などの棋界情報を書いています。


テーマ:

渡辺明竜王に丸山忠久九段が挑戦している第29期竜王戦七番勝負。
第5局は106手で渡辺竜王の勝ちとなりました。

シリーズ成績を3勝2敗とし、防衛まであと1勝です。

 

では、第5局を振り返りましょう。

 

第29期竜王戦七番勝負第5局-1

第5局は丸山九段の先手番です。

序盤の5手目までは角換わりの出だしでしたが、渡辺竜王は横歩取りに誘導しました。そして、流行の△8四飛+△5二玉型ではなく、△8五飛+△5二玉型を採用しました。久々に中座飛車の登場です。

これに対しては▲7七角から先手が中原囲いにするのが有力とされており、渡辺竜王の新研究に注目です。

 


第29期竜王戦七番勝負第5局-2 渡辺竜王の構想は△7三銀から右銀を繰り出して攻めていくものでした。相掛かりの後手番ではよくこの形を指している印象があります。

 

丸山九段は通常なら6八に持っていく銀を8八に置いて相手の形に対応しており、感想戦で渡辺竜王は「銀を出て攻めるつもりが、あまり攻められなかったですね」と、おっしゃっています。

 


第29期竜王戦七番勝負第5局-3 近年の横歩取りは、一度中住まいにして、局面が落ち着いたら囲い直す、という流れをたどることが多いです。それにしても横歩取りの戦型で金無双を見るのはとても珍しい印象があります。

 

局面は▲銀△桂+歩2枚の交換で先手が駒得しているかは判断の分かれるところ。丸山九段は▲8七歩では▲7六銀とする予定だったそうですが、△6六桂~△8七歩という攻め筋があって、その変化は後手が良いとのこと。続く△2七桂は一瞬筋悪に感じますが、駒得を見せて先手の動きを催促しています。

 

 

 

第29期竜王戦七番勝負第5局-4 金無双に対する▲4四歩は「うさぎの耳」と呼ばれる急所で、ぜひ覚えておきたい攻め筋です。もう少し駒があれば▲4五歩と継ぎ歩をし、取ってくれれば▲4四歩や▲4四桂などの攻めを狙うことができます。

駒が少ないので実戦は▲6四歩と攻めました。歩による攻めは手筋の一着ですが、先手が歩切れになった瞬間に△7六香が痛打。守りの金をはがされては後手有利がはっきりしてきました。

 

 

 

第29期竜王戦七番勝負第5局-5 局面は後手優勢の終盤戦です。

感想戦によると終盤で渡辺竜王に誤算があったそうで、図の局面では後手玉に詰めろがかかっています。

少し前は詰めろのかからない局面だったので、詰めろがかかると人間同士の戦いでは相当怪しい雰囲気が漂います。

渡辺竜王は残り28分のうち7分使って△5二金打と手を戻しました。これで詰めろが続かないので後手優勢は揺るぎません。

秒読みなら怪しい局面でしたが、時間を残していた渡辺竜王の戦上手ぶりが際立ちました。

 

後手番を制し、防衛に王手をかけた渡辺竜王。

次局は丸山九段が後手番ですので、戦型は伝家の宝刀の一手損角換わりになることでしょう。

最新研究と力のぶつかり合いが見られそうで楽しみです。

 

 

第29期竜王戦七番勝負 第6局
渡辺明(わたなべ・あきら)竜王 対 丸山忠久(まるやま・ただひさ)九段

2016年12月7・8日(水・木)

「常磐ホテル」
山梨県甲府市湯村2-5-21
立会:中村修(なかむら・おさむ)九段
解説:深浦康市(ふかうら・こういち)九段

 

棋譜中継はこちら
竜王戦中継サイト

現地イベントはこちら

 

第29期竜王戦七番勝負前夜祭・大盤解説会・記念イベントのお知らせ(日本将棋連盟)

 

ニコニコ生放送はこちら

第29期竜王戦 七番勝負 第6局初日 渡辺明竜王 vs 丸山忠久九段

解説:西尾明(にしお・あきら)六段

聞き手:熊倉柴野(くまくら・しの)女流初段

 

第29期竜王戦 七番勝負 第6局2日目 渡辺明竜王 vs 丸山忠久九段

解説:先崎学(せんざき・まなぶ)九段

聞き手:本田小百合(ほんだ・さゆり)女流三段

 

 

 


オンライン将棋教室 香のトップへ戻る

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

渡辺明竜王に丸山忠久九段が挑戦している第29期竜王戦七番勝負。
第4局は101手で渡辺竜王の勝ちとなりました。

シリーズ成績を2勝2敗とし、タイスコアになりました。

 

