オンライン将棋教室 香のブログ

将棋に関することを中心に、オンライン将棋教室のこと、プロ棋士などの棋界情報を書いています。


テーマ:

久保利明王将に豊島将之八段が挑戦している第67期王将戦七番勝負。

第2局は104手で久保王将の勝ちとなりました。

シリーズ成績を1勝1敗とし、まずは1勝を返しました。

 

では、第2局を振り返りましょう。

 

第67期王将戦七番勝負第2局-1 第2局は豊島八段の先手番です。

初手▲2六歩~▲2五歩と飛車先を決められた久保王将は、角道を開けたまま四間飛車に振りました。
豊島八段の対抗策は▲9八香。穴熊です。
よくある手順は▲8八玉のあとに▲9八香とするものですが、角道の開いている振り飛車には少し危険な意味があるそうです。
ちなみに藤井システムが流行っていた頃にも似たようなタイミングで香車を上がっている実戦がありました。
 

 

第67期王将戦七番勝負第2局-2穴熊にするときは角を動かしますが、本譜は▲6六角でした。それなら角頭を攻めましょうと△4四歩~△4三銀~△5四銀としたのが本譜の進行です。

そして△9三桂が驚きの一手。
守りの桂馬を、それも端から使っていくのは他の戦型ではほとんど見られない指し方です。穴熊の弱点である端を攻めようという強い意志が感じられます。
代わる手も難しく、例えば△8三銀なら▲4六銀から右辺を攻められた時にバラバラになって怖いところです。

 

 

第67期王将戦七番勝負第2局-3

▲2四歩と突き捨ててから▲3七桂と活用するのが△1五角を消した細かい手順。先手は玉を金銀4枚で固め、右桂を攻めに使える良い流れになっています。

ところが、感想戦によると▲7七桂と左の桂を跳ねたほうが良かったといいます。

この後、水面下の変化で何度も△8五桂という符号が出て来るため、それを防ぐ事が急務とのことでした。

穴熊の桂馬を跳ねてしまうと玉が薄くなってしまうため、発想に浮かんでも指しづらい一手ではあります。
 

 

第67期王将戦七番勝負第2局-4 久保王将がうまく立ち回り、駒の損得なく端攻めを開始することができました。

図の局面は△9七歩成に▲同銀と取ったところ。通常であれば駒損になるので、香で取りたいところです。

しかし、△9七同香成▲同香となると9筋の香車の利きが後手玉の側に通り、危ない形にすることができます。

矢倉でも棒銀の端攻めで▲1五歩△同歩▲同銀という手法があり、駒損を駒の働きと手番で取り返してバランスを取る考え方です。

 

 

 

第67期王将戦七番勝負第2局-5 久保王将が9筋を的確に攻め、後手勝勢の終盤戦です。

詰めろ飛車取りをかけられた豊島八段は9筋に通った香車の利きを使って後手玉に王手ラッシュをかけました。ひとつ間違うと先手が勝ちになるので、きわどい終盤戦です。

▲7一角成の開き王手に△9四歩が中合いと呼ばれる手筋。一見タダですが、▲9四同香と近づけることによって△8三玉と逃げた時により安全になるという仕組みです。

以下、攻防手を放つ豊島八段の粘りを振り切り、久保王将の勝ちとなりました。

序盤の▲6八金寄~▲6六角で穴熊に囲うことができて、豊島八段が指しやすいかと思っていましたが、久保王将の玉頭攻めが見事でした。さすがは振り飛車御三家のお一方です。

次局は久保王将の先手番です。戦型は相振り飛車と予想します。

 

 

第67期王将戦七番勝負 第3局

久保利明(くぼ・としあき)王将 対 豊島将之(とよしま・まさゆき)八段

2018年2月3・4日(土・日)

<ホテル花月>
栃木県大田原市黒羽向町2
立会:木村一基(きむら・かずき)九段
副立会:佐藤紳哉(さとう・しんや)七段

 

棋譜中継はこちら

毎日新聞ニュースサイト

 

現地イベントはこちら

第67期王将戦第3局現地大盤解説会(日本将棋連盟)

