清流の森 ~九州の滝と風景~

九州各地の風景や滝の写真を公開しています。
マニアックな滝の写真も見られますよ。


テーマ:

雨の山都 ずぶ濡れ、泥だらけの滝巡り


先々週に引き続き、今週も山都町。
9日の越早滝の予備日で、天気が良ければ再度行く予定だったのですが、なぜかまたまた・・・。
9日も今回も前日まで天気が良く、日曜日に雨が降り、また次の日は天気が良くなる。
狙ったように日曜だけ雨になるのはなぜでしょう(涙)



そんな最悪のコンディションの為、危険な越早行きはあきらめて、比較的行きやすい、でもわかりにくい滝へ連れて行ってもらうことになりました。

ちなみに今回は地図の情報はありません。
というのも人の車に付いていったり、乗せてもらったりで場所がよくわからないためです。


雌滝(めだき)

雌滝

滝関連のHP等で見ると結構小さな滝というイメージがあったのですが、目の前に現れた滝はかなりの巨大滝。



人物との対比

雌滝(人物入り)


優雅に流れる水の流れが美しい滝です。
雄滝という滝もあり、そちらに比べて流れが女性的なので雌滝という名前が付いている様。
となると雄滝もこの目で見て比較しなければ!(どこにあるのかは知らないが)



山林へ入り、雨で滑る岩を乗り越え、どうにか滝壺が見える位置まで近づいて撮影。
私の長靴は一般の雨用の長靴なのでこれ以上は先へ行くのは危険と判断しましたが、

作業用等で滑り止めの付いた長靴を履いた方々は滝の目の前まで行ってました。
ちょっとうらやましい・・・。


そうめん滝

そうめん滝

次に訪れたのがそうめん滝」。もちろん案内も何もなく、地図にも載ってません。
案内無しで行くのはかなり厳しいと思います。


名前の通り、水の流れがそうめんのように見える滝。美しい滝です。


雨は一向にやむ気配が無く、レンズを拭きながらの撮影。
滝の全景を写すためにはレンズを多少上向きにする必要があるので、どうしても水滴が付いてしまいます。


犬飼滝(いぬかいだき)

犬飼滝

今回最大の難所がこの犬飼滝でした。


上の二つは記憶を頼りに再度訪問も出来ないこともないですが、ここは無理です。
山都町、旧矢部の田園地帯に入り込み、四駆車では無いと通れない農道を通ってやっと滝上まで到着。


ここから山林へ入り、谷底へ降ります。
前回の越早よりも急な斜面をズルズル滑りながら下降。
途中からは岩盤になっているのでロープをかけて降ります。


滝の全景が確認できる辺りで撮影開始。まず滝壺まで行かなかったのはあんまり近づくと滝の全景が撮れない可能性があるからです。


は相変わらず止むこともなく、むしろ強くなってきています。
落差のある滝なので必然的にレンズを上に向けて撮影することになりますが、どんなに水滴を拭いてから撮影開始しても、

また水滴が落ちてきてまともな写真になりません(涙)


それでも頑張って10枚ほど撮影した頃、ふとカメラを見ると、

カメラ上部の情報を表示する液晶に水が入ってきてる!!


本日の撮影はこれで終了です。
ちなみに私のカメラに防滴機能はありません・・・。


1ランク上のカメラか春に発売された後継機であればその機能があったのですが、

予算的に厳しかったのであきらめました。
まさか雨に濡れながら撮影する機会があるとは思わなかったし・・・。


撮影をあきらめた後は滝壺へ。
非常に落差があり、きれいな滝で、裏見も出来る滝です。
しかし、田んぼを通った水が流れ込んできているので水は汚い
おまけに滝壺には粗大ごみ。
山都の滝は上流の川が町中を流れてたりするので「清流」ではない滝も結構多いのが特徴です。



写真を撮りたいのは山々でしたが、まだ買ったばかりのカメラを壊すわけにはいかないので断念。
とりあえず滝の裏側に廻ってきました。
これが夏場で天気のいい日だったら気持ちいいだろうになー。


滝巡りの後は某宅へおじゃまし、お茶を頂きながら談笑。
すっかり辺りが暗くなった頃に山都を後にしました。





その後・・・。


雨男ではないかと疑われている某氏が帰った後、山都は晴れたそうです・・・(笑)
でも彼が一人で滝巡りをしていた木・金・土は天気が良かった事を考えると、天気の悪くなる組み合わせがあるのかもしれませんね (--;)


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

清流さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「■熊本の滝」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。