清流の森 ~九州の滝と風景~

九州各地の風景や滝の写真を公開しています。
マニアックな滝の写真も見られますよ。


テーマ:
$清流の森 ~九州の滝と風景~

西椎屋の滝は日本の滝100選に選ばれている名瀑です。
展望台が数ヶ所あり、滝上からと滝壺近くから見ることが出来るのですが、滝壺へ降りる道はありません。
見た感じとても降りられそうな雰囲気では無いので降りるのは無理だろうと思っていました。


2009年4月撮影
$清流の森 ~九州の滝と風景~ $清流の森 ~九州の滝と風景~


ただ、ネットで調べると行ったことある人はそれなりにいるようです。
いつか行ってみたいとは思っていましたが、一人だとちょっと不安です。

そんな中、夫婦滝へ行くついでに西椎屋の滝壺へ行こうとのお誘いを滝友より受けました。
この時期川に入るのは正直気が進まなかったんですが滅多に無いチャンス!
夫婦滝のリベンジも兼ねて着いていくことにしました。


ネットの情報だと入り口から約15分程度とのこと。
まさにそのくらいでたどり着きました。

$清流の森 ~九州の滝と風景~



川に降りた地点から既に滝は見えていますが、川を渡るのがちょっと難しそう。
濡れるとしても最小限で済むようにと浅い箇所を進んだのですが、すべる石に足を取られ水没。
冬の川は冷たかったです(T_T)


その後は苦労すること無く滝壺まで到着。
写真の右上が上の展望台だと思います。

$清流の森 ~九州の滝と風景~

しかし、もっと巨大な滝だと思っていましたが、見上げるとあんまり落差を感じません。

これの前に行った夫婦滝も遠くから見た方が巨大に見えました。
こういう経験は他の滝でもあります。

滝ってそんなもんなんでしょうね。


清流の森 ~九州の滝と風景~

夫婦滝ほどではないですが、やっぱり少し凍ってますね。


清流の森 ~九州の滝と風景~


ちなみに滝壺のちょっと手前に一眼レフカメラのレンズフードが落ちてました。
こんな所に来る物好きカメラマンが俺たちの他にもいるんですね(笑)



滝壺への行き方です。
※行こうと思う人がいるかどうかわかりませんが、自分の防備録として記載します。

夫婦滝(から滝)を遠望できる道をさらに下っていきます。
落石が多いので注意が必要です。
夫婦滝を見るときに駐めたところに車を駐めて歩いた方がいいかもしれません。

夫婦滝の川と西椎屋の滝の川(日出生川)が合流する地点から森に入り日出生川沿いを歩きます。
この先、道らしい道はありませんので、踏み跡や赤テープを頼りに川に降りられる場所を探しました。
帰るときに迷う可能性があるのでビニール紐を結ぶなどして目印を付けていった方がいいと思います。

川に降りる直前から滝の姿が見えています。
川に降りたら岩を乗り越えて滝へ近づき、川を渡って滝壺へ向かいます。

なお、川の石(水中にある石)はフェルトの靴でも滑ります。
無理に石の上を歩こうとせず、股下ぐらいまでは濡れる覚悟で水の中を進みましょう。
そして、冬場の場合は特に替えの靴下、ズボン等を用意しておきましょう。

靴下は替えたんですが、ズボンが濡れっぱなしだったのでその後すごく寒かったです(>_<)



まあ、この滝は展望台からでも十分に見えますので普通の方(滝アホ以外)は展望台へ行くことをお勧めします(笑)



九州風景写真ランキングに参加しています。
 にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

清流さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「■大分の滝」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。