では、第4局を振り返りましょう。

 

第29期竜王戦七番勝負第4局-1

第4局は渡辺竜王の先手番です。

初手▲7六歩から居飛車を目指したのに対して、丸山九段は4手目△8八角成から得意の一手損角換わりへ誘導します。

後手陣はとても珍しい形をしており、△6二飛、△7二金はもちろんのこと、△4四銀と2枚の銀を歩越しに出る手も組み合わせるのはほとんど見たことがありません。

ここからの後手の構想が見どころです。

 


第29期竜王戦七番勝負第4局-2 丸山九段は持ち駒の角を設置して、攻め駒を6筋に集中させました。こうなると攻めに迫力があって、先手も怖いところです。

総攻撃を仕掛けるなら△9五歩と端の突き捨てを入れるのが居飛車の常套手段ですが、結果的には先手玉の逃げ道を広げてしまったと丸山九段が悔やんだ手となりました。以下の進行を見ると確かにその通りなのです。

しかし、この段階でトッププロが見通せないのですから、結果論と言えそうですね。

 


第29期竜王戦七番勝負第4局-3 丸山九段は中央で銀交換をして、△5五同角と角を飛び出し、そして、△7七角成と切り落としました。角桂交換の駒損で、アマチュアが指せば暴発と見られそうな攻めです。

続く△8五桂打と持ち駒の桂を打つのがなかなか発見しづらい手で、これで取り返せるという読みですね。△7七角成には1時間36分の長考でしたので、かなり先まで読まれていることがわかります。

 

 

 

第29期竜王戦七番勝負第4局-4 駒損の攻めを敢行した後手は、攻めが止まると苦しくなります。現局面では▲角桂△金銀の交換でずいぶんと取り返しました。

この局面は9筋の突き捨てがないほうが良いと分かる局面で、もしそれがなければ△6六飛と切って寄り筋。本譜でそれをやると、▲9六玉と逃げるスペースがあるため、無理筋となります。

本譜は泣く泣く△5五飛でしたが、▲8九桂と先受けされ、続く▲5六金が丸山九段の見えなかった好手段で、先手に傾いていったようです。

 

 

第29期竜王戦七番勝負第4局-5 局面は先手優勢の終盤戦です。9六の逃げ道があることも先手良しの理由のひとつです。

渡辺竜王は▲5一角と決めに行きました。感想戦では危険とされたようで、後手にも勝負手が発生していたといいます。他の手と言っても難しく、15手以上先の局面を読み切らなくては指せない局面とのことで、「読みきるのは人間技ではないでしょう」と渡辺竜王のコメントが残っています。

ちなみにうちのソフトに聞いてみたら、87手目の▲同角成に変えて▲6四歩の方が良いと言ってますが、こちらの変化も難しく、やはり読み切るのは人間技ではなさそうです。

 

丸山九段得意の一手損角換わりを制した渡辺竜王。シリーズ成績をタイに戻し、とりあえずホッとされていることでしょう。

丸山九段の新構想は今回は実を結びませんでしたが、また新たな研究を加えてどこかで出てくるのかも楽しみです。

次局の戦型予想は、渡辺竜王が2回連続振り飛車を採用しないと読み、角換わりとしてみます。

 

 

第29期竜王戦七番勝負 第5局
渡辺明(わたなべ・あきら)竜王 対 丸山忠久(まるやま・ただひさ)九段

2016年12月1・2日(木・金)

「HAKODATE 海峡の風」
北海道函館市湯川町1-18-15
立会:屋敷伸之(やしき・のぶゆき)九段
解説:阿久津主税(あくつ・ちから)八段
記録係:梶浦宏孝(かじうら・ひろたか)四段

 

棋譜中継はこちら
竜王戦中継サイト

現地イベントはこちら

第29期竜王戦七番勝負前夜祭・大盤解説会・記念イベントのお知らせ(日本将棋連盟)

 

ニコニコ生放送はこちら

第29期竜王戦 七番勝負 第5局初日 渡辺明竜王 vs 丸山忠久九段

解説:神谷広志(かみや・ひろし)八段

聞き手:竹部さゆり(たけべ・さゆり)女流三段

 

第29期竜王戦 七番勝負 第5局2日目 渡辺明竜王 vs 丸山忠久九段

解説:田中寅彦(たなか・とらひこ)九段

聞き手:中村桃子(なかむら・ももこ)女流初段

 

 

 


