おにやんまのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

6月18日、今年初めての雨が降らない十津川(笑)

やっと「TYPE S」を使う機会が訪れました。

木曜日から金曜日にかけて久しぶりにまとまった雨が降り、

渇水気味だった川の水量が良い感じになっています。


この場所は、オトリ缶をセットしたところです。


見た目は良い感じなのに、小生の本能がここはダメと。

アテにならない本能ですが、素直に従って下流にある淵へ。

水温は17.5℃、6時半ごろオトリが手を離れました。


ほとんど待つことなく一匹目、今シーズン最大の鮎かな。


二匹目もアッサリ釣れましたが、これは小さい。

そして3匹目も簡単に。

「調子ええやんTYPE S!」


しかし、抜けてきたのは今シーズン最小の推定12cm。


開始10分で、今シーズン最大と最小を更新してしまいました。

水量多めで、オトリには厳しいと思ったためリリース。

これがいけなかったのか、以後パッタリと魚信がストップ。


更に下流にある淵へ向かいます。


目印が広い範囲を彷徨って、ついにシューンと下流へ流れます。

かなりの抵抗を見せた後、玉網に納まったのがこの鮎。


そこからまたしてもパッタリとアタリが出なくなりました。


ここまで使っていた水中糸は複合メタル。

なんとなくオトリの泳ぎに違和感を感じ始めます。

あまりに釣れないもので、水中糸に八つ当たり(笑)

ひょっとして「TYPE S」は複合メタルと相性が良くない?


昨年もこの川で、水量が多めの日があったわけですが

ナイロンに張り替えてから調子が上がった気がします。

それを思い出したので、糸をナイロンに変更することに。

違和感は無くなったものの、アタリは出ません(笑)


更に下流の淵へ行き、なんとか2匹釣り上げたものの、

一匹を根ガカリロス。

時間が過ぎるばかりで釣果は一向に付いてきません。

良化の兆しが見えたのは、狙いを瀬に変えてからでした。


未使用の養殖2号を取り出し、背針もオモリも使いません。

ナイロンでもベタ竿にすれば、オトリは問題なく泳ぎます。

ポツポツ掛かりましたが、背掛かりが少なかったですね。

その反面、腹掛かりがやたら多かった気がします。


消化不良の釣りを繰り返し、遅めの昼食に戻ったのが午後2時半。

ここまで根ガカリロス2匹、引舟の蓋の不具合による逃走1匹。

ツ抜けはしていると思っていましたが、数えるとなんと20匹。

「いつの間にそんなに釣れたんやろ??」


昼食後、朝のスタート時と同じくオトリ缶の前に立ちます。

上にある淵を狙ってみたかったのですが、釣り人がいます。

仕方無く、目の前のポイントにオトリを放しますと・・・

朝は見送ったところですが、なんと3匹も掛かりますがな。


まぁ、ここの野鮎の活性が午後から上がったということで()


そうこうするうちに上の淵が空いたので行ってみます。

下流からソーッと泳がせると・・・

淵の手前のこんな小場所で、3連発!


思ってもみなかった30匹が、視界に入って来ました。


ところが期待した淵に、全く気配がありませんがな()

その後アチコチ歩き回っても、野鮎が相手をしてくれません。

瀬での奇跡的な背掛かりを最後に、竿を畳むことに。

釣果は27匹(14~19cm)、


トラブルで失くした鮎が悔やまれます。



《仕掛け》

(竿)ダイワ:競技・TYPE S・H85

(糸)ナイロン・0.175号

(針)ダイワ:パワーミニマム・7号3本錨

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月12日、あえて、鮎の少ない十津川へ(笑)

まぁ、年券を買ってしまったもので・・・

出来れば前日の土曜日に来たかったのですが、

この時期は農作業優先、仕方がありません。


「昨日は好天やし、元々数少ない鮎が抜かれてるんやろなぁ。」

それに引き換えこの日は、先週に続き天気が悪そうです。

先週同様、せっかく買った新竿を使う気になれません。

果たして「TYPE S」の登場はいつになることやら。


あまり期待してませんから、川へ到着したのも午前7時と遅め。

解禁日の混雑を予想して、先週はあえて見送った場所です。


先週の朝、探し求めた釣り人に初めて出会った場所でもあります。


おそらくこの川で一番人気のポイントと思われるのに、

釣り人の姿が全く見当たらない(汗)

「ここに誰もいないということは・・・」

この日一日の苦労が目に見えるようですな(笑)


釣り開始が7時半ごろ、水温は17.4℃。

全く期待せずに見ていた目印が、いきなり震えます。

予想外の出来事を目にして、今の状況が理解できない()

半信半疑で抜けてきたのはちょっと小ぶりの口掛かり。


それを送り出すと、またすぐに魚信。

「ホンマカイナ!」

これは背掛かりでしたが、やっぱり小さい。

どちらが背掛かりの鮎だったのやら(笑)


「やっぱり良いポイントには鮎がおるんやな。」

そう思い直したのに、予想外はここまで(笑)

