自民党の鳩山邦夫元総務相は14日、福岡県久留米市で記者団に「だれかが捨て石になって政界再編のきっかけを作らなければ日本を救えない。与謝野馨(元財務相)さんと舛添要一(前厚生労働相)さんを結び付ける接着剤の役割をしたい」と述べ、谷垣禎一総裁の党運営を批判する両氏を巻き込んだ新党結成に意欲を示した。

 そのうえで鳩山氏は「連休前に旗揚げできればという希望を持っている」と述べ、4月末からの大型連休前の結成を目指す考えを明らかにした。ただ、与謝野、舛添両氏との連携については「まったく未知数。プロセスの途中だ」とも語った。【松尾雅也】

【関連ニュース】
自民党:中期計画に沿って予算編成 財政健全化法案を発表
自民党:谷垣総裁 事態収拾に指導力を発揮できるか焦点に
与謝野元財務相:勉強会に14人「執行部刷新」で一致
自民:執行部体制一新 山本有二氏ら要請
自民:総裁辞任求める声続々 党勢低迷、参院選に恐怖感

社説検証 朝鮮学校 産経のみ「無償化反対」 教育の中身不問の他紙(産経新聞)
<チリ地震>気象庁がM8.6からM8.8に変更(毎日新聞)
東京の輸入代行業者を略式起訴 タミフル販売で(産経新聞)
田中真紀子氏、首相を酷評 小沢氏は称賛(産経新聞)
<コクヨ>フロア材の強度偽装、1460万枚を販売(毎日新聞)
AD