床工事編


被災地および、鬼〇工務店の輝く明日の為を考える皆様!

知識程度に床工事の一例をお教えします。

5坪ほどのお米などを蓄えておく『蔵』の床を組みます。


※所有者様の承諾を得てご紹介および写真を使用させていただいております。



①根切り(ねぎり)

まず、基礎というものを作ります。家にはどんな形にせよ必ずあるものです。

その基礎を作る下準備、コンクリートを打つ部分の土を掘り起し、底と壁を踏み固めます。



マイサンクチュアリ


②基礎

根切りした穴に、砂、砂利、セメント(2:3:1の割合)

を水と混ぜ、コンクリートを作ります。

それを流し込み、上にピンコロと呼ばれるコンクリートの四角い塊を乗せます。



マイサンクチュアリ

③均し(ならし)

ピンコロをコンクリートでしっかり固めるため、コテを使いしっかり塗りこみます。

見栄えも良くしましょう!固まるまで最低24時間は触らずに養生しましょう。



マイサンクチュアリ

④大引き(おおびき)

床の大黒柱というべき役割をもつ、大引きを3尺(910mm)おきに流します。

角材のサイズは4寸角(120mm)、3寸5分角(105mm)、3寸角(90mm)とケースバイケースで様々なサイズを使いますが、今回は3寸5分角を使います。



マイサンクチュアリ


⑤束(つか)

次に、大引きと、基礎の間に束を立てて行きます。

縁の下の力持ち的な役割ですかね!

大引きを加工した時にでた余りで、寸法を測り、丸鋸(マルノコ)で切り

入れていきます。


マイサンクチュアリ-束立て(つかだて)蔵②



⑥根太(ねだ)

これで大引きはしっかり固定されました。

次に大引きに対して、根太を流していきます。

通常は1尺(303mm)間隔で流すのですが、お米が何百キロと入る蔵ということで、いつもより多めに5寸(約151mm)ピッチで流していきます。

多ければ多いほど、かかる荷重が分散されることにより、より強い床が出来上がります。



マイサンクチュアリ-根太(ねだ)蔵①

⑦ベニヤ張り

敷いた根太の上に、仕上げのベニヤ板を張っていきます。

ここも通常は12mm厚を使うのですが、より強力に15mmで張っていきます。

ビスは12mmの場合28mm~32mmの長さのものを使いますが、今回は38mmの長さを使い固定していきます。



マイサンクチュアリ-15mmラワンベニヤ張り 蔵①

⑧完成


マイサンクチュアリ-完了 蔵①


なんとなく雰囲気わかりましたか?

ボランティアで床はがししたことある人は見たことあるかと思います。


ぜひ参考に!

AD

テーマ:
血と汗がまだまだ余りまくってんな。


震災のこの一年を振り返り俺自身の率直な感想。組織、告知、積極的に構築してくれる素晴らしい仲間達がいる。

震災当日、一人で特攻していた。それは国の赤信号に無残にも阻まれた。
今、ふと横を見れば赤信号を青に変えてくれる、一緒に特攻している暑苦しい侍達。

その各々の背中をみて立ち上がる熱く若き侍達。
気づけばこの国には多くの侍がいた。

俺は安心して血も汗も全力で流せる。
次は届かなかった手が届く。

震災時、自衛隊など組織的な救援活動まで72時間後と言われている。
この72時間は俺達が最前線だ。

俺たちはここからが全力だ。
今、できることは山ほどある。
可能性が1%もあれば絶対にできるという自信が尽きない。

AD

震災から7ヶ月

テーマ:

今、震災から7ヶ月が過ぎました。皆さん忘れてきたころでしょう。今こそ見てください。
http://www.youtube.com/watch?v=MVKWtxXtZ3E&feature=related

俺はブレません。



東日本大震災支援◆『侍』


mixi     http://mixi.jp/view_community.pl?id=5525375
FaceBook http://on.fb.me/fQMhJu
Twitter   http://twitter.com/#!/samurai_0311

AD