オンライン将棋教室 香のトップへ戻る

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

渡辺明竜王に丸山忠久九段が挑戦している第29期竜王戦七番勝負。
第3局は147手で丸山九段の勝ちとなりました。

シリーズ成績を2勝1敗とし、一歩リードです。

 

では、第3局を振り返りましょう。

 

第29期竜王戦七番勝負第3局-1

第3局は丸山九段の先手番です。

初手▲2六歩から居飛車宣言をしたのに対して、渡辺竜王の選択は四間飛車。それも穴熊でした。非公式戦での採用はちらほらあるそうですが、公式戦、それもタイトル戦での採用は珍しく感じます。

図の△7四歩は「ひたすら千日手を狙う将棋です。(渡辺竜王)」で、攻撃的に指すなら△6四歩~△6二飛という指し方もあります。

 


第29期竜王戦七番勝負第3局-2 丸山九段も穴熊に囲い、相穴熊になりました。

この戦型は囲いがほぼ同じため、その他でのわずかな差がそのまま勝敗に直結することも珍しくありません。

そこでどうやって差をつけるかが考えどころですが、丸山九段は6八にいた飛車を▲6七飛と浮きました。控室の広瀬八段いわく「まったく見ない筋です」とおっしゃっています。

実戦の進行を追うとその真意が分かり、▲6八角~▲6六銀~▲7七銀引と角の働きを良くしつつ、玉を固める構想でした。

 


第29期竜王戦七番勝負第3局-3 4枚穴熊を見せられてはじっとしているわけにいかないので、渡辺竜王は△2六角~△2五桂と右辺でポイントを挙げに行きます。

図は▲7七角に△同馬と取ったところ。取り返し方は4つあり、実戦は桂馬でした。この後、この桂馬が5三まで跳ね出していくので良さそうに見えましたが、「やりすぎでしたかね」という丸山九段の感想が残っています。

感想戦では▲同金が検討され、後手としては自信がない展開のようです。

 

 

第29期竜王戦七番勝負第3局-4 穴熊を崩す時によく用いられるのが、と金攻めです。本譜も▲6四歩と突き捨て、▲6三歩の垂れ歩で攻めました。次に▲6二歩成となれば、先手成功です。

後手が困ったようですが、図で△5二歩が受けの好手。▲5二同成桂なら△6三金と垂れ歩を払えますし、本譜の▲6二成桂なら△7三金とかわして先手の攻めが重くなります。

見ごたえのある歩の手筋の応酬ですね。

 

 

第29期竜王戦七番勝負第3局-5 局面は先手が指しやすい終盤戦です。

先手として気になるのは飛車が自陣にいること。これが敵陣に飛び込めればはっきり良くなります。ゆえに▲4九飛が好手段となります。飛車を成られてはつらいと見た後手は△4六歩と押さえました。

ちなみにうちのソフトはここで△6八香成を指摘しており、先手の▲4一飛成は2手スキなので、詰めろを続けてどうか?という展開になります。ただ持ち時間が少ない状況では選びづらい展開ではありますね。

以下、成駒と攻防の角で攻め切った丸山九段の勝ちとなりました。

 

おそらく意表だったと思われる四間飛車穴熊にも勝ち切った丸山九段。連勝でもあり勢いに乗りたいところです。

番勝負は偶数局が大事とはよく言われており、渡辺竜王は次局先手番ですので、ここは是が非でも勝ちたいところとなります。

丸山九段が後手番ですので、戦型は渡辺竜王が避けなければ1手損角換わりになりそうです。

 


第29期竜王戦七番勝負 第4局
渡辺明(わたなべ・あきら)竜王 対 丸山忠久(まるやま・ただひさ)九段

2016年11月21・22日(月・火)

<指宿白水館>
鹿児島県指宿市東方12126-12
立会:田中寅彦(たなか・とらひこ)九段
解説:飯塚祐紀(いいづか・ひろき)七段

棋譜中継はこちら
竜王戦中継サイト

現地イベントはこちら

第29期竜王戦七番勝負前夜祭・大盤解説会・記念イベントのお知らせ(日本将棋連盟)

 

ニコニコ生放送はこちら

第29期竜王戦 七番勝負 第4局初日 渡辺明竜王 vs 丸山忠久九段

解説:所司和晴(しょし・かずはる)七段

聞き手:貞升南(さだます・みなみ)女流初段

 

第29期竜王戦 七番勝負 第4局2日目 渡辺明竜王 vs 丸山忠久九段

解説:田村康介(たむら・こうすけ)七段

聞き手:熊倉柴野(くまくら・しの)女流初段

 

 

 


オンライン将棋教室 香のトップへ戻る

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。