そこから掛かるペースが一気にダウン。

マトモなサイズの登場は、時間をかけての4匹目。


5匹釣ったところで、この長い瀬の終わりにある淵へ。

解禁日に4匹の良型を見たところですが、

この日は粘りに粘って2匹が精一杯。

諦めて、大きな期待を寄せるポイントがある下流へ歩きます。


ところがそのポイント到着目前に、見覚えのある竿が。

先週の午後から現れた釣り人で、また場所を先取りされました。

「今日は朝からいるということは、先週釣れたんやろな・・」

目論見がもろくも崩れ去り、失意のUターン。


オトリ缶がある場所を通り越してその上の淵へ。


この淵が割合快調に掛かり、しかも良型揃いでした。

昼食前に数えてみると13匹。

予想したよりも良いんじゃないでしょうか(笑)


午後は当然ながら上流へ歩きます。

先週マズマズ釣れたところではこの日もマズマズ。


なんとか持っていた天候が、この辺りから崩れ始めます。

そして、先週絶好調だったポイントに到着。


前回同様、雨の中で釣るのは鬱陶しいですが、釣れれば忘れます。

帽子のツバから水滴が滴るのもガマンして目印を目で追います。

なのに全く反応無し。

「そんなアホな・・・」


一匹も釣れないまま帰るわけにいかず、更に上流を目指します。

ここに良い鮎が潜んでいました。


この上に、見た目のスバラシイところがあるのですが、

上空の木の枝に神経を使いながらも釣果ゼロ。


良さそうなところがダメならということで、

半ばヤケクソでオトリを送り出したのが、見栄えのしない淵。

それが、いきなり川底がギラリと光るから世の中ワカラナイ。

写真の流れに続く淵なんですが、周辺で良型ばかり5匹。


その後も同じような淵を狙い、良型中心に追加。


というわけで最終的に25匹(14~18cm)釣れました。


小生とすれば思った以上で、雨の中で辛抱した甲斐が・・・



《仕掛け》

(竿)ダイワ:競技・SL73SG

(糸)フジノ:ターボV、TN・0.07号

(針)ダイワ:パワーミニマム・7号3本錨

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月5日、十津川の解禁日です。

オトリ店のオジさんが手で十字のカタチを。

この人、ひょっとして「ウルトラの星」出身なのか?

なんてわけはなく、十字がちょっと斜めになってますがな()


奥さんの体調が優れないため、今年はオトリを扱わないとか。

それなら、張り紙でもしとけばそれで済むのに。

こんな朝早くから、律義なことで。

まぁ、そんな人だからこの店に通い続けてきたわけですが。


急遽他の店へ向かいますが、

時間ロスに気を取られて、情報収集を怠りました。

ポイント到着が午前5時30分頃。

なんと、駐車スペースにクルマが一台も無い。

ラッキーと思いましたが、若干の不安も。


オトリを送り出したのが午前6時過ぎ、水温は15.8℃。


細かい雨が降り続いています。

結局、午後3時頃まで雨が止むことはありませんでした。


天気のせいか、水温のせいか、川に活気が感じられない。

というかオトリの様子がなんかオカシイ。

川の真ん中でジッとしています。

一匹の野鮎にも遭遇しないような。


わざとポイントに足を踏み入れてみますが、

逃げ去る鮎が確認できない。

まさか、今年はこの川に鮎を放流していないのか?

そういえば、これまで他の釣り人の姿を見ていない。


「今日、解禁日だったよな・・・」

釣り人を探すために歩き始めます。

普段、出会いたくなくても出会ってしまう釣り人ですが、

こんなときに限ってなかなか現れない。


かなり歩いて、やっと一人発見。

既に7匹釣り上げたとか。

鮎が居ることが確認出来て一安心()

腰を据えて釣り再開すると、ポツポツ釣れ始めました。


昨年に続き、今年も型は悪くありません。

最低でも16cmで、そんな鮎も3、4匹ほど。

大抵17、8cmと粒が揃いました。

どちらかと言えば17cmに近かったですが()


一つのポイントで粘っても、多くて2、3匹。

全く釣れないポイントは、たくさんあります()

そんな中にあって好調だったのがこの流れ。


すぐ上流に、先ほどとは別の釣り人がいたので、

それまでの釣れっぷりからして、ほとんど諦め半分でした。


こんな良さそうなポイント、

その釣り人が、手を付けないハズが無いと思ったもので。

それが、予想に反して10匹も掛かってビックリ。

口や腹に掛かることが多かったわけですが

たまに鮮やかなアタリの背掛かりも。


午後から急に釣り人が増え始めました。

ということは、他の支流も低調なのかな()

釣りよりも釣り人探しを優先したため、

手を付けずにいた好ポイントを先取りされたのが残念。


釣果はちょうど30匹(16~18cm)


というか、30匹になるまで粘ったわけで()

最後の2匹はちょっと手こずりました。


天気が良ければまた違った結果が出たかもしれませんね。



《仕掛け》

(竿)ダイワ:競技・SL73SG

(糸)ホクエツ:乱・0.06号

(針)ダイワ:パワーミニマム・7号3本錨

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。