オンライン将棋教室 香のブログ

将棋に関することを中心に、オンライン将棋教室のこと、プロ棋士などの棋界情報を書いています。


テーマ:

郷田真隆王将に久保利明九段が挑戦している第66期王将戦七番勝負。
第5局は153手で郷田王将の勝ちとなりました。

シリーズ成績を2勝3敗とし、郷田王将が巻き返しています。

 

では、第5局を振り返りましょう。

 

第66期王将戦七番勝負第5局-1 第5局は郷田王将の先手番です。

後手の久保九段はゴキゲン中飛車に構え、対する郷田王将は超速▲3七銀戦法を採りました。

玉を美濃に囲って△4二銀とする指し方は昔からあり、そこで居飛車が▲4五銀とするのがよく指されている手順です。

その局面で郷田王将の指し手は▲3五歩。

前例はありません。△3五同歩と取らせて▲6六歩と角道を止めるのが郷田王将の新構想で、一局の命運をこれに託しました。

 

 

第66期王将戦七番勝負第5局-2 ▲6六歩と角道を止めたことによって、中飛車側の捌きを押さえています。ゆえに久保九段は△5一角~△6二角と転換して活用します。

先手としては2筋を破り、部分的には上手くいっています。ただ、▲2三銀成や▲2三銀不成ではやや重い印象があります。

そこで郷田王将の指した手は▲3六歩でした。これは持ち駒の歩を打ったものです。これで▲3五銀と引くことができ、飛車先を通しながら銀を中央に活用することができます。

 

第66期王将戦七番勝負第5局-3 後手は先手の6筋の位を消し、2筋を破られた代償を求めて手を作りに行きます。

△3七歩が控室でも「気づきにくい手」と評された一手。▲同桂なら△3六銀が桂取りになって調子が良くなります。

本譜は▲2六飛と歩を払ったので、△3八歩成とすぐに成り捨て△3四歩で銀を取りに行きました。

戻って△3七歩では単に△3六銀もあったそうで、これなら千日手模様の展開もあり得たとのことです。

 

 

第66期王将戦七番勝負第5局-4 難解な手順が続いた中盤戦でしたが、図の局面では後手のほぼ角損となりました。先手としては右にある金銀の働きが弱く、後手玉が堅いのでどうするかが悩ましいです。

郷田王将は▲6九歩と底歩を打ちました。

これで後顧の憂いを無くし、攻めに専念する狙いです。

これを見て、「魚釣りの底歩」と言われた伊藤看寿の▲6九歩を思い出しました。

 

 

第66期王将戦七番勝負第5局-5 局面は先手優勢ながら、嫌みがついているので実戦的には難しいところです。

郷田王将の打った▲7九香が「下段の香車に力あり」の格言に沿った手で、攻防によく働いています。

香車という駒は、遮るものがなければ8マス動くことができ、これは金駒より多いのです。
こんな風に十二分に活用できると指がしなります。(個人的な感想です)

 

新構想の仕掛けでさらに1勝をあげた郷田王将。ひとつずつ巻き返しています。

七番勝負で3連勝したらほぼシリーズを制することができるのが今までの傾向ですから、久保九段の逃げ切りも十分にあります。

次局は久保九段の先手番です。戦型は石田流か中飛車と思われますが、中飛車と予想してみます。

 

 

第66期王将戦七番勝負 第6局
郷田真隆(ごうだ・まさたか)王将 対 久保利明(くぼ・としあき)九段

2017年3月14・15日(火・水)

<グランドホテル浜松>
静岡県浜松市中区東伊場1-3-1
立会:森下 卓(もりした・たく)九段
副立会:飯塚祐紀(いいづか・ひろき)七段

 

棋譜中継はこちら(無料登録が必要です)
毎日新聞ニュースサイト

現地イベントはこちら

第66期王将戦イベント情報(日本将棋連盟)

 

 

 

 

オンライン将棋教室 香のトップへ戻る

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

渡辺明棋王に千田翔太六段が挑戦している第42期棋王戦五番勝負。
第2局は131手で渡辺棋王の勝ちとなりました。

シリーズ成績を1勝1敗とし、改めて三番勝負となりました。

 

