FXで儲けるためのトレードを考える上では、
レンジ相場でのトレードルールがポイントになります。


レンジ相場は、ボックス相場と呼ばれることもあります。

レンジ相場とは、
FXの相場が上がったり下がったりするケースを指します。
この時には、上がり幅と下がり幅が一定になっていることが特徴です。


レンジ相場が続いた場合は、
相場の動きが大きく変化することがよくありますので、
神経質になってしまう投資家の方も多いことでしょう。

FXで儲けるためにも、
レンジ相場におけるトレードルールを作っておくといいですね。

そうすることで、
あわてることなく冷静なトレードができるからです。

たとえば、
利益が出そうば場合にはこまめに約定できるよう、
自分なりのpipsの目安を作っておくのもよい作戦です。

また、損失が出た場合にも、
動くのか待つのかルールを作っておくといいですね。


⇒さらに詳しいFX無料ノウハウはこちらをクリック♪
AD
FXのレンジ相場における、
ストキャスティクスの効用について考えてみましょう。

ストキャスティクスとは、
オシレータ系のテクニカル分析の指標です。

市場相場の売られすぎ買われすぎを判断する目安になります。


ストキャスティクスは売買注文のポイントが視覚的にわかりやすく、
投資家で利用している方が多いですね。

売買注文のポイントをわかりやすくするために、
自分なりの設定をするとなお一層利益があげられるでしょう。


FXのストキャスティクスは、
レンジ相場において活躍する指標となります。

特に、レンジ相場での逆張りトレードをする際には、
もっとも効果を発揮するとされています。

FXで稼ぐためにも、ぜひおさえておきたいポイントですね。


ストキャスティクスは自動的に計算され、
チャートではグラフとなってあらわされますが、
自分でも計算することが可能です。
AD

FXの基本は順張りトレード

テーマ:
FXで稼ぐテクニカル分析の基本は、
順張りトレードについて理解することです。

FXの初心者の方に、
ぜひマスターしていただきたいテクニックが順張りトレードです。


順張りトレードとは、相場が進んでいる方向にそって、
売買注文を行うことを意味します。

上昇パワーの流れにそって取り引きをしますので、
失敗が少ない上に、比較的利益が出やすいと言われています。


相場が上昇パワーになっているかどうかは、
テクニカル分析をすれば一目瞭然です。

FXの初心者の方は、
チャートをチェックして相場を読む目を養いましょう。


順張りトレードは利益が出やすいのですが、
高値で買ってしまう可能性も忘れてはいけません。

FXの初心者だと、うまくタイミングを読めずに、
順張りトレードをはずしてしまうケースもあります。

こうならないためにも、
チャートをにらみつつ上手くタイミングをつかむことです。
AD