おにやんまのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

フォレスターは、クルマの分類上SUVに属すると思います。

XVも同じカテゴリーのクルマだと思っていました。

ところが先日、何気なくXVのタイヤを見て、

「おや・・?」と思った次第です。


これは所謂SUV用のタイヤではないようです。

ということはXVというクルマ、SUVではないのか?

最低地上高は、ほぼフォレスターと同じだし、

基本的な部分は変わらないだろうと思っていたのですが・・


メーカーは、両車に微妙な性格の違いを設定しているような。

タイヤの違いがそう思わせます。

それともタイヤの種類に、あまりこだわる必要が無いのかな。


実は昨年の車検前に、フォレスターのタイヤを交換しました。

若干早めですが、なんせ峠道を走ることが多いものですから、

タイヤの消耗も早めだったかもしれません()


交換したタイヤはSUV用を選択したわけですが、

クルマのタイプではなく、使用目的で選ぶべきかもしれません。

XVのタイヤを見ると、そのように感じます。


小生は、渓流釣りはしませんので、

山奥の林道に分け入るようなクルマの使い方はしません。

ほとんどが一般道で、たまに河原を走るくらい。


そんなクルマの使い方に最適なタイヤとは・・

タイヤに詳しい方おられませんか。

AD
いいね!(10)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

早いもので、もう四月です。

昨シーズン最後に出かけた古座川支流の小川。

あの日の釣りが、ついこの間の出来事のように思われます。

この分では、今シーズンを迎えるのもあっという間でしょうね。


新しい竿は買いましたが、仕掛けの作成等は一向に捗らない。

というか、つい先日まで何も手を付けていない状態でした。

これではいけないということで、始めたのが針巻き。


まだ慣れないので、ペースが上がりません。


針巻きの作業をしていると、針が手からこぼれたりします。

すぐ落ちた針を探すのですが、全く見つからないことが。

見事なまでに忽然と消えてしまいます。

まるで異次元にでも旅立ってしまったかのような()


まぁ、針の一本や二本無くなってもどうってことは無い。

四次元へ行こうが六次元に行こうが痛くも痒くもない。

それどころか、本音を言えば消えたままでいて欲しい。

それなのにこれが、かなり高い確率で戻ってくる。


その戻ってくる場所が決まっていて、

大抵の場合、カミさんの足の裏()

お目玉を食らうというストーリーが出来上がっています。


針をこぼさないようにすれば、何も問題は起きないのですが、

なかなかそうはなりません。

アタマの血管が何本か切れてるのやろか。

AD
いいね!(7)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

我が家に新しいクルマがやってきました。

と言っても中古車ですが()

車名はXV、スバルのクルマです。


と言っても息子のクルマですが・・


このXV、現所有車フォレスター購入の際、

選択肢の一つに挙がったクルマでもあります。

フォレスターより少しだけ小さいところが、

我が家の使用条件に合うように思いました。


その当時XVは発売直前で、直ぐには手に入りませんでした。

また、以前からフォレスターが欲しかったこともあり、

XVの発売を待つことなく、今の愛車を購入したわけです。


今回XVに乗ってみて、

フォレスター選択が、間違いで無かったことを確信しました。

最大の理由は、皮肉なことにそのサイズ()

車中泊をする場合、後部座席を倒した荷室で眠るのですが、

小生には最低限フォレスターの荷室の広さが必要なんです。

XVの荷室で横になると、小生の体が真っ直ぐになりません。


昨シーズンにおいて、車中泊を5度経験しています。

荷室に座布団を4枚並べるだけですが、

小生の場合、これで結構快適に眠れてしまいます()

座席を倒すと、ほぼフラットになるのも有難いですね。


XVは、座席を倒してもフラットにはなりません。

本来の荷室部分が低いため、段差が出来てしまいます。


これは現行のフォレスターも同じで、

やはりフラットにはなりません。

どうやら原因は、スペアタイヤの存在らしいです。

今のクルマはスペアタイヤを積んでいないのですね。


小生のクルマ(旧フォレスター)にはスペアタイヤがあります。


このスペースが荷室を底上げするので、座席を倒したときに、

フラットになるように仕上げ易いということなんですかね。

スペアタイヤが無くても、その部分に収納スペースを作って、

荷室を底上げすれば良いのでは?


クルマのメーカーにそう問い合わせてみたいところですが、

底上げすると、その分高さが無くなり、荷室が狭くなります。

荷室が狭くなることに、わざわざコストをかけたくないのかな。

少なくとも釣り人の利便性はメーカーの頭に無いようですね()


サイズ以外でも、XVに装備されるアイドリングストップ機能は、

前にも書いたように 疑問を持っています。

同じくXVに付いているアイサイトは、確かに便利ですが、

小生にとっては煩わしさのほうが勝ってしまいます()


ということで、フォレスターとは長い付き合いになりそうです。

AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。