お越しくださいまして、ありがとうございます!クラッカー



■ TVから、音楽の世界へ!

TV局のディレクターとして、番組の企画・構成・演出をしてきたのですが…職業ヴァイオリニストへの転身を決意し、音大へ!
卒業後、タンゴ、クラシックを中心に、ライブやレコーディングの

演奏・企画をしています!!!



『その名は、ピアソラ』

 ライブに、ドラマやドキュメンタリーの面白さをねじ込んだ、劇場型ライブ。

 ディレクター時代の遺産、ラジオと同じ方法で書いた台本。
 それはピアソラの人生を辿る物語。

 そこに挟み込まれた音楽が、ピアソラの心情を描き出します。
 物語と音楽が絡み合い、ぐんぐんピアソラの世界に引き釣り込みます!


 東京での4回の公演の後、ピアソラ生誕90年の2011年、
 この作品は、quoVadisと3月北陸、4月東海に旅をしました!
 予想を遥かに超える反響があり、無事終了いたしました。
 そしてピアソラ没後20年の2012年、
 スペシャル・ヴァージョンを上演、好評をいただくことができました。
 お世話になった皆様、ご来場くださった皆様、ありがとうございました!

■ 2009年、アルゼンチンに行ってきました!

その顛末は、こちら
http://ameblo.jp/onkai-projects/entry-10230620030.html
からどうぞ。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
June 05, 2016 10:35:09

リズムのあくなき追求。メンターオ

テーマ:ライブ
 我ながら、何て書いていないんだろう!少し心を入れ替えて、書いていこうと思います。……とりあえずしばらく!
 
 さて、久々に、メンターオがライブに登場です!
 このタンゴバンドは、リズムを追求する。それも、愚直なまでに、と言ってもいいんじゃないでしょうか?
 リズムは、本当に不思議なものだなと思います。実は、跳ねる、走る、飛ぶ、落ちる、みたいなことが表現できるのです。実際には音の出るタイミング、強さや長さや鋭さの積み重ねに過ぎないのですが、多分その表向き分かることだけを真似していても、面白いリズムにはなりにくい。
 どんなことを感じてそうなっているのかが、分かって演奏できたら。そう思って、ひたすら真似をするところから始めて、みんなで探っていって、今に至っています。
 ぜひこのリズムを、みなさんに聴いていただきたいのです!

6/18(土)
雑司が谷 エル・チョクロ http://el-choclo.com/
16:00 OPEN  17:00 START CHARGE \4000
出演:
 池田達則(バンドネオン)
 専光秀紀 宮越建政(バイオリン)
 松永裕平(ピアノ) 
 大熊慧(コントラバス)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
February 04, 2016 22:14:33

この不思議な楽器で本番が…

テーマ:ライブ
 これこれ!コルネット・ヴァイオリンですよ、コルネット・ヴァイオリン。

上から

 タンゴでは、特にマエストロ・フリオ・デ・カロが、この楽器を使っていたことがあることでも、知られているのではないかと思います。
 ということで、デ・カロを追求するなら、この楽器があったなら!ということになるのですが、これはその、デ・カロ家にあったという楽器(フリオ・デ・カロが使っていたものではないようなのですが)。これをお借りでき、ヴァイオリン専光くんが実際に使ってのミロンガ(アルゼンチンタンゴのダンス・パーティー)があります、明日なのですが。

左側

 ミロンガとはいえ、聴きにだけいらっしゃる方も、いつもそこそこいらしているので、気になる方、ぜひいらしてくださいませ!

2/5(金) 19:00(生演奏はもう少し遅いスタートになります)
 @シン・ルンボ(四ツ谷) http://www.corazon-de-tango.com/ ←詳しくはこちらまで!
 ピアノ 松永裕平
 ヴァイオリン 専光秀紀/宮越建政

 ちなみに…
 弾かせてもらったんですが、これが面白い。まず音色が面白い。それから、向く方向によって、聴こえ方が変わるんです。
 そして、かなり難しい。モノにも依るんだと思いますが、これにはヴァイオリンの肩と言われる部分がなく、音程が取りにくい!ヴィブラートも掛けづらいです。
また、これは最大の問題で、かつどのコルネット・ヴァイオリンにも共通していると思いますが、とにかく重いっ!
 ラッパ部分に、朝顔が2つありますが、一つは演奏者用の元祖モニターということなんでしょうねー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
November 25, 2015 22:10:11

音から再現する世界(8月以来)

テーマ:ライブ
 来られない人は来られない、金曜。…ですが、これは不思議な世界。一度聴いていただきたい演奏です。

 独特のグルーヴ感がある、デ・カロ、ディ・サルリ。
 少しでもタンゴを知っている人ならば、誰でも尊敬する、二人の大マエストロの残したスタイルに挑戦しているバンドです。

151127フライヤー

 一定のテンポなのに、より激しい前進感を出すリズムや、歌いまわしに共通点はあるのですが、何かのノリがとても違う音楽。リハーサルでは、誰か一人がリズムを切り替えられなくて止まってしまったり、というのが、経験したことがない!面白いです。

 古いものだと、100年近く前の音源。それだけが元になっています(楽譜はもちろんないので、耳コピです)。
 聴き込んで、その音源を残したミュージシャンたちが感じていた音楽を探り、ああじゃないかこうじゃないかと試行錯誤して、その感覚を出来る限り再現してみようとしているのです。やってみると、これが面白い。デ・カロの音源というのは、例えばこんなです。

 この古い録音を、実際に演奏すると、……全然違う!演奏していて、何とも言えない不思議な、そして他にはない感覚になります。聴かれる方も、録音と受け取る印象が違うのではないかと思います。近年、テレビでやっている、白黒のフィルムをカラー化したときの衝撃!ああいった感じではないかと。

 今回、さらにパワーアップしてお届けいたします!曲も随分入れ替わり、歌が増えるはずです(まだ全部決まっていないはず?)。

11月27日(金)
 18:30開場 19:30開演
  エル・チョクロ(雑司が谷) http://el-choclo.com/
出演: 
 専光秀紀 / 宮越建政(バイオリン)
 松永裕平(ピアノ)
 KaZZma(ボーカル)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。