では、第2局を振り返りましょう。

 

第42期棋王戦五番勝負第2局-1

第2局は渡辺棋王の先手番です。

千田六段の2手目△3二金と、第1局同様珍しい手で始まった将棋は矢倉戦へ。脇システムと呼ばれる先後同型になりました。

今までは▲6四角△同銀▲2六銀から先手が攻めることが多かったです。ところが▲6四角に△同歩と取ったのが千田六段の新手でした。

ニコニコ生放送の佐々木五段によると若手棋士の間では研究されていたようで、満を持して公式戦登場といったところでしょうか。

感想戦で「研究課題ですね」と渡辺棋王のコメントが残っています。

 


第42期棋王戦五番勝負第2局-2 6四を歩で取ったことにより、後手は△6五歩から馬を作ることができました。その馬を3九に入り直し、先手の攻撃陣をけん制します。

例えば、図の▲4六角に代えて▲1五銀と出ると、馬の利きを活かして△1七歩と打たれて攻めが頓挫してしまいます。以下、飛角交換から△1八飛で後手良しです。

「本譜の▲4六角は苦し紛れ」と渡辺棋王の感想があり、この辺りは後手が主導権を握っているようです。

 

 

第42期棋王戦五番勝負第2局-3 先手の攻撃陣はすべて1筋に向かっているのですが、後手の馬がけん制していて動けない状況です。場合によっては△1六歩と突き捨てた所から逆襲されてしまう恐れもあります。

うちのソフトはこの辺り、互角や後手有利という判断で、渡辺棋王も「△2九馬で困りましたね」と感想戦でおっしゃっています。

ここまで進むと△6四同歩の新手が成功している印象で、先手はここまでの指し方で工夫が必要になります。

 

 

 

第42期棋王戦五番勝負第2局-4 局面は進み千田六段有利の局面となっています。

駒の損得はほぼありませんが、2枚の飛車が急所に利いていることと、手番を握っていることが大きいです。

△8五歩とタテから攻めた千田六段。実戦は後手が桂得になったので素人目には良い攻めに見えましたが、△8五歩では△7六歩の方がまさったそうです。その展開の方が後手玉に対して「駒を渡さない詰めろがない(渡辺棋王)」局面になり、本譜より良かったとのことです。

 

 

第42期棋王戦五番勝負第2局-5 △7七歩から△8五桂とタテから攻め続けた千田六段。遊び駒の桂馬を使って、先手の守り駒である8五銀に働きかけるので、とても味の良い一手に見えます。この辺りまで考えて前図の△8五歩を打っているそうです。

しかし、同じ桂馬を使うのであれば、△7七歩を入れずに単に△7三桂の方が良かったといいます。というのも、△7七歩▲同玉が入ったため、△7三桂に▲7四銀と上部脱出の味が出て来てしまったためです。

以下、先手玉は捕まりそうで捕まらず、渡辺棋王の勝ちとなりました。

 

△3二金から優勢の局面を築いたものの、あと一歩が届かなかった千田六段。次局も初手▲7八金を期待してしまいます。

 

まずは1勝を返した渡辺棋王。勝負はこれからといったところでしょうか。
戦型は相居飛車で、角換わり腰掛け銀と予想してみます。

 

 

第42期棋王戦五番勝負 第3局
渡辺明(わたなべ・あきら)棋王 対 千田翔太(ちだ・しょうた)六段

2017年3月5日(日)

<新潟グランドホテル>
新潟県新潟市中央区下大川前通3ノ町2230番地
立会:佐藤康光(さとう・やすみつ)九段
記録係:高野智史(たかの・さとし)四段
解説:飯島栄治(いいじま・えいじ)七段
聞き手:山口恵梨子(やまぐち・えりこ)女流二段

 

棋譜中継はこちら

棋王戦中継サイト


現地イベントはこちら

第42期棋王戦イベント情報(日本将棋連盟)

