清流の森 ~九州の滝と風景~

九州各地の風景や滝の写真を公開しています。
マニアックな滝の写真も見られますよ。


テーマ:
宮崎県児湯郡都農町大字川北(地図)


前々回、前回の続きです。

午前中の晴天が嘘のように曇天に。
小雨まで降ってきた状態だったのですが、滝見の計画に変更はありません。
第2駐車場からキャンプ場の駐車場まで移動します。
昔は第1駐車場から滝まで行けたようなんですが、現在なぜか通行止めになっています。

キャンプ場の駐車場に着くと雨はますますひどくなり、土砂降り状態に。
雨合羽は持ってきてますが、これは写真を撮れる状態じゃない!

中止にするか、しばらく待つか迷いましたが、せっかく3時間半もかけてここまで来て、
メインの滝を見ずに帰るわけにはいきません!!
ただ、雨は止みそうになかったので1時間待って変わらなければあきらめて帰ることにしました。


しばらく車の中で談笑。
今後の滝見の計画などを話していると、徐々に雨が小降りに♪
45分ほど待ってだいぶ雨が上がったので雨合羽を装備。
いよいよ念願の矢研の滝目指して出発です。


若葉の滝
清流の森 ~九州の滝と風景~

矢研谷コースにもいくつか滝があり、遊歩道から若干見えています。
本来だったら下りてみたいのですが、雨のせいで岩がズルズル滑る状態。
これは危険!!
上から眺めるだけにしておきます。

15分ほど歩くと「若葉の滝」があります。
これも支流の滝です。
それなりに落差もありきれいな滝ですが、あいにくの雨空のせいでものすごく暗い!
それでも雨のせいで多少水量あるのかな?

色々なアングルから撮りたいところですが、とにかく岩が滑って危ない。
結局無難な写真しか撮れませんでした・・・。



矢研の滝

日本の滝100選

清流の森 ~九州の滝と風景~

矢研ぎ滝へ行くには若葉の滝前を横切っていく必要があります。
昔は飛び石を渡っていく必要があったらしいですが、普通に歩けるようになっています。

そしてすぐ目の前に「矢研の滝」が姿を現しました。
九州本土にある日本の滝100選で、唯一残っていたのがこの滝。
その滝を見て俺が発した第一声、

でけ~~っ!!

すごい巨大な滝が目の前に見えています。
今まで色々な滝を見てきましたが、その中でも最大級です。
そして一瞬で惚れました(笑)
俺が今まで見てきた中でNo.1の滝です。

滝を間近で見るためには対岸に渡る必要があります。
ここも以前は靴を濡らして歩いて渡しかなかったらしいですが、木を渡した簡単な橋が出来ていました。
靴を濡らすことなく対岸へ到着。
ようやくこの滝の全貌を見ることが出来ました。


清流の森 ~九州の滝と風景~

ボキャブラリーが貧困で、上手く表現できませんが、とにかく「すばらしい」の一言につきます。
天に向かってそびえ立つ巨大な崖と、そこから流れ落ちる大量の水。
神秘的な雰囲気すら漂います。


清流の森 ~九州の滝と風景~

上部をアップで。
新緑ともすごくよくマッチしています。


滝壺まで行こうとしたのですが、雨上がりのせいで岩がものすごく滑る!
平坦な場所でも慎重に歩かないと転んでしまいそう。
岩をよじ登ることも出来ず滝壺に関してはあきらめることになりました。


乗り越えられなかった岩の付近でも滝を撮影。

清流の森 ~九州の滝と風景~


これらの巨大な岩が進路をふさいでいます。
スパイク付き長靴履いてきてたらもう少し行けたんだろうけどなー。

雨が上がって間もないので、木に水滴が付いてます。


清流の森 ~九州の滝と風景~

右側から見た滝上部。
まずはまっすぐに落ちた水が横広の段に当たり、そこから広がって落ちていることがわかります。


清流の森 ~九州の滝と風景~

岩陰から下の水の流れと共に撮影。
滝壺へも行ってみたかったな。


こんな感じで行ける範囲のいろんな場所で撮影しました。
もうベタ惚れ状態なので、とにかくシャッターを切る切る!
帰って調べたらこの滝だけで何と127枚も撮ってました。
同じような写真ばっかりでしたが(笑)


今回は滝壺までたどり着くことが出来ませんでしたが、次回は是非とも行ってみたいです!
次は夏場の水量が多い時期に来てみたいです。


なお、この滝は駐車場から歩いて30分程度で行けます。
危険な箇所はかなり安全策が施されているので、ほとんど危険はないでしょう。
ピクニック気分で気軽に行くことが可能です。

近くに行く機会があれば是非ともお立ち寄り下さい。
個人的には九州一の名瀑だと思います!



清流の森 ~九州の滝と風景~


これで尾鈴の滝の3分の2ぐらいは見たことになるのかな。
まだまだ見れてない滝も結構ありますし、登山や沢登りのスキルがないと見れない滝もあるようです。
またいつか来るときにはもっと情報を集めて、残った滝についても写真に納めたいですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

清流さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「■宮崎の滝」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。