 

オンライン将棋教室 香のトップへ戻る

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

里見香奈女流名人に伊藤沙恵女流二段が挑戦している第44期女流名人戦五番勝負。

第2局は91手で里見女流名人の勝ちとなりました。

シリーズ成績を2連勝とし、防衛まであと1勝としました。

 

では、第2局を振り返りましょう。

 

第44期女流名人戦五番勝負第2局-1 第2局は里見女流名人の先手番です。

第1局と同じように3手目に▲9六歩と端歩を打診し、対する伊藤女流二段は△1四歩とこちらの端を突きました。早くも駆け引きが始まっています。
両端を突き合って、戦型は対抗形に落ち着きました。
△6四歩に対して、▲7六銀が「やってみようかなと思った(里見女流名人)」という構想とのこと。この手には消費時間が記録されていないので、研究済みであることが予想されます。
 

 

第44期女流名人戦五番勝負第2局-2里見女流名人の構想は、出っ張った後手の6筋から攻めようというものでした。▲7八金と8筋の攻めに備えて左に上がるのも隠れたポイントです。

図から伊藤女流二段は「開戦は歩の突き捨てから」の格言通り、△8六歩と突き捨てました。
しかし、この局面に限っては手抜いて▲6四歩が成立したのです。▲7六銀の効果のひとつですね。感想戦では△6五同歩が検討され、▲同銀ならそこで△8六歩の方が良かったそうです。

 

 

第44期女流名人戦五番勝負第2局-3

▲6四歩と取り込まれ、歩損をした伊藤女流二段。感想戦では「失敗を認めて△6五歩と打つほうがよかったかもしれない」というコメントを残しています。

通常、駒損をしたら、じっとしているとジリ貧になるので動いていくのがひとつの考え方です。それに沿って、伊藤女流二段は△7七角成▲同桂△6七歩と動いていきました。

△6七歩に対して▲同金は△8七飛成ですので、▲同飛としますが、△8七飛成~△7八角が狙いの両取りです。

 

 

第44期女流名人戦五番勝負第2局-4 図の局面は、▲飛△銀の交換ながら、どちらかが取り返せれば後手の駒得になります。

格言には「両取り逃げるべからず」とありますが、里見女流名人は▲7六角と受けました。受けが利くときは受けたほうが良いですね。逃げるべからずは、受けが利かない場合。駒を取られる一手を別のところに使いましょうという意味です。

▲7六角と受けられると飛銀交換の駒損が残る後手としては辛いところ。飛車を取ってどれだけ迫れるかの勝負になりました。

 

 

第44期女流名人戦五番勝負第2局-5 駒の損得はなくなったものの、後手玉に先に迫っている先手が優勢の終盤戦です。

里見女流名人の決め方は、▲3一角のタダ捨てでした。△同玉に▲3四桂としばり、ほとんど受けが利かなくなります。8一の龍や5三の桂がよく利いています。

仕方のない△2三玉に、▲3四桂を決めてから▲6三歩成が手筋の成り捨てで、少しずつ後手の受けが難しくなっています。

以下、里見女流名人が危なげなく押し切りました。

 

本局も里見女流名人の快勝と言える内容で、防衛への視界良好です。

伊藤女流二段としても力が出なかった将棋でしたので、序中盤の研究をして次局に臨まれることでしょう。

戦型は相振り飛車になると予想します。

 

 

第44期女流名人五番勝負 第3局

里見香奈(さとみ・かな)女流名人 対 伊藤沙恵(いとう・さえ)女流二段

2018年2月4日(日)

<関根名人記念館>
千葉県野田市東宝珠花237-1
立会:富岡英作(とみおか・えいさく)八段
記録係:相川春香(あいかわ・はるか)女流初段
解説:長岡裕也(ながおか・ゆうや)五段
聞き手:鈴木環那(すずき・かんな)女流二段 

 

棋譜中継はこちら

女流名人戦中継サイト

 

現地イベントはこちら

第44期岡田美術館杯女流名人戦五番勝負第3局(野田市Webページ)