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

郷田真隆王将に久保利明九段が挑戦している第66期王将戦七番勝負。
第4局は100手で郷田王将の勝ちとなりました。

シリーズ成績を1勝3敗とし、まずは1勝を返しました。

 

では、第4局を振り返りましょう。

 

第66期王将戦七番勝負第4局-1

第4局は久保九段の先手番です。

3手目▲1六歩と振り飛車模様の出だしに対して、郷田王将は△8四歩と居飛車宣言。久保九段の選択は先手ゴキゲン中飛車でした。

ここまでは▲1六歩が入っている以外、第1局と同じ進行になっています。端歩が入っている分、先手玉の逃げ道を広げているので、これがどう作用するかが注目です。

 

 

 

第66期王将戦七番勝負第4局-2 ▲7八銀型は左辺の進展性がないので、早めに動くのがセオリーとされています。しかし本局の久保九段は美濃囲いに収めてから仕掛けていきました。その代わり居飛車陣に△5二金右と△4二銀の2手が入っています。

郷田王将は通常の定跡と比べ中央が厚くなっていることを活かし△5五歩と飛車の退路を断ちました。

次に△4五角で飛車が取れるところですが、久保九段は▲7七桂。対して2時間40分の長考で△3三銀と飛車と取りに行かなかった郷田王将。難解な中盤戦です。

 

第66期王将戦七番勝負第4局-3 先手は▲7一角から馬を作り、後手はその反動を利用して7七の桂頭を攻めます。△7六歩と取り込んだあたりでは「自信がなくてもしょうがない」と郷田王将の感想があります。

▲6五歩と切り合いを目指した手に、△7七歩成と踏み込み、さらに△7八と・△6九とと激しい駒の取り合いになりました。この展開を「どうかなと思った」と久保九段。郷田王将も「自信があってやっているわけではない」とおっしゃていることから、どうやらこの取り合いは難解のようです。

 

 

第66期王将戦七番勝負第4局-4 久保九段は「何かいい手がありそうだとにらんだ」そうで、48分の考慮の上▲5三桂の攻めを選びました。対する郷田王将は2分で△3一金とかわします。

 

 

ここでは△6七馬という手段があったそうで、郷田王将も「どこかでやりたかったが、効果が分からなかった」と振り返っていました。

金取りの瞬間に△6七馬はなかなか浮かびづらい発想ですね。以下、▲5八歩△4五馬▲4一桂成△3五金と進み、「何ともいえない(郷田王将)」そうです。

 

 

 

第66期王将戦七番勝負第4局-5 局面は後手玉に対する有効な攻めがないので、後手良しの終盤戦です。

手番を握った後手は先手玉をどう寄せるかですが、2六の馬が強力なのでこれに働きかけたいところ。候補手としては△3五金や△1四桂などが考えられます。

他の考え方としては2六の馬を相手にしないという発想もあり、△2八金と下から攻めるのもありそうです。

実戦は△3五馬と2六の馬を消す指し方でした。

馬がいなくなった先手玉は薄く、さすがの久保九段も粘り切れずに郷田王将の勝ちとなりました。

 

まずは1勝を返した郷田王将。次局は先手番ですので、連勝を決めたいところです。

振り飛車はあまり先後の差がないというのは昔の話ですが、久保九段の後手番らしい捌きを見てみたいですね。

戦型予想はゴキゲン中飛車対超速▲3七銀戦法とピンポイントで挙げてみます。
 

 

第66期王将戦七番勝負 第5局
郷田真隆(ごうだ・まさたか)王将 対 久保利明(くぼ・としあき)九段

2017年3月1・2日(水・木)

<佐渡グリーンホテルきらく>
新潟県佐渡市しいざき温泉
立会:佐藤義則(さとう・よしのり)八段
副立会:田村康介(たむら・こうすけ)七段

 

棋譜中継はこちら(無料登録が必要です)
毎日新聞ニュースサイト

現地イベントはこちら

第66期王将戦イベント情報(日本将棋連盟)

 

 

 

 

オンライン将棋教室 香のトップへ戻る

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。