 

オンライン将棋教室 香のトップへ戻る

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

里見香奈女流名人に伊藤沙恵女流二段が挑戦している第44期女流名人戦五番勝負。

第1局は98手で里見女流名人の勝ちとなりました。

 

では、第1局を振り返りましょう。

 

第44期女流名人戦五番勝負第1局-1 振り駒の結果、伊藤女流二段の先手番となりました。

3手目に▲9六歩と端歩を打診し、里見女流名人も△9四歩と突き返します。戦型は相振り飛車になりました。

今期倉敷藤花戦第1局と似た進行で、図の△4五銀が「自分で考えてやってみたかった手」という里見女流名人の新構想です。

ここから、先手の受け、後手の攻めという棋風通りの展開になります。

 

 

 

第44期女流名人戦五番勝負第1局-2金無双は銀が端を守っているので、1筋を突き合うことができる、というのが一般的です。

里見女流名人が角の利きを活かし△1五歩▲同歩△同香と端を攻めたのが図の局面。

攻め駒と守り駒の交換は攻め有利なので、ここは実戦のように▲1七歩と受けるところです。

ちなみに、ここで先手の持ち駒に歩が2枚あると▲1六歩△同香▲1七歩△同香成▲同銀と取って攻めを切らすことができます。ゆえに、先手はどこかで▲8四歩から飛車先交換しておけば、受けに役に立った可能性もあるわけですね。

 

 

第44期女流名人戦五番勝負第1局-3

後手の端攻めに対して▲1七歩と受けるのは悔しいようですが、後に▲1六歩から取りに行けるので損得は微妙です。

実戦も伊藤女流二段は▲1六歩から香車を取りに行きました。ところが、感想戦によるとこの手を嘆いたといいます。前手で▲6八角と引いたところなので、▲5六歩と突くべきとのこと。

もし▲1六歩と突くならば▲6八角△2五歩の前にするほうが良いものの、実践心理としては2六歩の拠点は不気味に感じます。

 

 

 

第44期女流名人戦五番勝負第1局-4 駒の損得は先手香得なものの、いかんせん駒の働きが悪く、はっきり後手良しの局面です。

▲1七同香の局面で、里見女流名人が手筋の攻めを見せました。
△3七歩成▲同桂△1七桂成。
これが上手い攻め方で、矢倉でも時折出てくる筋です。本譜は守りの銀を端に追いやり、△3六銀と玉頭を制圧して、後手優勢を維持しています。
 

 

 

第44期女流名人戦五番勝負第1局-5 先手の攻めが遠く、後手はゆっくりした攻めでも間に合う終盤戦です。

実戦は△4四香と打ちました。▲4六馬の筋を消したり、先手玉が上部脱出時の押えになったりと効果的な手段です。

うちのソフトがここで△2一香という手を指摘しており、これがなるほどの一手だったので、ご紹介します。

通常、香車で数を足すときは飛車の前に並べるものですが、この場合は後ろから並べるほうがより効果的というもの。効果は約10手後に表れて、意味としては難解。でも、こういう発想があることを知っておくだけでも、いつか役に立つかもしれません。


里見女流名人の快勝と言える内容で、幸先の良い滑り出しです。
「第2局は精いっぱい頑張ります」という伊藤女流二段のコメントもあるように、巻き返しにも期待ですね。
第1局が倉敷藤花戦第1局をベースにした将棋だったので、第2局の戦型は対抗形になると予想します。

 

 

第44期女流名人五番勝負 第2局

里見香奈(さとみ・かな)女流名人 対 伊藤沙恵(いとう・さえ)女流二段

2018年1月28日(日)

<出雲文化伝承館 松籟亭>
島根県出雲市浜町520番地
立会:東和男(あずま・かずお)八段
記録:北村桂香(きたむら・けいか)女流初段

 

棋譜中継はこちら

女流名人戦中継サイト

 

現地イベントはこちら

第44期岡田美術館杯女流名人戦第2局 イベント情報(日本将棋連盟)

 

オンライン将棋教室 香のトップへ戻る

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。